奈良の長谷寺 初瀬ゲストハウスいったん

奈良県中南部の旅の拠点に
長谷寺の朝勤行への参加にちょうどいい宿。
~開業準備からの日々のアレコレ~

インドへ

2013年05月21日 | インド旅行記

Img_1130_4

明日からのインドの旅です。

Img_2111

インドは今一番暑い季節。
体感したことのない暑さを
感じることになりそうです!

とにかく吸汗・速乾に
すぐれたものだけをチョイス!

Img_2105

旅にこのサンダルは欠かせません。
日中の移動時は靴ですが
宿に滞在するとき、
夕方の外出には
サンダルが大活躍します!

Img_2113

これらのグッズと
あとは、下着類を入れて完了です。

スーパーの袋が大活躍します!
現地で買い物した時、
食べ物のカスなどが入った、
ちょっと臭い袋に
入れられたりすることもあるし
袋の底がすぐに破れて、
商品が地面にドサッと落ちたり。

買い物以外にもいろいろ使えて
日本のスーパーの袋は
万能!超優れものです!

Img_2103

旅のお供の定番品です。
飴はどれでも良いわけではなく、
コレなんです。

海外へ出ると、
日本であたりまえに
できていたことが
あたりまえにできなくなるので、

現地に着いてから2日くらいは
いつもと違う状況に
馴染めないのですが、
いつのまにか不便な状況にも
慣れてそれを楽しむことができます。

茶色い水の鉄くさいシャワーでも
平気になります。
以外と髪ツルツルになったりね。

そして、
その地になれてきたころに、
帰国となるわけですが、
日本に帰るのもまた楽しみなのです!

関空に着いて
「あ~日本はいいね!」
自宅に着いて
「はぁ~やっぱり我が家がいいね!」

と毎度言えることが最高に幸せです!


インドから帰国

2013年05月21日 | インド旅行記

昨日夜中の2時過ぎに
デリーを飛び立ち
上海経由で
4時間ほど前に帰国しました。

現在、5月7日(月)0時30分。

今、日本に、自宅に、
ここにいるのが変な感じです。

インドで今が一番暑いシーズンで
連日45度で干からびそうでした。

関空に着いて、外へ出ると、
とても寒かったのでびっくり!

連休中は
こんな気候だったのでしょうか?

空港シャトルバスで帰宅中、
道路のキレイさに感動し

帰宅して、
「どん兵衛」を食べ、
カップ麺のクオリティの高さに感動し、

海外では
固定式のシャワーが多いので
自由自在に使えるシャワーに感動し、

決まった温度のお湯が出ることに感動し、
その他いろいろ、
短時間で感動、感謝の連続です!

多次元世界の不思議な国インド!
また後日、
インドで体験してきたことを
紹介させていただきます!


中国東方航空 機内食

2013年05月21日 | インド旅行記

今日は、旅の後片付け、
食材の買出しだけで
あっという間に
一日が過ぎてしましました

インド滞在中に
埃で喉をやられ、
咳がとまらず、
旅の中盤から、
排尿コントロールができなくなり、
トイレに頻繁に駆け込み、
残尿感・痛が続いて
やっと、今日、
症状が落ち着いてきました。 
ほっ


いろいろありましたよ~(笑)

まずは、
中国東方航空の
機内食をご紹介。

Img_2115

(関空~上海便の機内食)
左上にある「どら焼き」が
唯一普通に食べることができます。

Img_2116

(上海~デリー便の機内食)
これは・・食べられませんでした。
あ、パンとスイカは大丈夫。

Img_3063_2

(デリー~上海便の機内食)
これを出されたのが
AM3時30分。
どれだけおいしくないのか
試してみたくなります。

とにかく安全無事に、
目的地まで
運んでいただけたことに
感謝ですねっ。


38度の熱発

2013年05月21日 | インド旅行記

8日(水)の早朝から
全身に痛みが走り

検温したら38度5分。

排尿が普通に
できるようになって
喜んでいたら

次は熱発です。

かなりしんどかったですが、

今日から平熱に戻り、
わりと元気です!


が、今度は、下痢ですよ。
これから下痢ですかぁ・・・
尻の穴から
シャーシャー水がでてきます。

腹痛がないので、一安心。

--------------------------------

とにかくインドは
暑かったのです!

45度でも湿気がないせいか
外にいても汗が流れ出ないんです。
で、部屋に帰ると
ドバッと汗が吹き出します。

Img_2812_2

1日半で二人で飲む
水の量はこれ以上!

1本1リットルで
30円~40円くらい。

今回、持参したポカリの粉末には
かなり助けられました!

ボトルのキャップがきちんと
しまっているかどうかの確認を
一度怠ってしまったことがあって、
その水を一口飲んだら、
なんかくさい!

店の人に訴えても、
「それはミネラルウォーター」
との一点張り。

その店の、ドリンク用の
冷蔵庫のボトルウォーターを
じっくり観察してみると、
どれも若干水位が違って、
気泡がみえたのでした。

まぁ、地元の人にしてみれば、
普通に飲める水なので
問題ないのでしょうが、
それをミネラルと言って
ミネラルの価格で
販売しているのがやだ。

ガイドブックに載っている
注意事項を体験することも
また、インド旅行の醍醐味?
かもしれません。

現地の水を
飲めないこともないのでしょうが、
この短期間の旅中に
体調を崩すわけにはいきせん。

Img_2930

暑いインドでは、
このようにあちらこちらで
水が飲めるようになっています。

インドの人は
ペットボトルでも、なんでも
絶対に口をつけないで、
口から数センチ離して
飲んでいました。


デリー 到着

2013年05月21日 | インド旅行記

関空から上海経由で
4月27日(土)の
午前2時過ぎに
インディラー・ガーンディ
国際空港
に到着。

夜中の2時という
中途半端な時間のため、
空港泊しました。

Img_2117

空港泊に
最適の場所を発見!
警備員などスタッフ以外は
誰もいません。

が、蚊が多かったんです。

虫除けスプレーなどで、
ある程度対処できましたが、
手首を集中攻撃され、
痒み止めを塗っても
数日間、
痒みが収まりませんでした。

なかなかパンチのある蚊です

Img_2118_2

空港内のトイレはとってもキレイ!
清掃のおばちゃんが
トイレで寝ています。
トイレで・・・
これが日常のようです。

Imgp2461_2

夜が明けて、
入国審査のカウンターへ
立派な空港だわ~


ニューデリーに到着して

2013年05月21日 | インド旅行記

Imgp2465_2

空港からデリー市内へ
最も簡単で早く行けるという
エアポートメトロを利用しました。

写真を撮っていたら、
警備員の人に
「NO!」と注意されました。

かなり立派なメトロでした。

Img_2123

メトロの改札を出て、
インド鉄道のニューデリー駅の中の
陸橋を渡って
メインバザールへ向かうのでした。

が・・・
階段を降りきったところで、
一人のごつい男が、
私たちの行く道を塞いで、

「デリーではこれから4日間、
フェルティバル?があって、

スリやら、トラブルに
巻き込まれることが多いから、

万が一トラブルに遭遇した場合、
政府が保証してくれる

(なんちゃら)カード
というものがあるから、
それを
発行する
手続きをしたほうがいい」

と。

あたかも本当のように、
思わず信じてしまうように言うんです。

なんせ、こちらも初めてのインドで
さっぱりわからない状態でしたので、
とりあえず、
その男の話に乗ってみました。

到着した場所は、
何かのオフィスかな?
って感じの場所でしたが
なにか、おかしい!
書類らしいものがみあたらないし、

スタッフがチャラい?

何人かの
日本人旅行者もいましたが、
日本人だけというのが、
これまたおかしい!

手続きらしきことを
すすめているのですが、
絶対に違うことを確信したので、
そのオフィスを出ました。

出ていこうとする私たちに
何も言わないし追いかけもしない
のですから。

おそらく、
(なんちゃら)カードはエサで、
高額ツアーを
組ませたかったのでしょう。

極力だまされたくないですが、
こうしてちょっと騙されかけてみると、
次にはましな対処、
見極めができるので、
うさんくさい話に、
あえてこちらからのってみることも
インドを旅する上で
必要なことだなと思いました。


デリーからジャイプルへ(27日)

2013年05月21日 | インド旅行記

(旅程)
27日 デリー⇒ジャイプル
28日 ジャイプル
29日 ジャイプル⇒アーグラー
30日 アーグラー
1日  バラーナス
2日  バラーナス
3日  バラーナス⇒ブッダ・ガヤー
4日  ブッダ・ガヤー
5日  デリー

Img_2133

デリーから
ジャイプル
に移動中
このようなラクダをたくさん見ました。

Img_2149

ロバも走る。

野良牛や豚や犬は
生ごみを食い漁っています。

Img_2159

ジャイプルの宿について、
キングフィッシャーで乾杯

インドは全面禁酒国
ではありませんが、
お酒を飲める場所、
購入できる場所は
かなり限られています。

ビールLOVEの夫は
なんなっとビールを
手に入れてきます。
このくっそ暑いインドで
飲むビールは
格別にうまかったです

Img_2172

インドの定食ターリーを食べる。
これがとっても
おいしくなかったんです・・・

スリランカや
ネパールで食べたものは
どれもこれもおいしかったので、
インドも期待していたのですが。

その後、
ターリーのリベンジに
走るわたしでした。


駅のトイレで

2013年05月21日 | インド旅行記

熱が下がり、
下痢がはじまって3日目。

何か食べると、
鳩尾をパンチされたような
重たい感じ。

唯一口にできるものが
カトキチの冷凍うどん!

もぉ、ゲッソリです

帰国して6日目の今日が
一番フラフラしています。

快復まであと少し。

--------------------------

駅のホームで
寝台特急を待っていたときに、
尿意をもよおし、
トイレに向かったのですが、

最初の扉から3つ目まで、
便器に先客がいらして・・

それをまたいでするのは
いやだなと思って
4つ目の扉を開けたら、
今度は便器がなくて

「あれ?ここは
掃除用具入れの場所かな?」


と、ちょっと困った感じでいたら、

5つ目の扉の前で待っている
インド人のキレイな女性が
「ここがいいわよ」
というような感じのことを
言ってきたので
5つ目の扉の前で待つことにしました。

そして、私の順番がまわってきて
やっと用を足せると思って
ホッとして入ったら

えっ

Img_2554

4番目の扉と同じ!

「えっ?
これどうやってやるの?」

しかも、
扉の鍵がこわれていて、
半開き状態。

左端に穴を発見

上のほうに蛇口があって
下に水汲みの桶がある。

あの穴をめがけて
するってことのようです。

そして、桶で水を汲んで流します。

ですが・・

ものすごい勢いで出したって
あの穴には
なかなか届かないのです(笑)

え?
まさか立ってするとか?
ないない。


で、一通り終えて、
ズボンをあげていたら、
まさかの停電です。

真っ暗のこのトイレから
身動きとれなくなりました。

幸いにも、
少し前にも停電があって、
わりとすぐ復旧することが
わかっていたので、
慌てることもなく、
じっと待つことができました。

このタイプのトイレは
初めてでしたので
思わず撮影してしまいました。


アンベール城(28日)

2013年05月21日 | インド旅行記

Imgp2505

象がん細工と
鏡細工がちりばめられた
キラキラ・ゴージャスな宮殿の
アンベール城
です。

Imgp2510_2

象タクシー
1頭に乗れるのは2人まで。

2000円弱をお支払いすると
乗せていただけます。

Img_2190_2

象さんたち、
お仕事がんばってますな~

Imgp2520_2

下から歩いて
ちょっとの距離をあがると、
こちらの宮殿の前庭に到着です。
ひろ~い!


アンベール城

2013年05月21日 | インド旅行記

Imgp2524

こちらは「鏡の間」
鏡をちりばめた
幾何学的な模様の装飾が見事!

Imgp2526

夫と私が鏡にうつっています。

Img_2203

庭園

Img_2208
王に仕える女性たちの住まう後宮

ここが涼しくて居心地よかったので、
しばらく休憩していました。

優雅で繊細な空間が
城壁の中に広がっています。