goo
効果的なメンター制度で新入社員の早期戦力化とメンバー育成を実現させる!
2021-04-27 / 人材育成
新入社員の早期戦力化はうまくできているか?特に業績が急成長中で、人材が急激に増えている企業にとって、新しく入社した社員の早期戦力化は必須の課題である。その解決策は様々あるが、メンバー育成の観点でも効果を発揮する「メンター制度」について、セレブレイン社HPにてコラムがアップした。 [目次]メンター制度とは?メンター制度のメリット導入時のポイントメンター制度を実現するHRテクノロジーの紹介まとめ . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


経験と勘の「理由なき人事」が会社から消える日
2021-04-26 / HRテック
企業の人事部門でもDXの取り組みが進み始めた。これまで「経験や勘」に頼りがちだった異動や育成などを合理的に変えていこうという機運が高まっている。こうしたテーマで東洋経済オンラインの記事を書かせていただいた。 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


会社内の慣習や前例から、ちょっとだけ外れてみよう
2021-04-05 / リーダー
つまり人は、「類似性」を持つことで集団の中で他者と良好な関係を築きながら、その中で「独自性」を発揮することで自己のアイデンティティを確認しがち。この前提で会社の習慣から少し外れてみよう…というテーマのコラムがアップした。   . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


正解のCEO採用は?後継者候補は誰を育てる?
2021-03-30 / 人材採用
人材不足が叫ばれて久しい昨今だが、未来を担う経営人材の抜擢や重要ポジションの採用は、さらに悩ましい問題。セレブレイン社は、卓越した人事コンサルティング力と、HRテクノロジーの活用力により、人事に関わる課題解決をサポートしている。Profiles社が開発した人と職務のフィットを測定するアセスメントツール「ProfileXT®」を活用した事例を紹介した記事がアップした。 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


「新卒で専門職」採用に急激に傾く企業のホンネ
2021-03-02 / 取材・連載関連
これまで新卒採用は、自社へのロイヤルティーの高い幹部社員の育成につながり、企業の成長に少なからぬ貢献をしてきた。コンサルティングで関わる企業でも、経営陣の大半が新卒組という会社によく遭遇する。 この連載の一覧はこちら その1社である専門商社では、役員の過半数が新卒採用組で、各現場を牽引する人材も同様に新卒組。この構成で業績が伸びてきたので、「景気が悪くても新卒の採用数は減らさない」こと . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


半分リモート「ほどほどの働き方」は定着するか 「リモート疲れ」もいよいよ広がってきた
2021-02-22 / 取材・連載関連
出社スタイルはコロナ前と変わるかもしれない。朝9時から17時までの一律ではない方式。時差出勤ないしはフレックスタイム(以後、フレックス)の活用が増えそう。この一律でない方式が定着することは職場に大きな変化をもたらす可能性がある。その変化とは何か? どのような対策が必要か。東洋経済オンラインに記事をアップした。 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


サーバント・リーダーシップの実践 〜管理職の持つ2つのパワー〜
2021-02-19 / リーダー
「サーバント・リーダーシップが求められる理由 〜現在の管理職に求められる部下育成と組織力を高める方法〜」では、どうすれば、部下が成長し、活躍して成果を出してもらうことができるのか、今求められるリーダーシップのスタイルとして、支援型リーダーシップであるサーバント・リーダーシップを紹介した記事をセレブレイン社のHPにアップしてきたが、 今回は、その支援型リーダーシップである「サーバント・リー . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


在宅ワークでも「人事評価は同じ」に高まる不満
2021-02-01 / 人事
緊急事態宣言が再び発令され、在宅ワーク中心に戻る人が増えています。そうした中で今、多くの会社で「人事評価制度の見直し」に注目が集まっている。 この連載の一覧はこちら 人事評価制度とは、社員のスキルや業績を一定の基準で評価し、賃金や昇進などの処遇に反映する等級・報酬・評価システムのことだが、日経新聞の調査によると実施・検討している企業が4割になる……とのこと。 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


テクノロジーを活用した新たなコーチングとは?
2021-01-26 / HRテック
多くの企業が人材開発の一手法として取り入れている「コーチング」。コロナ禍でのリモートワークの浸透、コミュニケーションのデジタル化によって、ますますその有用性が注目されている。コーチングは対面でのコミュニケーションが基本ですが、昨今はAIなどのテクノロジーを活用することで従来のスタイルよりも科学的、効果的に進化しつつある。デジタルツールを活用した新しいコーチングのスタイルを紹介した記事がアップした。 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


都会から「地方に転職したい」人が知るべきこと 願望どまりから一歩踏み出せる環境は整うか
2021-01-15 / 取材・連載関連
「地方勤務は嫌だ」「刺激的な毎日を過ごしたい」「20代のうちは都会で働きたい」――。そう考える人が多数派であるかのように、これまで考えられてきた。 実際、都会で働いたことのある20代が、地方勤務を積極的に希望して、転職する決断をするのは稀なケース。都会出身で地方勤務を希望する人となると、ますますレア。 地方では高校卒業と同時に約7割の人が都会に転出し、就職時に地元を含めた地方に勤務する比率は僅 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|



« 前ページ