もっと!なんかすいてた

岩手発グダグダ日記

詩集

2015年07月31日 18時14分29秒 | 日記
今日はお客さんのお宅を訪問して

ウチで買って頂いた商品のアフターサービス、メンテナンスをした

新ちゃんも連れて行け的な空気を社長は出していたが

アイツと行くぐらいなら一人でやった方が気が楽だ!

とばかりに颯爽と一人で出発







とあるお宅へ…

お爺さんが一人で住まわれています

挨拶を済ませて、作業開始

風通しの悪い蒸し風呂みたいな家の中で

30~60分の作業であります

2人で行って30分ちょい

1人だと倍近いのですよ






作業の間ずっとお爺さんが話し掛けてきて

年寄りの一人暮らしだ

寂しくて話し相手が欲しいのだ

そう思っていたら、ただの話好きの爺さんであった



作業を終えて帰ろうとすると

『お茶を飲んで休んで行け』と言う

『いや、次のお宅もあるんで、お気持ちだけ頂戴します~』

やんわり断る俺をしつこく引き止めて

いつ急須に入れたお茶っ葉か分からないやつに

そのままぬるま湯を入れて

ぬるくて薄い緑茶を出してくれた

…こういうのから、ナンチャラ157とかになるやつでしょ

下痢が止まんないとか。

ま、頂きますよ。

爺さんは何冊か本を出してきた

『私ね、こういうのやってるの』

本屋に普通に売ってるような本に

爺さんの名前が入っていて

表紙を見たら『詩集』と書かれていて



あ、自慢ね

自慢話をしたいのね

作家先生なのかと聞いてみると

なんの事はない自費出版との事

そうよね

爺さんの書く詩が売れるなんて滅多にないもんね

いくつか読まされた

なかなかスジがいい

俺も昔は詩を作っていたのだ

素人のように見えたかも知れないが

大正解である



まぁ俺に言わせたら

『無駄金あるなら俺にくれ』レベルの詩であり

爺さんは出来上がった本を友達や知り合いに配るのが楽しみなのだとか

この行為が迷惑行為だと知らないのだ

そもそも一般人が詩を作るなんてのはマスターベーションであり

友達や知り合いはマスかいたティッシュを貰ってるようなものだ

『私はね、90歳になったらまた詩集を作りたいと思ってんですよ』

…そうですかぁ

なんて冷たい返事もできず

『いやぁ楽しみだなぁ!』






詩の内容は忘れたが

多分、戦争反対みたいな事を書いているのだと思う

その中のフレーズに

『ペンは核兵器にも勝るのだ』

みたいな事を書いていて

あれ?なんかのパクリ?堂々とやるのなお前

安倍なつみよりは知恵が付いてるけど

もう少し違うの無かったのかよと。








いっぱいお話が出来てお爺さんはご満悦

無料のメンテナンスをして

お話を聞いてあげて

予定時間がおして

『三ヶ所行きました!』

って報告して

『それしか行かなかったのか?』

って社長に言われるの俺なんだぜ?






でも、年寄りが嬉しそうなのは

何だかええですね
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

砂混じりの茅ヶ崎

2015年07月31日 18時10分06秒 | 日記
ま、何となくですよ?

砂混じりの茅ヶ崎とか言ってみたかったんですよ



暑いからね。





岩手ってこんな暑いんでしたっけ?

何なんですかね



これぞまさに砂混じりの茅ヶ(やかましいわ





…しかしこうして

夕方になると若干の涼しい風が吹きます

それだけが救いですね

家ではクーラーなる文明の利器に頼らないと過ごせませんがね

外にはいい風が吹いてる気がします







…茅ヶ崎のみなさんお元気ですか?(知り合いいねぇだろが

家の中に戻りますよ





クロネコヤマトの不在通知がポストに入っていて

時間を見たら朝の8時51分に書かれていて

平日の我が家この時間に居た事ねぇだろがよ!

っていつも思うんだけど

クロネコさんもお仕事ですからね

ドライバーさんの携帯に電話しました

住所と名前を聞かれたので

地割り番地無しの地名と名前を言いかけた所で

『あ!ぱぱさん!いつもありがとうございます!』

もうね、不在通知の常連さんですからね

しかも荷物は必ずAmazon

『18時以降の時間指定のお荷物もありますから一緒にお届けしますね!』

いい感じの人なのである

だからさっき言いかけた暴言は飲み込んで墓場まで持っていくのです



とても感じのいいお兄さんで

笑顔で配達してくれるから

こちらもいい心持ちになります

朝の8時に一度行ったのにまた夕方に行くのかよ~

みたいな素振りも一切見せない

…なんと言うか、見習わなくては!と思わせてくれます

俺はそのお兄さんに再配達させて申し訳ないので

何かお菓子であったり飲み物だったり

ほんの気持ちだけれど渡すようにしている

こんな暑い1日の終わりは喉を潤してもらいたいので

かなりぬるくなった紙パックのコーヒー牛乳あたりを用意しなくては。

そう思っていたらカミさんが

『クロネコのお兄さんに、これね!』

100%のぶどうジュース、キンキンに冷えたのを準備してくれた

…ぬるいコーヒー牛乳は次回に!

むしろ次回はぬるいスジャータあたりが乾いた喉に…ウハハ(性格直せや







いやいや

本当に大変なお仕事で

心から有り難く思っております













コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ため息まじりの暑い朝

2015年07月31日 06時33分59秒 | 日記
蒸し暑い朝です…おはようございます

隣の部屋でエアコンかけて

襖を少し開けて冷気を少し入れて

扇風機で若干誤魔化す大作戦の翌朝ですよ

思っていたよりも眠れた感じがしております

しかし若い頃と違って疲れが取れた気はしませんね

老いって嫌ですね…
 
 
 





女性で手首に髪を止めるゴム輪を付けてる仕草ってあるじゃない

細くて白い手首に黒とかこげ茶色のゴム輪を付けてる感じ

それフェチです(アホか

前提として細くて白い手首って言っちゃったけども

やはり女性は色が白い方が俺は好きですよ

真っ黒なのはちょっとご遠慮申し上げる



俺の内緒にしていたフェチの一つを解放しましたけど

まだまだ隠し財産がありますからね俺の場合

あとシュシュフェチもありますけどね

キレイな女性が使っていたシュシュなんて入手したら

そりゃチンポにグルグル巻きにしてポンデライオンプレイですよ

全裸になってチンポにシュシュ巻いて

『心配ないさ~~~~』

ライオンキングですよ

もう劇団四季ですよ

…シュシュもいいなと思うっていう話を無理矢理に俺なりに広げるとこうなるという

まぁ悪い例ですよね


 
 



 
女性って年齢がある程度高くなると

髪をショートにしますよね

アレは女子力が弱くなった事なんでしょうかね

木村カエラちゃんみたいなショートとも違う

ワカメちゃんみたいな、ちびまる子ちゃんみたいな

みんなおばさんは似たような

そういうショートにしちゃいますよね

アレは女子力が(何度も言うんじゃない



朝から危険球を投げまくりですが

大丈夫でしょうか

こめかみ辺りにモロにぶつかった人が居たらごめんなさい

…大丈夫、お似合いですよ!おキレイですよ!(お前さ








真夜中に雨が降ったらしく

アスファルトが濡れている

窓を閉めてたから気づかなかったけど

この雨が蒸し暑さを手助けしておるな



さて、出勤の支度をしようじゃないか





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

とうとう

2015年07月30日 23時21分09秒 | 日記
とうとう就寝時にクーラーをスイッチオン

…リビングと和室を隔てている襖を何時もより少し広く開けて

冷気が和室にも流れ込むような

そんな仕組みにしました

和室では扇風機が動いてます

さて…どうなりますやら





あと、今日ふと思ったのです

最近やたらと増えたのが

道を譲ってやったのに、お辞儀もしないやつね

まぁ、そういう常識のない奴はアレですよね

俺に言わせれば『死ねばいいのに』ですよ

道を譲ってもらって当たり前とでもおもってんだろうか馬鹿たちは。

マナーの悪い奴はみんな死ねばいいのにね

強烈な下痢して熱上げて死ねばいいのに

デングればいいのにね

あと、俺の言葉の汚さも直ればいいのにね
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

カラオケデート

2015年07月30日 21時30分22秒 | 日記
こんばんは

今日はですね



午前中に35歳君と外仕事をしまして

サンオイルを塗りたくって腕まくりして

強い日差しの中頑張りました

午後になってからは会社から離れた倉庫へ移動

砂利に段ボールを敷いて

サンオイルを塗って

寝ておりました…

勤務中に何をやっておるのだというご意見

ごもっともでございます

いや、しかし

そういう会社なのであります

 







午後からは雲が多くて

思ったほど焼くことはできませんでしたな…

その後、35歳君と組んでお客さんの所を回って

5時きっかりに退社







今日は俺、カミさんとカラオケに行く予定だったんです

ですから5時きっかりに会社を出て

6時前にはカラオケボックスにおりました

ビールを持ち込んで

モスバーガーを持ち込んで

3時間歌いました



もうね3曲も歌うと声がつぶれるのね

昔は何時間歌っても何ともなかったのに

老いを感じますよ…

隣の部屋から大きな歌声が聞こえて

アニソンだったり、古いムード歌謡だったり

とにかく大きい声がバンバン聞こえてくる

そしてそれが上手い



カミさんが言うには一人カラオケじゃない?

って言うんだけれどね

そう言えば店内に一人カラオケどうですか!みたいなポスターが貼られていて

部屋を案内してくれたお姉さんに聞いてみたら

おじさんや、おばさん、おじいちゃんが、一人カラオケを利用してますとの事

『いやぁ…俺は一人でカラオケなんて恥ずかしいなぁ』って言うと

『いやもう一人カラオケは普通ですよ~』だって。







カミさんが途中で偵察に行って

やはり一人カラオケだったことを確認

30代前半の男性が一人で歌っていたという

終始、あの声量で歌えるんだから羨ましい

もうどうしたって俺の声はダメなのである






ミスチルの新しいアルバムから数曲を歌ってみたけれど

まだちゃんと覚えてないので歌えず

そんな事をしているうちに喉がつぶれて

最後はガラガラ声に。







ダメね…

昔は本当に声が出たのにね…

嘆かわしい限りですよ

ボイトレに行こうかしら…(はぁ?





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加