旅する骨董屋 喜八

チベット圏を中心にアンティークや古民芸・装飾品を旅をしながら売買する喜八の、世界の様々な物や人その文化を巡る旅のブログ。

日本とは。

2022年07月21日 | 日記


日本に帰国して暫く経ちますが、
今年もしばらく海外に居りました。

日本に戻って来て感じる事を書こうかしら。

----

帰国後に感じる事は毎回同じである。

奇妙な国ですよ、日本は。

ゲームの世界に迷い込んだ気分。

皆、同じ行動をし、
せわしなく動き、
本音が分からず、
決まり事に従順なまでに従い、
皆からはみ出す事を恐れている様に感じる。

そう、まるでプログラミングされたように国と人々が動いている。

しかも何処か間違ったプログラミングで動いていると思える。

帰国日が金曜の夜の東京だったという事もあってか、
家に帰る道中では疲れきった人が多かった。

電車内の椅子で体勢を崩し眠る人、
駅前の椅子で横たわって眠るスーツ姿の会社員の男性

皆、ボロボロやんけ。

そんな彼らを当然の光景の様に素通りする人々。
ずっと日本に居たら見過ごすであろう光景が、僕の眼には強烈に映った。

そ、そんなに頑張らんでも良いのに。

いまだにマスクを皆がしているのにも驚いた。

海外では、特に欧米人でマスクをしてる人を捜す方が大変やで。

この違いは何なんだろう?

死への恐怖か、
習慣か、
同調圧力か、
無言の決まり事に従う民族的な習性か何なのか不明だけど、
すごい違和感を感じてしまうのです。

日本への外国人渡航者制限と併せて、
この状況を欧米人の友達に話したら、
「え?なんで?まだ?日本はクレイジーか?」と驚かれた。

「世界の常識、日本の非常識」とは上手く表現した言葉かもしれない。

そういう事もあってか、
毎回、日本に戻ってきてから暫くの間は、
何とも表現できない奇妙さ、とゆーか異様な感じを受けて来た。

今迄は単に僕自身が外国にカブレているのだと思っていたのだが、
どうやら何かが違う。

もしかしたら、
実際の事実として日本は変わった国であるかもしれない。

または、
僕の場合は8年以上海外に居住した事があるのも関係しているのか分からぬが、
居住後も長年毎年、日本と海外の往復を繰り返してきていて、
「外国は良い、日本は悪い」という固定概念が自分の中にできてしまっていたのかもしれない。

あまりにも価値観が違うから。

一方で、
海外で仲良くなった地元民と話すと、多くの人間は自国に不満を持ち、
中には「自分の国はいかに最低か」を力説する人も少なくはない。

政治的な話題になると、それらはより一層強烈になる。

彼ら彼女らに「日本は良い国、自分の国はクソ」と言われる時もある。

まさに「隣の芝生は青く見える」だ。

僕の外国人の友人達は日本は憧れの国で、
「ぜひ行ってみたい」という人間は本当に多い。

確かに、日本は文化的にも食文化や伝統美術、
衛生面、医療、親切丁寧、時間や期日約束を守る、など良い点は多い。

日本という国の良い面は、
日本を外から見て改めて知る事ができるとも思う。

公的機関やサービス業では、
一般的な日本人であれば基本的には邪見に扱われる事は少ない。

海外に住んだり海外旅行を好きな人なら分かるかもしれないが、
海外(国や人や地位などの状況にもよるが)では、
公的機関では普通に邪見な対応をされるのなんて当たり前で、
休憩時間になんて対応してくれない。

