Kazun's Show Case

handmade Kazun'の作品紹介 & 日々のあれこれを綴っています。
最近ホームページを開設しました。    

ハロウィンのフレーム&陸上の県大会

2017年09月17日 | kazun's SPORTS

今年も早々と、リビングをハロウィン仕様にしました~


↑ハロウィンのフレームを作ってみました。


↑こちら、使っている生地はすべてUSAファブリック。

sold out!!
早速のご購入誠にありがとうございます。


★ ★ ★

久しぶりに、長男の陸上ネタ。

高校に入っても、大好きな棒高跳を続けてます。
息子の高校は競技のパート別に練習をすることが多いのですが、跳躍パート(走幅跳、走高跳、棒高跳など)の仲間といるのが本当に楽しいらしく、部活後やオフの日のほとんどはこのメンバーと遊びに行ってしまいます。

勉強してる姿はめっきり見なくなったけど(笑)、とにかく学校が楽しいみたいで親としてもうれしい限り

そんな長男、棒高跳がマイナー競技のおかげで、昨日行われた県大会に出場できることになりました。
うれしすぎて、もちろん私も応援に駆けつけましたよ~。


↑大雨予報でしたが、息子の競技中は雨降らず。やはり晴れ女パワーおそるべし


競技は、息子の自己ベストよりも高いバーの高さからスタート!

ということで、↑写真ではかっこいい姿ですがこのあとバーに足が引っ掛かり、3回とも失敗。
高校初の県大会は、あっけなく終了したのでした。ちーーん

棒高跳の設備がある高校に行きたい!と選んだ学校。
毎日棒高跳ができるのはうれしい反面、今、あることで悩んでいます。

それは、棒(ポール)の硬さと移動問題。

息子の高校には残念ながら棒高跳の仲間がいないこともあって、大学生や社会人と一緒に練習させてもらえるのはありがたいのですが、高校生(しかも小柄な息子)用のポールではないので太くて硬すぎて、ポールがしならないらしい。

まあそれは練習を積んでなんとかするとして、普段使っているポールを競技会場まで運ぶ手段がないのです。

ポールの長さは4メートル以上あるので、普通車では無理。そもそも我が家には車がないし。
電車も乗れないでしょう、こんな長いの乗客に迷惑。

顧問の配慮で大会に参加する別の高校のポールを借りられることになったのはいいのですが、普段使っているのより柔らかいのでしなりすぎて反発力(高さ)が出ない。今回もぶっつけ本番だったので、いい記録が出るわけないですよね。

どうにかしてポールが簡単に運べないものか。
友だちに話すと、私が最初に思ったようにみんなからも同じような疑問が返ってきます。
「組み立て式のポールはないの?」

おんなじことを何回も聞かれてしまう息子。
「そんなことしたら、しならないし、折れちゃうじゃん!」と笑われて(バカにされて?)しまいました。

確かに~(爆)。

そんな棒高跳のポール問題をおもしろおかしく書かれた記事がメチャうけでした。よかったら読んでみてくださいね~→

最終手段は、息子のためにトラックを借りるしかないのか???
いや、朝一の電車の方が現実的・・・。けど、超スリリング

●「ひと目でクリックしたくなる『売れる』ハンドメイド作家になる!」出版しました→
●「写真が変わる!シンプル・フォトレッスン」ライティングを担当しました→
●Instagramやってます。コチラから→
●ブログランキングに参加してます ↓バナーにポチっとお願いします♪
                




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« リバティ帆布のポーチ&富士... | トップ | ハロウィンのフレームその2... »

コメントを投稿

kazun's SPORTS」カテゴリの最新記事