猿田日記

レッド・ハッピネスの猿田大先生の日記

ベトナム侵略戦争後の凋落を中国に強度に依存する事で覇権を維持してきた宗主国様も購買力平価で中国に怯えて【ロシアを抑えつけ、中国を打ち負かす】子供染みた国家戦略を打ち出した宗主国様の巻

2024-02-22 00:26:00 | 報道/ニュース

宗主国様の毎度の常軌を逸した子供染みた哀れを誘う戦略ですが、ウクライナは傀儡を操りロシアに侵略させて、ロシアを弱体化させ露中の連携を断ち、駐留米軍と自衛隊で第二のトンキン湾の様な際限をして、主に自衛隊主体で対中侵略戦争をさせ、中国の国力を削ぎ、ドル基軸かゴミ覇権か知らんが維持を目論んどったけど、サタンの様なイルミナティの横槍でパレスチナの資源と運河にも及んだわな。でも、当面は対中侵略戦争が本線となるわな。馬や鹿は宗主国様を自由主義陣営等と言うけど、単なる落ち目の帝国主義国の頭目で、馬や鹿は中華人民共和国を誹謗中書をするけど、其の中国と米ソ冷戦時は物凄く結び付いとったわな程度も知らんといかんわな。日本と宗主国は深化する同盟と本気で云い立てとったら、異様におめでた過ぎるわな。因みに対中侵略戦争を言い立てる馬や鹿の層は自衛隊欠員3万人やら自衛官の確保もままならない現実を知っとって、ポンコツ武器をリボで買う恐ろしい現状があるわな。

今日は此処迄

次回を待て

P.S.

此れからデモクラシータイムスの<なめるな!岸田>【山田厚史の週ナカ生ニュース】を視聴しときます。


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« アイアン・フィスト(25日~3... | トップ | NATOストルテンベルグ事務総... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

報道/ニュース」カテゴリの最新記事