ラヴラヴ企画のブログ

内田るんが主催するライヴイベント「ラヴラヴ企画」の告知と記録

LINEスタンプをiPadで買おうとしてiTunesカード買ってしまった時の対処

2019-10-22 07:13:11 | 備忘録

めちゃくちゃ時間食った。バカだった。
まず普段、一番連絡手段に使ってるのはiPad miniで、私はこれでLINEもツイッターもインスタもやっている。
のだが、最近PHSのガラケーをSIMフリースマホ+ワイモバイルSIMに機種変更したので、そっちにも当然LINEを入れた。でもそっちはandroidなわけ。

iPadと併用でLINEやったことある人は知ってると思うけど、SMS認証ができないと「LINEアプリ」アカウントって基本入れない。
前はiPhone使ってたけど壊れたんでそのままガラケーPHS(SMSできない)とiPad miniに入れてた「LINE for iPad」アプリで繋いでた…ってことなんだと思ってたが、どうもそうではないっぽい?


話を戻して、まずLINEスタンプを買いたい時は、まず

①スマホのLINEから買え!
iTunesカードだの買わなくても500円からコンビニチャージってのが出来るみたい。
ちゃんともっと模索すべきだった。

「iPad miniのがよく使うし残った金額で有料アプリ買うとかもきっとこっちのがありそうだからiTunesカードで」
…なんて浅はかに1500円分買ってしまった私。

iTunesカードでAppleのアカウントにお金入れても、iPadのLINEからはスタンプは買えない!のだー。


理由はこちらのサイトでわかりました。
対処法もわかったけど、まだそれはやらないで。その前にやることがある!

https://tech-i.jp/archives/452


②とりあえずトーク履歴のバックアップを取れ!
知らなかったのだけど、androidとiOSでLINEのアカウント認証を跨ぐと、トーク履歴がアプリ内から全部削除されてしまうのだそう…(keepに残してる分は別っぽい)

そのへん詳しくはこちらのサイトに書いてあります。
https://pokomichi.com/line


私はまず今の状態のiPad miniのLINEからはLINEコインのチャージが出来ないぽいとなって慌ててPCからもログインしてみた。
でもPCからも勿論出来なかった。

そして最初に貼ったリンク先にあるように、iPad miniのLINEアカウントを一度ログアウトし、画面下の、他の端末で使用してるアカウントにログインするってのをやった。

するとスマホ側のLINEは自動的にログアウトされ、
データやトーク履歴はすべて削除された
という画面が…。
そしてログインしたiPad側も、トークはまっさらな状態…。

とりあえずiPad miniからスタンプショップに行って、欲しかったスタンプを買いまくり、ログアウトしてスマホ側に権限を戻し、それからトーク履歴復元を試みる…が、出来ない。
GoogleDriveにバックアップ取る設定になってなかった。バカー。


ハッと気づきPCのに履歴があるかもと開いてみるが、「Letter Sealing」なる機能でメッセージの内容は読めず…。

八方塞がりか〜履歴諦めるかーと思ったが、iPad miniの方を権限少ない方でログインしなおす。
と、iCloudか端末内かどっかに保存してあったのか、ちゃんとトークが残ってる方で復元された!!

あ〜〜良かった〜〜。

どうもその「ログインA」と「ログインB」は全く別物なんだなと。
ついでにスマホ側の「ログインA」のトーク履歴も復元しないかなー、と
ダメ元でアンインストール→再インストールしてみたが、無駄でした。


まあ過去の会話からディグりたいことあったらiPad見れば良いだけだし、スタンプ買えたし、良しとする!3時間くらい食ってしまったけど!

スタンプをもっかい全てダウンロードして、終わり…。


デジタルな文明の利器に振り回される日々だなー。

tiny pop fes というイベントの制作補助をしました。

2019-10-06 22:59:47 | 音楽
ブログの存在忘れがちです。すいません。

タイトルのままですが、入江陽さんのお声がけで、
ダンボールレコードの中条さん主催の「tiny pop fes」という、
上野公園野外ステージ(水上音楽堂)で開催された音楽会の制作と運営に関わりました。

自分としては、日本ロックフェスという常軌を逸したフェスイベを
8日間×7回(だっけな)もやってきた自分なら、少しくらいは
フォローできるかな、などという甘い考えで、(最初は)物販の売り子でお手伝いをすることを引き受けました。

が、とんでもなかった。私の見通しは甘過ぎでした。

ライブハウスって、すごーくイベントしやすいフォーマットなんだなーって痛感しました。
素人でも、なんの設備も知識もなくても、最初から全部揃ってて、手慣れたスタッフもついてくる。

野外イベントって、ただただ、場所しかないんですね。
トイレこそあったけれど、受付もないしドリンクカウンターもないし、
ドラムもアンプもない。そもそもPAがない。(一応、壁にスピーカーはある。)

色々な事情が絡み、開催まであと3週間、というところからお手伝いに参加し、
さらに多くの人に手伝いに参加してもらい、ほとんど無理やりに開催にこぎつけ、事なきを得ました。
(関わった皆さん、本当にお疲れ様でした。
手伝ってくれた方々、本当に本当にありがとうございました。)


野外イベントは、考えなくちゃいけないことが無限にあって、毎日毎日それらを連絡しあって確認しあってました。
ゴミの処分のこだけでも、どうするか相談して、業者を探して見積もりだして…なんてやってると、
他のことも並行してやってるとはいえ、1週間くらいかかるんです。ゴミだけで。


私が何の経験も知識もなく、手探りでやった初めてのイベントが19歳の時。
それも公民館の音楽室で、知り合いのアマチュアミュージシャン2組と自分のコピーバンド?が
出ただけの小規模なものでしたが、前日まで毎晩、ストレスとプレッシャーで泣き喚いたり、
吐いたり、怒鳴ったり怒鳴られたりで、精神的にも実務的にも、非常にキツかった。
周りにフォローしてもらわないと絶対に出来ないことを、自分が始めてしまった。
その怖さ。

今回は私はフォローする側だったので、泣いたり吐いたりはしませんでしたが、
それでも緊張や不安で眠れなかったり胃が痛くなったり頭痛が起きたりはしました。
責任者である主催の方々が抱え込んだ重荷は、相当なものだったと思います。


とにかくここで、読んでくれてる方に言っておくべきことは、
「インディーズで野外イベントはやるな!やりたいならお金を沢山集めてから、プロの制作会社に依頼しよう!」
です。

イベントテントを運ぶ為の軽トラの一台も持ってないような、都会暮らしの素人の手には余るものです。


もう、一度弱音吐いたら、もう保たないと思ったんで、当日までヘラヘラしてましたが…
マジでマジでハードだった。

(知人からも3週間前くらい「え、野外イベントの制作手伝ってる!?自分もやったことあるけど、アレ、地獄じゃん。ご愁傷様としか言えない。」と言われてたんだけど、本当にそうだった。)


それでも当日、楽しそうにしてくれた方が沢山いたようで、それがせめてもの救いです。
ありがとうございました。














昨日は気温が33度以上という、10月にしては異常に暑い日でした。


公式サイト:
http://tinypopfes.tumblr.com


「曲をつくらばサビふたつ」歌詞

2019-07-01 01:57:19 | 音楽
これも3〜4年前に作った、比較的新しい曲です。もっと前かな。
歌詞が一聴するとネガティブな印象にとられがちですが、
「主体性」こそ生きて何かをしたり、誰かと出会う上で意味があることで、
私がほかでもない私である限り、全部に完璧100%意味があってサイコーじゃん
っていうスーパーポジティブソングです。

なんかよく「私が考えてることなんて誰もが考えるありきたりなことだ」とか、
「平凡でありふれた人生だな」とか、そういうことで悩むじゃないですか、若い時。
アーティストに憧れて目指してたりすると、自分だけが思いついたつもりのアイデアやコンセプトやテーマが、すでに手垢にまみれてるってか、300年前くらいにはもう誰かがやって美術史に残ってたりするやつだったりしてガビーンってなったり。18歳くらいあるあるっていうか。

そんで今度は好きな人や恋人が出来たら「この人を好きじゃない自分なんて有り得ない」とか、他人を使ってアイデンティティを築こうとしたりしがちじゃないですか。そうでもないかな。
なんかそういうの全部、実際は自分の人生において全く重要じゃないんだな〜
ってなってきた、中年の心、というか。
私が何者であるかをどうにかして決めつけることより、健康だったり、美味しいもん食べたり、友達と遊んだりの方が重要かつ、即、意味と成果が手に入る…

「それ、もう〇〇がやってるよ」とか言って他人が何かやることに水をさす人いるけど、
「でも〇〇は私じゃないから。」って話じゃないですか。

アイデアをパクるなとか、オリジナルだとか、子供の感覚じゃん。
だって人類文明で育った限り、共有の言語とか思考パターンとか善悪の価値観とかオリジナリティの入る余地少ないし、社会生活そのものがパクリなわけで。うまくパクれない人が困っているわけで。
特定の他人の人生を丸パクしたって、その人にはなれないっての。
逆に言えば、何やったって私にとって意味があれば意味あるし、それでええやんけ。

という歌です。


歌詞の中の漫画のセリフの部分は、吉野朔実先生の「恋愛的瞬間」からの引用です。
この回、かしこ と 武一 が出会う回も、わりとこの歌詞と近いなって思ってて。
失っても平気なものだけ選ぼうとしても結局傷つくなら、失うのが怖いものを手に取るリスクとそう変わらない、という…(そんな話じゃねーぞ、と思った方はごめんなさい。)



※添付画像は母の同級生の方のパッチワークキルトの作品です。
手芸とかそういうのもオリジナリティとか作家性とかを超えて素晴らしい作品がいっぱいあって最高です。
人が長い時間と手間をかけて作ったものってそれだけで見て圧倒されたりします。





「曲を作らばサビふたつ」

曲を作らばサビふたつ 誰でも作れるメロディライン
愛だの恋だの夏だの冬だの 生きてる人間の歌うことは大体同じ

言いたいことが 何かあるなら
探してくればいい 誰か歌っているから


そんな予感がしていたときに まさにど真ん中、別れのメール
ごめんなさいなんて言わないでいいよ
君じゃなくちゃいけないことなんて何にもないから
私じゃなくちゃいけないことなんて一つもないんだから


飲み屋で 「今日離婚した」と言ってた男がくれた
この黒いギター
なにかを約束するのは元から苦手
こんな漫画のセリフをふと思い出す

「他人になにも期待せず 明日に期待せず ひとりでいるのはラクです」

きっとこれからも色んなことに負けて失っていくのだろう
それでも全然かまわない
いくら好きでも いくら泣いても 君じゃなくちゃいけないことはない
いくら歌っても いくら好きでも 私じゃなくちゃいけないことなんて
ひとつもない から 最高なのに

ジョンとポールが出会わなくっても奇跡はどこかで起こってた
見たことない色を塗ることはできない

さあ 曲でも作ろう 歌でも歌おう ありきたりで使い古しの
私じゃなくてもいいけれど 歌っているのは私なの





「gaze」歌詞

2019-07-01 01:20:31 | 音楽
これは自分の中では新しいめの曲なんですが、もう3年くらいは経ってる気がします。
gazeというのは見つめるという意味です。たぶん。「シューゲイザー」の、ゲイズ。
目は口ほどに物を言う、という曲ですね。
いや、口よりももっとダダ漏れだよね。

「何キモいこと言ってんだ この女」のとこと「私から目をそむけた?」のとこが気に入っています。
即興でぼんやりしながら繰り返し歌って出てきた歌詞が1番良い。

今は仲の良くない友達のことを思って作った曲なので広い意味で超ラブソングですが、
最近は完全に疎遠なので彼が聴くことは二度とないでしょう。
ふん!あーさみしい!馬鹿め!誰が?


