旅する骨董屋 喜八

チベット圏を中心にアンティークや古民芸・装飾品を旅をしながら売買する喜八の、世界の様々な物や人その文化を巡る旅のブログ。

「欲と物」について

2024年03月02日 | 日記



『欲』

仏教でいう所の三大煩悩とは、
貧・瞋・痴(とん・しん(じん)・ち)らしい。

三毒と言われる言葉ですな。

仏教上での人々を苦しめる煩悩です。

ここでは、
「貧」について個人的な想いを書きますて。

仏教での正式な教えではなく、
僕の個人的な、
稚拙な経験上での価値観の今の考えでおま。

しかも、僕の考えを全部書くと超長くなるので、
省略して書きます。

もちろん、僕は仏教の教えとか全く知りませんし。
間違えている記載もあるかもしれません。

----

貧(とん)とは、
無尽蔵(必要以上に求める)の欲求、
物、愛、地位、名誉などへの執着であり、
心の貪欲の事ですな。

また、
五欲とされるのは、
食欲、睡眠欲、色欲、財欲、名誉欲が、
「五欲」(ごよく)の総称とされるらしい。
(正確には五感から生じる欲望らしいが、用法として上記を指すらしい)

三毒と五欲を混ぜて考えてしまうと違うだろうが、
三毒においては、
少なくとも、
超超簡単に言ってしまうと、
つまりは、
仏教上、欲は人を毒する、としての位置を僕は感じ取っている。
(足るを知る、とか、その先もあるのだけどここでは省略)

----

僕は「物を売買する仕事」を生業としております。

個人的には、
「無形の物語や価値観の共有と対価を得ている」と考えているけど、
それは現実的な書類上では成り立たないのは重々承知である。

お堅い銀行などにその考えを言っても、
「あ、頭、イってるのね」と思われるのがオチだろう。


物を売る仕事

それは、
人々の「物欲」の対象を提供しているとも言える。

言い方によっては、
毒を広めているのかもしれない。

しかし、
最近思う事がございます。

その欲は人を苦しめる反面、
欲求に対する「力」は出てこないのでしょうか。

「何かを欲しい」と思う時、
人は、
そこに生きる目的を見出したりはしないだろうか。

「あー、もう全てがどうでも良いや」とか
「生きているのが苦しい」とか
思う人や時もあるかもしれません。

しかし、
もし、
「何かを求める欲求」が心に残っていれば、
生きる(または生きたい)理由にはならないだろうか。

そこに「何かの希望」が僅かでも残りさえすれば、
心は生きたいと思えるのではないかしら。

その欲求は人や状況それぞれだろうけど、
生死をかけた欲求とかや、
涅槃に至る境地とか、
そこまでのゼロヒャクの話だけではなく、
単に、
日常生活における、
何かを求める欲望は、
有っても良いのかもしれない、
と個人的に感じるのです。

例えば、
もしその目的が、
「物」であるならば、
その物を手に入れたい欲が、
日常、毎日、今日、翌日、翌週を生きる目的になるならば、
その欲は役に立つのかもしれない。

もし僕が、
いや、
誰でも良いのだけど、
誰かが「欲しい」と思える物を売っていたとしましょう。

それを「手に入れたい」と、
もし誰かが思ったならば、
そして、
その欲求が、
もし生きる目的、
大袈裟に言わないと「楽しみ」を、
与えるきっかけになれたのであれば、
それは意味のある行為ではないだろうか。

毒も使い方では薬になる。

僕はそう感じています。

----

仏教での教えは、人生で役に立つ時もあるでしょう。

しかし、
このクソにまみれた、
現代社会での日常生活で、
どんだけ真摯に生きようとも、
多くの場合、難しい局面に対峙するのが、
世の常です。

それを超えて、
欲を捨て、
全てを悟り、
涅槃に至るのも極めて難しいでしょう。

「煩悩を打ち砕き、涅槃に〜〜、俺は光になる!」

ネパールのチベット人地区で、
チベット仏教に浅くかぶれてしまった欧米人達がよく言うセリフです。

そういった人々に数えられない数、僕は出会ってきました。

「そりゃ、無理やで、ダンナ」

ぶっちゃけ、
基本的に人は、
欲を全ては捨てられません。
・・と個人的に思っております。

だからこそ、
おこがましいですが、
僕のやっている「物の売買」が、
いつか
誰かの
何かに
もし、少しでも「生きる目的や楽しみのカケラ」になれば良いかな、
と願っておるのです。

もし、
僕がたずさわった何かを、
誰かが欲しいと思うならば、
誰かが興味を持って頂けたならば、
それで、
少しでも元気になれたら僕も嬉しいな、
と僕は考えているのです。

例え、
それが、仏教上で欲が毒であったとしても、です。

そう思っておりやす。


コメント

美しいチベットのアンティーク記録

2024年02月26日 | チベットもの


僕は、
ネットやインスタグラムにも何処にも掲載しないで、
譲ってしまう事が多いです。

中には写真すら撮影しないで、
そのまま、お譲りしてしまう物もあります。

特にインスタグラムには投稿するけど、
他では全く掲載しない物が多いです。

そこで思うのです。
過去商品とかは記録を残しておいた方が良いかもしれない、と。

買い手にとっては、
「売り切れ商品とか掲載するなよ、紛らわしい」と
思われるかもしれないですけど。

でも、僕は
ネットで色々検索する時、
買える買えないは別として、
色々な物を見たい方です。

・・・で、簡易的に掲載しとくのでござる。

掲載してる写真の品物は、
既に売り切れ済みも多い、
参考商品としてお考えくださいな。

サクッといきます。

----







カム地方の銀象嵌ベルトです。
漢汁全開です。
昔からひたすら扱っているお気に入りの品。






古いお椀ですな。
ポバァと呼ばれております。
ツァンパとかを食べる食べにも用います。
普通は僧侶が持っています。
かなり古い年代を経て、黒い炎の様な木目が浮き出ています。
最近、お椀もお気に入り。





銀象嵌のベルト部品です。
通常とは異なる意匠、ネバー・エンディングや蝶図柄が美しいです。




ズボンです。
西チベットのンガリの遊牧民の手織りの古いパンツです。
日本では僕しか持っていないかもしれない。



ティクマ柄のホースブランケット「タ・ケップ」です。
ティクマは、10年間ひたすら推しています。
問答無用に美しいです。

最近は、僕の言っていた情報を他の人から聞いて、
僕に教えてくる人も居て複雑な気分です。




チベタン・ターコイズ達です。
一度集めると、中毒性があります。
本当に魅力的な石です。

20年後位には、
「あ〜、あの頃は現実的な値段だったのにな〜」とか言ってそうです。






古いチベット仏像の底の蓋です。
蓋のみ見つかりました。
アンティークのオリジナルです。
鍍金ダブル・ドルジェ柄が大きいのが珍しい。
もし本体が残っていれば、数百万円単位の物だと思う。










チベットの遊牧民のブランケットです。
トルコのキリムと間違われますが、全く異なる物ですな。
天然染料で染められています。
美しい手織物です。









ブッタ・チッタです。
日本だと鳳眼菩提樹の数珠と呼ばれます。
チベット仏教圏だと、その柄は、鳳凰の眼ではなく、仏の眼とされています。
付属品もオリジナルです。
因みに、コルラ(巡礼)の回数を数える為に用います。
本来は、飾りじゃないのよ。








ドゥン・ツァルです。
日本では全く知られていないけど、
チベット仏教上では重要な法具です。

信仰対象の写真や仏像の前に置き、
日の出後に水を淹れ、
日没前に水を取ります。

ドゥンと表す様に、7個セットが正式です。

通常は無柄ですが、
吉祥紋様が全部入った古いスペシャル・ピースです。
仏具屋の主人のお母さんの物だった物です。

ドゥン・ツァルは、
通常は家等の屋内に置いているので、
認知度が低いですが、
正統派のガチ系のチベット仏教徒の法具です。




トクチャです。
もはや説明不要のチベットの護符です。

具象、抽象、小型、大型、単なる部品から矢尻や鎧など多種多様ですが、
個人的に螺旋紋様とか線上の柄を好みます。






アンティーク・アゲートとかです。
数百年の時を経た瑪瑙のビーズとかですな。
ナチュラル・ズィとかとも呼ばれるとこでは呼ばれます。

白黒のモノトーンがカッコよく、
全てアンティーク・アゲートの一連のネックレスを創ろうと画策しましたが、
二個で挫折しました。
いつかは創ってやろうと夢見てます。




ドルジェです。
上はヒマラヤン・クリスタルのヴィンテージです。
下も古いヴィンテージのオリジナルの本物です。
銅製ドルジェは僧侶しか使わないので、来歴は僧侶でしょう。

特に下のドルジェは、
インターネットに溢れる写真だと同じに見えますが、
実物は違います。
数も値段も来歴も全く別物となります。

ネット上の画像だと同じに見えちゃうのよね。
しかも古加工した物とかと同じにされちゃうのよね。
これがネット・マジック。




ペマラカです。
ドルポ来歴でした。
100年以上は経っているけど、数百年単位の物ではないです。
12年位前には、
ガチガチに汚れたオリジナルのアンティーク・ペマラカのメロンとかも
道端の薄汚いチベット人行商とかが持っていたのを見かけましたが、
今やそういった機会は皆無になりました。






他の回のブログでも書きましたが、
チベット仏教の仏像くん達です。

今回はひたすら探し、選び抜き、9体仕入れました。





見る人が見れば驚くであろう、
古いヤマーンタカのブロンズ製の小像です。
後ろ姿のお尻もプリンとして愛らしい。

ヤマーンタカの伝説は凄まじく、
昨今の気遣い過多の日本人の対局に位置する。

ヤマーンタカは、
嫌いな奴をシバき倒し、
気に入らなければ、
死の神さえもボコすという無茶苦茶さ。
この力強さこそ、
現代ジャパンに必要かもしれない。


古い仏像は、上の上の上を求めると、
価格は数千万円から、時には億単位にもなる物ですが、
まだ今は現実的な価格で手に入るヴィンテージの仏像も、
多種多様で奥が深いのです。

個人的にも集め始めました。


-----

他にも色々ありますが、
今回は以上で。


記録的ブログでした。



コメント

2024年2月18日(日曜) 大江戸骨董市に出ます

2024年02月17日 | 骨董市・イベント



明日、2024年2月18日(日曜) 大江戸骨董市に出店します。

9時から14時頃まで居ます。
宜しければお気軽にお越しくださいませ。

コメント

旅の夜明け

2024年02月16日 | 仕入れ旅



毎朝、悪い夢で目を覚ます。
外はまだ薄暗い。

寒さが部屋の中まで伝わってくる。
薄いブランケットに包まりながら、
日本での温かい大きな布団でまどろむ時間を思う。

強い性欲を覚えるが、
自慰をする為にベッドから出るのが億劫で、
薄いカーテン越しに見える、
向かいの古い建物のシルエットをぼんやり眺めるている。

朝は頭が変に回転するらしく、過去の色々な経験、
失敗や後悔を堂々巡りで考えていると寝ていられず、
小便をしに、ようやく身体を起こす。

クソな気分だ。

木製の建て付けの悪い扉を開けベランダに出て
煙草に火をつけると、
ブルーグレーの景色の中に煙は消えた。

胃に痛みを感じる。

スーツケースから胃薬を取り出し、
20円だったペットボトルの水で口に流し込む。

カトマンズ

もう何度目だろうか。
訪れた回数なんて数えていないし、
初めて訪れた時がいつなのかも覚えちゃいない。
訪れた国の数すら初めから興味も無い。

気が付けば、
もう20年以上も旅をしている。


----

いつかのカトマンズにて。


コメント

旅のかけら。

2024年02月02日 | 仕入れ旅




カトマンズの裏路地
質素な茶屋の青い壁

一杯25円のミルクティーは、
昨日30円に値上がりした。

若い店主が今日も微笑む。

昔は違う店主だったが、
元トレッキング・ガイドだった彼が、
店を買い取ったらしい。

棚に置いてある一瓶3000円弱の幻覚性蜂蜜の
マッド・ハニーに目をやった僕に、
「今の時期のハニーの効果は薄いよ」と
爽やかな笑顔で彼は言う。
「春先が一番良いんでしょ」と僕は返す。

何気ない日常会話。

静かに流れる時間。

家に帰ってゆっくりしたいが、
日本に帰りたくは無い。

何処が僕の家なのか。

矛盾が頭を駆け巡る。

旅をしていると、
旅をしているにもかかわらず、
長い旅に出たい気持ちになる。

昔、長旅の果てにポルトガルまで行き着き、
舞い戻ったインドで糞尿と汗にまみれた身体で、
大麻の香りと共にネパールに渡った頃が懐かしい。

あの時は仕事なんて全く考えてなかったっけ。
今では仕事の事ばかりだ。
金の話ばかりで嫌になる。

その嫌な筈な事が頭を巡る。

昨日、旧知のチベット人が持っていた、
古いチベタン・ターコイズを買うべきかどうか考えながら
ミルクティーを啜る。

日本ではそれなりの値段は付くだろう。
値段次第で売れる物でもあるだろう。

しかし、買う気があまり起きない。
損得勘定をするのは疲れる。

月収5万円が良い給料のこの地で、
何万、何十万、何百万、
時には、
何千万円もの大金の売買がされるアンティーク業界。

果たして、
その先には何が待っているのか。

僕にはわからない。

旅を気ままに楽しみたい僕は、
プロのアンティーク・ディーラーとしては失格かもしれない。

長い様で短い時間の中、
一人旅は色々な事を考える。
気持ちの変化も多い。

一人旅はもういいや

仕事だから仕方ないと自分に言い聞かせて、
何年経つのだろう。

でも、他人と一緒に行動するなんて
僕には本当は向いてないのかもしれない。

昔、誰かが僕に言った。

「あなたは野良猫ね。
好きな所に好きな時に1人で行って、
ご飯が欲しい時にだけ寄ってくるのよ」と。


-------

いつかのカトマンズにて。



コメント