株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

米国との同盟なしでは韓国は、中国からその小さな一地域として扱われる、ということだ。

2014年07月31日 | 歴史

簡単に言えば、米国との同盟なしでは韓国は、中国からその小さな一地域
として扱われる、ということだ。最近の日韓対立は米中の代理戦争なのだ。


2014年7月31日 木曜日

「中国の属国に戻るぞ」と米国に脅された朴槿恵 7月31日 鈴置高史

「そんなに中国の属国に戻りたいのか」――。米国の有力なアジア専門家が朴槿恵(パク・クンヘ)政権に啖呵を切った。もちろん米韓同盟の破棄が前提だ。米韓関係の潮目が完全に変わった。

アジアハンズの警告

鈴置:韓国への厳しい警告記事が載りました。米国のアジアハンズ、ビクター・チャ・ジョージタウン大学教授が中央日報に書いたものです。骨子は「離米従中をしたければしろ。だが、よく考えろ。米韓同盟がなくなれば、中国からその一部として扱われるぞ」です。

日本語版で読んで驚きました。「朴槿恵の統一論、歴代政権と比べてみると」(7月18日)ですね。

鈴置:見出し通り、記事のほとんどが歴代政権の統一論の比較で、別段、ニュースはない。その部分は退屈です。

 筆者が本当に言いたかったのは最後の段落でしょう。そこを、大元の英語版「Five theories of unification」(7月22日)から全訳します。

中国との熱愛に舞い上がる韓国人

  • 韓国は(7月の中韓首脳会談で開いた)窓を生かし、中国を自らの側に引きつけようとしている。北朝鮮以上に中国と近い関係になりたいと韓国は願う。
  • これは、韓国が米国を排除しつつ、北朝鮮に関し中国と主体的に取引できることを意味するのだろうか? 私はそうは考えない。
  • 理由の第一は中国が北朝鮮を放棄する準備ができていないからだ。2番目の理由。韓国は中国との関係で舞い上がっているようだが、強固な韓米関係を基にしてこそ、中国への接近をしっかりとしたものにできるのだ。
  • 簡単に言えば、米国との同盟なしでは韓国は、中国からその小さな一地域として扱われる、ということだ。こんなことは、韓国政府の指導層だって分かっていると思うが。

 ちなみに、「韓国は中国との関係で舞い上がって……」と、最後の1文「こんなことは、韓国政府……」のくだりは韓国語版からも日本語版からも削られています。いずれも韓国人には朴槿恵大統領への挑発と読める部分です。

見捨てられる朴槿恵

米韓同盟の打ち切りを前提に書いたところがすごいですね。

鈴置:ええ、そこがポイントです。これまでチャ教授ら米国のアジアハンズは「中国との関係を改善してもいいけど、北朝鮮の問題では中国に期待し過ぎない方がいいよ」という、おとなしい書き方にとどめていました。

 それが今回は、同盟の打ち切りにまで言及したのです。もちろん、韓国の「中国との関係改善」が行き過ぎて「米国排除」に至ったからです。

 「米中星取表」を見れば、韓国が明らかに中国の指示通りに動くようになったことが分かります。「米中二股」外交どころか「中国一辺倒」外交に陥っているのです。

韓国の作戦は、米中双方を操って漁夫の利を得ることでした。でもそれは、米中双方といい関係を持っていることが前提です。中国に傾き過ぎて米国から見捨てられたら、朴槿恵外交は破綻します。

今、まさに破綻し始めた、ということですね。

集団的自衛権が最後の一撃

鈴置:その通りです。米国人も怒り始めたのです。日本の集団的自衛権の行使容認に対し、朴槿恵大統領が習近平主席とスクラムを組んで反対したことが「最後の一撃」となりました(「ルビコン河で溺れる韓国」参照)。

 米国は水面下でですが相当強力に要請して、安倍晋三政権に「行使容認」させたと思われます。韓国の防衛力増強にも資するというのに、韓国は中国と一緒になって反対した。韓国は中国側に寝返った、と米国は見なしたのです。

 韓国の離米従中に警告を発したのはチャ教授だけではありません。マイケル・グリーン・ジョージタウン大学准教授も、表現は柔らかいけれど、同じ趣旨の文章を中央日報に寄せています。

 「韓中関係、過度に楽観視する韓国」(7月9日、日本語版)です。骨子は以下です。念のためにテキストは英語版の「An optimistic relationship」(7月11日)を使います。

  • 中国が韓国主導の統一に賛成するだろうか? 今の段階では答えは「NO」だ。
  • もし韓国が朝鮮半島で中国を思い通りに動かそうと願うのなら、中国に哀願するだけでは不十分だ。
  • また中国は、言葉だけではなく行動によって韓国人の信頼を勝ち得る必要があることを知らねばならない。
  • つまり(韓国は)朝鮮半島の全方位との関係を強めるべきなのだ。1方向の外交ラインで努力を重ねてもおぼつかないのだ。

裏切られた3人

「中国一辺倒では、韓国の思うような統一は難しい。米国との関係を粗略にするな」という、チャ教授と同じロジックですね。

鈴置:その通りです。グリーン准教授は「全方位」という言葉を使っているので、米国だけではなく日本との関係も維持しろ、と言いたいと思われますが。

 グリーン准教授もチャ教授も、ワシントンの朝鮮半島政策の策定にあたって大きな影響力を持つと韓国では見なされています。

 彼らの警告は米国のアジア専門家2人が語っているというより、米政府が“最後通牒”を発したと韓国では受けとめられたようです。

 なお4月のオバマ訪韓も、この2人にアーミテージ元国務副長官を加えた3人がワシントンポストを通じ意見具申し、実現を後押ししました(「『自殺点』と日本を笑った韓国の自殺点」参照)。

 3人は「韓国が中国側に走りかけている。今、オバマ大統領が韓国へ行って引き止めるべきだ」と、共同論文の形で表明したのです。

 しかし、朴槿恵大統領はオバマ大統領と会談しましたが、米国の言うことは聞きませんでした。米韓首脳会談が開催されると見て取った習近平主席が急遽、訪韓を言い出し、実際7月3、4日にソウルで中韓首脳会談を開いたこともあったからです。

 朴槿恵大統領はオバマ大統領と会談した際にも、近く会う習近平主席の顔色をうかがったのです(「オバマの前で『中国が頼り』と言い切った朴槿恵」参照)。

 オバマ訪韓を後押しした3人組は面子を失ったのかもしれません。とすれば、個人的にも韓国に怒り出して当然です。

「統一」が最後の言い訳

チャ教授もグリーン准教授も「統一」をテーマに韓国に警告を発しています。なぜでしょうか。

鈴置:離米従中に対する韓国の言い訳が、今や「統一」に絞られてきたからでしょう。一時期は海外のシンポジウムなどで「我が国は中国に経済的に依存しているからやむを得ないのだ」と弁解する韓国人が目立ちました。

 それは一面の事実です。しかし、中国と周辺国との武力衝突の可能性が高まるほど緊張が煮詰まった今、ゼニカネは理由になりません。「カネのために中国の言いなりになるというのか」と見下げられてしまうからです。

 もう1つの言い訳は「日本が反省していないから」です。しかし、この強弁も米国の怒りを買ってしまい、ケリー国務長官やオバマ大統領から「歴史の棚上げ」を命じられてしまいました(「『歴史は棚上げしろ』と韓国に命じた米国」参照)。

 そこで韓国は「統一のために、中国の言うことを聞かざるを得ない」という言い訳を多用するようになりました。これに対応してチャ教授らは「統一も言い訳には使うな」と言い渡したのでしょう。(後略)



(私のコメント)

日韓関係がなかなか改善の兆しも見せないのは、日韓の対立が米中の代理戦争となって来ているからだ。それくらい韓国は中国との関係を深めて中韓対米日の対立構造が浮かび上がってきた。韓国はアメリカとの同盟国のはずですが、韓国人はアメリカに守られているにもかかわらず中国に接近している。

アメリカと中国との関係が良好なら問題は少ないが、アメリカと中国が対立して来るとどちらの言う事を聞くかで問題が起きてくる。鈴置氏の記事の星取り表を見ても、最近の韓国政府は中国の言う事を聞くようになっている事が多い。これはアメリカにとっては裏切り行為であり、アメリカ政府要人も韓国政府に警告を発していますが、パククネは離米従中の動きは変わらない。

中国にしても、最近の北朝鮮はなかなか中国の言う事を聞きませんが、だから中国政府は韓国を手先として動くように接近してきたのだろう。対日本外交では中国と韓国は利害が一致していることが多いから反日で共闘を仕掛けてきた。米中関係が良好な頃は歴史認識や靖国参拝でもアメリカ政府は中国や韓国と歩調を合わせる動きが見られた。だから安倍総理の靖国参拝では米国政府は「失望した」と表明した。

まさに中国や韓国の思惑通りにアメリカ政府は動いてくれた。まさに安倍政権は米中韓の三国包囲網に晒されたわけですが、ウクライナ問題が起きて状況は一変してアメリカ政府は日本叩きを止めざるを得なくなった。ウクライナでクーデターが起きて親露派の大統領が追放されてしまった事に対して、プーチン大統領はクリミアを軍事占領した。

ウクライナでクーデターを起こさせたアメリカに対して反撃に出たわけですが、クリミアを抑えなければロシアは地中海への出口を塞がれる。まさにアメリカとロシアの冷戦が勃発したわけですが、ウクライナでは米ロの代理内戦状態になっている。そのような状況で中国がロシア寄りの行動をとるようになりアメリカ対中国ロシアの対立構造が浮かび上がってきた。

しかし、アメリカ一国では中国ロシアと対抗する事は難しく、ヨーロッパや中東やアジアでの対立でアメリカ一国では中露に敵わない。アメリカは90年代から日本やサウジやエジプトやドイツなどとの関係が疎遠になり冷たくあしらうようになった。イギリスですらイラク戦争に協力したのに見返りはなかった。ドイツもアフガニスタン戦争に軍を送っているがメルケル首相の電話を盗聴していた。

