I’s Blog

伊藤久志@アイズサポートのブログです。

援助付き自立の排泄

2019-02-17 22:09:53 | Weblog
「排泄の自立」というテーマはよく扱われますが、
なかには上手く自立(自発排泄)まで到達できない事例もあります。
その際、何を目標にするか?と言うと、「援助付き自立」になるかと思います。
自発排泄でなくても、介助者に誘導してもらい排泄できればOKとなるわけですが、
今度は介助者の負担と援助付き自立によるメリットを天秤にかけることになってきます。
援助付き自立をどのように成立させるか?すごく興味深いなと思います。
排泄予知デバイスを用いることによって、援助付き自立が成立・維持する可能性が高まるかもしれません。
援助(本人と介助者との相互作用)の最適化を実現できるかもしれません。
最近、D-Freeというデバイスが発売されました。
今後の動向が楽しみです。
コメント

3月21日の支援者研修の魅力

2019-02-14 09:16:39 | Weblog
3月21日に開催する支援者研修の魅力について、説明したいと思います。
2部構成ですが、どちらも興味深い内容です。でも、使い古された感のあるテーマでもあります。

特に午前の強度行動障害に関する講義は、当方のセミナーでも2回ほど扱ったテーマでもあります。
でも、医師の立場から講義を拝聴した経験がないことに気付きました。
なんとなくこんな場合にリファーするといいんだろうなという漠然としたものはあるのですが、
こちらの勝手な思い込みかもしれないと思ったりします。
福祉系の強度行動障害研修の内容と被るところが多いのですが、今回は範囲を広げて多領域の連携まで扱っていただきます。

次に、午後の二次障害に関する講義は、私自身非常に楽しみにしています。
当初「メンタルヘルス」をキーワードとしてお願いさせていただきました。
そして、依頼時に受けた小講義が目からうろこでした。
これを皆様と一緒にシェアしたいと感じました。


コメント

出張の情報

2019-02-06 15:16:49 | Weblog
現在、以下の都市に出張しております。

・武豊:第2/第4木曜日

・豊橋:第2/第4日曜日 ⇒ 来年度より第1/第3木曜日に変更予定

・豊田:火曜日



お問い合わせ:h1397019@hotmail.com 052-700-7487
コメント

来年度からの料金改定のお知らせ

2019-01-04 13:34:10 | Weblog
常日頃、ご利用いただき、誠にありがとうございます。
このたびの消費税率の引き上げと今後の運営状況を鑑みて、誠に申し訳ございませんが、来年度より利用料金を改定させていただきます。
ご協力のほど、お願い申し上げます。

初回相談 ◆ 5,500円/時

セッション料 ◆ 6,500円/時(月2回以下)
        6,000円/時(月3回以上)

入会金 ◆ 11,000円

年会費 ◆ 11,000円

キャンセル料 ◆ 無断:セッション料相当
        当日:3,000円
        前日・2日前:2,000円
コメント

『トイトレ特化サービス』はじめました。

2018-12-26 19:37:07 | Weblog
トイレットトレーニング(トイトレ)に特化したサービスを計画しております。
「今のところ、なんとかなってるのだけど、"トイレットトレーニングだけ"相談したい」というご家族にぴったりなサービスを提供していきたいと思っています。



手続き
・申込み(info@i-s-support.com)
・アセスメント(排泄に関する質問紙実施 / ターゲットの選定 / 機能的アセスメント など)
・インフォームドコンセントに基づく適正手続きの選択
・成功基準の設定
・トイトレの実施(記録あり)


料金
・アセスメント:10,000円
・成功した場合の報酬:20,000円
・トイトレ以外のことに関するセカンドオピニオン:10,000円(1年間)


形式
・コンサルテーション(保護者が家庭でトイトレを実施するための相談)
・アセスメントの際は、来所いただくか、もしくは訪問(別途交通費要)させていただきます。
・トイトレ実施の期間は、メールでのフォローがあります。


コメント (3)

支援者研修のお知らせ

2018-11-24 10:48:04 | Weblog
このたび、3回目の支援者研修を計画いたしました。
今回は、なんと!!吉川徹先生です。
午前と午後を合わせると、5時間も吉川先生からコアな学習ができるチャンスは貴重です。
申込み、どしどしお待ちしております。
また、共催・後援をしていただける団体も募集しております。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

テーマ:
・午前 120分 10:00~12:00 『強度行動障害の医療的支援:予防や福祉や教育による支援を含めて』
・午後 180分 13:00~16:00 『ASDの二次障害/ADHDの二次障害』


講師: 吉川徹氏(愛知県医療療育総合センター中央病院)

日時: 平成31年3月21日(木,祝)

