goo
客観的視点により社員の成長を促す!360度評価の勧め
2018-07-30 / 人材育成
人材マネジメント用語としてはすでに当たり前となっている360度評価。しかし実際に導入しているケースは日本ではまだまだ少ないように感じる。そんな360度評価について、セレブレイン社のサイト記事で紹介している。 実戦360度フィードバック クリエーター情報なし 日経BP社 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


アナリティカル シンキング
2018-06-08 / 人材育成
AIを活用した経営の意思決定を行う時代が始まると言われているが、セレブレイン社が開発した「アナリティカル シンキング」(商標登録出願中)AI時代にビジネスリーダーが勝ち残るためのスキルを磨くプログラムの反応が素晴らしい。継続的に展開をしていく予定。 実践フェーズに突入 最強のAI活用術 クリエーター情報なし 日経BP社 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


ブランドマネージャーとは?
2014-10-26 / 人材育成
立教大学で講義をしているブランドマーケティングにて知人でもある山本 康博氏にゲストスピーチをいただいた。山本氏は伊藤園社で日経ヒット商品番付に選ばれた「ぎゅっと搾ったレモン水」や「充実野菜」などを企画開発。以後も日本コカ・コーラ、日本たばこ産業(JT)で商品マーケティング部長(所謂ブランドマネージャー)を歴任。 現在は化粧品、医薬品、アルコール飲料などさまざまな業界でリーディングカンパニーのブラ . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


強気な社員
2014-08-23 / 人材育成
本当の人格とはギャップが大きい、メールだけ「強気」な人格を持っている人がいる。 実際に会っているときには礼儀正しい、真摯な人柄にみえるのに、メールの文面は攻撃的。そんな人の本心は、メールと会っている、どちらの状態で判断すべきか?おそらくメールの発言を本心であろう。 強気であることが悪いとは言わない。ただ、度が過ぎると周囲は辟易してくる。結果として、自分が損しないようにブレーキを巧みに踏みたいもの . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


急な対応
2014-08-19 / 人材育成
仕事で何か頼むときには丁寧に内容を説明するべきですが「つい」忙しいと「言葉足らず」になりがち。例えば「あとは任せた」「上手く、まとめて」などと指示をしてしまうこと。こうした大雑把な頼まれごとをされたときの対処でできる人とできない人の差が大きく出る。では、問題を1つ。あなたが上司(Aさん)から、 「夕方まで会議なのでお客様から連絡があったら対応よろしく」とだけ言われたとする。するとAさん宛に電話が . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


優秀の基準
2014-08-14 / 人材育成
各社で優秀層を採用するため様々な取り組みがなされている。おそらく、莫大なコストと手間がかかっているはず。ただ、採用時点で優秀と判定された学生について、入社後も優秀であり続けているのか?注目したいのは会社(主に人事部)が口にする「優秀」という言葉に意味について。 優秀=職場で活躍してくれる能力を備えている だと思うが、会社が考える優秀の条件は正しいのでか?ちなみに、取材した会社は選考基準である . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


謙譲語
2014-08-07 / 人材育成
謙遜とは他人をうやまって自分を卑下すること。控え目な態度を取ること。これを遜ると言う。例えば、愚息子、粗茶、拙著といった単語自体が控え目さを強調した言葉。ただし 「粗茶ですがどうぞ」 とお茶を進められて,まさか本当に粗茶だと思う日本人はいない前提で会話がなされている。また謙譲語とは動作(存在)の主体を低め、相手に敬意を表す言葉。 お目にかかる、さしあげる、申し上げる とつかう。借りるも謙譲 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


メールとリアルの人格
2014-07-25 / 人材育成
「最近は強気なメールを送ってくる、社員が増えてきた。ところが、会ってみると、大人しい姿にびっくり」 と答えてくれたのはある会社の人事課長。 どうやら仕事上のコミュニケーション手段(メールとリアル)で人格が変わる人はあたりまえにいるようだ。トレンド総研が実施した調査によると「ネット上(主にSNS)とリアルでキャラクターを使い分けているか」という質問に対し、「意識的に使い分けている」が25.3%、 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


