心療内科と乳がんと私

心療内科通院患者が2021年乳がん再検診になり、2022年乳がん手術を受けた話から続いてるブログ

大腸がん検診の再検診に引っかかった(苦笑)

2022-03-25 11:45:00 | 日記・備忘録
kei_37です。

自治体から大腸がん検診の再検診はもうお済みですか?という郵便物を貰ったので、慌てた私は大腸がん検診を受信した病院へ電話連絡

連絡したら受診して先生から話を聞いてほしいと言われたので、火曜日に行ってきました

どうやら異常なしではないのに異常なしと書いてあったのは記入ミスだったみたいだけど、先生に
過敏性腸症候群を持ってるとね…便潜血を起こすことがあるので、大腸カメラはやった方がいいね、去年末のがん検診だけど、それから便の様子はどんな感じ?
と言われて、確かに困った(苦笑)

わかるのは真っ赤な物が混ざる便や真っ黒な便は出ない事と、腸液がよく出てくる事、その腸液は時間が経つと真っ黒に変色してくる事はあるとは言えた

真っ赤な便は鮮血便、真っ黒な便はタール便、そのどちらでもない便だったとは記録に残っていた
そして腸液がよく出てくるというのは過敏性腸症候群ではあることらしい
ただ色が黒くなってくるなら、出血は肛門より遠いところなので大腸ではないね、とは言われた

ただ、大腸がん検診のあとで乳がんが発覚したので乳房全摘出手術をした、と話したら
乳がんの病理検査の結果は?
と聞かれたけど、諸事情から来週の火曜日にしかわからない、とここでもまたその話をしたら、先生が

じゃあまずは乳がんの術後治療が決まるまでは大腸がん検診の再検診はおいておこう、大腸カメラを遅らせるのが不安なのはわかるけど、大腸カメラ検査をしなさいという結果になっても、良性のポリープが見つかったで済む事もあるし…そこら辺は乳がん検診の再検診をやったからわかるよね?

とおっしゃる

何でも便潜血検査は痔の人や月経中の人が出来ないほど、微量の出血が便に付いただけでも陽性になるらしく
鮮血便やタール便が毎日続いているなら急ぐけど、そうでもないみたいだから、まずは乳がん手術の術後治療の件を片付けよう
もちろんその後ちゃんと紹介状は出すよ、うちでは出来ないから
腸管を破るといけないから、大きな病院で手馴れたスタッフがやる検査なんだよ
とまで話してくれて

で、乳がん手術はどこで受けた?
と聞かれたので、S病院です、と答えたら執刀医を見抜かれた(苦笑)
でも術後治療は大学病院に行くことになってる、と続けたら

大学病院は大腸カメラはやってないわ
と言われてびっくり…
大学病院ってオールマイティじゃないのね…

そして紹介状を出してくれる病院をいくつか教えてもらいました
乳がんの術後治療方針が決まってからまた大腸カメラの件を考えようと思います





コメントを投稿