僕は先日用事があって役場に行ったのだが、
昼休み中のお弁当を食べていた職員が快く対応をしてくれた。

これは当たり前ではなく、驚くべき事であると思う。

僕は感動してしまった。

なんて良い国なんだ。

神レベルの親切な対応である。

そんな奇跡的なサービスが当たり前にある国である日本は素晴らしい。

日本人が当たり前に思っている事は、
実は当たり前じゃないのよね。

一方で、
凶悪な事件も起きる。

安倍さんの事もね。

事件直後に欧米人の友人から心配の連絡があったが、
彼らにとっても驚くべき事件であった。

日本では人々が親切だからといって、
日本人の心が満たされているかと言うと、
僕は全く違うと思う。

内に秘めた闇
社会的な闇は深い

自殺者の多さもそれを物語っている。

観光客として他国を訪れた場合、
その国の本当に深い部分を知る事は少ない。
特にネガティブな闇を知る事は基本的にはないだろう。

基本は、他国へ訪れる際にはその国の良い面または、
自分が期待する事を見ようとするのです。

「キラキラした異国の地」を楽しむのが海外旅行の醍醐味だからね。

他国の闇の部分を見るのはyoutubeで充分だろう。

まぁ、当たり前ですよね。
わざわざ暗い気持ちになる目的に海外旅行をする人は稀だろう。

日本の闇の部分、
Twitterに溢れる誹謗中傷や罵詈雑言、
他人からの見た目を凄く気にする事や、
本音を口に出さない文化、
心に秘めた深い闇、
同調圧力や閉塞感。

日本に2年間住んだ事がある僕の外国人の友人は、
それらに「凄くストレスを感じた」と言っていたが、
日本人であっても同じ様にストレスを感じていると思う。

「特殊な人間関係の文化」を日本は持っているのは事実だと思う。

それが良い事か悪い事かは置いておいて、
僕が真に驚く事を書こうかしら。


『日本人の多くは世界の状況を知らない』


「知ってるよ、ニュースだって見てるし」と言われるかもしれない。

ではそのニュースは本当に正しいのですか?

日本で報道されている事は海外とは全く違ったり、
現地の状況も違ったりするのです。

世界情勢に関するニュースを見ている人はまだマシかもしれない。

先日、ある飲み屋で出会った人は、
海外を全く知らない40代の男性であったが、
僕が海外と日本との経済や価値観の差に関して、
日本の状況を話したら「激怒」された。

日本が悪くて世界が正しいという様に話したのではなく、
価値観がこうゆーふーに違ったり、
食費や家賃がどうとかを経験談として話しただけであった。

しかし、怒られた。

よーは「日本人なんだから日本の悪口を言うな」という事であった。

僕は感じた。

あー、これが一般的な日本人の正体なんだ、と。

いくらテレビで日本の経済成長状況とか円安とか、
色々な報道をしても本当に「本当の意味で危機感を感じる人」は全体的にはごく一部であって、
多くの人々は不満を持ちながら日常生活を優先して危機感は乏しい。

どんなに日本と海外との差がでようとも
どんなに日本の変な点があろうとも、
日常生活で感じるのは物価が高くなったとかで、
毎日は大して変わらず訪れてくる。
毎日の仕事は変わらずやってくる。
夕食の事を考えてその日が終わる。

海外なんて知ったこっちゃない。
知ってはいるが、見てみぬふりをしている。

それが一部を除いた人以外の、
大多数の本音かもしれない。

僕の思い込みなのだろうか?

どうなのかしら?

日本は、まるで霧に包まれた山を遭難している様に感じるのは僕だけだろうか?

『漠然とした将来への不安だけが募る一方だろう』

なんとなーく先進国のふりをして、
闇には蓋をして、
外の世界は遠い出来事の様に感じさせてしまう国。
他国と陸続きでない島国が経済発展した東端の国の特性であろうか?

本当に奇妙な国だと思う。


僕は思う。


確かに、日本はお金を得る事に関しては、
個人の力量に寄ってだが可能な環境があるのは事実だ。

しかも、
それぞれの環境や能力で幸せになるのは充分可能だろう。
むしろ、過酷な状況の国より、
それらを手に出来る可能性に恵まれているのは確かな事実だろう。
そして、実践している人々も多く居るのは僕も承知している。

しかし、
もし出来るのならば、
一度、日本を出るべきだと。

それは必ずしも海外移住とか留学とかが必要という意味ではなく、
「広い視野で感じる為」という意味での日本を出るという意味である。

遭難しているのを気がつかない人々と一緒に遭難してしまうのは、
僕は本当に危険だと思う。

外の世界に出て、
日本の良い点を改めて知り、
それらを伸ばしつつ、
日本の悪い点を改善していく人が多くなれば良いな、と思う今日この頃。




コメント

イラクの婚礼用刺繍布「マーシュアラブ」

2022年06月27日 | 古い物


日本では一部で知られた刺繍の布、通称マーシュアラブ

イラク※の婚礼用刺繍布ですね。

(※イラクの布という事になって居るが、トルコのアナトリアやトルコ南東部という説もある。下記でも書きます)

簡単に言ってしまうと、
赤や黄色、茶色や紫などの地に、
思い思いの刺繍を施した布です。

英語だと正確には、
Iraq's Marsh Arabs

複数形になるので、
マーシュアラブスが本来は正しいのかもしれない。

僕がこの布を知ったのは15年以上前の事になるが、
一部では熱狂的なファンが居るのは知っている。

現地の絨毯業者の間では、
「アラビック」や
「クルディッシュ」と呼ばれているのを耳にする布です。

一部の専門知識がある業者は、
「マーシュ・アラブ」と呼んでいるが、
僕が知る限り、それはごく一部な感じを受ける。
特に欧米系(または欧米人相手)の業者が、この名で呼んでいる印象である。

不思議な布です。

何よりもその柄が魅力ですね。

民族文化的な背景から来る部族的な柄や、
想像力を元にした動物や植物など特有のデザインが、
人を惹き付ける要素でもあると思うのです。

専門的な説明は詳しい方に任せるとして、
ここでは仕入れた一枚をお見せしようかな。




鳥とお花。
可愛らしさ全開です。
民族的な図柄も感じる。



花で囲まれた人。
喜びを表現しているのを感じる。







刺繍でビッシリ。

部族的な文様から具象、新しい物から古い物、密な刺繍や荒い刺繍まで、
本当に様々な種類が存在するマーシュアラブだが、
この一枚は刺繍で埋め尽くされ、
喜びが表現されている。

ところで、マーシュアラブは、
イラクの物という事ではあるが、
正確にはどうなのだろうか?

僕が感じるに、広範囲居住圏に渡るクルド人の文化であって、
トルコでも数十枚単位のマーシュアラブを色々と見た(写真を一枚も撮っていないのが悔やまれる)が、
「イラクの物」と言われた事はごく一部であり、
「クルドの物」とされていた。

トルコのアナトリア近辺やトルコ南東部でも製作されているとの話しもある。

または、
イラクから運び手を介してやってきたのだろうか?

実際、僕の友達のトルコのイスタンブール在住のクルド人は何度も、
イラクとの往復を行っている(クルド人は簡単に行き来できるらしい)ので、
その経由はあり得ると言えばあり得るとは思う。

正確な流通ルートは分からないが、
その存在感は際立っております。

他のキリムや絨毯とは全く異なるアプローチの唯一的な存在感があります。






全体
圧倒的な迫力がある。
素晴らしい。
色々見たが、この一枚が自分的に最高であった。

真ん中で紡ぎ合わせるのがマーシュアラブの特徴



裏面
60年から70年前位の物かしら。
マーシュアラブとしては古い方ではあると思える。
僕が見た範囲では100年を越える物は出会わなかった。

旧知でない場合、海外の絨毯業者は嘘を平気で言うのだが、
200年前の物なんて実在するのかしら。
分からぬ。

この布を含め、絨毯やキリムに凄く詳しい英国人の老齢な女性に出会って、
色々と教えてくれたのだが、その女性が買おうとしていた一枚がこれである。

僕がその街を訪れた日の午前中に、
渡り行商の手に寄って遥々どこかの地から運び込まれた一枚であって、
そのイギリス人女史が迷っていたのだが、値段が合わず一考していた所、
僕が現れて手に入れた物なのです。

なので、まだお店にも並んでいなかった一枚になる。

本当に何枚も何枚も見たが、密な刺繍、古さ、柄、素晴らしいと思えたのです。

本来は婚礼用という事で
その「喜び」や「祝福」を表現しているのが
僕的に惹かれた要素でもありました。

野性的な部族的な柄も良いけど、
暗いニュースが多い今、
こういった喜びを持つ物に惹かれるのです。


マーシュアラブでした。



コメント

ジョージアワインとジョージア料理

2022年06月23日 | 日記



言うのが遅くなったが、
しばらく日本に居ませんでした。

トルコ、ほぼイスタンブールとジョージアに居りました。

で、ジョージアの事。

ジョージア渡航は三回目になるかしら。

最初の印象と短期間でだいぶ変わったと感じました。

最初の印象はジョージアの人々は驚く程に親切だったのだが、
今は、激増する外国人に対して拒否反応を抱く人は多くなったと感じる。

そして日本人も超絶に激増しているらしい。
アジア人に対しての嫌悪感を抱く人も多く居るだろう。
特にコロナ後は。

もちろん、親切なジョージア人も多く、
日本の文化、アニメや漫画、に関して好きな若者も凄く多い。

まぁ、そんな事は置いておいて、
今回はジョージアワインとジョージア料理。

僕は専門家ではないので、内容、薄いです。

詳しい情報は専門家のサイトで見てくださいな。
ここではあくまで個人的な体験談です。


----

最近、日本でも一部?で話題のジョージアワイン。

以前はジョージアの国名すら知らなかった日本の友人達も、
「この前、ジョージアワインを買ったよ」と言われたので、
知らぬ間に日本でも知名度が上がっているのを感じる。

僕もジョージア滞在中は、ほぼ毎日、飲んでましたよ、ジョージアワイン。

ワインバーに行くと色々選べるのだが、
知識がないのでどれが良いのか分からず、片っ端から頼んでました。

もちろん、一杯の値段は安い。
最高級のレストランでもグラス一杯20ラリ(約900円)位で、
驚くべきレベルのワインが出てくる。






ジョージアのワイン専門店。
トビリシの中心部にたくさんある。
試飲もできる。
一見、高級そうだが、概して日本人的感覚で言うと、めっちゃ安い。
なんなら、トビリシ市内のそこら辺のスーパーで売ってるワインより安く質が良い。
同行したトルコ人の友達もその安さに驚いていた。


ちょうどワイン・フェスティバルが開催されると聞き、行ってみました。

ジョージア各地、特に有名産地カヘティ地方からのワイナリーが集結。



大混雑。
みんな、ワインが大好き。






各ワイナリーやメーカーがブースを出していて、
その数は30以上。いや、もっとかな。
全部は飲みきれない。




なんと、試飲は全部無料。
入場料もなし。

天国か。

何杯飲んだか分からん。

当たり前だが、ジョージアワインにも色々個性があって、
飲みやすいものからスモーキーで個性が強いもの、色も香りも本当に様々。
伝統製法クヴェブリワインだって当たり前にある。
流石に奥が深い。




試飲で気に入ればボトルでの購入も可能。
日本なら凄く高いだろう。




ジョージアで白ワインを頼むと琥珀色のアンバーワインが出てくる事も多い。

もちろん、ジョージア料理はワインによく合う。
日本人の口に合うと言われているジョージア料理。
ほぼ毎日外食でジョージア料理を食べていたのだが、写真を撮らなかった。



オジャクリ?だっけな。
ポテトと豚肉のグリルですな。



定番のハチャプリ。




これもハチャプリ。
チーズが入っております。

どうやらハチャプリにも種類があるよーで、
中にチーズを入れるタイプのは別の名前があるみたいだ。

同じ見た目で中身が豆バージョンのロビアニも美味しいが、
毎食では飽きると思う。
ベジタリアンの友人は毎日食べていたが、大丈夫なのだろうか。

いつも思うが、ヴィーガンやベジタリアンは食は基本的には限定的になる。
「そんなことないよ、野菜だけでも沢山レパートリーが食べられるよ」と言う人も多いが、
それは先進国での生活圏や文化的都市圏、
または文化的な理由から菜食主義者が多く占める国(例えばインド)等での生活者または趣向者の意見であって、
国や場所によっては肉類以外の選択肢が限られてくる状況もあると個人的に思う。

もし何処でも生きて行く選択をするのであれば、
ベジタリアンは厳しい選択になると個人的には思う。

実際、僕の友人も10年以上ヴィーガンをやってるが、「食の選択は限られるよ」と言う。

僕は基本的には肉類は食べず魚と野菜の食生活なのだが、
必要に応じてどんな物でも必要最低限は食べる主義である。

話しは逸れたが、
ジョージアの首都トビリシで、最高級のレストランに行ってみました。
どんなもんなんだろうと思いまして。



小洒落てる。
サービスは普通。



ヒンカリ。
例えるなら小籠包かしらね。
流石に小洒落てるアレンジをされている。
大きさも小振りだ。
味は美味しいが、正直に言うと普通であった。



サラダ、チーズ前菜、ヒンカリ、ワイン二杯で、約6500円位だったかしら。
日本に比べると安いが、ワイン以外は普通であった。
以前行ったシャビロミの方が美味しかった気がする。




ヒンカリと言えば、この感じだろう。
肉汁が溢れる。
中身がチーズだったりほうれん草のヒンカリもある。




これは美味しかった。
マッシュルームのクリームスープ。
生マッシュルームの風味と僅かなスパイスを感じる優しい味。
ちょっとトマトが入ってるのかな。




これも定番ジョージア料理。
オーストリ。
肉のシチューですな。
煮込まれた柔らかい牛肉にスパイスが効いていてワインに良く合う。
日本での普段は牛肉は食べない僕だが美味しいと感じる。

カズベキの地元民のオバチャンがやってる食堂で食す。
この店、看板もメニューすらなく外観も普通の民家だったが、
どうやら人気店らしく外国人で繁盛していて美味しかった。

どの国でも共通かもしれないが、
地元民の豪快なオバチャンがやってる食堂は間違いなく美味い。


他にも色々食べたが、個人的な感想だが、
どうやらジョージア料理を毎日食べると飽きてくる。
レパートリーの問題か個人的な趣向か日本人だからか分からないが、
最初のうちは「ジョージア料理、美味いやんけ」と感じるが、
色々食べても感動のレベルまで行かない。
とゆーか、美味いは美味いが毎日食べてると何か違うと思えてくる。
どのレストランに行っても大体同じメニューが並んでいる。

その事をジョージアに住む外国人の友人に話したら、
「そーなんだよ、俺も同じに感じるよ」と話していた。

ジョージア名物のヒンカリも店毎の味の差はあれど、流石に毎食は飽きる。
そもそもジョージア人にとって外食は毎日する事ではないかもしれない。

外食文化に関しては、
旧共産圏だったという歴史的な背景もあるかもしれない。

とは言え、短期間滞在では分からない事も勿論あるだろう。
外国人が知れる範囲も限られている。

しかし、以前も書いたが、これだけは言えるが、
外国の食事を食べれば食べる程、
日本食の多様さや奥深さは凄いと実感するのであった。


【番外】

一般的なジョージア人が毎食何を食べているか気になる事もあり、
地元民の家に泊まってみた。
アエビーであったが、老夫婦が営むホームステイの様な感じでした。




毎朝は小さなパンケーキと紅茶。
夕食は質素なパスタを食べておりました。

実際はこんな感じなのだろうね。




因に、部屋はこんな感じ。
むちゃくちゃ広い。
トビリシの中心部で値段も安く、立地も見晴らしも良かった。
お婆ちゃんは英語は話せないが親切。
洗濯機が無いのが唯一の問題だが、
機会があればまた泊まりたいと思う。





カフェ飯。
カフェはトビリシの若くお洒落な人達で賑わっている。
昼間にちゃんとしたジョージア料理を食べると言うより、
実はカフェやマクドナルドとかが一般的なのかもしれない。




市場にて。
吊るされた色とりどりの細長いデザート?を取っている。
名前忘れた。
お土産物屋とか様々な場所でも見かけるのでジョージアの名物だと思う。
ナッツとかが入っている。

トルコにもあるが、トルコ人の友人が言うにはトルコとは味が違って美味しいと言う。
自分で買おうとは思わないが、買った友達に分けてもらって食べたら確かに美味しかった。


以上
内容が薄い、
ジョージアワインとジョージア料理でした。



コメント

古いシリアの民族衣装

2022年06月20日 | 古い物



僕は古い民族衣装が好きです。

もちろん、新しく作られた安価な衣装ではなく、
オリジナルを求めます。

とは言え、僕はアパレルの仕事を人生でした事がないので、
お洒落であるかダサいかは分からない。

服装は趣味趣向または生活スタイルに合った人それぞれの物であるとは思っているが、
僕の知人で、
世界のトップブランドからドメスティックブランド、古着まで色々様々、着たおして
最後に辿り着いたのがオリジナルの古い民族衣装である、という方も居る。

実際に友人の某有名ファッション・ブランドのデザイナーも、
民族衣装を愛用している。

かのドリスヴァンノッテンをはじめ、
今季(昨年?)のラルフローレンのカタログを見ても、
ウズベキスタンの絣を大胆に取り入れたり、
ファッション業界のトップは民族的な感性を多く取り入れているのが分かる。


・・・で、シリアの服。



これは他人とかぶらないだろう。

何故かグッチとかドリスヴァンノッテンを思い出す。

トルコの地方都市に難民としてのシリアのアレッポから逃れて来た、
シリア難民の古物業者のストックから譲り受ける。

一緒にお茶をしたのだが、彼の身の上話しは壮絶であった。
アレッポにあった彼の店は爆撃で吹き飛んだという。



後ろ姿。
イカしてます。










手刺繍が丁寧に施されています。

今時の大量生産の服には、こういった手仕事は見られない。
古いオリジナルの良さとは細部に現れると思うのです。

サイズは男女共に着られるサイズ。











葡萄柄の銀糸刺繍バージョン




青色に黄色が美しい。





名前が書かれています。

正真正銘のオリジナル。

50年位以上は経過してるヴィンテージですね。




後ろ姿が部族的でカッコイイ。
特有の柄が一瞬アフリアの民族衣装を彷彿とさせるが、
シリアでござる。

サイズは男性用サイズ。




内側ポケットあり。


日本ではシリアの民族衣装の情報が凄く少ない(女性用ドレスは見かける)が、
海外の文献を見ると、シリア南西部のダマスカス近郊やハウラン(ホーラン)平原の
民族衣装に酷似した資料を見かけるので、
シリア南西部の衣装と思われます。










「年々、国際情勢の関係でシリアからの流れてくる物は少なくなって、
規制やチェックも凄く厳しくなって来ている」と前述のシリア難民業者は言う。

因に、この業者、古いシリアの女性用ドレスも持っていたが、
これは流石に日本で着れる人は居ないだろう、美術館とかコレクター向きであろうと思い、
それらは見送りました。


以上
古いシリアの民族衣装でした。

珍しいシリアの民族衣装はどうだろうか?

人と被らない服をお探しの方へおすすめできます。








コメント

コーカサスの絨毯 番外編【アルメニアのドラゴンラグ】等

2022年06月15日 | 古い物



前回のコーカサス地域の動物柄の絨毯の番外編です。

アルメニアのドラゴン・ラグです。

龍柄ですね。

龍が一般的なアジア圏の人間からすると、
「どの辺が龍なの?」とツッコミを受けそうだが、
ドラゴンなのです。

詳しくは各国の学者殿の文献を参照して頂きたいが、
デフォルメされた龍の図柄なのです。
よく見ると小さな龍がいます。


因に、僕は個人的に撮影した写真を持っていないが、
タイプは違うが、
知る人ぞ知るアゼルバイジャンのドラゴン・ラグ(ジジム)は超高額で取引されております。

このアルメニアのドラゴン・ラグも古い物となると、腰が抜ける金額になっております。

世界には龍のファンが多いのが窺い知れます。

僕も龍が好きだし。




こんなのも。
こんな事を言ってしまうと笑われそうだが、一瞬、ガンダムっぽいと思った。
見る人が見れば、その希少性と価値は分かるかもしれないので説明省略。

この方向性でのトライバル感が炸裂し、ダイナミックで素晴らしい。
深いインディゴも美しく、パイル(毛足)もフカフカで古さもある。
自分の自宅用にマジで欲しかった。


以上
番外編でした。

コメント