渉の足跡

SL230からSEROW250Sへ変化しても、ひき続き「バイク旅」を主な話題に ぐだぐだと書き綴るブログです。

SL230の気まぐれ整備(キャブレ-タのオーバーホール前編)

2016-09-26 23:08:31 | HONDA SL230



2016年9月25日(日)
夏の東北林道キャンプツーリング後半から、突然エンジンが吹けなくなり ゆっくりとアクセルを開く発進時にエンストする現象が出るようになったのだが、
しばらくすると もとに戻るので様子を見ることにしました。
↑↑↑ 本当は、「もうダメかな?」と思い、インジェクションのセロー250を探してバイク屋めぐりをしたことは、SL230ちゃんに秘密です。

でも、適当なセロー250が見つからず、さらにSSTR2016では この現象が頻発。
雨の市街地走行や渋滞の高速道路では冷や汗ものだったで、重い腰を上げキャブレ-タのオーバーホールをやってみることに

まずは、フェールタンクのストレーナー下端をを開けてゴミが溜まっていないか確認。
ここはゴミもなく奇麗だし、コックをひねるとガソリンがじゃばじゃば出てくるので、ストレーナースクリーンの掃除は省略しても問題ないでしょう。

 



では、はじめての作業なので、サービスマニュアルを読みながら作業を進めます。 まず、「キャブレータの取り外し」から
・サイドカバーを外す。(別項参照)
・フェールタンクを外す。(別項参照)
・スロットルドラムカバーを外し、スロットルケーブルを取り外す。
・エアカットオフバルブチューブをインシュレーターから外す。
・インシュレータバンドスクリュ、コネクティングチューブバンドスクリュを緩めキャブレータを外す。
・バイスタータバルブナットをゆるめ、バイスタータバルブを外す

とのこと。

これが、外してみるとデカい! CV型とVM型の違いはあるけど、スーパーカブの4倍ぐらいはありそう。

 



次は「キャブレータの分解」 ← 長くなるので、サービスマニュアルに書いてある手順は省略。
注意事項は パイロットスクリュを締め込み、シートに軽く突き当たるまでの回転数を記録しておくこと だそうです。 

実測値は3回転と3/8。 標準値は2回転と3/8なので、ちょと気になる。





現象からすると、スロージェット系の詰まりが一番クサイのだけど、アイドリングは安定していてるし、しばらくするともとに戻るのが解せません。

 



Oリングやダイヤフラムなどのゴム部品を外したら、キャブレータクリーナーを吹き付け、しばし 





そして、「キャブレータ通路の清掃」
圧縮空気を使用して、キャブレータボディのエア通路、燃料通路を清掃する といわれても、エアコンプレッサーなんか持ってないので、
キャブレータクリーナーとブレーキクリーナーを交互に使って穴という穴を全部掃除。 ま~、こんなものでしょう。





このキャブレータクリーナー、すぐにゴム手袋が溶けてしまうほど強力なのに 何度も顔にかかったりして、ひょっとしたらもうすぐ死ぬかも
そんな苦労をしたのに、肝心のスロージェットはすっきりしないのですね~。 何かが引っかかっているような いないような(?)
初めて見るのでよく分かりましぇ~ん。





しばし悩んだ末、"気にしながら乗り続けるなら、新しい物に取り換えよう!" ってことで、キャブレータを仮組したのち、2りんかんへ走る。





ついでに、チューブ類やクリップも注文したら結構な金額になってしまいました。  それよりエアカットオフチューブが欠品ってなんだよ。

 



こうして、短くも充実したオフロードバイク人生が終わったのでした。 じゃなくて、そのうち名車SL230が復活することでしょう。



乞うご期待。



< SL230の気まぐれ整備(キャブレ-タのオーバーホール後編) へ >



HONDA SL230 TOP ↑

 

にほんブログ村 バイクブログへ 
コメント (8)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« はじめてのSSTR2016(③究... | トップ | SL230の気まぐれ整備(... »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
インシュレーター? (チェッチェッチェロー)
2016-09-27 08:35:25
トラブルを抱えたまま、SSTRを走り切ったんですか?
大変でしたね。
自分のバイクで以前あったのが、キャブレターとシリンダー間のインシュレーターの劣化でした。
温まると、ゴムも柔らかくなり、外気を吸い込んで、混合気が薄くなります。
交差点でのエンスト。アイドリングを上げて対応していましたが、冷えるとアイドリングが高過ぎて、特定するまで時間がかかkりました。
硬質のゴムなので、冷えている時にはスキマも見えませんでした。
チェッチェッチェローさん (わたる)
2016-09-27 21:11:11
こんばんは、
インシュレーターからの二次エア-の吸い込みも疑ったのですが、目視では異常がないようだったのですよね。
見ただけでは分からない亀裂が原因なのかむしれないので、組み込む時にもう一度内側から確認してみることにします。
たぶん、インシュレーターが原因だとしたら買い替えかな(?)
Unknown (beige)
2016-09-27 22:02:55
おお、セローに来ますか!

セロー購入記念、北富士ツアー準備しときます。
beigeさん (わたる )
2016-09-27 22:56:14
こんばんは、
買いかえるとすれば、セロー1択。 でも、中古は相場が高過ぎるし、新車じゃ林道で気を使いそうだし、どうしよう(?)
北富士、いつでもOKですよ。 最優先で参加します。 一泊の南信林道ツーリングもいいですよ。
この際、ダートスタイルに復活されてはどうでしょう。 最近、ちょっと雰囲気が変わったみたいです。 
キャンプじゃない北関東...も生きているみたいです(?)
Unknown (beige)
2016-09-29 23:17:30
気候が落ち着いたら久々に走りに行きましょう。

キャンプツーの方が良いかなぁ

まぁダートスタイル復活は無いですねw

beigeさん  (わたる)
2016-09-30 21:54:11
では、秋雨前線が消えたなくなったころに
私も (ひろみ)
2016-10-01 22:22:29
インシュレーターに亀裂が入ってましたので、交換です。
でも、私はどれもこれも分からないので全部バイク屋さんに丸投げです。
キャブレターの掃除とか、エアーフィルター交換などと合わせて、15000円でした。
同じく古いバイクなので仕方ないですね。
ちなみに、あのセローくん、15万円で買いました。(^O^)
ひろみさん (わたる)
2016-10-01 22:36:15
こんばんは、
え~、インシュレーター交換やなんだかんだで1万5千円! それは良心的なバイクやさんですね。
セロー225もSL230も高速道路は苦手だけど、軽量で扱いやすいバイクなので、お互い大事にがしがし走りましょう。
ちなみに、私のもそれくらいの値段にでした。 ひょっとして、ヘルメットの方が高かったりして

では、では、

コメントを投稿

HONDA SL230」カテゴリの最新記事