建財社 STAFF BLOG

社員のキャラが丸分かり☆
現場から社員がお伝えします!

アスパラカレー

2020年08月09日 | 高野

 ダムカードならぬダムカレーです。

 豪雨の中、赤倉温泉(山形県)ゆけむり館で

出前を注文しました。

 ごはんをダムになぞらえアスパラを

抜くとカレーが放流される仕組みになっています。

 遊びごころがあってうれしい。

味は辛くも無くスープに近い不思議な味でした。

2020.8.9

 

コメント

消毒液

2020年07月26日 | 高野

 酒の贈答品ダイレクトメールが季節毎に届きます。

このところ、日本酒を贈ることは滅多にありません。

 東北の蔵元では医薬品や医療部外品ではありませんが

原料用アルコールを消毒用エタノールの代替品として

生産しています。

 手指消毒に使用可能な故郷の「天寿アルコール67度」です。

酒瓶に詰められているので、不思議な感じがします。

2020.7.26

コメント

視力減退

2020年07月12日 | 高野

2月頃より眼鏡が合わないようになった。

マスクのせいか眼の疲れと思いサプリメントを

試してみたがサッパリ効き目がありません。

 左目の視力が落ちたなとは気付きましたが

先日、視力検査での落ち込みにはビックリしました。

 でも、健康診断の所見には述べられておりません。

 そのうち、左目が充血してきたので眼科で

診てもらいました。

 後発性白内障と診断され、目の炎症が

治癒し次第治療を受けることにしました。

 白内障手術後、数ヶ月から数年後10人に2~3人が

発症するということで珍しい状態ではないということなので

安心しました。

YAGレーザーで濁りをとることにより視力が回復するとのこと。

2020.7.12  髙野

 

コメント

不思議だったタマゴパック

2020年06月28日 | 高野

東北自動車道【北上金ケ崎PA】で買ったタマゴです。

なんともなかったけれど帰宅して冷蔵庫にしまおう

としたら何か変です。

仙台のタマゴパックは10個入りですが岩手県は

12個入りなのでしょうか。

 

2020.06.28 

髙野 孝

 

 

コメント

晩酌

2020年06月14日 | 高野

暑さが続き、ウイスキー水割りが良くなった。

家内は「あまい」と言いながらもサイダー割です。

琥珀色したアルコール分57%のシングルモルト宮城峡を

岩手の地サイダーで割ったのが一番

おいしいとご満悦の様子です。

2020.06.14

髙野 孝

コメント

三角定義油揚げ

2020年05月31日 | 高野

地元では「定義さん」の呼び名で

親しまれる定義如来西方寺門前。

三角定義あぶらあげが名物。

できたての油揚げに醤油と七味をかけ

店先で丸かじりするのがおいしい。

自分で肴にすることが多いが

チョット目を離すと焦がしてしまう。

コツは焼きすぎないようにすることです。

2020.5.31 髙野

コメント

名前のわからない木

2020年05月17日 | 高野

以前は旧家の庭の片隅でよく

見かけた植物ですが、最近殆んど

目にすることがなくなりました。

秋には「あけび」によく似た

おいしそうな実がなりますが

たてにさけません(味は不明)。

お客様宅で一枝頂戴し

挿し木をしたところ花が咲きだしました。

うまく受粉してくれるといいのですが。

河北新報夕刊「レッツ植物楽(がく)」

でも未だ紹介されていません。

2020.5.17 髙野

 

コメント

二代目

2020年05月03日 | 高野

鉢植の我家のみかん。

毎年花を楽しんでいました。

一昨年、あまりにも多くの

実をつけ過ぎたのか

枯れてしまいました。

先月、二代目の花が咲きました。

花の香りはいまいちです。

みつ蜂の姿が見当りませんけど

どのような実をつけるのか楽しみにしてます。

2020.05.03 髙野

 

 

コメント

紛らわしい

2020年04月19日 | 高野

どうでも良い話ですが、青葉山公園は「仙台城跡(しろあと)」

だと思っていた。

河北新報から「仙台城跡」ですと指摘を受けたことがある。

腑に落ちないのが信号標識は「仙台城址入口」とある。

場所が違うのだろうか。

訪れた子ども達(や外国人)に引率の先生は

どう説明しているのか知りたいものです。

元々は「仙台城址」だったのが、石垣が残って

いるということで史跡として指定を申請し仙台城跡と

表示することにしたのではないかと諦めている。

コメント

もち食文化の里

2020年04月05日 | 高野

 一関市周辺では昔から冠婚葬祭や農作業の

節目にもちを食べる習慣があるそうです。

江戸末期に農地に「餅本膳」という武家の作法に

のっとったもちの食べ方が広がった。と云われるが

とても立派な料理です。

 次に、平泉か厳美渓までドライブの折、道の駅に

立ち寄り、是非雑煮を食べたい。

 

コメント