アトリエから・・イメージの世界で鉄と遊ぶ/上野玄起鉄の造形スタジオ

八ヶ岳南麓、森の中、川のほとり、陽だまりの中にある小さなアトリエ。八ヶ岳の暮らしとそこから生まれた作品たちを紹介します。

錆びた鉄のポスト 照明表札インターホンポスト一体型

2023年02月07日 | 看板、表札、ポスト
お庭のデザインと施工をされている人木土さんからの依頼で制作させていただいた照明表札インターホン一体型ポストです。
お庭も素敵でテーマパークにでも行ったかの様な感じです。
植物も成長していき錆も表情を変えるのでこれからの変化も楽しみです。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハートのついた壁面アイアンオブジェ

2022年11月12日 | オブジェ
オーダー頂いていた作品を壁面に設置させて頂きました。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アイアン カフェ看板

2022年10月22日 | 看板、表札、ポスト
カフェの看板を制作しました。
文字もオリジナルの字体をデザインしています。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オープンアトリエ2022

2022年09月15日 | 展覧会
ぐるっと北杜オープンアトリエ9/17~19に参加します。
鉄の造形作品の展示、販売、アトリエの見学、鉄のオーダー相談など行います。
この3日間は予約なしでご訪問いただけます。
なお駐車数に限りがありますので状況によってはお時間いただくかもしれません。
内容はフライヤーの画像でご確認ください。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハートの壁面オブジェ

2022年08月26日 | オブジェ
壁面に展示するハートが繋がったオブジェです。
今回は全体の形にも動きを付けています。






素材:鉄 
溶接、塗装

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

個展2022より アイアンオブジェと花

2022年08月06日 | 造形作品


 
2022個展の作品。
造形作品だけれど花を生けることが出来る。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

個展のお知らせ2022/8/5-14

2022年07月30日 | 展覧会




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハートの壁面作品

2022年06月25日 | オブジェ
オーダー頂いた作品
制作過程ですが白もいいなぁ






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ウクライナに世界に平和の思いを馳せて展

2022年05月21日 | 造形作品
5月7日から15日まで開催されたウクライナに世界に平和の思いを馳せて展に参加しました。
この作品は会場となるあおぞら共和国に因んで青空を背景に黄色いハートを繋いだオブジェを設置。
ウクライナの国旗をイメージさせるものです。
ハート型というのは言語の壁をこえるピクトとして捉え作品を作っています。
やさしい気持ち・・それを持ち続けることが大切です。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アートとデザインの狭間のアイアンオブジェ

2022年02月20日 | オブジェ

機能性を求めた訳では無く造形物として美しく存在感のあるオブジェを意識して制作したのがこの作品ですが
お椀型の部分に蝋燭を置いたり、鉢を入れたりすると家具のようになる。
その瞬間からデザイン家具という存在へと変わる。
意図はしていないけれどそうなったのです。
このオブジェをアートとして空間に取り入れる人もいればデザイン家具としてインテリアに取り入れる人も居るだろう。
どちらの意図があったとしても空間にこの作品が美しく存在すれば自分は構わない。

今回この作品を設置させていただいた空間は建築家の設計による個人宅。
その空間はまるで美術館のよう。
購入された方もこの作品のアートとデザインの微妙な位置に存在することをよくわかっておられ気に入っていただけました。

生活空間の中に存在するオブジェが時として家具のようになる。
それを良しとできるおおらかさがやっとできたような気がする。

ブランクーシの作品も帽子をかければ帽子かけになってしまうのかな(笑)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする