ウチんクケンチクケイカク

家造りプロジェクト進行中!

文芸部の

2018年09月12日 | 家族

先週末は、息子の高校の文化祭だった。

え、早くない?と日程を聞いたときに思ったのだけど、まあ学校としても色々事情があるのだろう。当然準備は夏休み中に進めないといけない訳で、文芸部に入った彼が、夏休みの前半、パソコンの前で何やら書いていたのは目にしていた。

文化祭に向けての作品だとは見当がついたので、読むのをひそかに楽しみにしていたのだ。

 

当日はあいにくの雨模様だったが、たいていは屋内の展示なのでそんなには影響ない。

模擬店などはなく、主に縁日の出し物的な展示が多かったが、僕らの時も似たようなものだったか?いくつかの展示を覘いたあと、いよいよ文芸部へ。

一つの教室を新聞部と半々で使っている。どちらもこじんまりとした展示だ。今年入部した一年生は息子一人らしい。

文芸部の冊子は無料で頒布する形で、過去の部誌も含めてもらってきた。

 

帰宅して、冊子を手に取る。実際に彼が書いた創作物を読むのは初めてなので少し緊張する。

ペンネームを聞いてなかったのでどの作品が彼のものなのかにわかには分からない。

とりあえず頭から読んでいく。いくつかあとがきを読んでようやく息子の作品が特定できた。

でもペンネーム「冷凍鮭」ってどうなの。

今回、文化祭用と季節ごとの部誌と個人の小冊子とで3編の作品を読ませてもらった。

ペンネームはアレとして、内容は悪くなかった。親の贔屓目もあるかもしれないが、ちゃんと読める作品には仕上がっていたと思う。

文字数から言って当然短編なのだが、きれいにまとめられていた。比喩表現や描写も適切で自然に情景を思い描くことができた。

本当はもう少しオタクっぽいテーマや文体で書いているんじゃないかと予想していたが、いい意味で裏切ってくれた。

逆に言うといまどきの若者ぽくなくて、まるで星新一を彷彿とさせるような文章だった。短編で落ちをつけようとすると似てくるのか。

ただ、言い回しが少し古い?いまどき受付嬢とは言わないし。

コメント

2018夏休み その3

2018年08月29日 | 旅行

3日目

お昼に嫁の姉家族と一緒にご両親の金婚会食で懐石料理を頂く。

昨日からご馳走頂きっぱなしだ。

味も量も申し分なし。最後のケーキがとどめだ。

この日は僕一人先に帰るので、会食後仮眠させてもらい、夜21時過ぎに東京を離れた。

夜景を横目に首都高を抜けて東名へ。

1時間ごとに休憩して仮眠もとって、名古屋を過ぎると空が明るくなってきた。

なぜ一人先に帰るのかと言うと、午前中に猫を引き取るため。次の日が動物病院の定休日なので間に合わないと1週間近く預けることになってしまう。猫の1日は人間でゆうと4日間くらいだそうなので、ストレスも相当なものだろう。

神戸から淡路に渡ると行楽客で混んでくる。休憩してもPAだと食べる所がなかったりしてそのまま降りて動物病院へ直行。開院すぐの時間に間に合う。

ケージに入れてもらう時の鳴き声が待合まで聞こえてくる。支払いを済ませて素早く、でも揺れない様に気を付けながら我が家に到着。

やっぱり我が家が一番。

コメント

2018夏休み その2

2018年08月21日 | 旅行

2日目は5時にチェックアウト。平湯温泉キャンプ場で息子と合流。

昨夜は雨に降られたようだが無事登頂出来たようだ。

上高地は素通りして松本ICを目指す。行楽日和なので対向車が多い。

高速に乗っても下り車線が混み気味。上り方面は順調だが小仏トンネルは早めに超えたい。

さすがに都内に入ると若干渋滞、ナビを頼りに分岐を重ねる。どうにか昼前に到着。

 

お昼を頂いた後、森美術館「建築の日本展」へ。今回、これだけは観ておこうと思っていたのだ。

展示はまあ玉石混淆な感じだったが復元とはいえ待庵の中に入って体験できたのが良かった。

入場者の多くは建築関係じゃないようで(観光客メイン?)他の人たちの展示を観ている反応が興味深かった。

同じチケットで展望台にも入れた。ここは一人で来るのは惜しい所。ま、十分満喫できたけれど。

さすがに足がこそばゆくなってしまう。

新しいビルもどんどん建っているようだ。なんのかんの言っても東京はすっげえ。

コメント

2018夏休み その1

2018年08月17日 | 旅行

今年の夏休みは6連休。

嫁のご両親の金婚の会食に出席するため、何年かぶりに東京へ。

今回は車で自走。まずは飛騨高山を目指す。

息子の山岳部夏合宿が槍ヶ岳登山なので、下山したところで合流する計画。

 

出発前に2匹の猫を動物病院に預けるのに一騒動。普段でもすんなりとケージに入ってくれないフサコさん。出発前日は案の定機嫌を損ねてしまって出てこない。とりあえずサビぬ子だけ預けて終了。

出発当日、出るのは夜なのでチャンスは朝夕2回。だが朝はまだ機嫌直らず。

夕方、仕事から帰った嫁がなんとか言い聞かせてケージに入ってもらう。預けにいったついでにサビぬ子に面会。初めての外泊でやはりストレスが大きかったようで食事を残していたらしい。2匹一緒なら落ち着くかなと思いつつ後は先生におまかせ。

ご飯食べて、風呂も入って、22時過ぎ出発。渋滞を避けるのとETCの休日割を受けるためだ。午後半代休取って少し仮眠していたのと、頻繁に休憩を取っていたので、さほど眠気を感じないまま朝7時すぎに高山到着。

宮川朝市のあと、郊外に出てオークビレッジ(家具)、飛騨古川。

8時前後の朝市

ショールーム裏手、沢を見ながら涼む。

飛騨古川

観光客は少ない分、ゆっくり散策できる。駐車場も無料で市役所に停められる。

 

夕方、早めにチェックインして地元の鉄板焼き屋さんでご飯食べて戻ったらすぐ夢の中。明日は早出なのだ。

コメント

ご近所さん

2018年07月11日 | 

すこし前から実家の納屋に住み着いた長毛種の黒フサのケイちゃん。

 

子猫つれてお向かいさんに営業。ちょっと遠くてわかりづらい?キジ猫です。

やっぱり気になるのかな。

コメント

2018GW

2018年05月10日 | 色々

しばらく更新できてませんでしたので最近の近況を。

今年のゴールデンウィークはカレンダー通りに休めたので、いよいよ風呂のタイル貼り。

ただ、休みは休みでいろいろと用事や行事が入ったりして思うようにできなかったのも事実。

2.5センチ角のモザイクタイルを30センチ角の紙についている状態で貼っていく。

広いところはすいすいと貼れるが出っ張りや割りの悪いところは考えながらやるので時間がかかる。

結局全部は貼れず、また後日。蚊が出てくるまでには終わらせたいなあ。

 

・連休の前半、息子は高校の山岳部の新歓登山で一泊キャンプ。上級生1人と1年生が4,5人くらいの小さな部らしいが、まあ楽しめれば良いのではないだろうか。

総体の種目もあるらしい。初めて知った。

兼部で文芸部にもはいったので、新田次郎を目指すのも一興か。

 

・5月4日は地元の神社の春祭、昔は春市と言って農具の出店が来ていた気がするが。

自治会の班でのぼりを立てる当番だった。

朝立てて、昼過ぎから神事があって餅まきもあった。

出店や屋台は無し。

片付けの時間に行ったらまだ神事をしていて、餅まきにも間に合った。

餅まき目当ての人はみんな袋を持参している。ぬかった。

餅だけでなくお菓子やパン、乾麺なんかも投げる。

お菓子の小袋ばかり5,6個拾った。それ以上は持ちきれない。久々の餅まきで楽しかった。

最近は棟上げでも餅まきやらなくなっているので、貴重な機会ではないだろうか。

 

コメント

立春に雪!

2018年02月05日 | 色々

日曜日の朝、障子を開けると雪景色だった。

昨日の夜は星も出ていたし、予報も見てなかったのでびっくり。

1日降り続いたらすごいことになりそうだ、と思っていた。

でも、昼前には晴れ間が見えて、

息子が作った雪像?も夕方にはこんなことに。

まあ、月曜日の朝まで残ると凍結して大変なことになっていたので、これで良かったかも。

コメント

寒い朝

2018年01月15日 | 色々

土曜日の朝、前のため池が凍っていた。

全面結氷とまではいかないが、岸付近で1センチ近くの厚み。

夜に降った雪が残っていた。

水切りの要領で石を投げると、カラカラと氷上を滑って行く。

昔は学校に行く途中でよく遊んでたが、最近は氷が張ることが少なくなっているようだ。

コメント

2018正月

2018年01月05日 | 色々

仕事納めの翌日、年賀状をなんとかやっつけたまではよかったのだが、晦日から風邪をひいて寝込んでしまった。

毎年恒例だった除夜の鐘つきはお休みして早々に布団にもぐりこむ。

元旦にはどうにか起きだしてこれたので、嫁のおせちと雑煮を頂く。

体調がもどるまでは、好物の餅も控えめに。

二日の午後に、地元の神社に初詣。今年の祈願は健康第一。それと息子の受験。

ついでにホームセンターの初売りで充電ドライバーを購入。昨年からひそかに狙っていたのが少しお買得になっていたのだ。

今までの12Vから18Vにパワーアップしたので快調。

停滞している風呂工事もすすめるべく、天井板のパネルに取り組む。

もう一回塗ってから取り付け。

コメント

ロボコン

2017年11月06日 | 家族

日曜日、息子がパソコン部の活動としてロボットコンテストに参加した。

高専や大学生がやっているようなのとはずいぶんレベルの違いはあるが、自分たちで考えて作ったロボットで初参戦。

息子が1,2年の時には参加してなかったのだが、今年顧問の先生が変わったので出場することになったようだ。

ロボットの製作期間は実質1か月くらいだろうか。1週間前でも形が見えてなかったが。

まあ、親が手を出しそうになるのを抑えて自分たちで完成させたのだが、いざ本番で他の学校のロボットと比べると、やはり経験不足とゆうかノウハウの蓄積が違うのがよく分かる。

うちはそもそもパソコン部だし。

6,7校くらいの参加だが、たいていは1校から2,3チーム出場。

ゴムボールをカップに入れるだけなのだが、90秒はあっとゆう間。

残念ながら1つも入れることができず敗退。(実は相手も0点だったが、終了時点でカップの置いてあるエリアに車体がかぶって-5点)

先生もご苦労様です。

経験値が大事なのは本人たちも分かっていたようで、後輩につなげるよう記録取りの方に力をいれていた。

1,2年生は別ルールの競技に出場。こちらも残念ながら結果は残せず。

まあ天気もよかったので、合間に高松港のマルシェをのぞきつつ、子供の成長と検討を見守った一日でした。

 

コメント