ふうらん日和

富貴蘭の栽培記録について綴っていこうと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NIKKOR-H.C Auto 28mm F3.5

2018年04月28日 | カメラ関係
今日はNIKKOR-H.C Auto 28mm F3.5です。

最短撮影距離は0.6mと遠めです。

1974年ごろに作られたレンズです。

このレンズはヤフオクで入手し、非Aiレンズだったので絞り環を取り外し削ろうとし、
マウントのネジを舐めさせてしまったレンズです。

なめたネジを力技で破壊し、絞り環を削って、D810に装着してわかった事実がありました。
絞り環の幅がマウントの絞り環連動レバーより一回り小さいのです。
つまり、苦労して外したネジも削った絞り環も意味をなさなかったのです…笑

不変のFマウント…

そこで、カビルンルンのAi化されたNIKKOR-H.C Auto 28mm F3.5を入手し
絞り環だけ交換しました。

使えるようになりました!

さすが不変のFマウント!

作例が以下の写真です

F3.5


F4


F5.6


F8


F11


F16

色々試し撮りをしたのですが、
F8くらいから周辺の光量落ちが解消されてきます。

オールドニッコール面白いです。

ちなみにカビルンルンのNIKKOR-H.C Auto 28mm F3.5は解体してカビを拭いてみました。
無水エタノールで拭いてLED当ててみたらカビは除去できたみたいです。

が、再構築できませんでした…
オールドレンズ奥深いです…汗
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« NIKKOR-O.C Auto 35mm F2  | トップ | オールド ニッコール »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

カメラ関係」カテゴリの最新記事