Color Room

おにむら歯科の副院長のひとり言

小さな出来事

2019年06月29日 06時16分19秒 | 日記

お知らせ

このブログは引っ越しました。今日が最後のgooブログです。

もし、これからもご縁のある方は

http://onimuradc.com/

おにむら歯科の、新しいホームページ の、右下の副院長ブログ 2019.6~ を訪ねてみてください。

今までのブログは 副院長ブログの下の、スタッフブログ ~2019.5 をクリックすると出てきます。

よろしくお願いします。

なお、yahoo!で、「おにむら歯科」で検索してもまだ出てきません。終了した、前のホームページばかりです。

google 検索で「おにむら歯科」をクリックすると、画面の右に「おにむら歯科」が出てきますので、その、

ウェブサイトをクリックしてみてください。ホームページが出てきます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

ここ12年くらい?

超美人のお友達とイオンで週一、ウォーキングをしています。(以前は週2)

足の運動よりも口の運動のほうが忙しい。

で、昨日。

いつものように、ぺちゃくちゃおしゃべりしながら歩いていると、向こうから小学4~5年生?の男の子が一人、歩いてくる。

キョロキョロして、その眼は今にも涙がこぼれそう!?

きっと迷子よ!

通り過ぎて、超美人にそういうと、

「あら?気が付かなかった。でも、もう大きいから大丈夫じゃない?」

そうかな?

と、またおしゃべりしながら歩き始めました。

ペチャクチャペチャクチャ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

半周回ったところで、

あら?

またあの子。

まだ見つからないのね?

もうほおってはおけない!!

「ねえ、お母さんを探してるの?」

涙目になりながら頷く小学生。

「大丈夫!おばちゃんが一緒に探してあげる。そして、インフォーメーションがあるから、

そこに行って、お母さんを呼び出してもらおう!おばちゃんは、怪しい人じゃないから、大丈夫だからね!!」

ほら、今、世間には、怪しい人がたくさんいて、

子供たちは知らない人とは話さないように・・・と、指導されている学校もあると聞いた。

私ら、怪しく見えたりして(汗)

それから3人でインフォメーションに向かって歩き始めました。

小学生を励ましながらしばらく歩いていると、

小学生が、小さな声で

「いた!」

というではありませんか!!

あちらから、お母さん?らしき人と、おばあちゃん?が駆け寄ってきます。

「どこに行ってたのっ!!」

小学生は、もうウルウルです。

「よかったよかった!」

私らはそこでお別れ。

お母さんとおばあちゃんが「ありがとうございました!」

と挨拶してくれました。

いえいえ、何もしてません。

・・・・・・・・・・・・・・・・

迷子になって不安で胸いっぱいの小学生。

心細かっただろうな、悲しかっただろうな・・・

でも、お母さんが見つかってホント、よかったよ!!

かわいかったな~。

なんでもない、小さな出来事。

だけど、心の奥で、あったか~いものを感じました~。

よかったよかった!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

今日で、ここでのブログ更新はありませんが、新しいホームページでボチボチ続けていこうと思っています。

今までのブログ、バー様の歴史(2011年5月~)は、ここに残しておきますね。

ありがとうございました。(涙)感謝です。

コメント

異次元の世界

2019年06月28日 07時36分11秒 | 日記

お知らせ

このブログは引っ越しました。しばらくすると更新されなくなります。

もし、これからもご縁のある方は

http://onimuradc.com/

おにむら歯科の、新しいホームページ の、右下の副院長ブログ 2019.6~ を訪ねてみてください。

よろしくお願いします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

親戚の若い女性が、「化粧品を始めたから、お手入れに来て!」

と、いうのです。

バー様は、顔や髪に時間を取られるのは苦手!

でも、彼女のために一肌脱ごうじゃないか!

で、半ドンの昨日。出かけることにしました。

しゃれたサロンに着いて、まずは化粧品の説明。(チンプンカンプン)

次に鏡の前に座って化粧落とし。クレンジングね。

顔にクリームを置いた後、彼女はゆっくりとクリームを延ばしていきます。

それが、1秒に1cmくらいしか、彼女の指先は動かないのです。

え~~~っ?なにそれ?どうしたの?いやがらせじゃないよね!?(笑)

それはそれは、ゆっくりと、やさし~~~く・・・

どら、私にさせてごらん、あっという間に終わるのに!って、思ったけど・・・

もちろん、口には出しません。

次は洗顔。フワッフワの泡でそ~~~~っとね。

洗顔が終わった後、

ベッドに寝かされてお手入れ開始です。

リンパマッサージもしてくれました。

やさし~く、ゆっくりと、ゆっくりと・・・

あら~、気持ちいい!!

