京都堀川ライオンズクラブ

京都堀川ライオンズクラブの情報をお伝え致します。

京都堀川ライオンズクラブホームページ

ホームページはこちら

2R3Z新春合同例会 開催中止のお知らせ

2022-01-10 14:13:50 | Weblog

2021~2022年度・2R3Z新春合同例会 開催中止のお知らせ

拝啓  新年あけましておめでとうございます。

益々ご健勝で新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。 急なご案内となり誠に申し訳ございませんが、1 月 12 日(水)12 時よりリーガロイヤルホ テル京都で予定をしておりました「2R3Z 新春合同例会」について、開催中止とさせて頂きます。

ここにきて新型コロナウイルスのオミクロン株による第6波が急激に拡大している状況下 で、大人数で屋内において長時間に渡り同じ場所に集まる状況は、現時点では避けるべき との観点から、止む無く中止の判断を致しました。 極めて厳しい苦渋の判断となりますが、皆様の健康と安全を何よりも第一に考えた結果で ありますこと、どうかご理解頂きますようお願い申し上げます。

尚、現時点では未定ではございますが、今後の感染状況が落ち着きましたら、各クラブともご相談の上、改めて合同例会を開催できればと考えております。 最後になりますが、一刻も早い事態の沈静化と、皆様の安全を心からお祈り申し上げます。
                                  敬具

 

ライオンズクラブ国際協会 335-C 地区

2R3Z ゾーン・チェアパーソン 長田 和志(京都堀川LC)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ガバナー杯 予選に臨みました

2021-11-23 11:28:51 | Weblog

2021年11月20日(土)、伏見区の宇治川グラウンドで、当クラブ支部が指導する少年野球チームがガバナー杯予選一回戦に臨みました。


当日は晴天に恵まれ最高の野球日和の中、川村会長をはじめ4名のメンバーと私の5名で応援に掛けつかました。


試合の方は6年生らしく好ゲームとなり、規定の試合時間1時間20分を終えて3-3の同点、その後ノーアウト一塁二塁からのタイブレークゲーム、それでもお互いに2点ずつを取り合い決着がつかず、最後は抽選で惜しくも負けてしまいました。


試合終了後のミーティングでは、川村会長より選手達の頑張りに労いの言葉が贈られ、またクラブよりおやつの差し入れを致しました。これには選手達も大喜びで、すっかり試合の悔しさは忘れてしまうぐらいでした。


朝早くから遠いところ駆けつけて参加した皆さん、お疲れ様でした。

文責:クラブ支部連絡員 青倉一人

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

iPS細胞について学びました

2021-11-20 21:55:19 | Weblog

 11月10日、午前中の自転車贈呈式に続いて昼に開催された11月の第1例会は、ゲストスピーチ例会でした。今回はスピーカーとして、京都大学 iPS細胞研究所 基礎技術研究部門の浅香 勲教授にお越しいただき「 iPS細胞と今後の医療」というテーマでお話をしていただきました。

 朝香教授がおられる研究所は、言うまでもなく2012年にノーベル生理学・医学賞を授賞された山中伸弥教授で一躍脚光を浴びた研究所で、世界の最先端の研究をされているところです。

 

 その 難しいi PS細胞の事を基本となる細胞の話からiPS細胞を利用した治療法まで図解を交えながらご説明下さいましたが、流石に途中から難しくなり出しました。ですが、i PS細胞を利用する事により画期的な治療法が実現する様になるという事は分かりましたし、その奥はかなり深く我々には「凄い!」と言う事しか出来ないと思いました。

 朝香教授は講演の最後に、基金を募っていると仰っていました。この記事を読んで協力したいと思われた方は、研究所のホームページに一度アクセスしてみて下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

文責:MC-IT委員長 山田裕彦

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自転車贈呈式が行われました

2021-11-14 11:40:12 | Weblog

 11月10日(水)朝10時より京都市下京消防署において、自転車贈呈式が行われ、川村会長ら5名で参列して来ました。

 この自転車贈呈は、以前に消防署の方に例会の場にお越しいただき、火災と避難についてのスピーチをしていただいた御礼にと堀川ライオンズクラブから消防署の方に自転車を贈呈させていたたく事になったのを受けて行われたものです。

