日本史大戦略 Side-B 附 歴史を歩こう協会 ~日本各地の古代・中世史探訪~

『日本史大戦略』のB(Blog)面です。城・館・古墳・古道・官衙・国分寺・神社・寺院・民俗・エミシ・南部氏・後北条氏など

【安芸・備後古代史探訪 その3】神武天皇が東征の折に滞在したと伝わる地に建つ多家神社【広島県府中町】

2019-07-04 07:46:21 | 歴史探訪
 昨日(7月3日)は、クラツーにて座学をやらせていただきました。

 今月からは講座の種類が5種類に増えて、昨日は『続日本紀』と古代中国史の講座の初回でした。

 初回から合計42名様のご参加をいただき、皆様どうもありがとうございました。

 しかも今回は欠席者無し!

 本当に感謝です。

 他にも引き続き、東北の古代史、『日本書紀』、関東の古代史の各講座もやっていますので興味のある方はどうぞ。

 ⇒講座の予定や詳細は本ブログ内のこちらのページをご覧ください

 講座が終わった後、ろくに昼飯も食べていなかったので、超お腹ペコペコ状態で行き倒れる寸前にたかお食堂にたどり着きました。

 唐揚げ定食(600円)をチョイス!



 最近はこのブログにはあまりたかお食堂のことを書いていませんが、相変わらずコンスタントにお邪魔していますよ。

 ちなみに、Facebookでは頻繁にアップしています。

 さて、明日からまた吉野ヶ里遺跡ほかのツアーに出かけてくるのですが、今日は完全休養日としています。

 そのため久しぶりにたっぷり睡眠をとり、今朝はゆっくりと5時に起床しました。

 部屋の窓からは雨ザーザーのお外が見えますが、今日やるべきことはトレッキングシューズを買いに行くことくらいです。

 まだ全然お店がオープンする時間ではないので、あとで徒歩2分のイイアスまで行ってこようと思っています。

 というわけで、昨年10月2日の広島県探訪の続きをお届けしますよ。

*     *     *


 ⇒前回の記事はこちら

 安芸国の総社跡と国庁跡を探訪して、歴史民俗資料館の前まで戻ってきました。

 でもまだオープンまで時間があります。

 資料館の向かいには神武天皇が東征の折に滞在したと伝わる多家神社があるので参拝してきましょう。



 おー、神武天皇!



 しかも式内社ですぞ。

 きちんと由緒書きも掲示してあります。



 ここに書いてある通り、『古事記』では日向を出た神武一行は豊国の宇佐を通り、竺紫の岡田宮に1年滞在し、つづいて阿岐国の多祁理宮(たけりのみや)に7年滞在します。

 その多祁理宮がこの場所というわけです。

 ※由緒書をよく読むと昔からこの場所に神社があったわけではないことが分かりますが、その辺の事情はこのあと訪れた郷土資料館で詳しく聴くことができました。

 なお、多祁理宮を出た神武一行は次に吉備の高島宮に8年滞在し、ようやく畿内へ乗り込んでいきます。

 一方、『日本書紀』では、安芸国の埃宮(えのみや)に2ヶ月半ほど滞在したことになっています。

 では、石段を登ります。



 木々の間から市街地の高層マンションが望めますよ。



 船形の手水。



 拝殿も立派だ。



 こちらにも先ほどと同様な由緒書があります。



 こちらは境内社ではなさそうですね。



 宝蔵ですか。



 元々は広島城三の丸稲荷の社殿の一つだったんですね。

 校倉造のなかでもここに書いてある通り、壁の作り方が独特で現在見られるものとしては他に例がないという貴重な建物です。

 おっと、巫女さん募集!



 募集要項を読むと、呪力がなくても大丈夫なようですよ。

 でも未婚じゃないと駄目なんですね。

 これは現代風な表現で「未婚女性」となっているわけですが、さすがに「男性経験がない女性」とは書けませんよね。

 拝殿の前に来ました。



 扁額。



 なかなか雰囲気の良い境内です。



 この小さな祠は誰を祀っているのでしょうか。



 菅公さんでした。



 本殿の方へ回ってみます。



 風格のある門。



 おもいで石?



 なんでしょう?

 なるほど、こういうものですね。



 そういえば、私が子供の頃、家のなかの柱に成長の記録を残していったことを思い出します。

 賃貸のマンションでしたが。

 たまに見かける紀元2600年記念の碑。



 紀元2600年は昭和15年で、当時は大東亜戦争真っただ中ということもあり、国中でかなり盛り上がりました。

 あ、リアルタイムで見たわけじゃないですよ。

 ところで、これは単なる記念碑ではないようですね。



 やはり広島というと原爆の話がでてきますね。

 私くらいの世代ですと、子供の頃に漫画「はだしのゲン」を読んだ人が多いと思います。

 私の場合は小学校高学年の時に読んだのですが、かなりショッキングな内容でした。

 その後、数年前に該書は問題があるということで、学校の図書室から排除されたこともありましたが、私的には子供の頃にああいった本を読んでおいた方が戦争の悲惨さが脳に刻み込まれて良いと思います。

 まあ、私の場合は同時に「鬼畜〇×」という思いに駆られたのですが、今は戦争反対です。

 今回の旅では原爆ドームに寄る時間が無いので残念ですが、いつか寄ってみたい。

 こういった石碑もあります。



 さきほど登ってきた石段まで戻ってきました。



 石段の下にある貴船神社へ参拝します。









 狛犬ちゃん。





 時刻はまだ9時15分。

 歴史民俗資料館のオープンは10時なのだ。

 というわけで、それまで街歩きをしようかと思います。

 ⇒この続きはこちら


〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻
中沢 啓治
汐文社


コメント   この記事についてブログを書く
« 【安芸・備後古代史探訪 そ... | トップ | 【安芸・備後古代史探訪 そ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史探訪」カテゴリの最新記事