渉の足跡

SL230とスーパーカブ(90DX)での「バイク旅」をメインテーマとして、ぐだぐだと書き綴るブログです。

自作 パイロットスクリューレンチ

2011-01-30 18:17:48 | HONDA SuperCub
愛車スーパーカブ号は、平成11年度排出ガス規制適合車(型式:BC-HA02)で、
パイロットエアスクリューの頭が D型 をしているのです。

マイナスドライバーでひょこひょこ回すことができず、
「コラ!排気規制に合わせて調整してあるんだから、勝手に触るんじゃねぞ~」っと脅しをかけられているみたいです が、

  



もうちょっとトルクが欲しいとか、高回転まで気もち良く回るようにしたいとか、やりだすと
どうしても ひょこひょこ回さないといけなくなるのです。


当然ですが、HONDAから専用工具としてパイロットスクリューレンチなる物が販売されていますが、これが けっこうな値段なんです。
回すったて、年がら年中 ひょこひょこ回している訳でもないし、
2~3年に1度 使うかどうかの頻度だと思うし...

ってことで、作ってしまいました。





真鍮のパイプを ちょちょと叩いて伸ばして、なんとか使える物が出来ました。

微調整は気を使いますが、
だいたい使う人が ド素人で 濃いのか薄いのかすら判らず 適当に回しているだけなので、これで十分のようです。


しかし、
ポケットにドライバーを入れて 走っては調整、走っては調整 を繰り返した回数と 使い勝手の悪さを考え合わせると
最初に専用工具を買っておくべきだったと 後悔しているのであります。


スーパーカブ110は、О2センサーが付いてるようですがら、
そのうち、エンジン診断装置か何かを カチャ とつなぐと 「空燃比 9:1 濃い目です」 とか出るようになるんでしょう?。
おっと、その前に パイロットエアスクリュー自体が付いてませんけどね


カブの整備と改造 へ

にほんブログ村 へ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 油温計 取り付けてみました | トップ | 携帯からの テスト »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (通りすがり)
2011-07-19 16:35:50
工具じゃなくてパイロットスクリュのD
の部分の角がとれて○になり
途方に暮れています
Unknown (わたる)
2011-07-19 20:49:30
通りすがり さん

お立ち寄りありがとうございます、お茶も出さずに申し訳なかったです。

これから、回し過ぎには注意するようにします。


では、では、

コメントを投稿

HONDA SuperCub」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事