明清高校食物科 同窓会

小さな記事を更新。

和風

2024-07-17 13:31:10 | 日記

所用で羽田空港の国際線ターミナル。

多くの外国人で溢れている。

海外へのお土産といえば…

日本らしいもの…

海外の料理人には『砥石』が人気らしい。

あとは『菜箸』。

ふと空港で見つけた商品。

中身はキャンディーなんだけど。

いかにも日本らしい。

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

豊洲

2024-07-07 11:24:37 | 日記

しかし、暑い。朝から暑い。

たまには早起きして豊洲へ。

朝6時前で30℃近くあるため足取りも軽い。

冬だと布団から出たくないし(苦笑)

すっかり観光地となった豊洲市場。

すれ違うのは外国人観光客ばかり。

御世話になっている八百屋さんに御挨拶。

一緒に内部をグルグル探索。

築地は観光客や一般客が自由に入れたけど豊洲は無理。

通路が広くなったこともあるけど内部はスッキリ。

う~ん、あの築地のガヤガヤ感も好きだったなぁ。

空調も効いているから内部は涼しい。

野菜にも働く人にも快適な環境。

ちなみに、外の道路の先を見ればレインボーブリッジ。

隠れた撮影スポット。

市場の端まで行けば障害物もなく一望できる。

ただ、交通の便が悪い。

近くに駐車場はあるけど値段が高い、高い。

もちろん、働く方々(業者)の駐車場は市場に完備されている。

八百屋さんがポツリ、

『働きやすくなったけど、活気が減ったよね…』

築地の時は場内も観光客や一般客で溢れていた。

それはそれで迷惑だったようだけど。

でも、これが本来の市場であり、当たり前なこと。

それは、そうなんだけど…。

市場を1歩出ると多くの観光客で賑わっているだけに、何か複雑な心境である。

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

三國シェフ

2024-07-03 09:57:49 | 日記

北海道、いや、世界を代表する三國シェフ。

ちょうど私が高校生の頃、三國シェフがTVによく出ていた。

まさに憧れの存在。

私がフレンチを目指したのもシェフの影響が大きい。

そんな三國シェフの本『三流シェフ』

どうか41ページを見て欲しい。

 

『鶴岡学園北海道栄養短期大学併設の別科調理専修夜間部。

専修学校だから中学卒業資格でも入学できた。

夜間部なので期限は1年半だった』

 

そう。高校ではないけれど、偉大なるシェフも私たちと同じ鶴岡学園卒。

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初訪問

2024-06-30 11:44:01 | 日記

コロナ前には毎年訪問していた我が母校。

すっかり時は流れ、校舎は札幌から恵庭に。

先日、楓葉会の役員会があったので恵庭校舎に初訪問。

4月から就任された校長先生、教頭先生にも御挨拶。

そして、調理実習室へ。

 

えっ!!!!!!!!!!

 

さすがに私も学校HPで下調べしてたから、ある程度のイメージは抱いていたけど。

いやいやいや、凄く設備が整っている!

澤崎先生に隅々まで紹介してもらったけど、聞けば聞くほど、見れば見るほど『凄い!』の一言。

これは申し訳ないけど、学校のアピールが足りない。

こんなに整っているならば、私も自信を持って他の料理人に自慢できます。

将来的に料理講習会の会場としても強く推挙できます。

 

もし、食物科に興味がある中学生の皆さん。

騙されたと思って一度、見て欲しい。

私も本当に驚きましたし、後輩たちが羨ましい。

 

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

祝 ご入学

2024-04-03 08:00:00 | 日記
ご入学おめでとうございます。

これからの3年間、時間の流れは早いです。

夢や目標に向かって頑張って下さい。

でも、いきなり大きな目標は達成できません。

まずは第一歩。

その一歩は何か?

その一歩さえ見つかれば、二歩、三歩と続きます。

私も今の配属先で4年目を迎えました。

同じことを部下に伝え3年が経過。

小さな積み重ねが実を結び、最初は理想論と思っていたことが当たり前のことに変わりました。

勿論、強引に理想の形にすることも可能でした。

でも、強引な変革は必ず弊害が生じます。

やはり、一歩、一歩の積み重ねという時間が必要なのです。

だから入学した今こそ、初めの一歩を。

これから過ごす3年間が将来、大きな礎となりますように。



食物科同窓会
稲垣 圭之進


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする