もっと!なんかすいてた

岩手発グダグダ日記

微妙な温度差

2016年10月31日 22時39分47秒 | 日記
なんていうタイトルだと

男女関係の事をイメージされるかもしれない

若い頃、憧れていた先輩のアパートに通うようになり

手料理なんかも作ってくれたりなんかして

優しくて、真面目でいいなぁって思っていた

あと一息と言う所だったのに

思い切り振られて

土砂降りの中を帰ってきた話とか書きますか?(聞きたくねぇわ








…あのね

お風呂の温度ですよ

我が家のお風呂の設定温度

秋に入ってからは42度です

夏は40度ぐらいだったかな

…42度

これが微妙に物足りない

なんか、何分でも入っていられそうな

そういう温度であり

冷え性を改善したいと少し思っている俺なのに

芯まで温まった気がしないのです

…そういう時は設定温度を上げればいいのですよ

43度。ポチ。



これが絶妙に熱い

身体の表面が熱くなって芯まで熱が行きわたるまで入ってられない

この中間のいいとこないかしら。







42.5度だと…ちょうどいい気がするんだけれど

コロナさん!!







会社に新しく入ったオッサン(まだ正式じゃない)

ヒロルと微妙な感じなんですよね



ヒロルは34歳、オッサンの鳩さんは48歳

俺がヒロルの立場だったら…非常にやりにくいけれど

敬語を使いながら、上手にやっていく方向で持って行くのかな…

アイツはアホだから、先輩だっていうのを見せつけたいのです

普段、やらないようなことをやって見せようとして浮いたり

指示の仕方を曖昧にして、出来ないと注意したり

もうね、無茶苦茶やるのです。

そうやって先輩なんだって見せてる。

俺が、今の会社に入った時

1か月ぐらい先にヒロルが入社していて

もうね、メチャメチャ先輩風でしたからね

『何回も言わねぇんで、見て覚えてください』

『覚えられないならメモしてください』

『ヒマなときは仕事は自分で見つけてやってください』

『いちいち言わないんで』って言葉を何度も言うやつだなぁと思った

最初だけ『はいはい』と言っていたが

36歳君が

『ちゃーさんは一瞬でヒロルを追い越せるから』と言ってたが

あっという間に形勢逆転

今日も何かグズグズ言ってたので

『うるせぇぞバカヤロウ!』と怒鳴ってやった

いつもなら『なんだよ~』って言うくせに

鳩さんがいるから『ジジイ、コノヤロ~』とか言っていたが

もう…何と言うか。

何とも言えないと言うか。

…きっと、ヒロルは鳩さんにも追い越される

一瞬とまでは行かないまでも

追い越されるのは目に見えている

…うん。







温度差について書こうと思ってたのに

最後がグズグズに…。






コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

唐揚げを買いに。

2016年10月31日 21時08分19秒 | 日記
市内でちょいと有名な唐揚げ屋さんがある

しばらく食べてないなぁと思って『食べたい』と言うと

『んじゃ一緒に買いにいこう』とカミさん

仕事が終わってから二人でドライブがてら唐揚げ屋さんへ…






その車内で

『俺、モテたいんだよなぁ』と言うと

『誰にモテたいの?』

『20代30代の女性がいいなぁ』

『そっかぁ~でも、にゃびちゃんは犬とか猫とか子供とか、お年寄りにモテるからいいじゃん』

『いや、そうじゃなくてさ』

『それぐらいがいいんだと思うよ』

『そうかなぁ』

『私なんて全然モテないから、それだけでも羨ましいよ』

無茶苦茶な会話をしているのである

そこから色々と話が変わっていって

中年のオッサンがアイドルに夢中って気持ち悪いみたいな内容になった

別に俺は大好きなアイドルがいる訳じゃないんだが

AKBとか詳しいオッサンとかいたら気持ち悪いなと思う

でも。

オッサンが若いアイドルを好きだと言うと『ロリコンだ!』ってなるのに

おばさんが若いジャニーズを好きだと言うとそういう扱いを受けない事をカミさんに言うと

『いや、さすがに私と年齢が近い人でジャニーズの若い子を好きだと言うのは気持ちが悪いよ』

なのだそうだ。

40代でジャニーズのファンだと言っても変じゃないのは

SMAPとか。まぁ離れていても嵐ぐらいじゃないかと言うカミさん。

なるほど…そういうものなのか

40代のオバサンが嵐を好きだと言う事を男性に当てはめると





30代の女性アイドルって…誰?

全然、思い浮かばないんだけれども。

例えばモーニング娘を卒業した人達とかなのか?

ちょっと意味合いが違って来ないか







…俺、今思ったんだけれど

嵐のメンバーを全員言えない事に気づいた

どれだけ興味が無いのだろう

櫻井翔くんと松本潤と相葉雅紀だっけ

画像も何も見ないで思いだそうとしてこのレベルだ

あと二人ぐらいいたハズ



だめだ…思いだせない…

(ググって画像を見る)

大野くんと、二宮くんだな…うん。

下の名前がわからないけども。



こういうオッサンが、20代30代の女性とマトモに話せるわけがない

モテたいなんて言うんじゃない。

そもそも、お前のツラを見てから言えってもんだ

唐揚げ食ってブクブク太って

何がモテたいだ






ちなみに

TOKIOも全員言えない

イノッチがいるグループの名前…V6だっけ

関ジャニに関しては村上君と横山君しか分からん

もうダメだな…末期だ(ち~ん








コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

いつもちょっと反省してる

2016年10月31日 07時09分23秒 | 日記
少しずつブログの読者さんが増えてきてる中で

時々、俺は暴言を吐いたり

強烈な愚痴をこぼしたり

エッチな事を書いたり

気分を害される方も多いのだろうなと

ちょっと反省しているのですよ。これでも。



例えば昨日の落語のこと

後ろの席の子供がうるさくて…と言う記事を書いたのですが

もう少し言葉を変えて書くとか出来るハズなのです

しかし俺はそれをしません。

例えば

『せっかく社会のマナーを勉強できる場なのに、注意できない親が最近多いです』

みたいな、やんわりとした書き方だって出来たハズなんです。

クソガキだバカ親だと乱暴な言葉を使わなくてもいいんだけどもね…



申し訳ありません(ちょっと反省







下ネタだって嫌な人は嫌なのです

分かっておるのです

でも、書いちゃう。

ブログの記事を書き終えて最後に『更新する』ボタンを押す時に

『ちょっとやり過ぎたんじゃないか』と一瞬頭をよぎるものの

『ええい、ままよ!』とばかりに更新ボタンを押します。

反省はしております。

いちいちそれを書かないだけで。

反省しますよそりゃ。ちょっとだけ。







いつかのブログに『ふるいにかける』と言う事を書いたことがありました

俺のブログを読んでいて不快に感じるなら読まないで結構です。

読んでいる方も世に多くあるブログの中からご自分にあったブログをふるいにかけて読めばいい。

書いている俺だって、こうして好き勝手に書いて読む側の人をふるいにかけているのかもしれない。

ってなことを書いたような記憶があります。

…生意気を書きましたね。

この記事を書いた時にも俺は少し反省をしていたのです。

自分に対して『テメェ、何様のつもりでそれを書いたんだよ』と。







何かを書くこと

本当は誰も傷つかない事を書いていたいんだけど

誰も嫌な気持ちにならない事を残していきたいんだけど

そういう思いはあっても

なかなかできませぬ。

誰も傷つかない事って深く考えて突き詰めていけば

この世の中にあるのかしらと思ってしまいます。

そしてそんな聖者じゃないし。

もしも気に障った方がいらっしゃったらごめんなさい。

と、いつも思って更新しておりますことを心の片隅に置いておいてください。

乱暴な事を書いたり

下ネタを書いたりしてますが

気の小さい男がやってる事でありますので

深く傷つくことはしないでくださいませ。








あと、ハロウィンだっていって

集団で仮装してバカ騒ぎしている若者って

一人じゃ何も出来ねぇクソなんだろうな(だからそういうのやめなさい








かしこ。

おっぱい。(さては反省してねぇな
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スイッチオン

2016年10月30日 21時24分35秒 | 日記
我が家の暖房機は蓄熱暖房機というやつ

何でも話を聞くと

この機械の中にはレンガが入っていて

夜中にそれを電熱で温めて

熱くなったレンガが放熱することで部屋が暖かくなるのだとか

お蔭で24時間ポカポカなのだけれど

実を言うとまだこの寒さなのにスイッチを入れてなかった



なので我が家は寒いままだ








多少の寒さは厚着をしろと

そうやって育てられてきた

その貧乏根性のDNAが46歳の俺の中にも刻まれていて

こんなに冷え性なのに我慢をしてしまう






家を建ててから5年目になるだろうか

いつもカミさんの方から

『蓄熱のスイッチ入れようよ。寒いよ。』

と、言われても

『まだ早いよ。フリースとか着れば平気だよ。』と言って

しばらく我慢してきたのだけれど

今年は初めて俺の方から

『蓄熱、スイッチオンしてもいいかな』と切り出した

『め、珍しい!!私より先ににゃびちゃんが言うとは!!』



7台あるうちの4台の電源を入れた

しかし、蓄熱暖房機の欠点は

寒いなぁと思って電源を入れても

その日は温かくならないと言う事だ

何日かかけて部屋全体が暖かくなっていくので

完全に家の中が暖かくなるのは少し先のことになりそうだ







今朝、寒かったので

カミさんと温泉に行って来た

朝のブログを書いているうちに全身が冷たくなってきて

『ああ…凍死って一番キレイに死ねるのよね…』とか思いかけるほど冷えていた

温泉に向かう車の中で

それでもいつもの俺の冷えよりはまだマシかなぁと思って

カミさんに手の冷たさチェックをしてもらったら

『ひゃぁぁぁぁぁ!!!!』

と驚いていた

いやいや…これでもまだ序の口ですよ、冷えとしては。

本気のスイッチが入るともっと冷たいですからね



手の冷たい人は

心が…

手の冷たい人は心が…何だっけ?

