RoyalBlue ANNEX : Chaos Café RoyalBlue
Chaos Café RoyalBlue
カオス・カフェ ロイヤルブルー
華緒洲三姉妹/かおすさんしまい




3号M電話機 壁掛型

以前紹介した3M電話機の壁掛型です。壁掛型といっても本体の構造は同じで、受話器を掛ける部分のフックの取り付けを変えるだけで、壁掛型に変更できます。

コメント ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする




水晶鑑定セット その7

次に偏光板を、プラスチックの箱に貼り付けます。セロハンテープなどを使って、2枚の偏光板が向かい合うようにはりつけます。このとき前回のように2枚の偏光板が重なった場合に、光を通さないような向きに貼り付けます。写真でも2枚の偏光板がかさな部分の色が黒くなっています。鑑定用の箱はこれで完成です。

コメント ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする




水晶鑑定セット その6

次に、作った偏光板をプラスチックの箱に貼り付けるわけですが、偏光板には向きがあります。写真では偏光板の重なった部分が、それほど色が濃くなっていません。
しかしこちらの写真では、重なった部分が、濃く(色が黒く)なっています。



つまり2枚がかさなると、光を通しにくい向きにします。箱に貼り付けるのはこの向きで貼り付ける必要がありますので、この向きを覚えておく必要があります。

コメント ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする




水晶鑑定セット その5

次に偏光板の準備です。偏光板は3.5cm×7.0cmのものが1枚入っていますので、これを半分に切断し、2枚の偏光版を作ります。偏光板には保護用のフィルムが張ってあるのでこれをはがして使用します。

コメント ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


   記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