政治をあきらめない

都民に透明性のある政治を

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

教育委員もトンデモ発言

2007年02月25日 | Weblog
知人から、石原都知事が任命した教育委員たちもトンデモ発言をしている、という連絡をいただいた。  http://suruke.web.fc2.com/index.htm というHPの『石原都知事が任命した東京都の教育委員ってどんな人たち?』 というページである。
鳥海巌委員「国旗・国歌問題でも言われたのですけれども、いいじゃないかと、わずかの人が例えそのときに立たなくても、あるいは国歌をうたわなくてもいいじゃないのという説が論説の中にございますけれども(略)徹底的につぶしませんと後で禍根が残ります。特に半世紀の間つくってきているがんですから、その痕跡を残しておけば、必ずこれは自然増殖をしていくということだと思うのです。」(2004年4月8日)
米長邦雄教育委員「(1年で異動させる教師の異動要綱の見直しについて)これが戦国時代の最後の一番大きな闘いになるのであって、これを校長先生に毅然とした態度でやっていただかないと何にもなりません」(2004年4月9日)
米長邦雄教育委員「(男女混合名簿は)校長が毅然とした態度でこれをはねつけることができるかどうかということが、決定的なことであります。これは校長に対する踏絵です。ジェンダーフリー思想に取り込まれるのか、毅然とした態度でこれを追い返せるのかと」(2004年4月9日) などなど。
☆HP本体の「都教委の横暴」がどのようなプロセスで進行したか、リアルに理解できる資料HPになっています。
コメント   この記事についてブログを書く
« 都職員の悲鳴 | トップ | ある都立高校英語科・元教員... »

Weblog」カテゴリの最新記事