言って!続き、誰か言って!!(やかましいわ









夜のブログを書いているうちに

また指が動かなくなって来た…

風呂に入って布団に逃げ込もう

おやすみなさいまし

俺のスイッチはオフにします
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

二人会

2016年10月30日 18時22分57秒 | 日記





歌丸、いつの写真だよ!



ってわけで

落語に行ってまいりました…

奥州市文化会館Zホール

初めて入りましたよ

桂歌丸 三遊亭円楽 二人会というものでした

もうね、S席なんてのを張り切って取ったんだけれど

いい席でしたな。

近からず遠からず。

前から15列なんてのは一番見やすいんじゃないかな






大勢のお客さんで満員御礼の垂れ幕が出ておりました

年寄り率が高い中

若い人もちらほら

小学生のお子さんを連れた方もちらほら



どうか、ワケのわからないガキンチョは近くに来ないでくれ…と思いましたが

思うとダメですね

俺のすぐ後ろに小学生の男の子を連れた家族が座りました

ミスチルのライブにも赤ちゃんを連れてきたりするバカがいますが

ああいうのは迷惑になるな…と、思わないんだろうか。

もう少し理解が出来る年齢になってからじゃないと、周りに迷惑もかけるし

赤ちゃんだって相当なストレスを感じると思うんだけれど。

俺は間違った事を言っているのでしょうか。








前座の『今いち』と言う方の後に

歌丸さんが登場しまして

病気をされて、高座に上がるのも手伝いが必要な中

落語は素晴らしいものを聴かせてくれました

その歌丸さんの落語の最中です

後ろのガキがズックのマジックテープを…ビリッ!バリッ!ビリッ!バリッ!

と、やり始めたからたまらない

最初の一回目は我慢した…

俺も大人だ。

娘も一人いた身である。

小さい子が飽きて動き出す、雑音を出す、なんてのは覚悟している

覚悟はしているが、それを注意しない親ね。

そういうのが多い。

マジックテープの音、二回戦目。

ビリッ!バリッ!ビリッ!バリッ!





俺は思い切り振り返ってそのガキを睨みつけた

その様子に親が少し何かを感じたのか

音がしなくなった…。







歌丸さんの出番が終わり中入りの休憩時間が15分

その親子が飲み物を買いに行ったのか

トイレに立ったのか居なくなった

カミさんに睨みつけた話をすると

俺と同じような意見で、親が注意できないのが多いんだという話に。

そう言えば開演前にこんな場面を見た

後から来たお客が座席に座る時

通路側の座席にすでに人が座っていて

自分たちが奥の座席だった場合

先に座っている人に頭を下げて『すみません。通らせてください。』って一言あるべきだ

それが礼儀というものだが

その親子は頭を下げるでもなく、よけてもらうのが当たり前とばかりに

ずかずかと先に座っている人達の前を通っていって座った

それを後ろから見ていて俺は非常に腹立たしかったのだった

親が教えないで誰が教えるんだよ。

ちゃんとした姿を見せられないならガキを連れてくるなよクソ親がよ!!

…俺は非常に口が悪い








休憩が終わるころ

マジックテープのズックの一家が戻ってきた

母親が小さい声でガキに言ってるのが耳に入った

『前の人が怒るからマジックテープいじらないでね』

…待てと。

俺が怒るから?

ふざけんなと。

周りの人に迷惑になるからだろ。

なんで俺が悪者なんだよ。

教育できねぇお前が悪いんだろが。

お前が注意できねぇから俺が睨みつけたんだろが。

アホか!帰れ帰れ!











俺はあちこちで納得がいかなかった場面で店員を怒鳴りつけたり

文句を言ったりした事が過去にあり

『にゃびちゃん。あんまり波風を立てないで。』

と、カミさんから波風禁止令が出ている

だからホントなら

『テメェのガキも教育出来ねぇなら人前に連れ出すなよクソ親がよ!』

と言いたいところをグッと堪えた

俺は大人だから我慢した。エライのだ。







その後、

マジックテープの音はしなくなったものの

チラシで扇いで俺の頭に風を送るイタズラなどもあったが

我慢、我慢…

お蔭で円楽の落語はイマイチ頭に入ってこなかった

ここで前座の『今いち』に掛かってきたか…と。









でも、全体的には楽しく過ごせたので

許すとする

世の中には知らないガキでも本気で睨みつけてくるおじさんが居るって分かっただけでも

ちょっとは怖かっただろう…
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加