ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

「龍神の雨」「向日葵の咲かない夏」道尾秀介 感想

2009-10-08 | 小説・漫画他

道尾秀介の2作品。龍神の雨と、向日葵の咲かない夏も、どちらも家庭環境が厳しい少年が主人公で、ちょっと仏教の生まれ変わり感などが含まれてて、通じる部分がありました。両方とも、ネタバレ無しで感想書くのは至難の技です・・・。

まずは、先に読んだ方の「龍神の雨」 (2009/05出版)から。
道尾さんの本は「鬼の跫音」の後、これが2冊目です。

血のつながらない綺麗で一生懸命な母親と暮らしている兄弟の辰也・圭介と、血のつながらない暴力父と暮らしている兄妹蓮・楓、この4人がからみあうサスペンスミステリー。

兄の辰也が義母に冷たく当たりまくるんだけど、その新しいお母さんが気の毒でならなかったわ・・・。
あと、半沢店長が現在の暮らしを「(今の穏やかな家庭の暮らしを)幸せだと思えるのって、やっぱり幸せじゃない時期があったからこそ」って言ったのは、もっともだって思いました。

★以下ネタバレです 白文字で書いています★
楓に脅迫状を渡したのは、てっきり辰也だと思いこんで読んでいたんですよ。だって、学校で楓が1人になったとたん、いきなり現れてぼそぼそ言ったり、じ~っと怖い目で凝視してきたり・・と、普通中学生の男の子が片思いしてる女子に取る態度かぁ?? だから、実は半沢店長が犯人とわかった時はびっくり!!しかも、義父は既に死んでいたのに(連のしかけたガスもれ殺人で死んでたんだね)半沢が楓に恩を売ろうと、殺してあげようか?などと言ったなんて、とんでもないヤツだな~。でも、義父の睦男も暴力をふるった時期があったとはいえ、最近は仕事に出ていたってことが死んでから解るわけなんだけど・・・。でもねぇ・・殺すほどではないかもしれないけど、暴力ふるって酷い父だった時期があったのは事実だし、改心しようと努力してた・・ってのが解らなかったんだし・・蓮君は妹思いの良い子だったので、可哀想だなあ・・・。そもそも、楓も兄に本当の事言わずに、義父に強姦されたって言って、店長の事隠したのがマズかったよなぁ・・。
以上

ずっと引き込まれて面白く一気読みしましたし、全く想像がつかない展開やオチだったので、意外性もありました。でも、何か凄く好きとかやられた!って感まではなくて、普通に面白かったので3つ★~3つ★半
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次の日読んだのが「向日葵の咲かない夏」2005-11出版

これは!!凄かったですね。すっかりヤラれた・・って感じで、すっごく面白かったです。4つ☆半

★以下ネタバレです 白文字で書いています★まずは、おじいさんの幼い頃に母が足を折られていたことの思いこみ。実はそういう葬儀の方法だったと後から解ります・・・。この足を折りたい衝動ってのが、変態過ぎて凄いですね~。先生がエロ教師だったのは事実なのよね?先生は殺しはしてなかったけどS君にしてたことはホントなんですよね?!
最初この先生が犯人だ!と思いこんでいた私には、後半のどんどん解るどんでん返しにもう言葉もなく、呆然です。しかもミカはトカゲで、トコ婆さんは猫だったなんて
 以上

凄く後味悪いとか、体質的に合わなかったというお声を先に聞いていたので、身構えて読んだのですが、私は幸運にも大丈夫でした。
次は「ラットマン」を読む予定です。
やっぱり、道尾さんが描く世界って、ほんの少しだけ乙一さんと静かな怖さ、不気味さみたいな処が共通する感じなのかな、私は道尾さんも乙一さん同様、好き確定しつつあります。


内容(「BOOK」データベースより)
明日から夏休みという終業式の日、小学校を休んだS君の家に寄った僕は、彼が家の中で首を吊っているのを発見する。慌てて学校に戻り、先生が警察と一緒に駆け付けてみると、なぜか死体は消えていた。「嘘じゃない。確かに見たんだ!」混乱する僕の前に、今度はS君の生まれ変わりと称するモノが現れ、訴えた。―僕は、殺されたんだ。半信半疑のまま、僕と妹・ミカはS君に言われるままに、真相を探る調査を開始した。

