映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

キャプテン・マーベル

2019年03月17日 14時27分57秒 | 映画 か行
評価★★★☆【3.5点】


キャプテン・マーベル、フルマスクなら魅力的だが。。。



クリー帝国の精鋭部隊“スターフォース”の
女性ソルジャー、ヴァース(キャプテン・マーベル)は、
失った記憶のフラッシュバックに悩まされていた。
彼女の失われた記憶には大きな秘密が隠されており、
それをクリー人の宿敵で、自在に姿を変える能力を持つ
スクラル人が狙っていた。
やがてスクラル人を率いるタロスとの攻防の末に
地球に墜落したヴァース。
彼女はそこでS.H.I.E.L.D.の敏腕エージェント、
ニック・フューリーと出会う。
ヴァースの謎に満ちた存在に興味を示し、
行動を共にしていくフューリー。地球に大きな脅威が迫る中、
2人は協力して彼女の失われた記憶を探っていくのだったが…。
<allcinema>



残念ながらヒロインのブリー・ラーソンが苦手女優なので
どんなにうまい演技をしたところで手放しで賛辞を贈れない。

これは単にワタシの嗜好の問題なので
作品評価以前の問題であることは分かっていただきたい。

アベンジャーズ誕生前の話だけに、もっと真面目に
深い話がそこにあるのかと思ったら、意外に単純。
部分的に小ネタをぶち込み笑いを誘っているけど
個人的にはそういうのは、すべて割愛してもいいと思う。

ニック・フューリーがアベンジャーズを創立しただけに
笑いネタは致し方ないのかもしれないが。



【今週のツッコミ】
・マー・ベルであり、マーベルではない。

・そもそも最初からすでに出来上がっている最強女子。
 地球規模を通り越して宇宙を相手にできる時点で
 もはやDCのスーパーマンと同等な女ヒーロー。

・アネット・ベニングがまさかのこういう作品に。

・なんでブリー・ラーソンなんだよ。
 (ファンの方すみません)

・高速で宇宙空間を飛ぶときのコスチュームはグッド!
 ブロンドのモヒカン・スタイルがイケてます。



・できるなら素顔を晒さず常時マスクを希望したい!

・個人的に好きなスーパー女ヒーローは
 断トツでツギハギ・キャットウーマン(ミシェル・ファイファー)
 次点でワスプとワンダーウーマンくらいか^^;
 キャプテン・マーベルも女優次第なんだよね~。 

・ニックのアイパッチの理由がグーちゃんの猫パンチ(笑)
---------------------------------------------------------
監督:アンナ・ボーデン/ライアン・フレック
脚本:アンナ・ボーデン/ライアン・フレック/ジェニーヴァ・ロバートソン=ドウォレット/ジャック・シェイファー
音楽:パイナー・トプラク
出演:ブリー・ラーソン/サミュエル・L・ジャクソン/ベン・メンデルソーン

『キャプテン・マーベル』
 



『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 運び屋 | トップ | スパイダーマン:スパイダー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画 か行」カテゴリの最新記事