時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

封筒での一時レイアウト範囲の活用江例

2015年07月14日 | はりの助活用
【ケーブルへの接続表示は 「はりの助」】

前回のように枠の数が多い場合には、一時レイアウト範囲の必要性がイメージしやすいかもしれませんね。
でも、枠の数が少ない場合でも効果的です。

次図は封筒の下部に社名や住所等を印刷している例です。
外側の罫線は、通常のレイアウト範囲(この例では上下左右とも15ミリに設定)を利用して、「枠線有」(空白文字だけを入力して枠線を付けた枠)の枠を配置しています。



その枠よりも幅と高さとも10ミリずつ小さい枠を作成して、中央に配置し、それを一時レイアウト範囲に設定しました。
これで外側の罫線より上下左右とも5ミリずつ内側に入った枠ができます。
緑の枠線は印刷しない設定にしています。
またメニュー「表示と文字」で「背景」に設定しています。

この一時レイアウト範囲内で、社名や住所などをレイアウトするのです。
宛先の郵便番号や住所などをレイアウトするときは、通常のレイアウト範囲に戻して行います。
緑の枠線の枠を残しておけば、先の一時レイアウト範囲をいつでも設定できます。

封筒だけでなく、FAX送信票や連絡文書の連絡先欄のレイアウトに使用しても便利です。
積極的に利用してください。

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 一時レイアウト範囲の活用江例 | トップ | 用紙の分割線を表示する »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

はりの助活用」カテゴリの最新記事