考える力
2014-06-24 / 人材育成
営業の仕事は「考える力」を備えると結果が劇的に変わる。例えば、 ・お奨めの商品として何を進めるか? ・結論を迫るためにどうやって切り出すか? ・クレームのお詫びは何から言い出すか? 職場の上司や研修で教えてくれないことにたくさん遭遇する。ポイントは?その考えることを「その場」でやるのか?前もって「考えておくか」。当たり前だが、前もって考えておいた方がいいに決まっている。 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


将来の幹部候補だと思っている
2014-06-23 / 人材育成
転職した職場で自分は期待されている…と思うのは構わないが、過度な期待を背負っていると勘違いしてはいけない。ところが、転職の決断で迷っているときに「将来の幹部候補だと思っている…などと、甘い言葉をかけられることがある。 この甘い言葉は、転職後に確約された話と思って、周囲に軋轢を起こしてしまう人がいる。どうして、そんな勘違いが起きるのか?解決策に関して、考えさせられる機会 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


褒めること
2014-06-09 / 人材育成
最近は褒め言葉について専門の本が出るくらいにブームになりつつある。実際に「ほめ言葉ハンドブック」というビジネス書が大ベストセラーになった。その本には「褒めるとは、誰に対しても分け隔てなく長所を探し、それを認めること。相手に合わせたほめ方を覚え、実践していけば、苦手と思っていた相手の 態度や見え方も違ってくる」とのこと。さらにほめるポイントとして 1、 強み、長所を具体的にほめる 2、 生き生き . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


言葉足らず
2014-06-07 / 人材育成
自分的には伝えたつもりながら伝わらない、その理由は主語が無いから。例えば、 「これってどうなっているの?」 と言葉足らずな質問。これだけで相手の意図をくみ取るのは至難の業。そんな同僚・上司に悩んでいる人はたくさんいる。「でも、どうして言葉足らずになってしまうのか?おそらく、本人が伝えたいストーリーは決まっているはず。ところが、いざ、話し出すと言葉足らずで相手は「??」と理解不能な状態になるしか . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


振って、振られて
2014-04-28 / 人材育成
会社にいれば振る立場と振られる立場が常に存在し、振るだけ、振られるだけの人はいない。「振って、振られて」を繰り返していく中で、「振り上手」や「振られ上手」になっていく。こうして1人の人間がさまざまな仕事を体験するのが個人としても、また組織としても理想的だと言える。 無茶振りの技術 (日経プレミアシリーズ) クリエーター情報なし 日本経済新聞出版社 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


キャリア・ディベロップメント・プログラム
2014-04-27 / 人材育成
同一職場への在籍があまりにも長いと、作業や業務のマンネリ化・後進育成の停滞・取引先との癒着・何らかの権限の独占による私的流用といった問題が起こるため、人事異動にはこうした事態を予防・回避する目的で行うことがある。 加えて、社員の成長や新たな可能性を探る人材育成的な機会と捉えて人事異動を活用する職場も少なくない。人事的な用語としてはCDP(キャリア・ディベロップメント・プログラム)と呼ばれ個々の社 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


仕事を「振る or 振られる立場」を巧みに使い分ける
2014-04-18 / 人材育成
仕事を「振る or 振られる立場」を巧みに使い分けると言うテーマの記事を書かせていただいた。ITmedia エグゼクティブで、無茶ぶりを巧みに駆使することで仕事の幅が広がる、振られた人も得をする。仕事がドンドンと振られたときにいかにさばくか・・・といった内容。 無茶振りの技術 (日経プレミアシリーズ) クリエーター情報なし 日本経済新聞出版社 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|



« 前ページ