直心是道場

障がい者施設に勤務しています。
障がいのことはもちろん、映画や音楽の話も…
日々想うことを書き記します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もしもピアノが弾けたなら…

2016年12月23日 | 日記
12月23日
天皇誕生日。
今年は三連休で、楽しいクリスマス休暇を過ごしている人もいるかも…

夕方。
不二羽島文化センターからご案内をいただき、「レ・フレール」さんのクリスマスコンサートを観てきました。

兄弟ピアノデュオ。
初めて観るステージでした。

会場は子ども連れが多くて、舞台にはクリスマスツリー。
クリスマスコンサートらしい雰囲気。
子どもたちも楽しめるクリスマスソングメドレーでコンサートが始まりました。

兄弟で一台のピアノを操る連弾。
バラードあり、ブギウギあり、大人も楽しめるコンサートでした。

一台のピアノからあんなに素晴らしいパフォーマンスが出来るなんて…

もしもピアノが弾けたなら…
どんなに楽しいだろうな…

そんなことを思いながら、ステージを楽しみました。
何度もアンコール応えてくれて、大盛り上がりの1時間30分!

素晴らしい会場。
素晴らしいコンサート。
親と一緒に楽しんでいた子どもたち…

とても心地良い時間でした♪ (^o^)

・・・
世の中には、病気や障がいのために、病院や家から出られない子どもたちがいます。
私が勤務する施設の利用者さんの中にも、援助がないと外出が難しい人たちがいます。

もしも自由に動けたなら…
どんなに楽しいだろうな…

今日も施設では、職員さんがクリスマス会を催してくれたり、カラオケに行ってくれたりと、利用者さんの幸せづくりをしてくれています。
感謝、感謝なのです。

みんなが幸せを感じられる世の中になりますように…
心からねがうクリスマスイブイブの夜。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 福祉の仕事に就く人に絶対に... | トップ | 赤鼻のトナカイ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事