赤いルバーブのほたる農園たつの

赤いルバーブ7品種!これが「ほたる農園たつの」の主力作物です。


秋冬野菜の栽培計画及び畝割り図が完成!

2015-07-29 20:18:24 | 菜園
図面上、菜園を50センチ四方のメッシュに区画し畝割りしています。

畝割り図をエプソンスキャンでスキャンしましたがどうしても、

縦長表示になってしまいます。

これを補正するすべが分かりません

ご覧になる方は恐縮ですが、体を横に傾けてご覧ください。



第1圃場





第2圃場





第3圃場





       
コメント

収穫の夏

2015-07-24 16:59:23 | 菜園

         梅雨も明け、トマトの色づきも本格化し正に収穫の夏!です。



           


         トマトの品種は、

            ピンキー、イエローアイコ、ホーム桃太郎、桃太郎ゴールド、麗夏、強力米寿です。




           
コメント

ルバーブの立枯病

2015-07-23 11:30:33 | ルバーブ栽培記



インターネット上のルバーブ解説サイトでは、

ルバーブはアブラ虫、うどんこ病程度で比較的病虫害の心配の少ない作物と紹介されています。

事実、昨年は、全く病害虫被害ゼロで済んできましたから今年も、

多少の異変はあってもそのうち収まる程度に受け止め見過ごしてきました。

*ルバーブの茎がまだら模様に傷ついている(次の画像)
  

         



*株元が白い粉を吹いて腐ったようになっているなどの異変に気づいていなかったわけではないが、
      
ルバーブなどレアな作物は、病虫害の情報が極端に少なく、対処策を思いつかず、

ダラダラと放置してきたというのが本当のところ。

遅ればせながら、一株一株掻き分けて観察すると何と!7割くらいの株に異変が生じているではないか!

慌てて、インターネットを駆使して本気で検索しまくったら病名を特定できた!

      立枯病!

もっと早く本気になるべきだった    

今では、いつ頃からこの病害が生じ始めたかさえ不明。

病名は分かっても「病原菌は土壌中で繁殖」するそうだから困った。

対処策は「土壌消毒」が望ましいそうだ。

でもね~、

約1キロも離れた2つの圃場(ビクトリアルバーブ圃場とでグラスキンルバーブ圃場)で同時被害を受けていることを考えると、

長雨が原因の空気感染かもしれないし、土壌消毒など不可能だ。


更に困ったことに、レアな作物ゆえに、

国内販売の殺菌剤農薬の適用病害虫表に、

ルバーブ(及び立枯病)の記載が見つからないことです。

このことも、インターネットで検索しまくったら、

幾つかの薬剤を組み合わせて、輪番でしようすることが提案されていたので、

試してみることにします。

    *ベンレート水和剤+ダコニール

    *トップジンM水和剤+オーソサイド水和剤


幸いなことに、クリムゾンチェリー・ルバーブやシャンパーニュルバーブなど輸入根株には、

病害の兆候は見られるが大事ではなさそうで対策が、

何とか間に合いそうです。


コメント

かぼちゃ・赤い坊ちゃん、ころりんを収穫

2015-07-18 18:19:55 | 菜園

          「ころりん」は1キロ前後の中玉種です。

          今年初めての栽培ですがさて、

          口当たりはどうか?楽しみです。


                


          「赤い坊ちゃん」は1果300g前後のミニカボチャです。

          夫婦2人のミニ世帯にはちょうどいい食べ切りサイズですので、

          3年ほど前からの定番です。

                
コメント

キュウリの収穫は最盛期

2015-07-18 11:08:30 | 菜園
            最盛期ということは、遠からず衰退期がくる知らせ・・・

            毎日毎日ご覧のように、

            大量のキュウリの収穫が続いています。
 
            園主はもっぱら栽培係、

            収穫、調整は奥様が分担しております。

            今年の栽培品種は次の4品種です。

            毎年の定番は「鈴成四葉」と「夏すずみ」ですが更に、

            種やさんのカタログの推奨文句につられて何品種かが加わってしまいます。


              

            昨日収穫の4品種です。

              


            もちろん、贈答、生食に限界がありますから大半は、

            漬物、つくだ煮に加工、冷凍保存し、

            一年中かけて消費することになります。


               



               



コメント