旅する骨董屋 喜八

チベット圏を中心にアンティークや古民芸・装飾品を旅をしながら売買する喜八の、世界の様々な物や人その文化を巡る旅のブログ。

イスタンブールの一番

2017年10月07日 | 旅行



イスタンブールは夕陽が美しい。

モスクや街並など見所やショッピングなど事欠かないイスタンブールだが、
一番のおすすめは、フェリーからみる夕陽だ。

アジアサイド(カディキョイ)から旧市街(エミノニュ)行きのフェリーに日没のタイミングをみて乗り込み、
船上でチャイを飲みながら、モスクや旧市街の街並を背に夕陽が沈む様が、僕はイスタンブールで一番好きだ。

人によっては、どうって事はない景色かもしれない。
世界中には、素晴らしくフォトジェニックな景色もある。
でも、この夕陽も好きだ。

長い長い旅をしたくなる



コメント

観光イスタンブール

2017年09月15日 | 旅行



10年以上ぶりのイスタンブール。
仕入れの前に少し観光を。







グランドバザール内のレートが良い両替商で両替して、
バザール内の店を相場をチェックしてからの、お約束のブルーモスク、エジプシャンバザール、
スルタンアフメットのローカルサイドを散歩。





それにしても、天気も良く、さすが観光都市イスタンブール。
飯はうまいし、移動も楽ちん。
大好きなモスクも、見所もたくさんある。

過酷なチベットと比べちゃいたくはないが、ある意味、ここ、天国やがな。







コメント

アブダビ空港 深夜乗り継ぎ

2017年09月13日 | 旅行


アブダビ空港8時間待ち。



とりあえず、ターミナル1の柱のモニュメントに行くが、意外と小さいのね。
前に見た時には、もっと大きく感じたのになー




深夜24時近くに到着したけど、
24時を過ぎても人は多くて、けっこう賑わっている。
深夜でも店は開いているので長時間過ごす事には困らない空港はありがたいね。





空港で夜を明かすのにオススメの場所は、ターミナル1とターミナル3の間の通路にあるソファゾーン。
柔らかいソファや寝そべられるソファもあるので、深夜はゆっくりと寝られる。

でもやはり人気で、24時頃は席は埋まっているので、
深夜2時頃を過ぎるとヨーロッパへ向かう便は少なくなるので、
その頃に席をキープしに行くのが良いかも。


10時間以上飛行機に乗って、
空港で朝まで待って、まだ先がある。

遠く感じるなー、イスタンブール。

でも普段チベット圏ばかりの渡航だから新鮮新鮮。



コメント

アノ布を探しに、イスタンブールへ

2017年09月11日 | 旅行



ヨーロッパとアジアの境、
イスタンブールへ向かいます。

日本で、まだ知られていない、あの布を探しに。



旅する骨董屋「喜八」のオンラインショップページ→






コメント

チベット仏教寺院 厳冬期の儀式

2017年09月07日 | 旅行


数年間、厳冬期の東チベットにいた。

外はマイナス15度を下回る寒さ。
夜間にはマイナス20度にもなる凍てつく寒さだった。

その寒さの中、仕入れをしていたが、
仕事が一段落して、恒例の寺院への参拝を行った。

その街の丘の上にあるカンゼ・ゴンパ。

今まで、数多くチベットの寺院を回ってきたが、カンゼ・ゴンパは個人的に好みのお寺の一つであり、
中に入ると不思議と落ち着く。

寺院には、これといった壁画や仏像はないが、内部は薄暗く天井の隙間から光が差し込む静かな雰囲気があり、
小さな部屋では日々、僧侶による祈りが捧げられている。
周囲にある僧坊の庭では、若い僧侶達による問答や、老僧による説法が身近に見られるのである。

大規模の著名な寺院も素晴らしいが、近年、その多くが観光地化され、僧侶と我々外国人との距離が近くないように感じられる一方、
カンゼ・ゴンパのような規模・知名度であれば、僧侶の生活や祈りの距離が近く感じられるようで、
その街に行くと、必ず足を運ぶようにしている。

一番のおすすめは、カンゼ・ゴンパの二階の奥にある小さな一室で行われている祈りの儀式である。
やっていない時もあるが、部屋が空いていて祈りが行われていたら、行く価値があるかもしれない。

素晴らしい壁画や、著名な寺院や大規模な儀式にしか興味がない人には、あまり面白くはないかもしれないが、
冬場に行くと、あまり観光化されていないチベット僧侶の生の日々の祈りを密接に感じる事ができる。

別の寺院で早朝などに行われる、大規模の集団マントラも一聴の価値はあるが、
カンゼ・ゴンパで少人数の僧侶で行われている、ひたすらの祈りを非常に近い距離で体験するのも良い事かもしれない。

何年・何十年と繰り返されて来た祈り。
途方も無い真言の数。
遥か深いチベット仏教の世界観。
後ろから優し射す日の光。

それを僧侶に手が届く距離で感じられる。

日本人は友好的に迎えられるので、日本人である事を伝えると良いかもしれない。



コメント