一庵 (ひとつあん)

飛べないライター『いたっきい』の愚行をさらしています。

※普段ハtwitterニ居リマス。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

航空救難団 (よみがえる空)

2006-01-31 | 徒然
航空自衛隊、航空救難団。これまでも航空祭ネタで何度か書いたとおり、この救難団、そして救難団に所属するパイロットや救難員(メディック)こそ、陸海空自衛隊員の中でもっとも肉体的、精神的苦痛を強いられる環境下で行動しています。それは、荒れ狂う海で難破した艦船の乗員救出であったり、雪崩の危険性のある雪山での遭難者救助であったり、はたまた離島で発生した急患の輸送であったり。また、状況によっては過酷な条件下で . . . 本文を読む
コメント (5)

拝啓 ホリエモン様 (RIAT '06)

2006-01-25 | 徒然
 拝啓 ホリエモン様  このたびは大変なことになりましたね。 そちらの暮らしは厳しいと伺っておりますが、お体にはお変わりございま せんか? くれぐれもご自愛ください。 さて、本日はご報告がございます。 おかげさまをもちまして、19日に少しだけ稼がせていただきました。 これもひとえに、今回の騒動を引き起こしてくださったあなたのおかげと 申し上げても過言ではないでしょう。 ありがとうございました。  . . . 本文を読む
コメント (6)

えきそば (立ち食いそば:JR姫路駅)

2006-01-23 | B級・C級グルメ
いたっきい@姫路出張でございます。姫路へ帰ってくると、必ず!所望するのが姫路駅のえきそば!ここでも何度か写真を載せているほど、いたっきいのお気に入りです。コクの深い、カツオとジャコの濃厚なダシ。テンカスをつなげて固めたような天プラ。甘辛いタレが中まで十分に染みこんだキツネ。「そば」というイメージからかけ離れた、薄黄色の麺。小学生の頃(当時240円)から電車を利用するたびに えきそば を食べてきまし . . . 本文を読む
コメント (11)   トラックバック (2)

一蘭 (ラーメン:立川)

2006-01-21 | B級・C級グルメ
いたっきいが10年ほど前から気に入ってるラーメン屋があります。それが一蘭。元々は福岡市にあるラーメン屋でした。学生のころは、九州に遊びに行くたびに一蘭に立ち寄ってきました。社会人になり、実家のある兵庫県で働くようになってからも、九州の航空祭に行くついでに何度も立ち寄りました。東京への転勤が決まったとき、最初に転勤のメリットとして考えたのが、「一蘭にいけること」。その当時(四年前)、東京にはすでに六 . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (1)

プーさん (カレー:武蔵小金井)

2006-01-14 | B級・C級グルメ
  まいど。  ついに食べ物ネタを独立のカテゴリとしました。    しかし高級な料理とは基本的に無縁のいたっきいのことですから、基本的  には日常食べているもの、その中でおいしいと思うものを紹介していくこ  とにします。というわけでカテゴリ名は「B級・C級グルメ」です。  記念すべき?第一回は、いたっきいの心の友であるところのカレーをご  紹介しましょう。。。いたっきいの住む小金井市は、なぜかカレ . . . 本文を読む
コメント (6)

勇壮!戦艦大和 (ロケセット見学2)

2006-01-06 | 旅行・見学
「大和」艦上を堪能し、退艦しました。やはり戦闘艦はムダの少ないきれいな造りだな・・・というのが印象です。ただ、構造物が多いので全体の大きさがピンときません。むしろ「大和」から離れるにつれ、かえって大和型戦艦の巨大さを感じるようになります。やっぱり「大和」は大きなフネなのです。    高角砲群はまるでハリネズミ  艦首の日の丸がえらく遠い・・・    クレーンがあるのが高ポイント  進水後、工廠で偽 . . . 本文を読む
コメント (6)

戦艦大和乗艦! (ロケセット見学1)

2006-01-06 | 旅行・見学
尾道にいってきました。映画「男たちの大和」を見て、おもわず1/700ウォーターラインの「大和」建造に乗りだしたいたっきいですが、その建造意欲を高めるためと、艦橋周りの細部を見ておきたいからです。というのも、ここには「男たちの大和」ロケに使用した実物大の大和(艦首から190mまで)のはりぼてオープンセットがあるからです。それと。尾道といえば、やはり尾道ラーメン。いつものしゅうさん(朱華園)で、中 . . . 本文を読む
コメント (2)

建艦計画 (ウォーターライン)

2006-01-04 | 物欲
先日、映画 男たちの大和 を観にいきました。この映画、辺見じゅんの原作からはストーリーが変えられているところも多く、事実以上に悲壮感をあおりたてようとしているのがうかがい知れます。それがかえって白々しさ、内容の薄っぺらさに繋がっているように感じました。内田軍曹が大和に戻った真の理由だってゴニョゴニョ・・・でもまあ、60年前にコレに近い事実があったということ。それを後世に伝えるという意味では意義があ . . . 本文を読む
コメント (2)

萌え初め (美少女フィギュア)

2006-01-03 | 徒然
正月休み。・・・することがおまへん。orz初詣も昨年のうちに済ませたし。。。とりあえず暇なので友人宅に遊びに行きました。しかし、その友人も特にやることがないとのこと。。。打開策を求め、他の友人たちを呼び出します。みるみるうちに集まる、暇なレギュラーメンバー×4人。しかし、やっぱりやることがありません。弟やその友人(通称:二軍)も呼び出します。その二軍の一人「T」が「姫路の模型店で買いたいものがある . . . 本文を読む
コメント (3)

謹賀新年

2006-01-01 | 徒然
         謹 賀 新 年    富士山9合目付近より撮影新年おめでとうございます。<(_ _)>年賀状まだ一通も書いていないあたりが、今年のいたっきいを暗示しています。今年の目標はいくつかありますが、プライベートなところではとりあえず『中途半端な状態で休止してしまっているグライダーを再開し、結果 . . . 本文を読む
コメント (7)   トラックバック (1)