大切な見ること。

見ることに関するすべてについて

無意識にしているピント合わせ

2021-09-07 18:12:11 | 眼について

私達、見た物、見ようとする物を眼底に像を映し、

それを腦で判断して、その物がどういう物かを理解します。

無理をせず見えれば問題は無い訳ですが、

よく見えると感じていても、無理にピント合わせをしながら見ているかもしれません。

見えない時、眼を細めたりして、意識して調節をしますが、

片方だけ見にくい時、または左右のバランスが悪い時には、

うまく両方の眼を上手に使えなくなるので、

自分で意識せずに分からずに、自然とピント合わせをしていることが考えられます。

このピント合わせ、持続してくれればいいんですが、

一定しませんので、疲れになっていきます。

当店は、お客様のピント合わせの状態を把握したうえでお測りし、

無理なく掛けられるメガネ、バランスの良い眼鏡を作製していきます。

適正な度数の眼鏡であれば、自分の眼に負担を掛けることなく、

長時間掛けていても疲れないのです。

もちろん、掛け具合も重要です。

耳の位置、お鼻の形など、一人して全く同じ方はございません。

当店の熟練の技術でご調整していきます。

尚、検査はお時間が掛かる場合もございますので、

ご了承ください。

 

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Mr.ジェントルマン

2020-12-30 13:16:46 | フレーム

2020年春から当店にラインアップしたメガネフレーム、

Mr.Gentleman ミスター・ジェントルマンのご紹介です。

内なる美しさの、シンプルでエレガントなデザインと

職人技で生かされた、最高級の細工が施されたフレームです。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

眼鏡は医療用補助具です

2020-11-13 09:51:19 | メガネについて

当店の眼鏡は、視力を最大限に引き出されているか、両眼をバランス良く使っているか、

疲れず無理なく掛けていられるか、お仕事や趣味などの目的にそれぞれ適しているかを

チェックし、検討、判断をして様々な検査をいたします。

コーディネーターが、お客様それぞれに似合うフレームをアドバイスさせて頂き、

目的やご予算に合わせて、ご提案させて頂きます。

そして、適正な度数と似合うフレームから作製されたメガネを、

お顔にフィットさせる、力学上、光学上から見て最良なフィッティングをいたします。

傾斜角、角膜頂点間距離、鼻の当たり、耳のかかり具合など、多方面からみていきます。

尚且つ、ずれ落ちがなく、痛みも感じられないメガネをお買い上げいただきます。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

AKITTOフレーム

2020-05-09 14:46:39 | フレーム

眼鏡としてのクォリティにもこだわり、

AKITTOのフレームはすべて日本で生産。

眼鏡産地・鯖江の高度な技術や昔ながらの

手作業を活かし、掛け心地だけでなく

質感や触感にまで気を遣いながら一本ずつ

丁寧に仕上げています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あまり使用しないメガネ

2019-07-15 18:45:09 | 眼について

時々は、使うのだけど違和感があるので、あまり長く掛けずに外してしまう。

というメガネ、きっと、見えるということはクリアしているかもしれません。

メガネは、ただ見えるだけでは快適な視生活にはなりません。

両眼での見え方のバランスが大事です。

一日掛けていても、よく見え、そして楽に見え、疲れない、そんなメガネでなくてはいけません。

是非当店の、検査技術、そしてフレームフィッティンク技術にお任せください。

丁寧に検査させて頂きますので、少し時間をお取りになってご来店くださいませ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2019 メガネまつり

2019-03-09 10:10:54 | メガネについて

今年も、恒例の「メガネまつり」を、

3月10日(日)より4月25日(木)まで開催いたします。

どうぞ、お出掛けくださいませ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スマホ斜視

2019-02-19 17:36:58 | 眼について

若年層に、スマホの見過ぎによる「スマホ老眼」というものが、話題になっている。

それと関連して「スマホ斜視」というものも騒がれていますが、

斜視までには、いっていないが、スマホの見過ぎ、ゲームのやり過ぎによる

「スマホ内斜位」というべき中学生が来店しました。

老眼のような、調節力の低下だけでなく、

輻輳や開散のピント合わせもできなくってしまうんです。

その中学生、遠見・近見斜位とも強度の値でした。

ですが、現在掛けてるメガネの左右のバランスが悪かったというのと、

開散余力の値が大きかったのと、装用テストなどの結果から、

今回は、斜位の処方はせず、近視、乱視の矯正だけを行いました。

夢中になれるゲームの数々で、仕方がないかもしれません。

でも、眼の為にならないことは理解しているはずですが。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

AKITTO フレーム入荷

2019-02-08 11:08:23 | フレーム

例えば、装いに華やぎを添えるアクセサリーのように。

可愛いけれど、甘すぎない、そんなメガネフレーム。

AKITTO Pin-3

AKITTO Pin-5

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

左右の度数が違う方

2019-01-19 15:54:13 | 眼について

不同視といわれるもので、眼鏡度数が左右が大きく違う場合、

網膜に映るまでは、左右で見た物の大きさが違うので、

違和感が生じ、少しの違いであれば、順応可能の場合もありますが、

大きな違いの場合、掛けていられなくなったり、物が二つに見えたりします。

それを避ける為、無意識に、

両眼で見ていても、「抑制」という片眼しか使わないようにしたりして対処しようとします。

または、(一般的に)強い方の度数を落として、掛けていられるようにしたりします。

当店は、すべての方には該当しませんが、

度数を変えなくても、視力を落とさずに掛けていられる眼鏡を作製することができます。

両方良い視力が保たれているのであれば、大事な両眼で物を見る力を維持しておきたいです。

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

二重焦点レンズ

2019-01-15 17:40:40 | Weblog

「足元が恐いので、境目(半月型の老眼部)のある遠近両用レンズをいつも掛けているの」と、

おっしゃるお客様。

そのお客様、階段を降りる時は、外しているらしい。

お聞きすると、他のメガネ屋さんで、足元が恐くないはずの境目の無い遠近両用レンズの

メガネを作った時、うまくいかなったようです。

それは、、老眼の部分をたくさんとった境目の無い遠近両用メガネだったようです。

歩かないという前提ならその方法も有りですが。

遠近両用メガネは、お客様一人ひとりの、お仕事、趣味や生活スタイルに応じて、

度数の出し方、老眼部の位置、遠用部分、老眼部分のデザインを選択し、

疲れずに快適に見えるレンズを決定していきます。

この、お客様、境目の無い遠近両用レンズで、メガネをお作りなって頂き、

先日、常時掛けていられて、階段を下りるのも違和感ないとご報告を頂きました。

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする