映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

ストックホルムでワルツを

2016年09月29日 22時09分24秒 | 映画 さ行
評価:★★★★【4点】




スウェーデンの歌姫モニカ・ゼタールンドを演じた女優見たさに
地元弐番館で500円鑑賞(笑)



スウェーデンの田舎町に暮らすシングルマザーのモニカ。
電話交換手の仕事をしながらも、
ジャズ・シンガーとしての成功を夢見る日々。
そんなある日、
ジャズ・クラブのステージに立つ彼女の歌声を聞いた評論家から、
ニューヨークで歌うチャンスをもらうモニカだったが…。
<allcinema>



昔から洋楽は割とよく聴いていたが、曲名と歌手を
まるっきり覚えることが出来ない^^;

おそらく、自分は右脳人間だから気分的に心地よくなれば
何でもOKみたいな感覚でラジオから流れてくる曲に
ただ、身を委ねていただけなんだろうと思うし
それは今になっても何ら変わっていない(笑)

ま、そんなことはどうでもいいのだが
本作、予想してた内容と違い、かなり心に揺さぶりをかけてくる
当初は『バーレスク』のようなイメージを持っていたが
全然とんでもない!彼女には子供を祖国に残しての海外遠征なので
家族との関わり方という絆の部分を描きながらの作品として
重みははるかにこちらの方が上であることは言うまでもない。
(ただし重みがあるからいい映画という定義はないが)

後で、これって実話であり実在人物ということを知り
雑学を知る上でこれは観ておいて本当によかったな~と(おい)

ただ、ジャズはさっぱり分からんなー!^^;
どこからどこまでがジャズなのか???なワタシでした。


【今週のツッコミ】

・こんな母親は嫌だ!シリーズがあるとすれば
 本作は間違いなくノミネートされることだろう。

・こんなモニカと対照的な一人娘の健気さにホロリとするところも。

・観ていて彼女のルックスや気の強さが“IMALU”っぽく見えて
 仕方なかった。

・父親から母親失格の烙印を押されるモニカの飲酒量と
 タバコの量が半端なかった。
 これも50~60年代という時代なんだろうね~。

・ちなみに、父親の言う「子供の頃の木登り」の愚痴は
 全世界の父親の9割はそのように言うと思うよ。

・もしも、ディズニー映画だったら失敗は最初に持ってきて
 徐々に成功していくパターンなんだろうけど
 本作は序盤であっという間に成功しそこからの転落アリ~の
 底辺からの再出発という感じで結構見ごたえのある作品であった。
------------------------------------------------
監督:ペール・フリー
脚本:ペーター・ビッロ
音楽:ペーター・ノーダール


出演:エッダ・マグナソン/スベリル・グドナソン/シェル・ベリィクヴィスト/


『ストックホルムでワルツを』

コメント (4)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« ハドソン川の奇跡 | トップ | SCOOP! »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんな母親は嫌だ! (ami)
2016-09-30 08:10:54
まさしく~ww
娘がイイ子なだけに不憫でしたね。

これまた日本版の予告にミスリードされた感じで、
予想していたのとは違いましたが、
見応え(聴きごたえ)のある作品でした。
モニカがスウェーデン語の詩を即興で「Take Five」にのせるシーンはゾクゾクしました(笑)
amiさんへ (ituka)
2016-09-30 20:23:08
鑑賞中、この母親は絶対長生きできないと確信してましたよ^^;
睡眠薬の過剰摂取で「…これで決まったな」でしたが
な、なんと!どんだけ免疫力が強靭なんだ?でしたよ(笑)
あの娘はほんといい子でした。
普通ならグレてもおかしくないのに母親の勢いが凄くて、グレる暇を与えられなかったという
ある意味、こういうのも子育ての見本なんだろうか(違)

そうそう!『フラワーショウ!』に通じるモノを感じました^^;

>モニカがスウェーデン語の詩を即興で「Take Five」にのせるシーンはゾクゾクしました(笑)

お~!あれがそのタイトルなのね。
そうそう!カッコ良かったです。
即興でうたえてしまう才能に憧れますね~^^
結構好きな映画 (ミス・マープル)
2016-10-02 16:09:17
TBありがとうございます。
母親としては最低でしたが、上を目指すのをあきらめない姿はかっこよかったですね。それがかっこいいままで終わらなかった人生も、また彼女らしいという感じをのこしました。
ファッションの色遣いやジャズメロディに魅せられました。
ミス・マープルさんへ (ituka)
2016-10-02 19:32:04
調べたら、この作品って2014年の12月公開だったんですね。
どうりで格安の500円な訳だ(笑)

そう!こんな母親は絶対嫌ですよね!
でも、なにかを犠牲にしないといけないというのは
なんにでも通じるものがありますよね。
なので、一概にダメ母とは言えない部分があるんですね。

同じく、ファッションや色使いなど「ブルックリン」系でワタシの好みでした。

コメントを投稿

映画 さ行」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

ストックホルムでワルツを ★★★ (パピとママ映画のblog)
「Walkin' My Baby Back Home」などの名曲で知られるスウェーデン出身の世界的ジャズシンガー、モニカ・ゼタールンドの伝記ドラマ。5歳の娘を育てるシングルマザーでありながら、夢を......
ストックホルムでワルツを (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:洋画 「ストックホルムでワルツを」 原題:Mnonica Z 監督:ベル・フライ 2014年 スウェーデン映画 111分 キャスト:エッダ・マグナソン      ス......
ストックホルムでワルツを / Monica Z (勝手に映画評)
母国スウェーデンでは知らぬ人はいないと言われる歌姫、モニカ・ゼタールンドの半生を描いた作品。 文字通り半生で、ビル・エヴァンスと組んで作品を作る辺りで映画は終っている......
「ストックホルムでワルツを」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Monica Z」…aka「Waltz for Monica」2013 スウェーデン スウェーデンの田舎町ハーグフォッシュに住む電話交換手のモニカはシングルマザー。一人娘のエヴァ・レナを両親に預け、時......
『ストックホルムでワルツを』 2014年11月20日 シネマート六本木 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ストックホルムでワルツを』 を試写会で鑑賞しました。 成功の裏には努力だけでは語れないことが沢山ある! 【ストーリー】  スウェーデンの片田舎で、両親と5歳の娘と生活し......
ストックホルムでワルツを (映画好きパパの鑑賞日記)
 1960年代のスウェーデンの伝説的ジャズシンガー、モニカ・ゼタールンドの伝記映画。彼女のことはまったく知らないし、どこまでが史実か分かりませんが、ありがちな天才ミュージ......
映画・ストックホルムでワルツを (読書と映画とガーデニング)
原題 Monica Z2013年 スウェーデン スウェーデンが生んだ世界的なジャズシンガー、モニカ・ゼダールンドが歌手として頂点を極めるまでの波乱に富む数年間に焦点を当てたサクセ......
「ストックホルムでワルツを」 (セレンディピティ ダイアリー)
スウェーデン映画の「ストックホルムでワルツを」(Monica Z / Waltz
「ストックホルムでワルツを」☆てっぺんまで行かないと見えなかった景色 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
年末に向けて話題作がたくさん過ぎて、なんとなく見逃してしまっていた作品。 ジャズシンガーとして活動中の長島百合子さんが、いいタイミングで誘ってくれたので、一緒に観てき......