パックのクリームを塗りおわった後、バー様の顔はタオルでぐるぐる巻きで、まるでミイラ。

ベッドはすばらしく寝心地よく、パックの時は即、寝落ち!

次はメイクね。

眉をきれいに書いて、いろんなチークを乗せて・・・

目を開けて鏡を見ると、

あなたは誰?(笑)

ああ、こんな世界もあるのね。

いつも気ぜわしいバー様の世界とは全く違う。別世界。

すべてが、美しく、ゆったり、やさし~くの世界。

こうした時間を過ごす、奥様達が、現実にいるのね・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

終わった後は、お決まりの化粧品のおすすめ。

はい。スターターセットを買って、6回コースのお手入れを約束しました。(笑)

う~ん、お手入れ、行けるかな?

行けるときに行くわね。

1分化粧を常としているこのバー様。

ああ、本当に、異次元の世界でした~!!

コメント

大丈夫か?私ら夫婦!

2019年06月27日 06時27分15秒 | 日記

お知らせ

このブログは引っ越しました。しばらくすると更新されなくなります。

もし、これからもご縁のある方は

http://onimuradc.com/

おにむら歯科の、新しいホームページ の、右下の副院長ブログ 2019.6~ を訪ねてみてください。

よろしくお願いします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

最近、人や物の名前が出てきません。

ボーっとして、なんか頭が変!のこともあります。

集まりで同年代の友達に話すと、「私も!」「私も!」・・・

と、皆が言います。少しホッとします(笑)

一人の友達が、いつも会ってるテニス仲間の名前が出てこなくて、焦った~!と話していました。

わかるわかる。うちもあった。

 

つい最近。

ネットで海外の有名な女優さんたちの、昔の顔と今の顔が、同じ画面に並んでいるものがありました。

いわゆる、ビフォー&アフター。

誰もが知ってる、超有名な女優さんたちです。

バー様も、知ってる女優さんだけど、名前がどうしても出てこない。

隣にいるジー様に聞くと、「ええと・・・だれじゃったかね?」

なんか、のどまで出かかってるんだけど・・・出てこない。

「ほら、大きな船に乗って、へさきで組体操のサボテンみたいに、男の人に支えられて、手を広げてた女優さんよ。

相手役は、この人も有名な・・・あれ?ほら、あの有名な、なかなかアカデミー賞をとれなかった・・・

あ”~~~~、だれだったかね!?」

「あ、女優さんは、ケイト何とかよ!ケイト・ブランシェットじゃなくて・・・ううう・・・」

会話が途切れます。

しばらくして

「ケイト・ウィンスレット!!!」

「で、相手役は?」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「デ、デ、デ、・・・デカプリオ!!レオナルドデカプリオ!」

「そっかあ・・・。じゃあ船の名前、映画のタイトルは?」

「ははは、それは誰もが知ってる・・・あれ?ここまで出かかってるけど・・・え~~~~~~っ、あれ~~~、出てこない、沈没した実在した船よね!」(大汗)

二人して、シーン・・・無言の時が流れます。

二人とも悲しい目をして一旦解散。

そのとたん。

「タ、タイタニック~~~~!!!!!」

「じゃったじゃった!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ははは・・・

若い人たちからしたら、信じられない会話だと思う。

でもこれが現実。

私たちジジババは、こんなトンチンカンな会話に明け暮れているのです。

でも、幸いなことに、まだ、二人とも食事したことは覚えています。(ホッ)

でも、マジ大丈夫かぁ?私ら夫婦(笑)

 

コメント

新しいホームページ!

2019年06月25日 22時45分12秒 | 日記

知らないうちに

医療法人 おにむら歯科の ホームページができていました。

onimuradc.com.

です。

Yahoo !で「おにむら歯科」で検索しても出てきません。

Google で、「おにむら歯科」を検索して、初めて出てくるそうです。

どうしてなの?? よくわかりません。(汗)

ま、お暇なときに見てください。

普通のホームページです。が、

すっきりしたいい感じ。

こびたところがないのがいい。(笑)

そして笑えるのは、

たった、1件のくちこみ。それも中国語かなんか?それとも文字化け?で褒めて書いてあり、それだけで星5つ。

誰が書いたのか?ホームページを作った会社かな?頼んでないから!!

こちとらは、な~んにもあざといことをするつもりはありませんからね。

うちは、普通の歯科ですから、それなりと、よくわかっています。

それなりといえば、

ほら、昔、樹木希林さんの、フジフイルムのCMで、こんなのがありましたね。

「きれいな人はよりきれいに!そうでない人はそれなりに!」

はい。バー様は「それなりに」写っていました。(笑)

ああ、ちゃんと化粧しとけば良かった。化粧がはげてるじゃないか!!

眉もちゃんと描いておけば良かった。途中で消えてない!?

これが現実。受け入れよう。(涙)

いつか、長男のお嫁さん(歯科医)も働き出すときが来ます。

そのときは、写真も出ることでしょう。とってもきれいだから、楽しみにしていていください。

きれいな人はよりきれいに!の方です(笑)

で、新しいホームページでは、バー様の今までのブログは、STAFF BLOG ~2019.5  を、クリックすると出てきますが、しばらくすると閉じられるげな。(涙)

新しいアドレス、onimuradc.com. に書くよう!にと、息子から言われました。

え~~~~~っ、で、で、できるかな?

また、しちめんどくさかね!

歯科医院の長男への承継は、こんな風に、一つ一つ、少しずつ、少しずつ、前に進んでいます。

ちょい寂しかったり、ホッとしている自分があったり・・・

まあ、ボチボチです。はい。

 

コメント

四苦八苦

2019年06月24日 06時17分37秒 | 日記

昨日の宮日の茶の間。

5年前に子供さんをなくされたお母さんの話でした。

・・・・・・・・・・・・・・

今年の?5月はインフルエンザに感染したり、アレルギーが出たり体調が悪かった。

体調が悪いと気持ちも上がらず落ち込みこむことが多く、人の言葉に過剰に反応してしまい号泣されることもあったそうな。

(私も体調悪かったからわかるわかる!)

あまり親しくない方に

「親より先に逝くなんて、息子さん一番の親不孝をしたね」

といわれたり。

反対にやさしい言葉をかけてくれる方々の思いや、やさしさで癒される・・・

というような内容でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホントよね~。

逆縁って、これ以上のものはないほどの悲しみかもしれない。

「一番の親不孝」の言葉。言った方も、悪気なく言われたと思う。

でも、それは、親しか言っちゃいけないんじゃないか?

このバー様も、ジー様に、「いらんことを言う!」と、いつも叱られる。

今まで、自分が何気なく言った言葉が、よそ様を傷つけるようなことがあったかもしれない。

いや、あっただろう。いやいや、あった!それもたくさんあったはず。

そうだった時、本当にごめんなさい。許してくださいね。

あの時の私はもういません。今のバー様はあの時よりもほんの少しはましになっているかもです、

で、新聞を読み終えた、午前中。

遠縁の方から電話がありました。

詳しいことは書けませんが、子供さんが明日をも知れない状態だとのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・

なんて言ったらいいの?

どうはげましたらいいの?

ご両親の気持ちを思うと、言葉が出てこない。

新聞を読んだ後の悲しいシンクロ。

・・・・・・・・・・・・・・

この前から書いている「お寺は何のためにあるのですか?」にもありましたが、

それでも人は生きていかねばならない。

神仏を信じていたらご利益がある・・・のではなく、

生老病死、愛別離苦(愛する人と別れる苦しみ)、怨憎会苦(恨み憎しむ者とこの世で会わなければならない苦しみ)、求不得苦(ほしいものが手に入らない苦しみ)、五蘊盛苦(人間の体や心の欲望がかなえられない苦しみ)・・・これらをあわせて四苦八苦という。

人は誰も生きている以上、これらの苦しみから逃れられない。

それでも人は生きていかねばならない。

人間の長い歴史の中。すべての生まれてきた人たちは、この苦しみを通って人生を終えてきた。

時には、人生って非情。なんで?

それでも人は生きていかねばならない。

受け入れ、乗り越えていく。・・・しかない。

そのためにいろんな教えがあるんだろうな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

な~んて、ない頭で、いろいろと考えました。はい。

 

 

 

 

 

 

コメント

続きの続き!!

2019年06月21日 06時09分04秒 | 日記

 撫尾巨津子(うつおみつこ)さんの、「お寺は何のためにあるのですか?」の話の続きです。

いろんな宗教で違うと思いますが、「お清めの塩」についての浄土真宗の考え方です。

佐賀県では、仏教の葬儀のときは、「お清めの塩」を廃止しているそうです。

それは、この宮崎でも何回か経験済みです。

浄土真宗では、「死」は、不幸ではなく、悟りの仏として浄土に生まれる新たな誕生。

尊い出来事でもあるそうです。

本当に故人を大切に思うなら、そして個人を「仏さま」と尊ぶのなら、塩をまくような非礼をしないでください。・・・・・・・・とのことです。

私の実家は神道ですから、お清めの塩に何の違和感もありません。

それぞれの考え方があるのですね。フムフム・・・

心に残る言葉、満載ですが、今、目に入ったことを書いてみます。

いじめはカッコ悪いしとても恥ずかしいこと。いじめる側の心の貧弱さ、許容量のなさを宣伝しているのと同じこと。「私は、気に入らなければ仲間をいじめるような、心の狭い、幼稚で恥ずかしい人間なのですよ」と。

「宗教は、心の弱い人が信じる困ったものだ」

「人生の敗北者が、すがるものだ」

「人間は、宗教がなくても、倫理、道徳で立派に生きていける」

と、自分の理性を指針に生きていく人たちがいる。

人間は自分の理性で生きる目標、思想を掲げても、自分流の濁りがある。その濁りを映し出す鏡を持たないと、自分を是とする傲慢な生き方になりがちである。それに気づくためには、世俗に染まる自分の価値観を超えたもの、自分を導く絶対の真理、美しいものを心に持たねばならない。

仏教は、私という、一個人のちっぽけな命ではなく、長い長い時間の流れと広大な宇宙に含まれる大きな命を生きることを教えてくれるのです。

等々、心に響く言葉を書いてたら、何日もかかるかも。

この本は、私のようなちょいボケ(笑)の人にでも、わかりやすくやさしい言葉でかいてありますね。

この本に書いてあるように、

いろんな人がいて、いろんな考え方がある。

それぞれを認めて生きていきましょう。

信じる人もいるし、信じない人もいる。

で、

みんな違ってそれでいい!(金子みすゞ)

ですね!!

 

 

 

コメント

昨日の続き!

2019年06月20日 07時11分35秒 | 日記

「お寺は何のためにあるのですか?」の著者、撫尾巨津子さんは、

普通の家庭出身で、結婚したのが、住職後継者。

初めは戸惑うことばかりだったそうです。

仏教に対し反感、疑問を抱えながらも、少しずつ仏教を学んでいくと自分がいかに傲慢であったか、身勝手な思い込みをしていたか、に気づきます。

人を批判ばかりしていたけれど一番わかってないのは自分自身のことだと、認識する。

「仏を知ることは自分を知ること」

それから、ついにはご自分も住職となられたのです。

ご本を読み進めている中で、心に残ったところを要約してみます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

完璧な人間なんてどこにもいない。

わかっちゃいるけど治せない欠点もある。

全く自覚できていない欠点もある。

それも含めて丸ごと「私」である。

こんなどうしようもない「私」のために阿弥陀様はいつもそばにいてくださる。自分にできることを、できるときに精一杯すればよい。

それぞれがそれぞれの持ち場で自分のできることを楽しんでできれば、それが幸せである。

お互い不完全な人間なんだから、迷惑をかけることだってあるだろう。

お互いに許しあおう。感謝しあおう。

で、撫尾さんは言われていました。(うろ覚えです。私の言葉でかきます)

電車が何かのトラブルで遅れることになったとき、駅員にものすごい剣幕で文句を言っている人。

困っているのはわかるが、どんなに駅員にくってかかっても電車はトラブルが解決するまでは動かない。

それでも駅員にひどい言葉や態度で当たり散らさないと気が済まないのでしょうか?

これが現実。現実を受け止めよう。

・・・・・・・・・・・・・・

私もテレビなどで、いろんな場面で、大きな声で怒鳴っている人を見ると、悲しくなります。

しかし、そういう自分も、何かうまくいかないことがあると、自分を顧みず、人のせいにしたりしてないか?・・・してるしてる(笑)

ホント、できていない自分。

時々、こんな良か本を読んで軌道修正していこう!

と、殊勝にもそう思ったのでした。

コメント

初めて知る

2019年06月19日 07時23分45秒 | 日記

仏教関係者から言うと、

浄土とは、光輝く、明るい仏の国、悟りの世界である。

また、暗い冥土でもない。

ここは天国とは違う。単なるあの世ではない。

で、仏教のお葬式の時に、お別れの言葉として

「天国で安らかに」

「天国から見守ってください」

はおかしい。

と、仏教者は言う。

あれ?故人はお浄土で仏になられたのに・・・違うところに行かれたの?

また、「ご冥福をお祈りします」という言葉も、仏教的にはちょっとおかしい。

冥土って、冥途とも書き、冥界、黄泉などという。死後、死者の霊魂がたどっていく道。亡者のさまよい行く世界。(ニッポニカ)

で、冥福とは死後の幸福を表す言葉。

あれ?あれ?亡くなられた方は阿弥陀如来の導きによって、仏様の国、お浄土へ行かれたはずなのに・・・おかしくないですか?

いろんな宗教があり、無宗教の方(死んだら無となるという考え)もいることから、

お葬式では「ご冥福をお祈りします」という言葉は避けたほうがいいそうです。

「謹んで哀悼の意を表します」がいいのではないでしょうか?

と、浄土真宗の坊守さん(住職の奥さん)である、私の友達 からもらったご本

「お寺は何のためにあるのですか?」撫尾巨津子(うつおみつこ)著

に書いてありました。

あら~私って非常識なことしてたんだ!・・・(恥)

だって私もよく、ご冥福を祈ります。って、使っていましたからね。

65歳にして初めて常識を知る。

う~む、いつまでたっても学ぶことは山のようにあります。

この本には、まだまだ良きことが書いてありましたから、また、続きを書きますね。

コメント

パラレルワールドか?

2019年06月17日 07時46分21秒 | 日記

毎年恒例、東京の義弟夫婦(主人の弟)とのゴルフラウンド。

前日、一緒に食事して、次の日ゴルフと決まっているのです。

で、毎年、食事をどこにするか、悩むわけですが、

今年、2月に来宮する日が決まってから、

バー様は、ある料亭を予約した・・・はずでした・・・

その料亭に先々週、友達のご招待で行ったとき、おかみさんに言いました。

「再来週、また、来る予定ですが、何時予約になっていましたっけ?」

「お待ちください!」

奥に引っ込んだ、おかみさんは、なかなか出てきません。

「すみません。予約が見当たらないのですが・・・」

「えっ?予約の確認もしたつもりなんですけど。予約の時も、予約の確認の時も、どちらも男性が出られましたよ。」

でも、それからいくら調べても、予約はなかったのです。

そ、そ、それは、私の思い違い?・・・とうとうきたか???

こんな時、バー様は「いや、絶対に予約しました!」って言えない。

もしかして、本当にしてなかった?と、すぐに思ってしまうのです。

いつもボ~っとしてるから・・・(笑)

ココを予約してなかったら・・・じゃあどこに予約したんだ?

いや、予約したという思い違いか?

ほら、バー様って、パラレルワールド???と時々つながってしまうので(笑)

 

ま、どうでもいい!

とにかくその場でまた、予約したのでした。

・・・・・・・・・

こりゃ、どうしようもない。しかたないね・・・

しかしです。

眼に見えないわけのわからないことってありますよね?

ある日。何かしら、甥っ子に電話しようと思いました。

不動産関係です。

甥っ子はびっくり。私にその件でお願いに行こうと思っていたらしいのです。

甥っ子の両親(私の弟夫婦)は、そのタイミングに、皆、びっくりだったそうです。

こちらはただ、(不動産を)そうしたいと思ったからなのです。

 

私の従妹もいいます。

「私のところに何か大きなことがあると、必ずおねえちゃん(私のことよ)から電話があるんだよね。」

ええ、何にも情報はありません。ただ、なんとなく電話したい気になるんです。

って、偶然????

 

何年も歯科に見えていない患者さんのことを、ふと思い出すと、すぐ、その方が見える。

ってのはもう、しょっちゅうです。

ってこれも偶然か?

これと、さっきのパラレルワールドは、別の話かもですね。

こちらはボケが始まったのかもの問題。

 

ああ、しっかりしなくちゃ!!

銀杏葉エキスを飲み始めたので、そろそろ効き目が出てきはしまいか?

とっても期待している今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

コメント

ツバメの巣は縁起がいい!?

2019年06月12日 06時48分10秒 | 日記

我が家の玄関ホールには、ツバメが毎年巣を作ります。

今年は3つ。

今はひながかえり賑やかなことです。

親がえさを持って帰ると、いっせいに、けたたましく鳴きだす。

私に頂戴!頂戴!と、ひな全員が体を巣から乗り出し、ほかの兄弟を押しのけながら、

顔中が口だけになって餌をねだる。

ははは・・・かわいいです。

でも・・・糞が・・・小山のように・・・

長男が言います。

駆除したほうがいいんじゃないか?

患者さんに落ちたらどうする?

ほんと、そうよね・・・

でも、ツバメが巣を作るとその家は縁起がいいといいます。

どうしたものか・・・悩んでいると、

スタッフがお昼休みに、ひなが一羽、巣から落ちた。まだ生きている。

というのです。

私はそのひなを、木陰の草むらに置きました。

かわいそうだけど、これくらいしかできないよ。

せめて、自動車や人に潰されませんように。

それから数時間たって、

うちの玄関ホールで、3~4人の下校中の中学生たちが集まっています。

例のひながが、自力でまたホールの真ん中までピョンピョンと動いていったらしいのです。

どうしたらいいか中学生たちは思案しているようでした。

スタッフからの話を聞くと、動物病院まで連れて行こうか?その費用は誰が出す?その後は?

などと、一時間ほど話し合って、結局、結論が出ず・・・

ひなをそのままにして・・・後ろを振り返り振り返り、帰って行ったそうです。

その後。一人の患者さんが、自分が連れて帰る!と、持って行かれました。

(よかった~。)

ところがです。しばらくして

その患者さんが例のひなをもって戻ってこられました。

ピーピー鳴いて昼寝ができない。

15分ごとに餌をやるのは無理!とのこと。

で、ひなを、巣に戻そうといわれるのです。

え?戻せるんだろうか?人間の匂いがついたら、だめなんじゃないか?

周りもいろんな意見を言います。

その方はネットで調べたら、親はひなの匂いを覚えているから大丈夫!と書いてあった。といわれます。(何という情熱!!)

それでは、どうやって戻すか・・・

うちに古~い、脚立があるのを思い出しました。

その患者さんは通りを歩いている、背の高い高校生を見つけ、

「ちょっと!手伝って!」

で、その背の高い高校生が脚立に乗って、ひなを、無事戻してくれました。

あら?ちゃんと収まっているじゃないですか!!

これで一件落着!

心配そうに帰って行った中学生に知らせたくて、

コルクボードに、「心配してくれた中学生の皆さん。無事にひなをかえしました!」

と書いて道ばたに置きました。

・・・・・・・・・・・・・・

その日の夕方、ピンポンがなります。

今度は小学生たち。

「ツバメのひなが落ちてます」

ありゃ~~~~・・・

そこで、一番背の高い小学生がまたまた、脚立に乗って巣に戻してくれたのでした。

さて、次の朝。

あのひなはどうしているかと巣を仰ぎ見ると・・・

いなくなっていました。

また落ちたのか?それともカラスが?

ひなたちは、他のひなより自分が餌を有利にもらうために、弱いひなを巣から落とすのか!?

厳しいけれど、これが自然の摂理かも。

この一連の出来事で、ツバメの駆除どころか、ひなたちが元気に巣立ちするのを・・・

皆で祈ることになりました。

ツバメの巣は縁起が良いって!

で、院長が毎朝、糞掃除に精を出しています。

 

 

コメント