式典では、川村会長から目録を贈呈させていただいたのに続き、西川署長からから感謝状をいただきました。

 私も、この自転車の贈呈には少しお力になれたかと思います。と言うのも、自転車のフレームに貼られた「贈呈 京都堀川ライオンズクラブ」等のステッカーを寄贈させていただのです。

 その後一同は建物の外に移動。快晴の中、下京消防団のマスコットキャラクターのマモルくんも登場して来ました。全員で「火の用心」を唱えたあと、真新しい自転者はパトロール隊の先頭を切って出発して行きました。

 西川署長様の話では、京都市内の様な道が細く一方通行の多い地域では、自転車がかなり活躍するとの事。今回贈呈させていただいた自転車が多くの市民の命を守ることのお役に立てれば、幸いです。

 

文責:MC-IT委員長 山田裕彦

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

メンバースピーチ

2021-11-07 13:33:26 | Weblog

 10月27日(水)の例会は、久しぶりのメンバースピーチでした。コロナ感染症が拡大しはじめた昨年の春以降、例会が中止になることが多く、なかなか仲間の話を聞く機会が持てませんでした。しかもこの間、我が堀川ライオンズクラブには、多くの新しいメンバーが増えており、自己紹介の意味でもこのメンバースピーチが待ち遠しかった感があります。

 スピーチの前には幾つかの表彰が行われてました。「MJF(1回目)の楯」と「PMFJピン」そして「ライオンズオブコミットメントの楯」の贈呈式が行われ、さらに「100周年会員増強賞」がL青倉に授与されました。我がクラブで寄付や会員増強が活発化していることが良く分かるシーンでも有りました。

 メインとなるメンバースピーチのトップバッターはL鈴木で、ご自身の仕事である保険の事について所属されている保険会社の歴史や社会貢献活動の紹介を交えてわかりやすく説明して下さいました。

 続いて登壇されたのがL神谷。税理士だけに、税金の事を寄付と比較して語って下さいました。税金を通しての社会貢献という意味がよく分かり、しっかり払わなければ…と思いました。

 新しいメンバーが次々と加入されているので、お互いが何をしているのかを聞く機会が貴重となってきています。このままコロナが収束して、メンバースピーチがどんどん聴ける様になります様に!

文責:MC-IT委員長 山田裕彦

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

早朝例会@大徳寺 瑞峯院

2021-10-22 20:57:29 | Weblog

10月13日(水)朝7時から京都市北区の大徳寺 瑞峯院にて京都堀川ライオンズクラブは10月の第1例会を開催しました。この早朝の例会は、当初は8月の第2例会としての開催予定でしたが、新型コロナの感染拡大で延期となっていたものです。

京都市内とは思えない様な静寂の大広間に集まった34名のメンバーは、例会の前に座禅を行いました。クラブメンバーの1人でもある大徳寺 瑞峯院の前田継道住職に座禅の時の姿勢や呼吸の仕方を教わった後、15分間の座禅をし、鳥の囀りや時折流れる風を感じながら心を静めました。

その後、前田住職のお話を聞きましたが、話の内容は「自分の死と向き合う」という内容でした。コロナ禍において私も何度か考えさせられたテーマであっただけに、心に響くものがありました。

今回の例会では、別室で第34回の国際平和ポスターコンテストの最終選考会も行いました。小学生が描いてくれた全187作品より先週の担当役員による1次選考会で選ばれた22作品の中から、優秀と思う作品を参加者にそれぞれ3作品選んで頂き投票してもらいました。

投票の結果選ばれた7つの作品が当クラブからの応募作品として提出されることになりました。今年もなかなかの力作がありましたので、1作品でも多く入賞することを祈っております。

文責:MC-IT委員長 山田裕彦

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ミニバスケット大会

2021-10-15 14:48:41 | Weblog

 10月2日と3日に京都市体育館において第33回京都ミニバスケットボール大会が開催されました。この大会は京都府・市のスポーツ少年団の主催で、私ども京都堀川ライオンズクラブが後援させて頂いている大会です。

 新型コロナ感染症の影響で試合がずっと開催出来ていなかった為、子ども達にとっても久しぶりの試合となりましたが、39チームが参加。12のブロックに分かれて連日の熱戦となりました。

感染拡大防止に努めながらの今まで通りにはいかない大会とはなりましたが、子ども達は楽しそうにプレーをしていました。

大会の中で試合の合間に行われた「フリースロー大会」では、各チームから選ばれた選手が対戦、当クラブの川村会長から入賞した子ども達に記念品としてオリジナルTシャツが授与されました。

