タラら々日記 漢方の薬眞堂

何故か学生時代のあだ名はタラ。
薬剤師として、国際中医専門員として日々の暮らしの中での事を書いています。

食欲不振

2022-03-12 | 最近の話題

食欲不振という事1つでも中医学の分類は7つもあります

この分類は中医症状鑑別診断学にのっています

この翻訳本は「症状による 中医診断と治療」があります

人の症状を中医学の陰陽・寒熱・表裏・虚実・五臓六腑・気血津液などの状況に照らして考え、通常と違っている部分を把握していきます

 

いつも 思うのですが中医学の考え方は崩れた平衡状態をもとに戻そうとする所にあると思います

だから何故平衡が崩れたのか?大事になります

生活リズムの乱れによる事もあるし、七情内傷(感情が身体に影響する)もあるし、外邪の侵襲による場合もあります

 

それは自力で戻せる時もあるし、漢方薬や養生食の力を借りる必要がある時もあるし、その力を借りてももとに戻すのは難しい時もあります

それでも平衡を保つ努力は必要だと思います

これは西洋医学と違うアプローチなので、病気と向き合う希望になると思っています

 

⁂ここ2~3日、中央公園を歩いているとシジュウカラのさえずりが聞こえます

私には〈チューピッピ〉って聞こえて可愛いらしいです

以下はシジュウカラの事をのせたずいぶん前のブログです

さよなら シジュウカラ - タラら々日記 漢方の薬眞堂 (goo.ne.jp)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7つ目の食欲不振

2022-03-10 | 最近の話題

7つ目は食べ過ぎ飲みすぎによるものです

中医学では傷食とか言います

食によって脾胃が傷つき働きが悪くなった状態で、その為食物が停滞します

それを食滞とか食積とかいいます

その為、胃の辺りに膨満感がある・臭いゲップがでる・酸っぱい水が上がってくる・便が臭い・便秘・おならが臭いなどの症状がでます

その臭いは腐臭と表現されていますが、時間がたった食べ物が腐敗するイメージなのだと思います

脾胃気虚で降濁の機能が弱いと少し余分に食べただけでもなるし、食欲旺盛な人でも疲労や寝不足・ストレスなどにより脾胃の働きが弱くなってそうなる場合もあります

また便秘の人は積を生じやすい場合も多くみられます

食の積滞に対して消食導滞(停滞している食を消化させたり排出するように送ったりする)の方法を使います

消導薬に分類される中薬で山楂子・神麹・莱菔子・麦芽・穀芽などがあります

良く知られている晶三仙は山楂子・神麹・麦芽などでできた食品です

便通がない人は通便作用のあるものを、脾胃気虚の人は健脾して運化機能を高めるものを併用します

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5つ目と6つ目も食欲不振

2022-03-09 | 最近の話題

5つ目と6つ目は脾胃気虚の食欲不振が発展したものです

気は陽に属します

もともと体質が弱かったり不摂生が続いたりすると陽気の不足となり冷えを伴うようになります

冷えは滞る性質があり鈍い痛みも加わります

この痛みは温めると楽になり冷えると酷くなるのが特徴です

お腹を温めて健脾する漢方薬を選びます

腎は先天の精・脾は後天の精といいますが、脾は後天的に腎精を補います

ですから脾陽虚から脾腎陽虚に発展します

そうすると足腰が怠く力がはいらない等腎虚の症状が加わるとともに更に冷え込みが強くなります

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4つ目の食欲不振

2022-02-21 | 最近の話題

4つ目は脾胃気虚の食欲不振です

脾胃の働きが弱いため あるいは弱っている為の食欲不振です

原因は食事を食べたり食べなかったり、夕食が夜遅かったり、脂っこいものや消化の悪い物が多かったりの事もあるし、睡眠不足が続いたり・疲労が重なってる事だったりもあります

もともと食が細く脾胃の働きが弱い人は尚更です

だんだん食欲がなくなって、酷くなると全くお腹がすかない・ちょっと食べただけで胃の辺りが膨れて苦しかったり、食べ過ぎると吐き気がしたりする事もあります

脾胃は気血を生む所なので脾胃の働きが弱くなると怠い・疲れやすい・息切れするなど体力が落ちている感じの症状がでてきます

こういう時の治療は健脾益気を主にして行います

健脾益気の基本は四君子湯です

それに理気化痰薬を加え運化作用を高めた六君子湯や更に気の流れを良くした香砂六君子湯(健胃顆粒)があります

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3つ目の食欲不振

2022-02-04 | 最近の話題

お腹はすくけど食べたくない(飢不欲食)という特徴的な症状は胃陰虚の症状です

陰の不足ですから潤い不足で口喝・唇や舌の乾燥・大便が水分不足で硬いなどの他にゲーっとこみ上げるけど何も出る物がなかったり・しゃっくりがでたりします

風邪などで高熱を出したあとなど、熱によって胃陰が消耗してなったりするそうです

でも胃陰虚になるのはそればかりとはいえないと考えています

そもそも陰虚(陰の不足)とはなんでしょう? 

『胃陰不足とは胃の陰液が不足しその為胃が栄養と潤いを失って生じる病理的な変化である』中医学の基礎より

また そうなる原因に関しても

① 温熱病の邪熱がなかなかとれない

② 気持ちがふさいで気鬱が化熱

③ 大病や慢性病がなかなか改善しない

④ 摂食習慣による・・・辛い物の食べ過ぎ・熱い物が好きなど

となっています

陰液の不足によって虚熱が生じやすく 虚熱は弱ったところに生じる熱なので更に形を損傷します

陰陽対立表によると陽は気で陰は形となっています

気血津液を分けると 気は陽・血津液(形あるもの)は陰となります

私はこれらの事から萎縮性胃炎は胃陰虚の事が多いと考えています

それと原因にもう一つ老化も考えています

老化は胃陰虚だけでなく胃気虚も伴う場合が多いとは思いますが・・・

胃陰虚に対して益胃湯が書かれています

残念な事にこの処方は販売されていません

しかし方剤学で麦門冬湯を見ると主冶の項目に①肺痿(肺陰不足)②胃陰不足となっています

もし虚熱による炎症がある場合は清熱剤を加えて使ってみるのも良いと思います

ただ胃陰虚は虚証で、弱っているわけですからある程度時間がかかると思います

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2つ目の食欲不振

2022-01-27 | 最近の話題

脾胃湿熱です

 

原因は飲食の不摂生です

甘い物の食べ過ぎや揚げ物や脂身の多い肉など脂っこい物の食べ過ぎなどで胃腸の働きを悪くしてしまっておきます

またこういった食べ物は痰湿を生じやすいので化熱して湿熱になります

また湿熱の邪気によって脾胃が傷つく事もあります

例えば高温多湿の日本の梅雨から夏は湿熱の邪に気を付ける時期です

 

湿熱が中焦(横隔膜より下で臍より上)に停滞して脾胃の働きを阻害する為に食欲がなくなります

みぞおちの辺りに痞えて苦しい・気持ち悪い・吐き気がしたり吐いたり・脂っこい物が嫌になる・食べ物の臭いも嫌がるなどの症状がでます

また 湿は重くしつこい性質ですから身体や手足が重怠くなどの全身症状も伴う事もあります

また便が軟便や泥状便ですっきり出ないなどの症状もあります

 

治療方法は湿熱を除く事が中心です

漢方薬を服用しながら食の改善も必要です

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1つ目の食欲不振

2022-01-26 | 最近の話題

ストレスで気分が落ち込んで食べたくない     

気持ちが弱ってて食べれない

など精神面が関係して胃の働きが悪くなって食欲不振が起きる事を肝気犯胃とか肝胃不和などと言います

げっぷやしゃっくりなど胃気上逆の症状や胸や両脇の張る感じがでたりします

また落ち込み・イライラ・怒りっぽくなるなど精神面がともなったり、嫌な事があると症状が強まったりします

 

気の流れは肝の疏泄機能と関係しています

ストレスなどで疏泄機能が失調すると精神の抑うつやイライラなどの症状や気が停滞する事により張るとか張って痛むなどの症状がでます

『胃は腐熟を主る』『胃は降濁を主る』といい胃のエネルギー的な動きは摂り込んだ食物をこなす事とこなした食物を下に送る方向に向かっています

その流れもうまくいかなくなり胃気は上逆してげっぷやしゃっくり 気持ち悪いなどの症状がでます

治す方法はまず第一に肝の疏泄機能を整え気滞を巡らし・脾胃をバックアップする必要があります

逍遥散のような疏肝・養血・健脾の方剤に理気薬をプラスしたり、症状にあわせて加えていきます

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

食欲がない(食欲不振)

2022-01-19 | 最近の話題

食欲がないといっても原因は色々です

疲れ過ぎで食べたくない

いやな出来事があったので食べたくない

食べ過ぎてもたれて食べたくない

胃やお腹が痛くて食べたくない

頭痛が酷い・熱が高いなど身体の不調で食べたくない

身体が弱っていて食べれない

また

食欲があるわけでないけど食事の時間だから食べるし食べれる人

食べるけどあまり入っていかない人

その後もたれる人ともたれない人

食欲はあるけど食べてみると食べれない人

食欲一つとっても人によって原因も状況も違います

もちろん漢方の弁証論治(病因病機を考えて症状を分析して治し方を決めるやり方)は違います

だから使う漢方薬も違います

もちろん食欲不振以外の症状もあると思いますが食欲がないという1つの事柄だけでも色々考えられるという事です

中医症状鑑別診断学では7つに分類しています

人の身体は複雑ですね

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

食欲は大事です

2022-01-10 | 最近の話題

食欲に困っている人も多いと思いますが、実はとても重要なものです

私達の気血は食物から作られる部分が大きいからです

ですから中医学では(脾は気血生化の源)と言います

つまり脾胃の働きによって気血が作られるという事です

病気や老化など身体が弱りきってしまった時『胃気があれば則ち生きる』といいます

胃気は胃のエネルギですーから食欲と関係が深いです

言い方をかえれば食欲は生きる力・食欲は生命力といえます

 

気血は身体を構成する基礎をなす物質です

だから免疫力といわれるものも気血の充実があってこそです

 

この気血が不足した時に病邪が入り込みます

食欲がないは病気の入り口かもしれません

何故食欲がないのか?

五臓六腑は大丈夫か?

考えて対処しましょう

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

未病

2020-10-12 | 最近の話題
もう10年以上前お客様にこの本を頂きました

神奈川県の黒岩知事が末期がんのお父様の事をかかれたものです

店頭でこのちらしをお持ちになってご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが日本中医薬研究会の中医薬の記念シンポジウムに先立ち黒岩知事の講演がありました
父親の末期がんの際に中医学の先生に未病など中医学の病気の見方、考え方を聞きにそれでやってみようと家に連れて帰ったこと
毎日長芋を蒸して食べること
食べるときはなんとか起こして食卓でたべるようにする事などなど
先生に言われたことを実践するうち初めは一口やっとだったのがどんどん食欲がでてきた事など話されました
感染症は健康と病気の境がはっきりしているが他の病気は境がはっきりせずグラデーションになっている
そこが未病と感じているとのお話でした
そこが漢方が一番使ってほしいところだと思います
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする