3816(統計の猿)

統計家を目指して 写真付きで日記や趣味方式で 記載しています。

統計を学ぶには 社会通信教育を!!!

2019-02-18 02:28:09 | 日記

朝刊:読売新聞を御覧ください、概ねどんな問題で 国会が大変関心があるのか、その背景を論ずるには近代統計を知ってみると大いに役立つことでしょう。

2019年(平成31年)2月15日から16日を御覧ください。15日は13頁、16日は10頁 地方によっては違いがあるかも(大阪府)

標題は「基礎からわかる統計調査 上:下」

通信教育は 下記を御覧ください

http://www.jitsumu.or.jp/courselist/statistics

 

 http://www.jitsumu.or.jp/courselist/statistics/flow1

統計の猿 より

コメント

大学入試センター試験から学ぶ「統計学」の基礎で感じる感想は??

2019-01-21 23:50:20 | 日記

 日本経済新聞は 1月20日21日の2日間の紙面で 大学入試センター試験の問題と正解を報道してくださいました。当然ながら受験者諸氏には将来を背負って社会に貢献する準備の一歩でしょう。

 私 統計の猿 の視点で見ると受験者のご父兄の気持ちも「他人事ではない」と感じています。現在のお父さんやお母さんは高校時代に「統計学」を学んだ経験がないはずです。

 今回の受験内容で見ると・・・数学Ⅰ数学Aの・・・・中で、第2問 配点30点・・・①ヒストグラム②ひげ図③散布図④標準偏差等・・・

 また数Ⅱ数学Bにあっては、配点30点・・・・①正規分布②期待値③確率・・・が混載していました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私は、現在80歳近くなって 新聞報道の試験問題の内容と(統計の学び)の中の 今の「猿」との気持ちは大きな温度差を感じます。しかし大切なことは「社会動向の分析やそれぞれの立場で研究者」に向かう学生さんには「現在の学びを大切に頑張っていただきたいと願う」気持ちがいっぱいです。

 今日のブログの内容は「技術の内容」より 世界を平和に導く受験生に声援を送りたいです。

私(統計の猿)は ブログ開設1370日となりました、声援ありがとうございました(正月元旦現在)

統計の猿より

 

コメント

私の 学びの 図書館

2018-12-24 01:24:20 | 日記

 

 

最近の 机の上は Rの学びで満載です。

中学生の孫には「EXCEL分析ツール完全詳解」を勧めています。

統計の猿 より

IMG_20171128_0002.jpg

コメント (1)

統計WEB とは 

2018-12-18 00:33:14 | 日記

久しぶりに JR大阪北地区の「紀伊国屋書店」に行き「統計学」学び図書を捜していたら・・・EXCELでできる データドリブン・マーケティング という本を発見した 本書は2018年11月29日初版第1刷発行

 私の感想は「ヒストグラム」しか 全く分からない 統計の教本に出合ったのは23歳の時であったがその時も全く分からなかったが統計学問は「ここまで進化」しているのか びっくりたまげています。

 論文を読む内に「  ブログ 統計WEB  」を開いてみると「丁寧に私にも理解できる」内容でした、びっくりしましたが今では大きな力を頂いたと感謝しています。

 付録に「Rの付録演習」が楽しそうです。

 統計を学ぶ猿でした。

コメント

「ヒストグラム の学び」 を乱数を発生させ 繰り返し実験 

2018-11-09 04:08:59 | 日記

先週は 実在の血圧計値の分析の体験でした、今回は 血圧値のサンプルが少なく「乱数」を発生させての「ヒストグラム」の復習です。

①乱数の変数を・・5・・・サンプル数・・・50・・・等の乱数表作成しました。

  乱数値を活用して 基本統計量 生成しました・・統計量の項目で知りたいのは 「範囲・最小値から最大値」であるので コピ-をとり区間表を作成します、下記の別紙は 基本統計量 と区間幅作成表  見本ですご覧ください。

 範囲値を √ (ルート)で 求めると最適な間隔が作れます。参考になさってください。

最後の表は ヒストグラム のデータ区間表と 併せて見て参考にしてください。見本は「列1・・列2・・列3は特に途中で止めています、意味が後に気が付くはずです。

以上は「乱数」と「ヒストグラム」との融合作業でした。

最後まで読んでくださいまして ありがとうございました。

 

統計の猿より。 

コメント

唄を忘れた「カナリヤ様」に さようならから 次には  再会を期待しています!!!

2018-09-21 11:49:37 | 日記

統計の学びを再会します、 今後よろしくお願いします。 

 

 血圧値の分析;例えば「平均値、最小~最大・・・・・」の基本統計量です。

 

 

次にいう「朝」とは・・起床後1時間以内の データを測定して 可視化した グラフにしたものです。

ここでいう「夜間とは」就寝前1時間以内に 測定したしたものです。

グラフの 上の波は 血圧の高いもの、下の波は 血圧の低い値です。

下の波は 異常値が確認されてしたいますが 18日は 機能訓練を実施したため 異状値が 出ています・・測定前に「どんな行動」をしたか記録して置きましょう。25日は誤記入でした。 原因は何か・・薬の服用なのか?今後追及し監視することが大切ではないでしょうか担当医者にも相談してみましょう。

統計の分析に 数値の調査・分析は大切ですが、他方で固有の技術(ここでは 血液は極めて不安定なもので、呼吸をするだけで変化する)について専門家の意見も取り入れて、固有の技術と統計技術を融合するすることにより、有用性を発揮することが理解できるようになりました。

血液には 収縮期(高い方)と拡張期(低い方)があることを知りました。

 

血圧分析の一考察・・・関数=AVERAGE(データの範囲・赤枠をご覧ください)で作成してくださるとその都度分母n個を修正せずに 平均値が出力します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

既に 血液には 収縮期(高い方)と拡張期(低い方)があることを知りましたが、ここでは「高い方のデータ」で特化して実験方法を学びました。・乱数を使って復習してみましょう。

下記の統計量の「最大 平均値143」と「標準偏差 最大7」を参考にして 次の頁で乱数を生成してみたいです。

ヒストグラム 表を作成するには 基本統計量 の内容を 参考にする必要があります。①最小から最大 の区間 ②範囲(38)

では 起床時の 血圧値を分析したものです、ご覧ください。

 

さらに 次は 就寝時の 血圧値を ヒストグラムで 分析したものです。

起床時の 値と 就寝前の 値と 比較してみてください、 起きた時と 活動した後の「ヒストグラム」見てください、それは 次の二枚のグラフを見比べてください。

お医者さんは 11月7日に・・・血圧が やや高いことを確認して、「血圧を下げる薬を服用」するよう指導くださいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 以上のように 患者様の「血圧データを用いて」ヒストグラム」を復習させていただきました.

今度は データが2か月分たまりましたので 「移動平均法で全体の 輪郭 つまり患者さん・カナリヤ様の回復状態を 可視化してみました」10月分の上に 11月分を乗せました ご覧ください。

 

これを 移動平均法で 7日合計割る7日は平均が出ます。ご覧ください。よく見ると 最近の平均線が下がって見えますね。

 

 移動平均値を グラフに 拡大しました、ご覧ください。

 さらに追加しました。

①2か月測定記録

②基本統計量

 

③血圧 データ 可視化しました。

 

 

 

 

統計の猿  でした。 

 

 

コメント

大阪北部地震で 余震を受けた影響での 大阪中心部の天満橋付近の人の動き

2018-06-29 14:45:26 | 日記

大阪北部地震の余震で影響受けた交通機関等の運休による、帰宅難民となった大阪市内の人の動き・・・ここでいう人の動きとは、過去の歩行者の流動資料と 比較することをいいます。

あまり話題になっていない・・・事案の中に「自宅難民者」が統計に把握されていない。

この種の自宅難者には、地震発生時間によって社会活動ができないお人があるようです。例えば:特に早朝勤務者にとっては地震発生7時58分は大阪市内に取り込まれて、夕方まで市内から各々方面に散ることができなかったようだ。

通常月曜日 天満橋1日の流動人口の13、000人であるが、32%の動きしか なっかった(統計の猿) 

映像を削除しました。

ここでいう映像とは、ブログ(学ぶ統計猿)主旨から 外れていましたので想像で・・通常の8時00分は250名/10分あたり・・雑踏のはずが携帯電話で立ち止まり閑散としている。遠景の人だまりは地下鉄4号入口へ詰めかけている市内居住者の姿??・・と推測ください。

 

 

 

 

 

地震前と最近の動態  観測と比較してみてください。「人の出勤の動きが早く」なっています。

翌週25日(月)同時刻は 446名/10分当たりであった、元気な市民の動向には 安堵した。 調査者(統計の猿)

「例:JR沿線(茨木・高槻に住居している者)自宅に帰ることができない。帰宅は1日後になった お人がいらしゃるようだ、ビル管理者による、実態を把握システムは必要ではないでしょうか。

街を巡回してみると「お子さんの登校時間」の安全監視員が皆無であるように思います。

 統計の猿より

 

休憩 http://www.npo-kirameki.jp/    昨年10月25日同窓会会場は京阪ホテルでした、大阪北部地震を心配して 投稿くださいました。

コメント

EXCEL 2016 の中に 統計分析ツ-ルが 無料で追加になりました。

2018-06-15 11:56:00 | 日記

EXCEL 2016 の中に 統計分析ツ-ルが 無料で追加になりました。

一度お試しください、「分析 機能アップ:12項目・例 回帰分析・移動平均分析・・・・・・等」

詳しくは 下記の 別紙を御覧ください。

切手駒が 見えにくいときは、👉  タッチ そして 右タッチ コピー取れます。読者のファイルに移す事可能です。

 

コメント

データは 何を 語るのでしょうか 統計を学ぶ者の 感想は?

2018-05-25 09:56:47 | 日記

////////////////////////データは 何を 語るのでしょうか 統計を学ぶ者の 感想は?///////////////////////////////////

 今回は、(A)政府発行のビックデータから 「日本人口 調査」の速報入りました。(B)また一方では、日本経済新聞では「団塊世代の医療費」社説を 合わせもって御覧ください。情報を併せ持ってみると 読者様の中から  何かを発見する事でしょうね!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まず 別紙内容を御覧ください。日本人口の 約1億2000万人の5人階層の実態を御覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

政府の表を 読者様に 分かるように「可視化」にしてみましょう。統計分析は数値を お見せするだけでなく分析してさらに可視化することが 学ぶ者の社会貢献かなと 勝手に想像しています。

 グラフにしました御覧ください。(表を御覧になって:現在の自分がどこにいるのか「●」印をお付けください、あるいは「子達は・・・孫は・・・」は今後どのような対策がいるのか夢をみるのも一つの方法」かな??・・思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前記の表は 男女区分 そして団塊世代(昭和20年以降誕生したつまり現在 70歳からの生活予想・・)を考える資料になることでしょう。

 次の日本経済新聞の切片を御覧ください。社説:団塊時代のお人の今後の環境はどのようになるのか、想像をしてみては如何でしょうか。

 日本経済新聞をご御覧ください(2018年5月21日社説)。

統計を学ぶ者が「意図する」ところは・・可視化することで いろいろな「提案力」の夢が想像できれば ありがたい。

5月25日(24時間)で投稿の読書の実績は、98名訪問くださいました そしてページ閲覧数は147頁でした 有難うございました。

統計の猿より。

 

 

コメント

R 統計解析の入り口 探しています。

2018-05-22 20:46:10 | 日記

R 統計解析の入り口 探しています。

まずR統計ソフトのダウンロードの実施方法から 頑張ろうと思い 図書販売店を一巡しています。時系列での内容吟味の 探索は大仕事です。

Rソフトの入力には成功しましたが・・R関数の学びは EXCEL関数のように 専門書が少なく さてどうしたらよいものか??思案中。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

入り口で分かった箇所のみ報告します。

デモの出力 何とか わかりました。御覧ください(楽しいR:の23ページの上から2つ目)を確認してくだされば詳しく書いていました 株式会社翔泳社 ¥2200円でした。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ダウンロードのプログラム 表です。 意味がさっぱり解りません。Excel関数を学んでいてよかったと思います。R関数はさっぱり「意味が分かりません」。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

確かに グラフの種類は 豊富にあるようです。この様式は 6枚のうち1枚報告しています。

この分布図は、箱ひげ と呼ばれているものです。5つの統計量と外れ値で分布を表現しています。

①一番下の〇は -離れ値 ②最小値   ③25%値  ④中央値(平均値ではありません)  ⑤75%値    ⑥最大値     ⑦一番上の〇は +離れ値

大阪城を断面で例えれば、④ はなんと言っても大阪城天守閣 ③⑤お堀でしょう  一般に正規分布(山の例えが?)最近経済新聞ではグラフで説明が多くなりましたね!!。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

今日の疑問

①自分で調査した標本のサンプルは R統計言語にするには どうしたら 良いのでしょう???

②サンプルを読み込め・・とは  どうしたら 読み込めるのでしょうね???

学びの 統計の猿より

 

 

 

コメント

R統計の学びを開始しました。

2018-05-22 01:34:20 | 日記

R統計の学びを開始しました。統計の基礎が未熟なのに「R統計????」 読者様から お笑いの声が聞こえるようで気になります。

①振り返れば、26年4月春通信教育に着手して、もう5年になります。

②A最初は 基本教育で平成27年 28年(現代統計実務講座1部2部)

③B次は 多変量解析講座平成28年 (テキストⅠ、テキストⅡ)

④C次は エクセルによるデータ解析平成29年(テキストⅠ、テキストⅡ)

⑤D今年は R統計解析に挑戦しようと計画です。

//////////////////////////////////////// R統計解析は 思ったより視点を変えて 効率よく学ぶ必要あるのではと構えています /////////////////////////////

統計の学びの環境を、富士登山で例えれば 太平洋面側から登山するのがよいのか 日本海側からの富士登山がよいのか思案しています。R統計への学び環境は昨年から  多くな参考図書が発売されています。

 数多くの販売図書から 体系だって学ぶには「フローチャート・導線」について 編集Aから 編集Bへの渡り継ぐ方法に選択しながら前進しています。

 他の読者さまにも違った学びの道があってもよいと思います。よって今日は大阪駅付近での「統計類の本」について約30冊程度を閲覧させていただきました、R統計解析に必要なエネルギーを1冊の図書で学びが 解消できないことも知りました。では私なりに選択した図書を御覧ください。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

まずは、別紙内の 矢印まで 実行してみました OK でした。意外と未知の入り口の発見は簡単に行きませんでした。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

サンプルデータの取込むには 図書のP22頁{外部データの読み込み}御覧ください。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 事前に準備がいるようです 「外部データ」は一度 R関数「read.tahle()」を用いるようです。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

統計の猿方式で 一歩一歩進んでいます。御覧ください。

 

 https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274217814/  参考図書 検索ください。

 

 

コメント

統計の学びは 基礎から

2018-05-16 11:59:55 | 日記

統計の学びは 基礎から

私事(統計の猿);80歳の爺には 遅すぎる感がします、政府の内閣府の「ビッグデータは;統計制度の充実に力入れています」

最近のPCパソコンの進化は ものすごい速度ですね!!・・・・そこで統計を学ぶ読者のお方から・・

①PCwindows10に移行してから つまり「オフイス365・・になってからExcel2016 ソフトのデータ分析ツールが消えたが・・・という声をお聞きします。

②大丈夫です・・・現在PC365 の契約更新時には可視化できていませんが私も同じ思いをしました、その後の操作で「統計分析」ソフトが実装装していますので確認してください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

S・1画面を

 PCからExcel画面一番上面の横帯 1行を御覧ください。これまではデータボタンタッチすると右横の隅に「データ分析」というスペースがありましたが、ありませんね。

S・1を横帯左の「ファイル」をタッチしましょう。

 

NO2に 「オプション」をタッチしてくださると・・・・・・

NO3 にExcelオプションを確認しましたね。頁下に・・・・・

NO4アドインタッチをします。

NO6{分析ツール}をインストールをタッチで確認(手順?)

NO5に・管理A Exce アドイン設定してください・・これでOKです

完成・NO7  これでデータ分析ができるようになりますので。 元の画面に戻りて ためしてみましょう。

手作業のため見苦しい事と思いますがごめんなさい。l

この項内容を もっと詳しく 学習したいお方は 昨年の6月10日ブログを御覧ください。

統計の猿・・

 

コメント

政府統計から 学ぶ 統計改定について

2018-05-12 00:35:54 | 日記

政府統計から 学ぶ 統計改定について。

従来日本の統計のとりかたと・・・国際比較可能な体系について 告示ありました。

統計を学ぶ視点で見た時、(例)分母の標準化の視点で 変更 改良するという視点の変更と見ました。

参考 ホームページをコピーして 検索エンジンに照らし 最新の情報をご覧んください。

 http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data.html

統計の猿

コメント

新聞画面に グラフが 多く掲載されるように なりましたね

2018-02-15 03:43:51 | 日記
日本経済新聞 紙面に グラフ表が 掲載(挿入)するように なったのかも。???





統計の猿 の 疑問??

追加情報  コピーの上 政府情報検索エンジン

http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/di/di.html

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/menu.html
コメント

第1主成分の学びの 動機は とっても大切でしょう

2017-12-30 22:38:14 | 日記
動機は とっても大切でしょう、計算式で作り出すデータは 潜在変数かも知れませんと思うようになりましたが●綜合出来と・・・●産物が見えてきている。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金大中候補nの得票分析

第1主成分析は・・・量的データ での 総合力を仮定する。例:データ分散数の約63%の寄与があった。

第2主成分析は・・・第1から 生み出した「分析上の産物」 潜在力をいう。例:データ第1成分を除いて再計算すると残る分散17%の寄与が成果となりました。

合計では約80%の分析力が見えたことと推測と見えるのでは?。



::::::::::::::::::::::::::::::::::

この表に 書き出してみましょう。





その次は 説明変数 事象です。


A


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

左は A(第1主成分析)  右は B(第2主成分析)である
(左第1主成分析が解析できたあとは表コピーを取込み:右に貼り付けて 右(第2主成分析表を貼り付ける)その後 (数式関数でプログラム作成)・・・では数式関数とは「????」。




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

+B





B(第2主分析)である。数式関数の中に(P71)ヒントが隠されています、購入図書に詳しく記述されています。

+B


:::::::::::::::::::::::::::::::



恋する統計学の冊子は よくわかります。 私の教科書より  「ソルバ」で分析をするほうが早いです、ちょっと¥1500円の図書ですが断然お買い得です。

別冊(因子分析 頁58から 購読ください 頁81まで 検証させていただきました)

お陰で 完全 走破させていただきました。
ソルバーを操作させていただきました。読者には ご説明が苦手で失礼させてごめんなさい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 






統計の猿
コメント (1)