「gaze」

口に出さなくても なんとなくわかることが
誰にでも時々あるでしょ?
身近なとこで言えば 「テメー なに見てんだコラ」
…みたいなことが、野生の世界では起きるの

わたしも あなたも
あいつらも こいつらも
言葉を持たない
時代があったの

なんとなくわかる 君の気持ちがわかる
「全然違う」って君は言うかも知れないけど
なんとなくわかる 目を見つめてたらわかる
「なにキモいこと言ってんだ、この女」って顔してるけど

今、驚いた? 今、傷ついた?
今、ギョッとした? 今、ホッとする間もなく
わたしから目を背けた?

今、驚いた? 今、傷ついた?
いろいろ全部混ざり合った気持ち
言葉に出来ないね


テレパシーじゃないけど、私の秘密は心を読めること!
隠し通しているつもりの気持ちほど筒抜けなものよ!
言ったもん勝ちでしょ?確かめようがないから こういうのは

誰もが ほんとの
気持ちを 口には
出さずに お互い
黙って 我慢しているの


なんとなくわかる 君の気持ちがわかる
愛とか恋とかそんなの関係ない感じでも
なんとなくわかる 目を見つめてたらわかる
「全然違う」って君は言うかも知れないけど

今、驚いた? 今、傷ついた?
今、ギョッとした? 今、ホッとする間もなく
わたしから目を背けた?

今、驚いた? 今、傷ついた?
今、ちょっとだけ 「恥ずかしい」って…
恥ずかしいなんて思わなくていいことよ!

なんとなくわかる
目を見つめてたらわかる
目を見つめてたらわかる
目を見つめてたらわかる





「ファウスト」歌詞

2019-06-15 15:43:30 | 音楽


これは大好きハバナイ こと Have a nice day! の名曲のカバーでございますね。

最初弾き語りでカバーする時に、ラップ部分を歌っぽくする上で歌詞をだいぶ改変しました。
ですがハバナイの浅見くんの書く歌詞(大好き。)の、怒りや虚しさや焦燥感はそこそこ残せた気がしています。
男性が歌うのと女性が歌うので意味合いも変わってきちゃうし、同じ歌詞でも。

個人的にはサビのとこに
「時は止まらない 美しくないから」っていう、ゲーテの「ファウスト」の終幕の台詞を使った歌詞を逆さまにして足せたとこや、「君のことかけがえがない あたしもバカみたい」って歌詞の、恋をした自分に対する苛立ちを、浅見くんの曲の勢いに乗っかって書けたとこが気に入っています。

原曲はこちらなので、聴き比べてもらえると嬉しいです。

https://soundcloud.com/blackchinpilaboy/axze9fmhl61m


ファウスト

恋はレボリューション
私にとってはいつも そう
つまんないもの見るくらいだったら
目を瞑っているわ

ナイフを拾い上げて
そして捨てる
それをくり返す
"Rock is Dead"?
そんなの知らないわ
今すぐ連れ出してよ

本当は 世界平和なんてどうでも良くて
すべてを支配してめちゃくちゃにしたいだけ
本当は 世界平和なんてどうでも良くて
あなたを支配してめちゃくちゃにしたいだけ

君はFaust 悪魔たちと踊ってる
Friday night Friday night Friday night
Faust 君はFaust まるで悪魔の友達
でも時は止まらない 美しくないから

みんな何かに騙されていてバカみたい
お酒飲んで楽しくなったりしていてバカみたい
誰かのこと愛したりしていてバカみたい
君のことかけがえがない あたしもバカみたい

君はFaust 悪魔たちと踊ってる
Friday night Friday night Friday night
Faust 君はFaust まるで悪魔の友達
でも時は止まらない 美しくないから