EMERALD WEB≪拝啓 福澤諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

【令和2年版 防衛白書】中国、尖閣周辺で「現状変更の試み執拗に継続」 防衛白書を了承 / 防衛白書に中国反発「でっちあげ」 “歴史カード”も持ち出す

2020-07-16 14:19:05 | 防衛・安全保障・インテリジェンス
中国、尖閣周辺で「現状変更の試み執拗に継続」 防衛白書を了承 2020.7.14 10:24    産経新聞 令和2年版「防衛白書」    河野太郎防衛相は14日午前の閣議で令和2年版防衛白書を報告し、了承された。 白書は中国の軍事的動向に対して強い危機感を示し、特に中国公船による尖閣諸島 (沖縄県石垣市)周辺での度重なる領海侵入を「力を背景とした一方的な現状変更の 試 . . . 本文を読む
コメント

日本は「専守防衛履行を」=敵基地攻撃論をけん制―中国

2020-06-29 15:43:02 | 防衛・安全保障・インテリジェンス
日本は「専守防衛履行を」=敵基地攻撃論をけん制―中国   日本は中国に「専守防衛」の約束なんぞ交わしたことはない。大きなお世話だ。中国が尖閣に対してあのような行動を取るなら、日本は必要な措置を講じるのみ。北朝鮮のお陰で中国の脅威にも対処できると思えば、それもよし。日本の「敵基地攻撃能力」議論に中国政府が牽制 https://t.co/L7ysz6FKmU — 竹 . . . 本文を読む
コメント

中国のためスパイ活動? 78歳ロシア人科学者、反逆罪で起訴

2020-06-17 03:06:39 | 防衛・安全保障・インテリジェンス
中国のためスパイ活動? 78歳ロシア人科学者、反逆罪で起訴 2020年6月17日 1:14 発信地:モスクワ/ロシア   AFP   ロシアの首都モスクワにある連邦保安局(FSB)の本部庁舎(2018年11月16日撮影、資料写真)   【6月17日 AFP】北極圏地域を専門とするロシア人科学者が中国へ国家機密を提供した として、反逆罪で起訴されていたことが分かっ . . . 本文を読む
コメント

米国は安全保障について敏感であり、対策も早い。日本は?::技術狙う中国「千人計画」

2020-05-20 05:58:24 | 防衛・安全保障・インテリジェンス
技術狙う中国「千人計画」 2020/05/04 09:48   読売新聞  内閣官房の国家安全保障局に4月1日、経済安全保障政策の司令塔となる「経済班」 が設置された。安全保障の観点から経済・科学技術政策を検証し、監視を強める。 経済安保の現状と課題を探る。   軍事転用へ海外の科学者招致  北京・天安門広場から約3キロ・メートルにある25階建て高層ビル。22階の 一 . . . 本文を読む
コメント

「第1列島線に地上発射ミサイル」 米軍司令官、対中国で報告書

2020-04-07 00:56:09 | 防衛・安全保障・インテリジェンス
「第1列島線に地上発射ミサイル」 米軍司令官、対中国で報告書 2020年04月06日14時34分   時事通信   【ワシントン時事】米軍の対中国戦略を担うインド太平洋軍のデービッドソン司令官が、 沖縄から台湾、フィリピンを結ぶ第1列島線への地上発射型ミサイル配備や、米領グアム の防空・ミサイル防衛体制強化などに向けた支援を訴えていることが5日、同司令官が 米議会に提出し . . . 本文を読む
コメント

<河野防衛相・中国批判>中国の力を使った現状変更の試みに目をつぶらない / ドーハで演説「侵略者は代償を支払う」中国の軍事活動に警告

2020-01-17 22:40:46 | 防衛・安全保障・インテリジェンス
中国の力を使った現状変更の試みに目をつぶらない 2020年01月15日 19時23分   THE EPOCH TIMES シンクタンク国際戦略問題研究所(CSIS)で講演した河野防衛相は、中国は武力を使い、尖閣諸島を奪取しようとしていると述べた(CSISスクリーンショット) 訪米中の河野太郎防衛大臣は14日、中国政府の船舶が毎日、沖縄県尖閣諸島の接続水域に入っており、 領海侵犯は平 . . . 本文を読む
コメント

トランプ氏「カナダ首相には裏表ある」 NATO首脳に笑い種にされ。 / マイクがオンだと知らず……歴史に残る政治家のうっかり発言

2019-12-08 09:43:50 | 防衛・安全保障・インテリジェンス
トランプ氏「カナダ首相には裏表ある」 NATO首脳に笑い種にされ 2019年12月5日   BBC   ロンドン郊外で開かれたNATO首脳会議に出席したトランプ氏とトルドー氏 ロンドンのバッキンガム宮殿で3日夜に開かれた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議の歓迎行事で、 カナダのジャスティン・トルドー首相ら複数の加盟国首脳がドナルド・トランプ米大統領 . . . 本文を読む
コメント

ル・モンド紙 アルプス地方に「ロシア連邦軍参謀本部情報総局のスパイ基地」

2019-12-06 14:42:11 | 防衛・安全保障・インテリジェンス
 ル・モンド紙 アルプス地方に「ロシア連邦軍参謀本部情報総局のスパイ基地」 2019年12月05日 20:34    SPUTNIK 2014年から2018年にかけて少なくとも15人の「ロシア連邦軍参謀本部情報総局の将校」が フランスのアルプス地方を拠点として利用していたと西側の諜報機関は見込んでいる。 「ル・モンド . . . 本文を読む
コメント

<NATO>実はトランプ大統領の思い通りになっていた。NATOに防衛費交渉で勝利…米国負担分22%→16%で合意

2019-12-06 12:28:37 | 防衛・安全保障・インテリジェンス
 12月3.4日に開催されたNATO首脳会議の報道では、トランプ大統領が仲間はずれにされ、トランプ大統領を揶揄している 光景などが報道されていました。 ところが結果はトランプ大統領の防衛費に関する要求が受入られており、トランプ大統領の外交の 勝利ということです。この点について韓国紙が報道しています。 いずれ日本にも在日米軍の分担金の引上げの要求がくると思います。   . . . 本文を読む
コメント

日本ヤバイんじゃない? :アメリカ市場に締め出されたファーウェイ、日本から部品1.1兆円調達 

2019-11-25 15:17:49 | 防衛・安全保障・インテリジェンス
アメリカ市場に締め出されたファーウェイ、日本から部品1.1兆円調達 2019年11月22日 17時43分  THE EPOCH TIMES 日本は米国に代わって、ファーウェイの最大の部品供給先となる見通しだ(陳柏州/大紀元) 中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)は21日、東京都内で記者説明会を開いた。出席した 同社の梁華会長は、「日本は重要なマーケットの1つで、グ . . . 本文を読む
コメント

農産大手モンサントの機密窃盗、中国人の元研究職員を起訴。千人計画のメンバー

2019-11-25 10:08:24 | 防衛・安全保障・インテリジェンス
 農産大手モンサントの機密窃盗、中国人の元研究職員を起訴 千人計画のメンバー 2019年11月23日 16時20分    THE EPOCH TIMES  2016年、モンサントの研究ラボで作業する従業員 米国司法省は11月21日、米農業大手モンサント(現バイエル)の中国人元社員1人を、 商業機密窃盗容疑など8つの罪で訴追したと発表した。 司法 . . . 本文を読む
コメント

NATOは「脳死」とマクロン氏。 加盟各国が反論、ロシアは称賛

2019-11-08 08:59:17 | 防衛・安全保障・インテリジェンス
NATOは「脳死」とマクロン氏。 加盟各国が反論、ロシアは称賛 2019年11月8日 5:41 発信地:パリ/フランス    AFP 【11月8日 AFP】エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領は7日、英週刊誌エコノ ミスト(Economist)が掲載したインタビューで、北大西洋条約機構(NATO)が「脳死」に至って いると発言 . . . 本文を読む
コメント

日本は世界一のエリート諜報クラブの「第6の目」になるのか

2019-10-19 01:25:15 | 防衛・安全保障・インテリジェンス
日本は世界一のエリート諜報クラブの「第6の目」になるのか 2019年10月14日 23:30(アップデート 2019年10月15日 14:25)  SPUTNIK   今日、米国が直面している中国の力の増大やロシアの台頭、北朝鮮の核プログラム、イランの 行動などの課題は、正確で質の高い情報機関の情報を必要としている。その . . . 本文を読む
コメント

日本、悲願のファイブアイズ加盟へ、眼中にない韓国。MITのアジア研究権威が新著で日本の諜報機関の実態を暴く

2019-09-25 14:06:59 | 防衛・安全保障・インテリジェンス
 日本、悲願のファイブアイズ加盟へ、眼中にない韓国 MITのアジア研究権威が新著で日本の諜報機関の実態を暴く 2019.9.24(火)   JBpress  高濱 賛   CIAスパイを教えた日本人女性  日米で奇しくも相手国の諜報活動機関の実態を解明した本が出た。  日本では山田敏弘氏の『CIAスパイ養成官:キヨ・ヤマダの対日工作』(新潮社)。 . . . 本文を読む
コメント

高まる北のミサイル脅威 短期間に複数の新型開発 難しい迎撃

2019-09-11 06:31:41 | 防衛・安全保障・インテリジェンス
高まる北のミサイル脅威 短期間に複数の新型開発 難しい迎撃 2019.9.7    産経新聞    北朝鮮が短距離弾道ミサイルの新型開発を急ピッチで進めている。防衛省は5月以降の相次ぐ発射を 分析した結果、少なくても2種類が新型であると断定し、もう1種類も新型の可能性を指摘した。 短距離とはいえ、ミサイル技術の高度化が進めば日本にとって深刻な脅威となるため、政府は危機感を . . . 本文を読む
コメント