道尾秀介「鬼の跫音」

コメント (14)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 「はらドーナツ」最高♪ | トップ | アンニン豆腐の色々なメーカ... »

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (june)
2009-10-08 19:21:28
「向日葵の咲かない夏」はブラックですよね。
私はしばらく気持ちがどよよ~んと沈んでしまいました。
とはいえ、このすっかりやられた!という感覚には恐ろしくひかれてしまうようで、
道尾さんの作品は時々無性に読みたくなります。
「龍神の雨」はぜひ読みたいと思ってます。
面白くて全く想像のつかない展開とオチということで楽しみです。
Unknown ()
2009-10-08 22:36:54
「向日葵の咲かない夏」の後味の悪さに一時は落ち込みましたが、その見事な伏線、先の見えない展開に、いつのまにか、道尾さんの作品のとりこになっています。
「龍神の雨」は、予約済み。早く読みたいです。
Unknown (しんちゃん)
2009-10-09 18:27:38
こんばんは。
道尾さんっていいですよね。内容紹介はとても難しい作家ですけど。
乙一さんもいい。最近は中々本を出してくれないけど。
他に恒川光太郎さんも好きです。隣にありそうな異界の雰囲気にやられてしまいます。
Unknown (エビノート)
2009-10-09 20:53:42
どちらも、やられた!って感じの作品ですよね。登場人物と一緒で、思い込みによって足下をすくわれる感覚は怖いけれど、読者としてはゾクゾクとする感覚も同時に感じてしまって、道尾さんは癖になります。
juneさん☆ (latifa)
2009-10-10 10:18:05
こんにちは~juneさん
やられた~感は、かなり凄かったです。
でも、確かに後味悪いですよね

龍神の雨は、向日葵~ほどには、びっくり度が低かったかな・・・と思いますが・・
juneさんの感想、楽しみにしています
花さん☆ (latifa)
2009-10-10 10:19:26
こんにちは~花さん
花さんも向日葵を読んだ後、ずどーんと来ちゃったんですね・・・
龍神~、人気ありますよね。私も手元に回って来るまでに少々待ちました。
花さんの感想、楽しみにしています
しんちゃん☆ (latifa)
2009-10-10 10:21:17
こんにちは~しんちゃん
そうなんですよね~乙一さん、最近全然(あんまり?)小説を書いてくださらないみたいで・・・。映画監督に今度なるとか、、なんとか・・

私も恒川さんも大好きです。恒川さんは出している本がまだ少ないので、全部読んじゃいました
エビノートさん☆ (latifa)
2009-10-10 10:23:31
こんにちは~エビノートさん
まだこの2冊と鬼の~と3冊しか読んでいないのですが、エビノートさんは沢山道尾さんの本読んでいらっしゃいますよね~。
他の作品も、みんなこんな風に、びっくりする展開なのかな?
徐々に道尾作品読んでいこうと思っていまーす
こんにちは♪ (ミチ)
2009-10-11 19:00:44
「このミステリーが面白い」に道尾作品が3つも入っていたことがきっかけで読み始めました!
どれもなかなか面白いですよね~。

「竜神の雨」はもう少しで図書館の順番が回ってくるの。
これもまた楽しみ!

逆に、乙一は未経験なんだ~
ミチさん☆ (latifa)
2009-10-12 10:03:15
あっ!そういえば、ミチさんちに、向日葵~の感想があったんだっけか!!と今思い出したわ。鬼の足音の時、ミチさんちに感想無いかな~って行った時、見かけていたの
ミチさんも数冊、道尾さんの本読まれていますよね~。

龍神は、ミチさん、どうかなあ・・・。この向日葵よりは救いがあるかもしれないけれど・・・。

乙一さんは、孤独って部分を描くのがすご~く上手いと思うんだ。どれが一番好きか?って言われたら困るんだけど、「暗いところで待ち合わせ」のオチと最後の方の展開以外の部分が私は今まで読んだ彼の小説で一番好きかもです。
でも、ミチさん、映画版をもうごらんになられているからなぁ~その後、本を読んでもきっとつまんないかも・・・