場所: 吹上ホール 第7会議室
    名古屋市千種区吹上2-6-3
    地下鉄桜通線「吹上」下車<5番出口>から徒歩5分

対象: 発達障害児者に関わる教員・支援者

料金: 午前のみ 4,000円  午後のみ 6,000円  午前・午後両方 9,000円

お申込みは、件名を【支援者研修申込み】とし、
①氏名②参加区分(例.「両方」「午前のみ」「午後のみ」)
③連絡先(電話番号/メールアドレス)④ご所属・お立場
を明記の上、下記のメールアドレスにお送り下さい。
i_s_seminar@yahoo.co.jp

【主催】アイズサポート  【問合せ】052-700-7487
【共催】名古屋市発達障害者支援センターりんくす名古屋
【後援】TEACCHプログラム研究会愛知支部 名古屋市教育委員会

コメント

あとりえオリーブ絵画造形教室

2017-03-06 19:06:45 | Weblog
当方のすごくご近所でされてる教室の紹介です。
あとりえオリーブ

余暇スキルって将来的に大事です。

コメント

業績

2000-12-06 19:53:07 | 業績
学術論文

伊藤久志・谷晋二 2011 二分脊椎症と特定不能の広汎性発達障害を伴う児童の排尿訓練―課題分析に基づく指導事例― 行動療法研究,37(2),105-115.
伊藤久志 2017 家庭内で粗暴な行動を示す自閉症児に対する行動療法的アプローチ―機能的アセスメントに基づく実践事例― 日本小児心身医学会雑誌【子どもの心とからだ】,26(1),39-45.
伊藤久志 2017 自閉症児に対する数字‐数詞関係の形成ーキーワードプロンプトを用いた命名訓練による指導の試みー 自閉症スペクトラム研究,15(1),47-51.
伊藤久志 2018 広汎性発達障害児の計算問題の指導ーエラー分析に基づく指導事例ー 自閉症スペクトラム研究,16(1),21-25.
伊藤久志 投稿中 自閉症児のトイレットトレーニング:刺激性制御の転移を標的とした排便訓練の事例 自閉症スペクトラム研究,.
伊藤久志 投稿中 自閉症児のトイレットトレーニング:排便行動の形成を標的とした保護者支援の事例 自閉症スペクトラム研究,.




学会発表

伊藤久志 2003 心拍率制御に及ぼす教示と心臓活動の知覚促進の効果 日本行動療法学会第29回大会
伊藤久志 2005 母子分離登校に困難を示す自閉症児への介入 日本行動療法学会第31回大会
伊藤久志 2006 PDDと二分脊椎を伴う児童への導尿スキル訓練の試み 日本行動療法学会第32回大会
伊藤久志 2007 自閉症児に対する字の綺麗さの向上を標的とした指導―字の綺麗さの可視化の検討― 日本行動療法学会第33回大会
伊藤久志 2010 通園施設における包括的行動支援 日本行動療法学会第36回大会
伊藤久志 2012 自閉症児に対する数概念の指導―キーワード対応法による数字-数詞関係の形成― 日本行動療法学会第38回大会
伊藤久志・岡嶋美代 2013 広汎性発達障害を伴う強迫性緩慢の成人に対する訪問サービスによる介入事例 日本行動療法学会第39回大会
伊藤久志 2015 たし算とひき算の操作の弁別が困難な自閉症児に対する計算問題の指導 日本認知・行動療法学会第41回大会
伊藤久志 2016 自閉症児に対する入浴の時短訓練 第15回日本小児心身医学会東海北陸地方会
伊藤久志 2017 自閉症児のトイレットトレーニング―刺激性制御の転移を標的とした排便訓練の事例― 日本認知・行動療法学会第43回大会
伊藤久志 2018 自閉症児のこだわりマネージメント:インフォームドコンセントを重視した事例 第17回日本小児心身医学会東海北陸地方会
伊藤久志 2018 自閉症児のトイレットトレーニング:排便行動の形成と排泄後の処置を扱った事例 日本認知・行動療法学会第44回大会



講師

『自閉症スペクトラムの特性』(於:社会福祉法人TUTTI)
『自閉症の特性と支援の組み立てに必要な行動の見方やアセスメントについて』2018(於:名古屋市社会福祉協議会・名古屋市知的障害者福祉施設連絡協議会・名古屋市発達障害者支援センターりんくす名古屋)
『子どもの気になる行動解決法』(於:星の子ステーション)
株)ラヴィン職員研修
『あなたにとっての価値を探す:援助職のための価値ワーク』(於:名古屋市発達障害者支援センターりんくす名古屋)
『子どもと自分を大切にする子育てのヒント』(於:知多地域障害者生活支援センターらいふ)
『自閉症の特性と支援の組み立てに必要な行動の見方やアセスメントについて』2017(於:名古屋市社会福祉協議会・名古屋市知的障害者福祉施設連絡協議会・名古屋市発達障害者支援センターりんくす名古屋)
『自閉症の特性をふまえた行動のアセスメント』(於:社会福祉法人TUTTI)
『演習で学ぶ!支援が必要な子どもの理解』(於:知多地域障害者生活支援センターらいふ)
『就学後の家庭療育―将来を見据えて今できること―』(於:ABAサービス プリエール)
『自閉症の特性をふまえた行動のアセスメント』2016(於:名古屋市知的障害者福祉施設連絡協議会・名古屋市発達障害者支援センターりんくす名古屋)
『問題行動を予防するコミュニケーション指導』(於:オーネスト希望)
『社会的スキルトレーニング:理論と実践』(於:名市大 医療・保健 学びなおし講座)
『発達障害児の理解と対応』(於:東海市立教員研修センター授業力向上事業(特別支援教育))
『現場のしくじりから学ぶ療育のツボ』(於:知多地域障害者生活支援センターらいふ)
『自閉症の特性をふまえた行動のアセスメント』2015(於:名古屋市知的障害者福祉施設連絡協議会・名古屋市発達障害者支援センターりんくす名古屋)
子どもの困った行動や問題行動への適切な支援方法を学ぶ!!講演会「分かりやすいABA講座」(於:NPO法人ひなた)
『発達障害と関わり方』(於:昭和保健所)
保護者向け講演会「パニックやかんしゃくへの対応について」(於:大府市発達支援センターおひさま)
家庭で無理なく取り組める“脱力系”SST(於:知多地域障害者生活支援センターらいふ)
支援者のためのABA研修会(於:相和福祉会ひらめき2%)
保護者・支援者研修会(於:相和福祉会ひらめき2%)
のびたくらぶお喋り会(於:昭和区発達障害児の親の会のびたくらぶ)
自閉症スペクトラム支援士資格認定のための近畿支部第3回資格認定講座『文字学習』(於:自閉症スペクトラム学会)
『スマイル人生応援レシピ~公開型療育相談会~』(於:知多地域障害者生活支援センターらいふ)
『ペア~トレーニング』(於:知多地域障害者生活支援センターらいふ)
『ほめ方・しかり方を見直してみよう~普段からこどもをほめていますか??~』(於:知多地域障害者生活支援センターらいふ)
『日常に繋げる学習面の指導』(於:NPO法人ほがらか)
『普段着のソーシャルスキルの指導』(於:NPO法人ほがらか)
『応用行動分析による問題行動の理解と対応』(於:NPO法人ほがらか)
『自閉症児のコミュニケーション指導』(於:愛知県総合教育センター)
連続セミナー①~④(於:NPO法人ゆう)
『発達障害の療育の現場から』(於:めばえグループ)




講演会主催・共催

アイズセミナー2011秋『多様なABAの魅力』 講師:谷晋二氏
アイズセミナー2012夏 講師:池田実氏
「見本合わせ」課題から応用行動分析を学ぶワークショップ in 豊橋 講師:坂本真紀氏
アイズサポート3周年記念講演会 講師:久野能弘氏
療育セミナー『トイレットトレーニング編』『お手伝い編』『文字学習編』
アイズセミナー2014夏『機能的行動アセスメントとその応用:発達障がいの子どもをいかに指導するか』 講師:池田実氏
アイズサポート5周年記念講演会 講師:小林重雄氏 久野能弘氏
アイズサポート支援者研修会『障がい児の保護者のメンタルヘルスを支える心理教育』 講師:谷晋二氏
アイズ&りんくすセミナー『大人になった自閉症者の支援を考える』『行動障害の著しい人の支援を考える』 講師:志賀利一氏
アイズセミナー2017夏『行動障害の著しい人の支援を考える―合理的配慮に基づく行動支援の実践―』 講師:志賀利一氏
アイズセミナー2017冬『てんかんを正しく知る』 講師:横関広子氏
アイズセミナー社会性『共感からはじまるソーシャルストーリー™』 講師:山田理恵氏
アイズセミナー三部作『コミック会話の可能性〜文字が読める幼児から成人までに使える会話の視覚支援〜』講師:山田理恵氏 『知ってほしいな発達障害とてんかんのこと』講師:横関広子氏

コメント

プロフィール

2000-12-06 19:50:09 | プロフィール
伊藤 久志
アイズサポート代表


学歴

長岡京市立長岡第四中学校 卒業
京都市立伏見工業高等学校 卒業
中京大学文学部 卒業
中京大学大学院文学研究科修士課程 修了
中京大学大学院心理学研究科博士後期課程 中退


職歴

豊橋市民病院精神・神経科内児童外来 心理職
表山クリニック 心理職
NPO法人発達・心理相談センター「ゆうこうの家」 療育部門主任
アイズサポート 代表


所属学会

日本認知・行動療法学会
日本自閉症スペクトラム学会
日本小児心身医学会


コメント