トレッキングのち山笠、一時釣りですが、元々はラグビー

物忘れが酷くなってきました。日々の出来事を書き残します。

高千穂峰トレッキング 2015

2015-04-26 00:30:46 | トレッキング
平成27年4月18日(土)晴れ

コース:高千穂河原-高千穂峰(1573m)ピストン
メンバー:H海、K子、JDY(計4名)

Hのオーストラリアの友人JDYが来日し、高千穂に行きたい!っつうことで急遽ご案内
北九州を午前2時30分に出発し、6時15分に高千穂河原駐車場に到着


朝食を済ませて出発です


樹林帯の中は石段になっていますが、これを抜けると火山灰の砂利道です
なかなか前に進めません
脚に疲労が溜まっていきます

暫くすると岩陵帯に入ります
ここからは高度を稼げます


御鉢は砂利道ですが、緩やかなので足がとられることはありません


一旦下ると鳥居があります
ここでお参りして山頂を目指します
ここからが正念場です




山頂です
天の逆鉾が迎えてくれます




霞んでいるので桜島の左側に開聞岳の山影が見えます

コーヒーブレイクして山頂を後にしました

下りは砂走です
埃だらけになった後は霧島温泉でサッパリして鹿児島を後にしました



コースタイム
6:45  駐車場出発
8:00  御鉢
8:20  鳥居
8:50  山頂(コーヒーブレイク)
9:20  下山
10:50  駐車場に到着

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒髪山トレッキング 2015

2015-04-19 09:54:44 | トレッキング

平成27年4月12日(日)晴れ
黒髪山(標高516m)佐賀県
乳待坊展望台駐車場~車道終点~見返峠~雌岩~天童岩(山頂)~西光蜜寺(昼食)~見返峠~乳待坊展望台駐車場
同行者=嫁(2名)

統一地方選挙のため、朝駆けで佐賀県の黒髪山に向った。
朝6時に乳待坊展望台に到着



車内で仮眠をとり、8時前に出発

まずは車道歩き。終点まで行くと黒髪山登山口の道標が迎えてくれる。
石段が続きます。求菩提山の修験道のようです。


10分ほどで見返峠に行き着きます。
右に折れると青螺山(618m)です。今回は嫁さまの拒絶により、登れませんでした。




雌岩(100m)の分岐がありました。
寄ってみました。
眼下にキャンプ場を囲んだ絶景が広がっています。




山頂に向けて登ると、西光蜜寺と黒髪山の分岐です。
寺に進むと迂回コースですが、黒髪山山頂に向うと難所が待ち構えています。
鎖場とハシゴがあり、短いのでけっこう楽しめます。









難所を過ぎて鎖場を登れば、天童岩(黒髪山山頂)です。


お決まりのポーズで記念撮影です。


風が無いので山頂でコーヒーブレイクです。

さすが陶磁器の町、方位盤が陶板です。



復路は難所を避け、お寺経由で下ります。
山腹を巻く緩やかなルートです。

お寺にはトイレと休憩所(テーブル&ベンチ)がありますで、ここで昼食を取りました。
豚汁とお弁当です。鍋の季節は過ぎてしまいました・・・
昼食後は見返峠から乳待坊展望台に向って下山しました。
大勢の登山者とすれ違いました。
人気の山なのでしょうね


立寄り湯:武雄温泉 元湯(入浴料400円)


コースタイム
7:50  乳待坊展望台出発
8:00  林道終点 登山口
8:10  見返峠
8:18  雌岩
8:57  鎖場
9:08  天童岩(山頂)
9:44  山頂出発
10:00  西光蜜寺(WC、昼食)
10:40  出発
11:04  見返峠
11:13  登山口
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の平尾台ハイキング

2015-04-14 23:26:18 | トレッキング
平成27年4月11日(土)晴れ

春の陽気に誘われて、野焼きを終えた平尾台にソロハイクです。
茶ヶ床園地に到着した時に、時計の針は11時30分を回っており、駐車場およびその周辺は満車の状態でした。


仕方なく、引き戻したところの路肩に駐車し、茶ヶ床を起点に出かけます。


今回は地図なしです。目の前にトレースが明確に分かる、実寸大の地図が広がっています。
春の風も心地いいです。

まずは、四方台から貫山を目指します。
車道歩きがイヤだな・・・と思ってましたが、トレースが見えた所ショートカットのルートを辿りました。
ポカポカした天気で汗がにじみ、シェルを必要としませんでした。


貫山山頂からは周防灘に浮かぶ北九州空港が望めますが、春霞のためボヤけた表情です。
風がなかったので、山頂で食事をとる事にしました。
ミツバチが舞ってました。春ですね~


この先のルートは四方台で考えることにしました。
大平山は過去に2度行っているので、反対側の周防台に向かいました。


周防台からは行橋方面に広がるトレースを見てとれました。



ここからは権現山へのDown&Upをこなし


目白洞に繋がるトレースを下っていきました。


春の平尾台。ファミリー向けであり、ルート開拓できる楽しさもあり、レギュラーコースに加えたいエリアですね。


コースタイム

11:46  路上駐車し出発
11:55  茶ヶ床園地を通過
12:33  四方台を通過
12:52  貫山山頂(ランチタイム)
13:30  山頂出発
13:42  四方台から周防台に向かう
14:12  周防台から権現山に向かう
14:22  権現山から目白洞に向かう
14:32  目白洞(茶ヶ床園地)到着


コメント
この記事をはてなブックマークに追加