メンタルケア ~希望へ向かって!~

現在、様々な依存症を含む精神疾患や、なかなか回復しない方々へ本当の貴方らしさを取り戻して戴きたい願いを込めて書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私の経緯

2017年12月29日 18時56分28秒 | 日記
自己紹介も兼ねて、私のこれまでの経緯を、したためようと思います。

私は、現在44歳、バツイチ独身で、山口県内で会社員をしています。趣味はアウトドア。キャンプが好きで、焚き火しながら酒を飲むのが楽しみです。年に数回、友人と一緒にキャンプに出かけ、一晩中語り合うのが至高のひとときです。

では、私の生い立ちから書かせていただきます。とてもネガティブな内容になりますが、ご容赦下さい。

私は、生まれながらにして遺伝的な発達障害があり、聴覚過敏や知能の遅れ、チック症などがあり、保育園の時からあまり他の園児とも遊ばない子供でした。

私の家庭環境は貧しく、父親は酒乱でいつも酒飲んで帰っては、家の中で大暴れして、母親に暴力奮ったり、私には妹弟がいるのですが、私ら子供にも暴力を振るったりしていました。
近所に飲酒運転で隣家に突っ込んだり、喧嘩したりして、警察に捕まったことも一度や二度じゃありませんでした。

私は、そんな父親の酒乱に怯え、臆病な性格になり、学力も低かったのもあって、暗く社交的じゃない子供で、小学生、中学生のころは学校で、イジメにあっていました。そのうち登校拒否になり、学力もますます悪くなり、中学三年生のころは、高校に進学できるかどうかも危ぶまれていました。

ある日、父親が酔っ払って帰ってきたとき、母親に大声で怒鳴り散らしてたあと、私が中間テストの試験勉強をしていたときに、父親が私のそばに来て、机の上にあった貯金箱を叩き割り、酒買ってこい!って、紙幣を投げつけてきました。
私は、怒りを抑えることができず、台所にあった包丁を取り出し、父親を刺しに向かいました。
私は、剣道をしてましたから、腕力には自信があったのですが、父親の力には適わず、包丁を取り返され、私目掛けて斬りつけてきました。
私は、玄関にあったバットを持って抵抗し、揉み合いになり、父親がひるんだ隙にバットで父親の頭を殴りつけ、包丁を落とした隙に外に逃げ出しました。
一晩中、外で過ごし、明くる朝、父親が酔いが冷めるのを見計らって家に帰り、二日酔いで寝込んでる父親に、昨夜のことを謝れと言ったら、全然覚えてないというのです。

母親も、このことがきっかけでノイローゼになり、その頃の父親は、暴力団関係の会社から借金をしていて、返済ができず、いつもヤクザが家に取り立てにきていました。 
母親も、こんな環境じゃ子供らにとってもよくない。私の高校進学も出来ないと思い、父親と離婚しました。

そして、しばらく母親の実家で過ごし、そこで勉強して、何とか一番偏差値の低い高校に進学する事が出来ました。
母親の実家の近くに借家住まいし、母親と妹弟で母子家庭として高校三年間過ごしました。 

私が、父親代わりになって将来、母親を安心させてあげたいと決意し、高校になってからは公務員模擬試験を受け続け、刑務所の看守として就職することができました。
もう、がむしゃらに勉強に打ち込み、小学生、中学生のころは通信簿で、いつも最低評価だったのが、公務員になれたことは奇跡でした。
それも、母親と妹弟を守らないとの思い一心で努力した結果でした。

私が、刑務所の看守として拝命し、母親に毎月仕送りしてました。ところが、別れた父親が、母親のいる借家の場所を突き止め、今でいうストーカーをするようになり、そのうち会わせろと言ってきて、借家に毎日居座るようになりました。
母親も、あまりに別れた父親がしつこく復縁を迫ってきて、復縁しないとお前ら殺して、ワシも死ぬと言いだし、怖くなって仕方なく復縁をしました。

私は、大反対でしたが、父親のしつこさに屈した母親は自立することができず、また父親と復縁し、妹弟とともに暮らすようになりました。 

私は、守るべきものを見失い、両親に失望して、仕事に対する意欲を失いました。
そんな心荒んだ時期に、新興宗教にはまってしまい、職場の刑務官としての実務と、新興宗教の教義のギャップに苛まれ、ノイローゼになり、眠れなくなったり、抑鬱状態に陥り、仕事を休むようになりました。

そして、仕事を休んでも気持ちは晴れず、ますます寮に引きこもるようになり、新興宗教にも足が遠退いて、毎日酒をあおるようになりました。
それでも、抑鬱状態からは良くならず、不安感や焦燥感、イライラした気分が続き、体重も激減し、とうとう精神科へ受診に行きました。

精神科医からは、うつ病と適応障害と診断され、その日に生まれて初めて、精神安定剤を服用するようになりました。1ヶ月の休養加療の診断書を書かれ、病休で休むことになりました。1ヶ月の休養期間、週に一度、診察に行き、カウンセリングを受けたりしました。

しかし、毎日薬飲みながら、週一回カウンセリング受けに行っても、心荒んだ状態は改善しません。
仕事と宗教のギャップによるストレスもあったのですが、元の原因は、守るべきものを見失い、生きる意欲を削ぎ取られたことでした。糸の切れた凧のように、一度飛んでしまったら、どこに行くか分かりません。

幼少期からの発達障害と、父親から受けたトラウマ、両親への失望と、仕事と宗教のギャップによるストレス、発達障害の人は適応障害も併発していることが多く、不器用で、社会性や人間関係のコミュニケーション能力に欠陥があり、物事に強くこだわる特性があります。臨機応変が利きにくく、割り切って立ち振る舞えない。

そういう、元々の特質もあって、度重なるストレスに対処できず、根が深い心の傷を負ってしまったんだと思います。

結局、精神状態は緩和せず、カウンセリングも途中から行かなくなり、薬だけで誤魔化す日々が続き、薬も一時的で治す効果はなく、そのうち、酒と薬を同時に飲むようになり、作用が強まりラリってしまい、その恍惚感に溺れ始め、だんだん、まともな考えや感情が鈍くなっていき、薬の多剤服用が始まりました。

とても、復職できる状態ではなくなり、ラリって幻覚が見えたり、誰かに追い回されてるような被害妄想になり、復職を諦めて、依願退職しました。

次の仕事を見つけ、就いたのはいいんだけど、薬は手放せない状態で、人間関係に苦しんだり、仕事でミスを繰り返したりして、その仕事も辞めました。

それから、今日にいたるまで職を11回変わっており、途中で、一度彼女ができて恋愛結婚し、整体師の個人事業もしましたが、フランチャイズ詐欺に遭って、莫大な借金ができ、損害賠償だけじゃ返済しきれなくなり、自己破産しました。

妻にも離婚され、子供が男の子ひとりいますが、向こうに引き取られ、毎月、養育費を払いながら子供と面会交流し、今の仕事に就いて二年が経ちました。

今の仕事は、割と続いてた方ですが、薬の影響で通勤時に追突事故を起こし、車に乗るのが怖くなって、仕事を休むようになりました。

その頃は、既に、双極性障害、適応障害、発達障害、不安障害で、自立支援受給者証で精神通院をしておりました。
かかりつけのクリニックの薬だけじゃ足りず、精神科ハシゴ、いわゆる重複受診を繰り返し、多剤服用(OD)するようになり、前のブログでもかきましたが、多剤服用がバレて、精神病院に入院するハメになり、薬物依存症と診断され、入院中、激しい離脱症状にのたうち回り、5カ月の入院期間を終えて、それまで30種類以上服用していた薬も今は6種類に減薬され、何度かスリップもしましたが、現在は、回復に向けて、筋トレ100回毎日欠かさずやる肉体改造や、ウォーキング。いろいろな回復プログラムに参加してきて、毎日、アディクトの病魔と格闘しながら、スリップは今のところなく、暮らすようになりました。

精神疾患の根本治癒は薬じゃ出来ないと、身を持って底尽き体験をして、分かりました。
薬物依存症も、自分ひとりの意志の強さや努力だけでは。決して出来ないとも知りました。

まだまだ、回復者とは言えませんが、薬物依存真っ只中にいる人、回復者のスリップしない日々の努力の仕方。薬物依存と言うことすら、まだ自覚出来ない人の気持ちも分かります。

だから、思い切って、サークルを立ち上げました。

型にはまらない。まずは、現在のありのままの心の状態を、精神の汚物を、このサークルで吐き出していただければと思ってます。

みなさまの、フォロー、コメント、メッセージ、トピック立ち上げ、お待ちしています。

あなたは、ひとりじゃない。
 
あなたは、決して何も悪くない。

生きとし生けるもの、潜在意識と呼ばれる時間も空間も超えた領域の概念では、誰も皆、ひとつにつながっているといえます。

あなたが、己を真から自覚し、孤独じゃないことを覚ったとき、必ず、本当の安心と幸福を感じることが出来るでしょう。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 薬物依存症からの回復に向けて! | トップ | 我の強さ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
クソな人生だけど もっちょっと生きてみようかな (デパスさんじょう)
2017-12-31 17:05:48
すさまじい人生の方ですね
俺もクソ親父から小学4年生のころまで虐待を受けて育ちました母親は俺が保育園のころ
突然蒸発、元々おばあちゃん子だったため
特に何も感じなかったのですが弟は幼稚園までおばあちゃん育てられました虐待もすさまじく先生が辛い記憶程、忘れさせていくと言われそんなには覚えてませんが
クソ親父が好きなアイテムはバンドでした
クソ親父のSEXを見た事も何度もあります
クソ親父はおばあちゃんを蹴ってるのも見た事もあります真冬の寒い時期クソ親父からの暴力を逃げるためはだしで家を出て行った事もあります、その後戻って家の前に段ボールを体に巻いて寝た事もあります
全裸で蹴る殴る叩かれる事をされて気を失った事もあります、そんあ俺を救ってくれたのが母やでした、4年生のころ突然学校に手紙が届いており中を見ると橋の下で待ってると言われ会いに行きました
当時はファミコンがブームで母親に買ってもらいました、そのうち何度か会うようになりクソ親父とおばあちゃんの目の前に現れ、俺たち兄弟を引き取りたいと言い
俺はクソ親父を殺したいほど憎かったので
迷わず母親の方を選択しました弟は俺に
従うと言う事で引っ越しをしたのですが
俺は従兄から性的虐待を受けてました引っ越しした小学校でも上の学年から同じように性的虐待を受けてましたそしてまた、引っ越し今度はいじめです、いじめも2~3年は続き目の前でズボンを下ろされたこと事もありますし、給食のお膳をひっくり返されたこともあります、椅子には画鋲をどっさりまかれ座るのと殴られるのどっちがいいと言われ画鋲だらけの椅子に添わった事もありますそのうち学校にも行かなくなり、登校拒否になりそのころには母親の車で学校まで連れていかれ母親がいなくなったら終了時間まで学校の外で時間を潰す毎日を送ってました、それもばれついには引きこもりになり、13年という時間を無駄に過ごしてきました13年生きてきて同じように13年間も引きこも入りで人生を過ごしてきたのです引きこもりをしてる間何度も自殺を考えました2階でしたが何度も塀に上り上を歩いたりしてみました
塀に上り体を揺らしながらまるで、ブランコみたいに体をゆすってみたりもしましたが、死にきれず今に至ります。そして
躁 うつ 不安障害などあらゆる精神病 薬だけでもてんかん中の骨折あわせて12種類も飲んでます。
自分より不幸な人はいないかなと思ってましたが世の中は実に広いですね
あなたのような方がいるとはこれからも
よろしくお願いします_(_^_)_

勝手ながらリンクを貼らさせてもらいます
Re:クソな人生だけど もっちょっと生きてみようかな (kouexit)
2018-01-06 02:31:31
コメントありがとうございます。あなたも、相当なもんですよ(・・;)リアルに地獄のような経験をされてこられたのが伝わりました。
心の傷は、根が深いほどそう簡単には受容できません。幼少期の傷なら、無意識の領域に焼き付いてるので、尚更ですね。
私も何度も自殺未遂しています。つい先日も死にたい衝動に駆られ、5日間死に場所探して飲まず食わず寝ずで、さまよいました。最後に会っておきたい友人がいたので、彼に会いに行ったら私の心を覚られて、散々説教してくれて、死ぬのをやめました。
双極性障害は、躁状態になるときに自殺する人が多いと言われています。私も、双極性障害なので、ちょっと気分が高揚してきたときに、自殺願望にかられ、またやってしまいました。今まで何度も自殺願望にかられ未遂に終わっていますが、何か自分を守ってる存在に、まだ死なせてくれない。まだ生きて修行しなさいとおい戻され続けている気がします。
まさに生き地獄ですね…。地獄で修行させられてる気がします。何か罪と言うか、前世や先祖代々からの因縁の過ちに対して、罪を償うために生かされてるような気がします。ある程度、徳を積み重ね、罪滅ぼしできたら、もういいよ!ご苦労さん!次の地獄行ってみようってな感じでお迎えくるんじゃないかって思います。 そうやって、だんだん天国へ近づいていくんじゃないかなって気がします。
宿命というか、なんかやらなければならないことがあって、人はそれぞれの地獄の中で生かされてるように思います。
だから、自殺したら、それもまた罪になるから、堂々巡りで、仮に霊界というのがあるならば、またその世界で修行し直さなくちゃならないように思います。天国と地獄の存在の概念が前提ですけどね。死んだら無になるって概念もあるし、まあ私も特別に信仰持ってるわけじゃないんでわかりませんが。
ただ、こうしてあなたと出逢い、お互い見ず知らず同士が、同じような境遇で生かされてて、こうやって、分かち合えるというのは、何かしらご縁があるからでしょうね。
パソコンとかブログとか出来てから、コミュニティーの幅が広がった、便利な時代ですね。
同じ戦友のような気がします。
これからも、宜しくお願い致します。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事