旅する骨董屋 喜八

チベット圏を中心にアンティークや古民芸・装飾品を旅をしながら売買する喜八の、世界の様々な物や人その文化を巡る旅のブログ。

ウズベキスタンの民族衣装に関するあれこれ

2019年12月18日 | 仕入れ旅


はじめに言っておきますと、
ここでの話しは、
あくまで限られた個人的体験での
あれやこれやです。

------

東西南北の物という物が集まる
交易の地、イスタンブール、である。

僕が特に興味を持つのは、
中央アジアの物が多く流れているという事だ。

今や多くは、中央アジアの民族文化のデザインを
デザイン・ソースとした新しい物達だ。

しかし、
それらのデザインは素晴らしく、
また、
質の良い物も多い。

クッションやショールなどインテリアから
ファッションに至るまで幅広くある。

実際、イスタンブールには中央アジア出身の業者もいるし、
知り合いの店でお茶をしていると、
ウズベキスタンから売りにくるウズベク人行商のオバチャンにも
会う機会もある。

しかし、
みな、口を揃えて言うのが、
「昔は、多く古い物が手に入った。今は、ほとんど、ウズベキスタンからやってこない」

ウズベキスタン人を妻に持つ知り合いの業者は、
「ウズベキスタン現地では、古い物は、もうほとんど国外に出てしまった。
残っているとしても、凄い高い金額になっている」
と言う。

実際にウズベク現地の業者とのやりとりを携帯で見せてくれると、
そこには先方からのとんでもない金額提示がされているのを目にした。

「困ったことだよ」と知り合いは嘆く。

ふーむ
どこの国でも同じなんですな。

チベットでも、古く良い物の多くは
国外に流出していて、
今や金持ちになったチベット人富裕層が買い戻しているのである。

中国にしても同じで、
もう何年も前からになるが、日本から買い戻している。

業者間などでの売買で市場に流れる場合は、
まだ手に入れられる機会はあるが、
一度、収まる所へ収まってしまうと、
その後、長い年月、市場には出てくる機会は限られる。

ウズベキスタンの民族衣装である、
古いイカットのチャパンに関しても同様で、
多くは欧米をはじめとする諸外国へ出て、
今や、イスタンブールでも驚く程高額な値が付けられている。

イスタンブールにしても、
行く所に行かないと、
良い物とは出会えない。

もちろん、
新しい民族衣装だったり、
そもそもが数の多い民族衣装は山の様にありまっせ。

一転、
古く良い物となると
数はとたんに減る。

卸の店に行っても、
古いイカットのチャパンかー、
あと一着、ラストで持っているぐらいだよ、とも言う。

因に、
ウズベクノ絣文様は、
日本で言う絣は絣だが、
縦横の織糸が、シルク×シルクが、
シャーヒィだっけな、
そうゆー名らしく、
正式にはイカットというのは、
コットンとシルクを用いた絣を指すらしい。




これ、古い、シャーヒィ
中央アジア独自の模様が美しい。
日本の着物にも共通する部分があるよーにも感じる。
元々は、ウズベキスタンのお隣の国トルクメニスタン人が前の持ち主だったようだ。
共通する絣文化があるとの事。





シルク生地なので、
シャリシャリとした質感。
物の背景が何であれ、
美しい民族衣装、とは個人的に思う。





卸業者の店に一着のみ残っていた
ウズベクの古いイカットのチャパン。
えらい高かった。
写真だと伝わらないが、
実物は、えらく魅力的であった。
因に、ちょいと離れた場所の一般人は普通は行かない、
とゆーか、まず見つけられない店にあった。





古いイカットは独特の風合いになるようだ。
シャーヒィに比べ、柔らかい手触り。


古いイカットのチャパンは、
ごくごく一部の店や、
高級な老舗の店に行けば、
何着かは目にする事ができるが、
どれもすごく高い。

昔、店を持たない卸業者のアパートの一室の倉庫兼ショールーム?に
行った事があるが、
市場相場よりは安いが、それでも、それ相応に高額だった。


古いシャーヒィのチャパンは、
イカットに比べるとまだ比較的安い印象だが、
柄や色、古さ、状態等で、すごく高額なシャーヒィもあり、
その金額差はけっこうな幅がある。


この世界も奥が深そうだ。




コメント

ウズベキスタンの古い花嫁民族衣装

2019年12月12日 | 仕入れ旅



紫色のベルベットと刺繍の
ウズベキスタンの古い花嫁衣装です。




全体






輝く様な紫色のベルベットと、
絶妙に擦れた質感が素晴らしい。



後ろ側。
袖は飾りで、
頭から被るマントのように着用する。



刺繍も素晴らしい。



裏地も素晴らしい。
ウズベキスタン特有の絣生地。




民族衣装を仕入れる時は、
一部のモノは、
コレクションとしてや、飾る事を想定もするが、
多くは、基本、
「実際に着用できる事」を意識して仕入れています。
が、
これは何故か
そういった事を考えずに、
一目惚れして仕入れたのでした。



※Sold out
ありがとうございます。


コメント

トビリシからイスタンブールへ。アジア・サイド

2019年12月12日 | 仕入れ旅



僕、トビリシを好きになったようだ。

また来よう。
そして次は
もっと、長く、
もっと、深く。

さてさて
ジョージアのトビリシから
トルコのイスタンブールへ戻ります。

早朝5時発の便。

宿でタクシーを呼んでもらって、
中心部から空港まで、
19ラリ(約700円ちょっと)だったかしらね。

空港でオーバーラゲッジ(荷物の重量超過)を払った以外、
何事も無く、
イスタンブール、サビハ・ギョクチェン国際空港へ到着。

因に、乗ったのは、LCCのペガサス航空で、
20kgのオプションを付けてたが、
空港で重さを計ったら、23kgになった。

チェックインカウンターの男性スタッフが親切で、
手荷物に入れ直してもいーよー、と言われたが、
面倒だったので、超過料金を払った。

1kgオーバーで、
8ドルぐらいだったかな、
3kgオーバーで、24ドル位払った気がする。
空港でクレジットで払えます。

空港に着いたら、
来た時と同じくエアポート・バスで街中へ。

カドゥキョイ行きは、
カドゥキョイのフェリー乗り場の目の前に終点で停まる。

今回はアジア・サイドの静かな場所に宿の予約をしたので、
バス停から徒歩8分位で宿につく。




フェリー乗り場辺りから宿への坂道。
僕、坂道のある町が好きだ。










宿付近。
ローカル感満載で、
この辺りの雰囲気、好み。



カフェや大衆食堂も沢山あり、
生活に便利だろう。
この辺に観光客は、ほぼ居ない。





地元民が利用する繁華街も近く、
賑わっている。




丘の様になっているので、
ボスポラス海峡も遠くに見える。




猫だって沢山いる。
しかも、人懐っこかったりする。
猫大好き人間としては、タマラン環境である。



実際に住むなら、
この辺りが良いだろうな、
と思うのでした。




コメント

ジョージア(グルジア)の古い民族衣装「チョハ」

2019年12月11日 | 仕入れ旅



ジョージア(グルジア)の民族衣装のご紹介です。

骨董市で僕を知ってる人からすると
違和感があるかもしれないが、
何を隠そう、
かなり以前から民族衣装も好きなのである。


さて、
ジョージアの民族衣装「チョハ」である。

トビリシで古いチョハを探すのは、
結構、大変だった。

チョハ自体は、
19世紀頃には多く着用されていたらしいが、
1920年以降は着用されなくなったようだ。
しかし、
1950年代の地方の村人の古い白黒写真を見たら、
チョハを着用していたので、
その頃でも地方では実用されていたのだろう。

新しいチョハであれば、
近年、民族文化を見直す運動から、
結婚式等で着用されるようになり、
結婚式衣装屋で簡単に見つかったが、
一転、
古いチョハとなると、
全く目にしない。

アンティーク・ショップの英語が話せる親切なおねーさんに聞いたら、
「古いチョハねー、知ってるわよ、でも、今、トビリシで見つけるのは難しいわね」とも
言われるし、
センスの良い古着屋の女性オーナーに聞いても、
「うーん、何処にあるか分からないわ」と言われる。

ふーむ

あの手この手で探し、
一着のみ出会う。




元々、薬莢入れの用途がある胸装飾がポイント。

個人的に興味深いのは、
軍用、つまり、
ミリタリーのテイストを持ちつつ、
固有の民族衣装が融合されているのが
非常に面白いと感じる。




男性用だが、
腰のあたりが結構シェイプされていて、
実際に着てみると、
現代でも通用しそうな
綺麗なシルエットになる。




後ろ側。
見えずらいが、
腰元下辺り、臀部両脇に、ポケットがある。
ポケットといっても、袋状にはなっておらず、
中に手を入れられる口の様な感じ。


盛装では、
チョハの腰元を、銀装飾のベルト「マスレビ?」で縛り、
アハルヒ?という名のシャツを中に着込み、
そこに剣(ハンジャという名前らしい)を提げ、
胸元の薬莢入れには、
銀装飾の筒状の装飾品(名前聞いたが忘れてしもた)を入れ、
足元はロングブーツとなるようだ。
そして、
頭には羊毛の円筒状ハット(ナディ・・何とか、という名)を被る。

※各名称は、音聞き、かつ記憶の限りなので、不正確かもしれません。


まぁ、一言で言って、
カッコイイ。


白黒灰色がメインのチョハで
インディゴのチョハ。

ジョージアの民族衣装、
古いチョハでした。





コメント

トビリシのお洒落なゲストハウス「ファブリカ」

2019年12月11日 | 仕入れ旅


宿を移してみる。

トビリシで評判のゲストハウスのファブリカへ。

ここへ泊まるのは、
トビリシ渡航者にとってお約束かもしれないが、
一度は泊まってみようと思い、予約をとって移動。

マルジャニシビリ駅から徒歩8分くらいかな。



上から下まで全部ゲストハウス関係。
とにかく巨大だ。





カフェ・バー兼ラウンジ。
ふーむ
しゃれている。

夜は滞在者ですごく賑わう。
若い地元民も夜、飲みに来ているのを目にしたので、
社交場スポットでもあるのかもしれない。

宿泊者以外もカフェのみの利用もできるので、
wifiは、すごくはやいので、
リモートでの仕事、ノマドワーカーとかには向いてるだろう。



中庭
カフェや雑貨、洋服屋などがある。
洋服はストリート・カルチャー色が強い印象。


トイレやシャワー・ルームも清潔そのもので、
スタッフの愛想も良い。
宿泊者を受け入れるシステムも完成されている。

長期旅行者のボロボロ系はあまり居なく、
欧米人を中心とした宿泊者は
服装など全体的に綺麗。

そして、マナーを心得ている知的層が多い印象。
宿泊費がちょい高めだからだろうか。


で、
泊まってみて分かったが、
俺向きではない。

どこか落ち着かない。

巨大でオシャレすぎるのかしら。

まぁ、
一、二泊とかなら良いとは思えるし、
シャレてる雰囲気を味わいたい、という事や、
トビリシの先端感性を知りたいとか、
評判の宿を巡るのが好きな人なら良いが、
ある程度の日数を宿泊するなら
俺にはアットホームで小さな安宿の方が合っている。

でも、
確かに、各国のノマドワーカーや
多彩な国から来ている旅行者と出会うには
良い機会がある場所とは思える。


一度は泊まってみても
良いゲストハウスかもしれない。



コメント