一庵 (ひとつあん)

飛べないライター『いたっきい』の愚行をさらしています。

※普段ハtwitterニ居リマス。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

地方行脚 (ボーイング787 岡山・広島飛来)

2011-07-07 | 旅行・見学

■例によって、まずは写真を…w■
■本文は後日追加します■

 

岡山空港

7/7 07:09 

降りしきる雨の中、RW07へ滑り込んできました。
主翼上面に水蒸気の幕ができています。
フラップをフルダウンにした際にかなりの揚力が発生していることがわかります。

着陸した787-8は沖止めされず、まっすぐにスポットに向かいます。
就航後は当たり前になる光景ですが、検証プログラムでは初ではないでしょうか?

PBB(パッセンジャー・ボーディング・ブリッジ)接続。
カーゴベイを開け、コンテナ搬入、搬出の検証。
そして給油。

強い風雨のなか、テストは順調に進み、さらに別のスポットへも接続。

プッシュバックされ、別のスポットへ移動。
はじめての機体ですが、B767とほぼ同じサイズのせいか、作業員も手慣れたもんです。

11:55

RW25を離陸。787-8はいったん羽田空港に向かいます。

 

■広島空港

広島は午後には雨が上がりました。

7/7 16:31

RW10に進入。広島空港は岡山空港以上に高い山に囲まれています。

タッチダウン!
相変わらず滑らかな着陸です。

せっかくなので?流し撮り。

下写真は、同じ角度のボーイング777-200です。
機首、垂直尾翼、主翼、エンジンに違いがあるのがわかります。(大きさも違うけど)

JA702A

下写真はJALのMD-90-30。

JA001D

下写真の787-8と比べると、2世代くらいの差があるように見えます。

19:21

RW28を離陸。
わずかに残る夕日に頬を染め、羽田空港に向かいます。

夕暮れの空へ。
晴れていればもっと印象的なシーンになっていたに違いありません。

羽田へ。

いたっきいが次に787を見るのは、就航後になるでしょうか…

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 新世代の翼 (ボーイング787-... | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
しなる翼 (あり)
2011-07-08 16:27:24
787の翼のやはらかさ・・・

4枚目の画像、プッシュバックの時でしょうか
右主翼先端下に背中を見せて地上要員が歩いてゐる画像です。拡大で見ると、雨粒の飛跡が線上に見えます・・・ 何という鮮明さ・・

この地上での機体の姿ですが、種よく・尾翼ともに上反角がかなりあるのですね。


寒熱何ぞ 美を追いて 挺身血沸く 真男児

・・・本文を楽しみに待ちます
TBの削除をお願いいたします。 (北原)
2013-05-26 01:50:06
すみません、突然のコメントを失礼いたします。

こちらのブログのサイドバーに現在表示いただけています、
[最近のトラックバック]コーナーの
[CF-コンパクトフラッシュメモリーカード 復旧]
http://datahukugen.blog67.fc2.com/blog-entry-137.html
のリンクのURLアドレスをサイト移転により変更したため、
お手数なのですがトラックバックリンクの削除の方をお願いいただけないでしょうか?

(このコメントもTBの削除の後で一緒に消去いただけましたらと思います。)

それでは、失礼いたしました。

コメントを投稿

旅行・見学」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事