 この大会は、あと1日試合日程が残っており、11月6日(土)に開催されます。子供達の熱戦を期待しております。

文責:MC-IT委員長 山田 裕彦

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

335-C地区 2R3Z ガバナー公式訪問合同懇談会

2021-10-03 10:24:41 | Weblog

 9月22日(水)にリーガロイヤルホテル京都・春秋の間において、ライオンズクラブ国際協会335-C地区・2R3Zのガバナー公式訪問合同懇談会を、京都堀川ライオンズクラブがホスト役を務めさせていただく形で開催しました。

 当日は、今年7月に335-C地区初の女性ガバナーに就任されたL佐々木由美子をお招きし、京都堀川ライオンズクラブ、京都天神川ライオンズクラブ、京都ニューセンチュリーライオンズクラブ(ZOOM参加)と京都チェリーライオンズクラブの各クラブの三役が参加、その模様はZOOMにてメンバーにオンライン配信されました。

 懇談会は、2R3Zのゾーン・チェアパーソンであるL長田和志の司会で進められ、冒頭には、佐々木ガバナーの就任からこれまでの活動の様子が動画で紹介されました。その後、佐々木ガバナーのご挨拶に続き、ガバナーから各クラブへ記念品が授与されました。

 各クラブからの現況報告では、いずれのクラブからもコロナ禍でなかなか思う様に活動ができないでいる苦しさが伝わって来ました。ただ、コロナ禍にあっても感染拡大防止に努めながら、各クラブが取り組む様々な活動が報告され、積極的な質疑応答が繰り広げられました。

 残念ながら、今年は緊急事態宣言下と言うこともあり例会は開催出来ませんでしたが、会員増強の目標を共有化して今年のガバナー公式訪問は終了致しました。

文責:MC-IT委員長 山田 裕彦

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

献血活動のお手伝いしてきました

2021-09-23 06:51:23 | Weblog

9月18日(土)〜19日(日)の二日間、みやこめっせの大型駐車場前において献血活動を行いました。

コロナ禍において献血される方が減り、輸血用の血が足らない状況が続いていると聞いております。

少しでも力になれればと頑張りました。

二日間ご協力頂いたメンバーの皆さん、お疲れ様でした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ゲストスピーチ『子ども食堂について』

2021-08-29 15:18:36 | Weblog

 ご報告が随分と遅くなりましたが、京都堀川ライオンズクラブでは、7月28日に第2例会を行ない、4名の新しい仲間を迎えました。

 先日の第1例会で3名が加わっておりますので、これで期が変わって川村会長の元新しくスタートした我がクラブは、早くも7名の増強という事になります。

どの方も熱い想いを持って入会して来られておりますので、本当に嬉しく心強い事です。

 入会式が終わった後は、ゲストスピーチ例会ということで、NPO法人ハピネスの理事長の宇野明香様をお迎えして、「子ども食堂」についてご講演頂きました。

 ご講演の冒頭、普通に自己紹介からお話を始められたのですが、すぐに宇野様が強い意思を持ってお話しされている事を感じ取りました。というのも、ご自身の体験談を聞いてるだけで心が痛むものだったからです。

 子供の頃、借金取りが来て、家の中で息を潜めてじっとしていた事。また、水や電気、ガスも止められても、それが普通じゃない事だとも思わなかったとの事。多く人の前でご自身のそう言った体験を語られるのを聞いているだけで、相当な想いで運営に携わっておられるんだと感じましたし、われわれに強いメッセージを伝えに来られたのだとも思いました。

 この講演を聴く前、私の頭の中にも「子ども食堂」の事は少しはありましたし、日本にも貧しい子ども達が数多くいる事も知ってはいました。ですが、親と一緒に住んで居ながらも充分な食事が与えられていない子供達がたくさんいる現実であったり、今の日本の子どもの貧困率が16%程度、つまり6人に1人とかなり高い事を知り、かなりショックを受けました。

   ハピネスさんのホームページ  →  https://happiness.localinfo.jp

 今回の講演を聴き、私自身何が出来るのか…、また、ライオンズクラブとしてどう言った活動をしていけばいいのか…、当クラブとしても今後の活動の一つとしてどの様な支援の仕方があるのかを話し合って行きたいと思います。

文責:MC-IT委員長 山田 裕彦

           

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする