安曇野ひつじ屋 裏ブログ

信州安曇野
JR大糸線穂高駅前
カフェとギャラリーと古本と
おみやげとレンタサイクルとレンタカーの店

奥さん花が終わったら枝切ったほうがよろしで。

2018年10月23日 | ネコの写真

奥さん、花が終わったら、枝切ったほうがよろしで。
ほんまでっか。肥料は何がよろしやろ。
うちはもうずっと菜種粕(なたねかす)。
鶏糞(けいふん)やと臭いですやろ。
ウチ猫がおりますねん。
せやから鶏糞なんか別に臭いことあらしません。
猫可愛らしな。
ウチも猫飼いたい思てますねんけど孫がアレルギーで。
奥さんアレルギーはお灸がええらしで。
話はすぐに脱線し、いつまでも終わらない。














岸政彦『断片的なものの社会学』より
コメント

一段ずつ慎重にのぼりおりした階段もしだいに二段ずつになり

2018年10月14日 | ネコの写真

やがて、一段ずつ慎重にのぼりおりした階段もしだいに二段ずつになり、
トイレもいつか押入れのミカン箱から縁側のしたの土に変わり、
食事も鮪のフレークから鯵へ、鯵から煮干しへ。
それから日曜日がきて、また日曜日へ。
月曜日から火曜日へ。赤口から先勝へ。
先勝から友引へ。酉から戌へ。戌から亥へ。

時間のまあるい内庭を、秒針が穴から穴へ走りさるねずみたちのような駆け足で一廻りし、
短針があわてたあひるたちのようにせかせかと一廻りし、
そのあとを長針が鎖につながれた所在なげなおおきなコリーのようにゆっくりと一廻りして、
つまり一分が一ヶ月のように、あるいは一ヶ月が一分のように、
まるでおもいがけない早さで過ぎてゆく、
ぼくたちの日めくりのくらしのなかで、こうして、まったくある日突然に、
チイはもうすっかり年頃の器量猫になっていたのでした。




















長田弘『ねこに未来はない』より
コメント

俺の人生で誕生日なんかなんの意味もない

2018年09月29日 | ネコの写真

ほんとうは俺の人生で誕生日なんか何の意味もない。
むしろ忘れてた。
誕生日におめでとうって言うの、なんでですか? 
何もしてないじゃないですか? 
生きてるだけじゃないですか? 

って思ってたけど、生きてるだけでおめでとうって言ってもらえる日が、
全員に平等に1年に1日だけあるっていうことやねんな。
最近やっとわかってきた、誕生日の意味が。














岸政彦
コメント

すべての猫は毎日幸せだ

2018年08月02日 | ネコの写真

すべての猫は毎日幸せだ。
他者をあてにせず、ねたまない。














白取春彦『猫的な、あまりに猫的な』より
コメント

理屈じゃないんだ

2018年07月24日 | ネコの写真

俺にできることって何かって言うと、作ることなんだよね。
次を作ること。理屈じゃないんだ。
子どものころに「鉄腕アトム」を描いた時のような気持ちでどんどん作品作ってさ、
アトリエのドアを開けたら、作品が「どどどどどっ」って
ドアから溢れ出てくる状況を人に迷惑かけないで作るのは勝手でしょ。
そんな状況が俺は一番信じられるんだ。















大竹伸朗(『ぼくのしょうらいのゆめ』より)
コメント

私たちのほとんどは裏切られた人生を生きている

2018年07月07日 | ネコの写真

繰り返すが、ここで私は、誰もが自己実現の可能性があるとか、
誰もが夢をかなえることができるということを述べているのでは、まったくない。

むしろ、私たちの人生は、何度も書いているように、
何にもなれずにただ時間だけが過ぎていくような、そういう人生である。
私たちのほとんどは、裏切られた人生を生きている。
私たちの自己というものは、その大半が「こんなはずじゃなかった」自己である。

まともに考えたら、無難な人生、安定した人生が、いちばん良いに決まっている。
だから、そういう道を選ぶのは、良い選択である。
しかし、負けたときに自分自身を差し出すような賭けをする人びともたくさんいて、
それはそれで、ひとつの選択である。

どちらが良い、と言っているのではない。
ただ私たちは、自分自身の意志や意図を超えて、ときにそういう賭けをすることがある。
















岸政彦『断片的なものの社会学』より
コメント

何ものかになろうとすることは確かに簡単なことではない

2018年07月06日 | ネコの写真

何ものかになろうとすることは、確かに簡単なことではない。
その可能性は限りなくゼロに近い。
しかし、どんなにそれがごくわずかでも、
そもそも何ものかになろうとしなければ、何ものかになることはできない。
何ものかになれるかどうかは、なろうとしたときにはまだ決定されていない。
なろうとするまえに、なれるかどうかを知ることはできない。
それは賭けである。

賭けに勝ったとき手に入れるのは「何ものかになれた人生」である。
そして負けたときに差し出すのは、「何ものかになれなかった人生」そのもである。














岸政彦『断片的なものの社会学』より
コメント

このへんでいいだろうというところを一歩

2018年07月04日 | ネコの写真

私、「面倒くさい」っていうのがいちばんいやなんです。
ある線までは誰でもやること。
そこを一歩越えるか越えないかで、
人の心に響いたり響かなかったりすると思うので、
このへんでいいだろうというところを一歩、もう一歩越えて。
ですからお手伝いいただいて、
「面倒くさいからこのくらいでいいんじゃない」っていわれると、
とても寂しく感じるのです。















佐藤初女『おむすびの祈り』より
コメント

沖縄は沖縄のままだ

2018年07月02日 | 旅の写真

沖縄はこれから、どうなってしまうのだろうか。
それはもう、なくなっていくのだろうか。
そんなことはない。沖縄は、なくならない。
沖縄は、沖縄のままだ。
もちろん、無意味で不必要な再開発は、良くない。
そういうのはやめたほうがいい。
でも、これをいうと沖縄の地元の友だちからは、不思議そうな顔で見られるのだが、
私はおもろまちを歩いていても、南風原(はえばる)のイオンモールで買い物をしていても、
久茂地(くもじ)のビジネスホテルに泊まっていても、
どこで何をしても、沖縄を感じるのである。
風や、光や、匂いのなかに。

岸政彦『はじめての沖縄』より















八重岳(沖縄・本部町)
コメント

白い猫は座り方が美しかった

2018年06月30日 | ネコの写真

白い猫は、座り方が美しかった。
足のそろえ方としっぽの巻き方を
計算しているようだった。
花を生けると、
花の横でいちばんきれいな座り方をした。
そして、カリフォルニア・ポピーの側で、
いつまでも動かなかった。
















佐野洋子『猫ばっか』より
コメント

ちくわの磯辺揚げ

2018年06月29日 | 料理

材料(2人分)
ちくわ 4本
天ぷら粉 100g
青のり 大さじ2
水 160ml
揚げ油 フライパンの底から3cm

作り方
1、ボウルに天ぷら粉、青のり、水を入れてなめらかになるまで混ぜる。
2、フライパンに油を高さ3cmほど入れて中温に熱し、1のころもにくぐらせたちくわを入れて上下を返しながら3分ほど揚げる。
  穴の中に入ったころもにも火を通すイメージで揚げましょう。

ツレヅレハナコ『ツレヅレハナコの揚げもの天国』より









コメント

俺は阪急百貨店の地下でベトナムの生春巻きを買ってきていた

2018年06月27日 | 安曇野の風景

日が暮れ、二時間ぐらいだけ残業して家に帰ると、もう美希が先に帰っていた。
帰りに王将の焼いてない餃子を買ってきてくれていた。
俺は阪急百貨店の地下でベトナムの生春巻きを買ってきていた。
前の週に近所の酒の量販店でまとめ買いをしておいたビールを二本、冷蔵庫から出し、
俺は餃子を焼きながら自分だけ先にビールを飲んだ。
餃子焼いとくから先に風呂入れば?
いやや、焼きたて食べたいやん。
そやな。春巻きでビールもらっとくわ。
そうし。もうすぐ焼けるから。楽しみやー。

焼きあがってきれいに焦げ目がついた大量の餃子を生春巻きと一緒に大皿に並べ、
美希の向かいに座り、くだらない、たわいないことをしゃべりながら、
ふたりで熱い餃子を次々に貪り喰いながら、ビールを飲んだ。

目の前にはビールが注がれた自分のグラスがあった。
テーブルの向こう側のグラスは空だった。

岸政彦『ビニール傘』より















安曇野市穂高有明
コメント

こういうときにいつもすこしめまいがする

2018年06月24日 | ネコの写真

学生の頃、彼女と一緒に過ごしたあと、とつぜんひとりになる瞬間が好きだった。
梅田の繁華街でデートをしていて、映画を見たり適当にそのへんの安いチェーン店で不味いものを食ったりしたあとに、
もうすることも行くところも話す話もなくなって、じゃあ帰ろうか、ということになって、
相手が乗る改札まで送っていって、そこですこしまた立ち話をして、
じゃあバイバイ、また来週な、電話してや。するわ。
お互いに別れたくないんだけど、べつに一緒にいてももうこれ以上、
なにもおもしろいことも楽しいこともない。金もない。
ほんならね、また来週と彼女は小さく手をふって改札の中に消えていくと、
あっという間に俺はひとりになった。
こういうときにいつも、すこしめまいがする。














岸政彦『ビニール傘』より
コメント

だがそれは法的にも現実的にも日本の一部である

2018年06月24日 | 旅の写真

それほど私たちは沖縄が好きだ。
私たちは沖縄を心から愛している。
なぜかというと、それが日本の内部にあって日本とは異なる、内なる他者だからだ。
規格化と均一化が果てしなく進む日本のあらゆる地方のなかにあって、
沖縄は、その独特なものを色濃く残す、ほとんど唯一の場所である。
その地理的条件、その気候、その文化、すべてが日本とは異なる。
だがそれは法的にも現実的にも日本の一部である。
私たちは沖縄を持て余しているのだ。

岸政彦『はじめての沖縄』より














備瀬(沖縄・本部町)
コメント

仕事というのは社会に空いた穴です

2018年06月23日 | ネコの写真

仕事というのは、社会に空いた穴です。
道に穴が空いていた。そのまま放っておくとみんなが転んで困るから、そこを埋めてみる。
ともかく目の前の穴を埋める。
それが仕事というものであって、自分に合った穴が空いているはずだなんて、ふざけたことを考えるんじゃない、と言いたくなります。

仕事は自分に合っていなくて当たり前です。
私は長年解剖をやっていました。
その頃の仕事には、死体を引き取り、研究室で解剖し、それをお骨にして遺族に返すまで全部含まれています。
それのどこが私に合った仕事なのでしょうか。
そんなことに合っている人間、生まれ付き解剖向きの人間なんているはずがありません。

そうではなくて、解剖という仕事が社会に必要である。
ともかくそういう穴がある。だからそれを埋めたということです。
何でこんなしんどい、辛気(しんき)臭いことをやらなきゃいけないのかと思うこともあるけれど、
それをやっていれば給料がもらえた。それは社会が大学を通して給料を私にくれたわけです。

(中略)

合うとか合わないとかいうよりも大切なのは、
いったん引き受けたら半端仕事をしてはいけないということです。
一から十までやらなくてはいけない。
それをやっていくうちに自分の考えが変わっていく。
自分自身が育っていく。
そういうふうに仕事をやりなさいよということが結論です。















養老孟司
コメント