goo

しなの鉄道 軽井沢駅 ピンバッジセット発売!

しなの鉄道軽井沢駅構内にあるキッズテーマパーク
『森の小リスキッズステーションin軽井沢』が再開園します!

3月21日(祝日)9時45分OPEN!

真っ赤でかわいい「赤いでんちゃ」(ミニトレイン)に乗れたり、
169系の車内を改装した「イエローキッズ電車」の中で遊べたり、
三匹の子豚をモチーフにしたハウスや遊具もあります。
中央にある「小リスのマルシェ」では、駄菓子やしなの鉄道商品の販売もあり、
子供はもちろん、大人も一緒に楽しめそうです。

この再オープンを記念し、なんと!
『しなの鉄道 軽井沢駅 ピンバッジセット』が発売されます。



旧駅名看板と新駅名看板、金色に輝く軽井沢駅舎、
169系S51編成169-1とEF63-2の電車のピンバッジ5個がセットになったものです。
1セット 4,000円(税込)
300セットの販売品です!

軽井沢駅3階の「しなの屋KARUIZAWA」は様々な店舗が入っており、
3月23日~24日は一周年を記念した企画も開催されます。

また、軽井沢駅旧駅舎にある上質な雰囲気のろくもんラウンジ(有料)で
ゆっくりくつろぐのもいいですね。

是非、春休みの行楽に電車に乗って軽井沢にお出掛けしてみてはいかがですか?
しなの鉄道 軽井沢駅については、HPまで→
https://www.shinanorailway.co.jp/news/2018/03/5230.php
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ダムバリエーション「アルクマ」

長野県企業局が高遠ダム建設60周年(長野県電気事業60周年)を
記念して開催した高遠ダムフォトコンテストの入賞者が決定しました。
グランプリの作品は今年の4月から
高遠ダムカードの写真として採用されるそうです。
入賞者の方達に記念品としてアルクマピンバッジがプレゼントされました。


ダムのかぶりものをして水のペットボトルと電球をもった
かわいい「アルクマ」ダムバーバージョンです。
ダムへの親近感がわいてくるような「アルクマ」ですね。

フォトコンテスト入賞作品については、長野県のHPまで→
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

熊本県に寄付のご報告

熊本の大地震の被災地の皆様に
ピンバッジの売上の一部を寄付します。
と、皆様にご協力をお願いし、販売してきた
「アルクマピンバッジ(くまモンVer.)」も
おかげさまで今年の1月に、目標販売個数を完売いたしました。
ご購入の皆様、本当にありがとうございます。

目標販売個数1000個
販売価格500円(税込)
1個につき100円寄付
ということで、皆様からお預かりしました計10万円を
2月末日に寄付させていただきました。



熊本の義援金の受付も今年3月31日までの予定を
来年の3月31日までに延長されています。

皆さんから可愛いとほめていただいた第1弾に続き第2弾も
この春、発売開始となります!!

こちらも、ピンバッジの売上の一部を寄付していきます。
引き続き、よろしくお願いいたします。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

国立がん研究センターに寄付のご報告

現在がんは2人に1人はかかる身近な病気だそうです。
がん=死のイメージはありますが、完治するものも多く、
正しい知識を持つ事が大切のようです。
身近な図書館にがんに関する資料を寄贈するプロジェクトがあると知り、
限定販売のピンバッジを作り、売上の一部をそのプロジェクトに寄付しよう!
ということになり、昨年10月15日から販売がスタートしました。

おかげさまで販売開始より、テレビやラジオ、新聞にも取り上げられ、
今日までに、300個以上もご購入いただきました。

まずは長野県の一つの図書館に「がん情報ギフト」を寄贈していただける3万円を
この度寄付させていただきました。

もしがんになってもあわてず、必要な情報を得て、
自分らしく生活できる社会をつくっていけたら…
そのお手伝いを少しでもできたら…と願っております。


ピンバッジはまだまだ販売中です!
→ショッピングサイトへ→

引き続き、図書館に「がん情報ギフト」を寄贈できるよう
これからも皆様のご協力をよろしくお願いいたします(^-^)/

届けるを贈る 届けるを支える『がん情報ギフト』プロジェクトについて詳しくは、国立がん研究センターHPまで→GO!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

山バッジ シリーズ 戸隠山&乗鞍岳


画家の山本茂富先生との出会いにより始まりました
長野県の山を中心に展開しております山バッジシリーズ。

おかげさまで大好評です!

新デザインができました。
戸隠山&乗鞍岳です。


鏡池から眺めた戸隠山です。
平安時代から修験道場の霊場として栄え、
現在は奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社からなる戸隠神社として荘厳な佇まいを見せています。



乗鞍高原から眺めた乗鞍岳です。
山名の由来は岐阜側から眺めた姿が馬の鞍に見えることによるとか。
信州側の乗鞍エコーラインと岐阜側の乗鞍スカイラインにより多くのハイカーが
手軽に三千メートル級の山を楽しめます。


1個500円で販売中です→ショッピングサイトへ!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