科学の最先端を走る医者たちでも逃れられない「古臭いしきたり」とは

下の紹介状を例に おもしろい 解説記事です

覆面ドクターのないしょ話

科学の最先端を走る医者たちでも逃れられない「古臭いしきたり」とは

呼吸器内科の宮本武蔵先生が、外科の佐々木次郎先生へ依頼したとしよう。

外科 
佐々木次郎先生 侍史

2018/09/01

呼吸器内科
宮本武蔵 拝

患者名:細川忠利様、60歳・男性
病名:①慢性咳嗽 ②胆嚢内結石

いつもお世話になっております。
この度、慢性咳嗽を主訴として当科に精査目的で入院した患者さんです。
胸腹部CTを施行したところ、胆嚢内に結石と思われる所見が見られます。
貴科的御高診・御加療のほど、よろしくお願い申し上げます。平素より御高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 波浮の港 唄... ウィグル人 ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。