アメリカのオバマ大統領は、エジプトのムバラク大統領を見殺しにして、さらにはイランとの融和をはかろうとしてサウジアラビアを怒らせた。さらにシリア攻撃を諦めてウクライナを見殺しにしてクリミアをロシアに取られてしまった。これではアメリカが信用できないとして同盟国はどんどん離れてしまっている。その中には韓国がある。

イスラエルもアメリカの同盟国であるはずですが、ガザ地区で紛争が起きてもオバマ大統領は動かない。イスラエルもアメリカの支援がなければ存立できない国ですが、アジアにおいては韓国がアメリカの支援なしには存立が出来ない国だ。しかしその韓国がアメリカ離れをしているがパククネの自殺行為だ。

韓国人の性格として、弱みを見せればより強硬に攻めて来るのであり、アメリカが弱く中国が強いと見れば韓国が中国に擦り寄る事は当然なのでしょう。韓国の歴史を見ても戦争に勝った事が無く勝ったとしても中国王朝と同盟していたからであり、単独で勝った事がない。高句麗も満州馬賊の国であり朝鮮民族ではない。高句麗は負けてもシベリア方面に逃れて渤海を作ったが朝鮮民族は逃れる場所がない。

朝鮮半島は中国王朝の首都とも近いのになぜ併合する事はしなかったのだろうか? それは朝鮮民族の性格によるものであり、朝鮮民族は面従腹背で裏切る事が多い。戦争をしても形勢不利となれば敵前逃亡するので同盟軍として頼りにならない。だから米中が対立してアメリカが弱いと見れば同盟国であっても見捨てるのだろう。

哀れなのはアメリカであり、イラク・アフガンでも勝つことが出来ずに本国に退却するようですが、それを見透かしてロシアはクリミアを占領してしまった。中国も南シナ海の領海化を実行しているが抗議声明をするだけでアメリカは見ているだけだ。尖閣問題でもアメリカ政府は試されていますが、尖閣は日本自身の問題だ。

朝鮮半島の統一問題は朝鮮人と韓国人自身が決めるべきであり、朝鮮半島が分断されたのは隣接する大国を巻き込んだからであり、朝鮮人・韓国人自身の性格に問題があるからだ。朝鮮半島と呼ぶべきか韓半島と呼ぶべきかでも分かれているように、朝鮮半島の北と南では言葉は同じでも民族は異なるのかもしれない。

歴史的に見ても朝鮮半島は、日本と中国の勢力争いの場所であり、古代は北は高句麗と南は新羅や百済に分かれていた。中国王朝と倭(日本)と勢力が均衡していたからですが、中世近世になると中国王朝が優勢となり朝鮮半島は高麗や李氏朝鮮など統一されていた。それが近代になると日本が盛り返して朝鮮半島は日本の支配下になった。戦後も日本の代わりにアメリカが支配した。

最近になると中国の再興が明らかになって来て、朝鮮半島は再び中国の支配下になりつつあるようだ。朝鮮戦争は前哨戦でありいずれは朝鮮半島で中国対日米の勢力争いが起きるかもしれない。パククネの野望は古代の新羅を手本とするものであり、最初は唐と組んで百済や高句麗を滅ぼし、そのご唐と手を切って唐の勢力を追い出した。しかし新羅は王位継承などですぐに分裂して高麗で再統一された。

このように中国王朝が強力になると朝鮮半島には統一国家が出来て安定したが、衰退するとまた再び分裂騒ぎが起きて中国王朝と興亡を共にした。今までは北朝鮮と韓国に分かれていましたが中国が強力になればアメリカは追い出されて朝鮮半島は統一されるだろう。朝鮮半島史はそれの繰り返しであり、統一されるかどうかは中国にかかっている。パククネは、アメリカはいづれ撤退して行くと見ているのだろう。韓国の寝返りは次のニュースからも分かります。

米国、韓国にロシア制裁を要求、韓国「対ロ制裁は韓国企業に打撃」と制裁に参加しない見通し―韓国メディア 7月30日 レコードチャイナ

2014年7月30日、新華社通信は韓国メディアの報道を引用し、「29日に韓国外交部に訪れた米国国務省のピーター・ハレル副次官補は、ロシア制裁に関して欧米諸国に足並みをそろえるよう求めた」と伝えた。

【その他の写真】

欧米の主要国はウクライナ問題をめぐり、ロシアへの制裁措置を拡大。ロシアへの制裁に韓国も加わるよう米国が求めたことに関して韓国・聯合ニュースは、「韓国側はハレル氏に対し、“欧米諸国の対ロシア制裁は韓国企業の打撃となる可能性がある”と韓国の立場を説明。韓国はロシアによるウクライナ南部のクリミア半島併合を認められないとの姿勢を示しているが、両国の貿易や外交関係を考慮すると、ロシアに対し実質的な制裁は行わないだろう」と分析している。(翻訳・編集/内山)






 

コメント (9) |  トラックバック (0) |