コメントを投稿

小説・漫画他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

13 トラックバック

「向日葵の咲かない夏」道尾秀介 (本のある生活)
向日葵の咲かない夏 「シャドウ」を先に読んでいたので、なんとなく全体像は想像できたんです。それでも先が気になって一気に読みました。怖かったです。でも「シャドウ」じゃなくてこちらから読んでいたら、たぶん感じた怖さが違ったんだろうなと思います。 ミステリ...
本「向日葵の咲かない夏」 (<花>の本と映画の感想)
向日葵の咲かない夏 道尾秀介 新潮社 2005年11月 小学生のミチオは、学校を休んでいるS君へプリントを届けるが、S君の家で首をつって死んでいるのを発見する。あわてて担任の岩村先生に言いにいくが、先生と警察が行った時、死体は消えていた・・・・...
「向日葵の咲かない夏」道尾秀介 (しんちゃんの買い物帳)
向日葵の咲かない夏(2005/11)道尾 秀介商品詳細を見る ここ一年ほどのあいだに、このN町で、犬や猫のおかしな死体が立てつづけに見つかってい...
「龍神の雨」道尾秀介 (しんちゃんの買い物帳)
龍神の雨(2009/05)道尾 秀介商品詳細を見る 父が出ていき、母が交通事故で死に、残されたのは酒屋で働く十九歳の蓮と中学三年生の妹・楓。そし...
龍神の雨 〔道尾 秀介〕 (まったり読書日記)
龍神の雨新潮社 2009-05売り上げランキング : 33544おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 人は、やむにやまれぬ犯罪に対し、どこまで償いを負わねばならないのだろう。 そして今、未曾有の台風が二組の家族を襲う。最注目の新鋭が描く、慟哭と贖罪の最...
向日葵の咲かない夏 〔道尾 秀介〕 (まったり読書日記)
向日葵の咲かない夏道尾 秀介新潮社 2005-11売り上げランキング : 147337おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 明日から夏休みという終業式の日、小学校を休んだS君の家に寄った僕は、彼が家の中で首を吊っているのを発見する。 慌てて学校に戻り、...
「カラスの親指」「向日葵の咲かない夏」 道尾秀介 (ミチの雑記帳)
{/book/}「カラスの親指」 道尾秀介  ミチ的堪能度 ★★★☆ 2009年度版「このミステリーがすごい!」国内編第六位作品。 「ラットマン」と本作がランクインしていて、作家別得票ではあの伊坂幸太郎氏を抜いてトップなんですよね。すごいな~道尾氏。 本作は、詐...
道尾秀介 「向日葵の咲かない夏」 (映画と読書、そしてタバコは止められましぇ~ん!)
http://www.shinchosha.co.jp/book/135551/ 【内容】 夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きぃ、きぃ。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるも...
「龍神の雨」 道尾秀介 (ミチの雑記帳)
{/book/}「龍神の雨」 道尾秀介 道尾氏の作品を読むのは「カラスの親指」「向日葵の咲かない夏」、「ラットマン」に引き続き4作目。 今回は肉親と死に別れた二組のきょうだいが登場するサスペンスです。 19歳の蓮と15歳の楓は、実母の急死後、継父と暮らしています。...
本「龍神の雨」 (<花>の本と映画の感想)
龍神の雨 道尾秀介 2009年5月 龍神の雨/道尾 秀介 ¥1,680 Amazon.co.jp 人は、やむにやまれぬ犯罪に対し、どこまで償いを負わねばならないのだろう。そして今、未曾有の台風が二組の家族を襲う。最注目の新鋭が描く、慟哭...
向日葵の咲かない夏 (道尾 秀介) (花ごよみ)
夏休み前の終業式。 欠席した級友の家を訪れた僕。 先生からの依頼を受けS君宅を訪れる。 彼は亡くなっていた。 後でもう一度、 S君の家に行くと彼の姿は消えていた。 一週間後、S君は姿を変えて現れる。 僕は妹のミカと、事件の真相を、 探るため行動を起こす。 主人公...
向日葵の咲かない夏 (Akira's VOICE)
道尾秀介 著 
変身した者たちへ (笑う社会人の生活)
小説「向日葵の咲かない夏」を読みました。 著者は 道尾 秀介 道尾さんの作品は多く読んできましたが 出世作ともいえ 話題になった本作は実はまだでして! いや~ これは・・・ 気持ち悪いという声もわかりますね しかし 私的にはかなり引き込まれましたが 笑 ファン....