アトリエから・・イメージの世界で鉄と遊ぶ/上野玄起鉄の造形スタジオ

八ヶ岳南麓、森の中、川のほとり、陽だまりの中にある小さなアトリエ。そこから生まれた上野玄起の鉄作品たちを紹介します。

2022初日出と作品

2022年01月06日 | アトリエいろいろ


2022年の元日もいい天気で八ヶ岳南麓には初日の出の光が刺してきました。
スタジオの壁面に飾ってある作品にその光が当たり素敵な影を作ってくれました。

これまでこのブログではお客様からのオーダーや製作した作品の写真を中心に記事を書いてきました。
これは自分の制作した作品の記録的な意味合いが強かったからです。
このブログを見て作品に興味を持っていただいた方々そしてオーダーをしてくださった方々またスタジオに訪ねてきてくださった方々などたくさんの方々に向けても記事を書いていこうかなと思い始めました。
自分の場合、暮らし方と作品が繋がっていると感じているのでそんなことを伝えることも大切なのかなと考えてのことです。

どれだけの人に読んでいただけるかは分かりませんが作った作品の記録だけではなくちょっとおしゃべりもしてみたいと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

平等とは違いとは を考えるオブジェ

2021年12月17日 | オブジェ
スタジオの入り口にある6色の小さなオブジェ。

見た目は違う色のオブジェですが振ってみるとみんな同じ音がします。
箱の中にガラス玉が入っていて音がするのです。

この6色はLGBTQ+の象徴であるレインボーフラッグに使用されている色です。
視覚的に違っていても目をとじ音だけを聴くとその違いはわかりません。

今世界で様々な差別に対しての問題意識が高まっています。
それは過去から積み重なっていて解消されない問題でもあると思います。
平等とは違いとは それを考えるきっかけになればという思いで制作しました。

見た目の色は違っていてもその中から響く音は同じ。
この作品に触れた人がそこから何か感じてくれれば嬉しいです。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

一枚板ダイニングテーブルの鉄脚

2021年11月11日 | 家具
新築のお宅にアイアンの脚を納品しました。
天然の一枚板への取り付けです。
かなりの重量がありますが鉄ならば脚もスッキリした印象で強度も確保できます。
天板の反りがでてもビスで調整できます。
ここでの食卓をイメージしながら作業させていただきました。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アイアンの機能型門柱 照明、表札、ポスト、インターホン

2021年10月07日 | 看板、表札、ポスト
造園のお仕事をされている方からオーダーをいただいた門柱です。
ある程度のイメージをいただいてそこからデザインをしました。
ランプ照明が全体のイメージを柔らかくしています。

サビ仕上げをご希望でしたので全体が錆びていますがポスト内部は錆びないように黒の塗装を施してあります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オフィスのためのアート

2021年08月16日 | オブジェ
長野県の工場オフィスの壁面に設置させていただきました。
南アルプスの山並み、川、風、樹木にイメージを持ちながらアイアンオブジェならではの存在感を大切に制作しました。





W2600mm、鉄に塗装
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

和室のための壁面オブジェ

2021年08月05日 | オブジェ
和室の壁面に飾るアイアンオブジェです。
自然光と照明による影の演出も効果的です。
90センチの幅の大きな作品ですが威圧感なく軽やかに浮いているように壁面に止まっています。




鉄に塗装 W900xH600xD80 個人蔵
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

錆びた鉄の看板

2021年07月24日 | 看板、表札、ポスト
錆びた鉄の看板を製作設置させていただきました。

ロゴマークの部分は切り抜きで文字部分は手書きです。

全体に曲面になるようにロール加工しています。
最初のプランでは平面の鉄板を壁から5センチほど出して取り付ける感じでしたが
切り抜きを効果的に見せるために壁より高く設置することにしました。
その場合風邪の影響があるので強度を増すために看板全体を曲面にするアイデアを出しました。
そうすれば5センチ看板が出ていても横から取付金具が見えないという効果もありました。

錆びはその時どきに表情を変えるのでこれからの変化も楽しみです。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21世紀の縄文人展2021 造形作品 Metropolis

2021年07月19日 | 造形作品
21世紀の縄文人展2021に出展した作品です。


タイトルMetropolis

2021.7.17〜8.22
北杜市考古資料館
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

曲線が印象的なアイアン手すり

2021年06月19日 | 柵、門扉、アーチ
ここのところデッキの修復とメンテナンスをしていました。(木の仕事もします)

自宅のデッキ階段用に製作しました。
フラットバーの材料が余っていたので即興でデザインを考えてみました。
自宅用なので実験的なことができますね。
製作する側から見ると溶接箇所が少ないのも魅力です。
上り下りもスムーズで使い勝手もいいです。
問題点が出れば改良していきたいと思っていますが今のところ大丈夫そうですね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

錆びた鉄板の表札 八ヶ岳の植物の切り抜き

2021年05月05日 | 看板、表札、ポスト
八ヶ岳の別荘の表札を製作しました。
錆びた鉄板に八ヶ岳の植物のイメージを切りぬきました。
背景が緑になったり紅葉したりで切り抜きから見える色が変わります。


時が経つにつれ錆びの表情も変化していきます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする