株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

森喜朗氏を筆頭とする東京オリンピック組織委員会の解体を提案したい。組織として問題外のレベルである

2015年09月02日 | 政治

森喜朗氏を筆頭とする東京オリンピック組織委員会の解体
を提案したい。もはや、組織として問題外のレベルである。


2015年9月2日 水曜日

森会長に責任論浮上!競技場に続きエンブレムも白紙撤回の事態に 9月2日 スポーツ報知

新国立競技場に続き、公式エンブレムも白紙撤回された問題を受け、政府・与党内では、組織委の森喜朗会長や武藤事務総長(元財務事務次官)の責任を問う声が広がっている。

 自民党幹部や政府関係者によると、同党幹部や五輪関係者らが、佐野氏の“盗用”疑惑が浮上して以降、エンブレムを差し替えるよう組織委に再三にわたって警告していた。

 五輪関係団体幹部らは、独自にデザインアートに詳しい識者から意見を聴取。「今後のエンブレム使用は厳しい」との判断に傾き、組織委にも水面下で使用をやめるよう説得をしてきた。だが、森氏と近い関係にある武藤氏らが「1回決めたものを撤回すると、国際的な信用問題になる」と聞く耳を持たず、事態は悪化した。

 森氏は五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の総工費膨張問題でも、全面見直しに向けた「最大の障壁だった」(自民党幹部)。自身が関与してきたラグビーW杯日本大会も運営や事務手続き上の不手際から、南アフリカなどから返上論が出ている。「新国立とエンブレム問題のダブルパンチ。組織の一新が必要だ」との声が強まっている。



絶望的ポンコツチームの東京オリンピック組織委員会は即刻、解体せよ 9月1日 長谷川豊

心の底からお願いしたい。責任者、辞めてくれ。端的に言うと、森喜朗、早く辞めろ。誰かが責任取らなきゃダメな状態なのは明らかだろう。

以前の私のブログでも書いたのだが、最初の入り口の段階で、オリンピックの年に生きてるのか死んでるのかもわからない老害ジジィを登用した段階でミソがついているのだ。2020年のオリンピックは「未来に向けて」の五輪である。なんで、もうすぐあっちの世界に飛び立つジーさんやバーさんが「狭い会議室の中」で、新国立競技場やロゴマークを

「勝手に」決めているのか。

ザハ氏の反論のVTRを見た。誰が見ても納得できるものだった。そもそも、あのザハ氏のデザインは、どこかのガマガエルが言うように「生ガキをひっくり返した」ようなものではなく、そこそこスタイリッシュだし、十分許容できるものだ。
彼女のチームが主張するように、「入札を公開」にしただけで、信じられないほどの金額が抑えられるんじゃあないか?
私も先週の木曜に新国立競技場の建設予定地を取材に行ってきたところだが、工事のやり方も、資材一つとっても、本当に、あの日本よりも物価の高いロンドンが600億円ちょっとで完成させている「五輪メイン競技場」が

なんで1600億とかかけなければいけないのか。


もう一度言うが、ロンドンの方が日本よりもあらゆるものが圧倒的の高いのだ。言っとくが、消費税(あっちでは付加価値税というのだけれど)、20%の国だぞ?建築資材、どれだけ高いと思っているのか。あの国で600億円かければ、あれだけの立派な競技場が出来るのだ。森喜朗を筆頭とする今回の五輪組織委員会が、どれだけ絶望的にポンコツ老害チームなのかよく分かる。

あげくの果てに今度は「ロゴマークまで撤回」ときたもんだ。一周回ってちょっと面白いわ!どこまで日本の恥をさらしものにすれば気が済むのか。

日本国内で行われている恥ずかしい文化などは、基本的に国外にはニュースにならない。なんとかゴマカシの効く範囲だ。が、五輪となると話は違う。ほとんどすべてのニュースが世界に発信される。当然だ。国際的なイベントだからだ。

本来、あんな疑惑が出る前に、そもそも論としてなんでいくつもの候補をネット上に公開し、マスメディアの協力を得て、国民投票的なことが出来なかったのか?すでにネット上に出回っているいくつものロゴ(私は扇のやつが一番のお気に入りだが)、めちゃくちゃいいデザインじゃないか!!私の番組でも、ゲストコメンテーターが何人も同じことを言っていたが…

「そもそも、佐野氏のあのデザイン、ダサいよね」


が、国民のほとんどの感想なんじゃないのか?

何の癒着か知らないが、閉鎖的な入札のシステムで新国立競技場もバカみたいな値段で作るようだし、想像するに、どうせ件のゼネコンは自民党の特定の派閥の大スポンサー様なのだろう…ということは多くの日本人が十分に予想できる範囲だ。なんという分かり易いシステム。なんという国民無視の大会。

正直言って、冷め切ってしまった。個人的には、もうオリンピック、これ以上の恥をかく前に辞退した方がいいような気がする。まだ、これからも何かの問題は必ず起きる気がする。
どうしてもそれは難しい、というのであれば、いったん、ここまでの問題が起きたのだ。責任は誰かが取らなければいけないことは当然のことだ。

森喜朗氏を筆頭とする東京オリンピック組織委員会の解体を提案したい。もはや、組織として問題外のレベルである。そして、もはや日本の表舞台に二度と登場しないことを約束していただきたい。これ以上恥の上塗りは勘弁だ。切に願う。


(私のコメント)

最近のオリンピック関連の騒動を見るとオリンピック組織委員会に問題がある事を以前にも書きましたが、森喜朗会長(76)武藤敏郎(70)などの老害が目につく。マスコミだけなら森会長や武藤事務総長などが手懐けられたのでしょうが、ネット化社会になるとマスコミだけを抑え込んでも抑えきれない。

ネットの論調が必ずしも全部が民意を反映しているとは言えないが、不満を持つネット論調を無視はできなくなってきている。数からすればマスコミの方が圧倒的な影響力を持つのですが、ネットの追及は事実関係を具体的に追求して来るから、一つの具体的な証拠を突きつけられればマスコミも無視はできなくなる。

国会前のシールズのデモにしても、主催者が12万人と発表してマスコミがそれを報じても、ネットで写真を上げて数を数えて3万人程度とウソがばれればかえって逆効果になる。ネットだと時間や調べる人の人数の限界が無いから祭りになると徹底的に追及されてしまう。

新国立競技場やオリンピックエンブレムなどの選定は、公開で行われるべきであり、内輪の諮問委員会で決めても、注目度が高いからあら捜しが行われてしまう。誰からも不満が出ないようにするには公開して決めるべきだろう。武藤氏は財務事務次官出身ですが、昔の官僚的なやり方では国民が納得しない。

新国立競技場やエンブレムの選定の優勝者には賞金が出るから不正が起きやすい。審査委員長の安藤忠雄氏とザハ氏の関係や佐野氏と審査員長の永井氏との関係など胡散臭い噂が絶えない。新国立競技場の建設費用にしても通常の3倍ものコストがかかり、見直しても1600億円の予算が組まれる。

同じ規模の日産スタジアムでも700億円足らずなのに、なぜ1600億円もかかるのか。資材費や消費税を勘案してみてもコスト的におかしい。ゼネコンや政治家のピンハネで消えて行ってしまうのだろう。オリンピックと関連付ければ予算がつきやすいから、森会長をはじめとしてオリンピック利権にありつこうとする。

「たった2500億円も出せないのか」と言った森会長の発言が国会議員の感覚であり、今年の予算要求では100兆円を超えてしまった。財政再建と言いながら自分たちの予算枠は増やされる一方だ。自分のカネでやるのなら勝手に決めていいが、国民の税金でオリンピックが行われるのだから国民の不満が出ないようなやり方で決めるべきだ。

長谷川豊氏の意見はもっともであり、森会長や武藤事務総長の老害がひどすぎる。両氏が現役時代なら霞が関がそつなくやったのでしょうが、オリンピックとなるとJSCが仕切るからお粗末な事になってしまう。ロス五輪の時のようにピーターユベロス氏のような若手のやり手なら、オリンピックも黒字に出来たのでしょうが、70歳過ぎた老人には何も出来ない。

森氏や武藤氏は政界や官界の大物だったのでしょうが、時代は大きく変わって来ており、今までのやり方では上手く行かなくなり、オリンピックと言えどもカネのかからないコンパクトな大会が望まれている。新国立競技場のデザインにしてもエンブレムにしても疑問の出るデザインであり、機能性を追求したデザインにすべきだ。


コメント (28)
この記事をはてなブックマークに追加