Zen禅‐in USA

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

A good ballet teacher良いバレエの先生

2019年05月09日 20時21分18秒 | バレエ

この世で、運ぶのに一番重いものは

自らの体なのだろう。

I assume that the heaviest thing to carry in this world

would be one’s own body.

50代で始めたバレエ稽古をやっていると

私の体が如何に硬く、また重いかを切実に分かってくる。

When practicing ballet, a training I started in my 50’s,

I sincerely can find how my body is hard and heavy.


昨日は、バレエのレッスン日だった。

Yesterday was the day of ballet lesson.

片道30分かかるカントンという町に

私が通うバレエスクールがあって

夫がいつも私を連れていってくれる。

My ballet school is in Canton,

30 minutes from home and

my husband always takes me by car.


毎週水曜に、成人バレエ基礎と中級クラスを

連続して2コマ取っている。

Every Wednesday,

I consecutively take two adult ballet lessons,

basic and intermediate classes.

メッサチュセッツ州に住んでいた時は、

ホーリーオックという町のバレエアカデミーまで

約1時間かけて通っていた。

When I lived in Massachusetts,

I used to attend a ballet academy in Holyoke

and it took around one hour to get there.


2年前にコネチカット州のグランビ―に引っ越してきてから、

バレエスクールが見つからず、

練習もしなくなり、体重も10キロほど増えてしまっていた。

Since we moved to Granby, Connecticut two years ago,

I couldn’t find a ballet school,

so it gave me a reason not to exercise,

with the resulting weight gain of 20 pounds.

でも諦めず、調べ続けていたら

運よく今のスクールを見つけたのである。

But I did not give up looking for it,

and I was lucky enough to find the school.


私がバレエを初めて習い始めたのは

日本に住んでいた時であった。

It was in Japan when I began

to learn ballet as the first try.

アメリカ移住のため長年やっていた塾を閉めて、

まともな時間ができた時、

そうだ!今までやり残している夢リストを制覇しよう!

と決心したのがバレエを始めた切っ掛けだった。

I closed my private school

which I administered for many years

and immigrated to USA,

which afforded me enough time to pursue my “dream list”.

At a moment, I made up my mind to conquer

those left behind unfinished dreams.

Yes, that’s it!

It is time to do it!

That moment I was truly motivated to learning ballet.


バレエは子供の時から憧れていたから、

自分が実際習えるかどうかは全く考えず、ただ始めた。

Ballet has been longing from my childhood,

so I just started without thinking

whether I was actually capable to learn or not.

始めはジムのバレエクラスを受けて、

またバレエスクールを二つ掛け持っていた。

In the beginning,

I took a ballet class at a gym and then

attended two schools.

自分ができているかどうかに関係なく、

自分が学びたかったことを学ぶ喜びが好きで、

只管やっていた。

Regardless of whether I can do it or not,

I kept doing because I liked the delightedness

that came from what I had been wanted to learn.


年を取って何かを学ぶと、

頭脳や才能といった生まれ持った才能より、

体の条件や限界具合が根本的な問題になる。

Learning something at an ‘advanced’ aged,

the physical condition becomes a fundamental issue

above natural capability or well-functioning brain.

身体条件の限定性は練習を重ねても乗り越えられないが、

反面欠けている条件をどのように攻略できるかを示してくれる。

Such limitations of physical conditions cannot be overcome

by repeating practice,

but on the other hand,

it indicates how to conquer the lacking conditions.


手足が短ければ、細かく機敏な動きで補えるし、

If one’s limbs are short,

it can be compensated with exquisitely agile movement.

体が硬く柔軟性が無ければ、

どの部位をどうストレッチングすればいいのかが

はっきり分かるようになる。

If one’s body is stiff and inflexible,

it is pointing out to be able to know

which body part is in need to stretch out and how to do it.

だから、私の身長が低くても高齢で体が硬直していても、

基本さえ中々できなくても

それに引きずられなく学びを継続できた。

So, I was able to keep learning

without being dragged in it,

although I could not do basics

and I am short with an aging stiff body.


しかし、そんな明るいポジティブ精神の持ち主にも関わらず、

一つだけ心が晴れない暗い悩みがあった。

However, despite being a positive minded person,

there was a darkness over my thoughts.

それは、“振り付けが覚えられない”ことだった。

The darkness was  thought of

“I can’t remember the choreography”


先生が振り付けの見本を見せてくれていると、

私は“そんな難しい手順を覚えるわけがない”と自信なく思えてきて、

“私よりできる人の動きを見てやればいい”とかの

依存心で心がいっぱいであった。

When the teacher showed me a form of choreography,

my mind filled with thoughts of

“no way I can remember such difficult procedures” with diffident feelings

or clingy minded “follow others who do better than I do”.

そんな雑念に気づくと自分が情けなく思えてきて、

先生が何を言っていたか

短期記憶蔵庫から消えてしまうのであった。

When I realize such distractions in my mind,

I felt miserable for myself,

and what the teacher said disappeared

from my short-term memory.


特に、バーレッスンが終わって、

センターでコンボをやる時は

“見てもついていけない”と始めから思って

気が滅入ってその時間が非常に嫌いだった。

Particularly, I hated most when I have to dance combo

at the center of the room

after barre lesson because I felt sag with the thought that

“I will not be able to catch up even I watch teaching”


そのような心の中の否定的な念は

意志で簡単に取り除けるものでない。

Such negative attention in mind,

it cannot be easily removed by will.

その否定的な思いを無くそうとする対抗した考えを

必要とするからだ。

It needs opponent ideas to remove negative thinking.


否定的な考えは肯定的な考えでは破れない。

Negative thinking can’t be breaking down by positive thinking.

ただ、想いに他の考えが憑き加わるだけなので、

考えの悪循環にはまってしまう。

Merely it makes a bad circle of an idea

due to adding other thoughts on the very thought.


だが、それらの否定的な想いの悩みが

ついに今のバレエスクールの先生、

リンダ・プレスンヤコバに習い始めてから

解決への糸口が見つかったのである。

But finally, I found a clue

to solve the negatively attached problem in my mind

when I started to learn from LINDA PRESNYAKOVA,

who is my teacher at ballet school.


彼女はバレエを学ぶ際の障害になる余計な考えを

断ち切ることができると感じさせてくれた。

She could let me feel that

I might be able to cut off

those useless obstacles thoughts

when I learn ballet.

彼女の教えは、

生徒に習えなくてはならないと思うストレスを植え付けない。

Her teachings do not install a stressful thought for her students

or make them think about what of they MUST learn.


覚えなくてはならないという心理的な負担が無いようにさせる。

She can let her student unburden

from a mental obligation that they MUST remember.


ただ教えるだけでなく、

彼女も私達と一緒に踊って、

私達に『正しくあるべき』という暗黙の要求をしない。

Not only just teaching

but also she dances with us

and doesn’t imply to us such as should be righteous.


毎回、何か新しいバレエテクニックを

普段やっている基本に織り交ぜて加える。

Every time she adds and interweaving

some newer ballet technics on basics that usually do.

その結果、私はバレエをやっていると実感できるようになる。

As a result, I come to actually feel that I am doing ballet.


彼女の見本を見ていると

何を教えようとしているかが伝わってくる。

Looking at her instruction

can convey what she tries to teach us.

なので、レッスンが終わると本当に教わった感じで、

自分が前回より進歩していることが実感できる。

Therefore, when a lesson is over,

I feel that I am really taught

and can also feel that I am improved than last time.


彼女に出会う前は、

否定的な心の悩みを坐禅の教えの一つである

『念を追わない』ことで補おうとしていた。

Before I met her,

I just tried to cover those negative troublesome thoughts

with one of Zen-teaching

which 'do not go after the thought'

だが、そう試みると追わないようにしようとする他の新たな念が加わることになり、

余計に雑念が増えるだけだったような気がする。

But even when I tried to keep track of it,

such way of try-not-to-think

adds another thought so that

an extra useless thought just added up.


その坐禅の教えも事柄によっては

実に効き目があるだろうが、

バレエ稽古場では五分五分だったかも知れない。

Such Zen-teaching may be quite effective depending on circumstances,

but for ballet practicing it is hot or miss, at best.


何しろ、良い先生に出会うのは

本当に宝くじが当たる確率のようかもしれないが、

当たった時に掴み放さないようにしないと、

せっかくの宝も持ち腐れになるだろう。

In any case,

meet a good teacher may be like hit rate of a lottery ticket,

but worth the time to find.

Unless you grasp not to lose the opportunity,

or it will spill out from hands.


Comments (42)

バレエと坐禅の静けさQuietness of Ballet and Zen

2018年12月18日 22時59分12秒 | バレエ

バレエと坐禅は根本的に共通していながら

両極的に相違する。

Ballet and Zazen, an ironic combination,

opposites that share surprising commonalities.

私はその不均衡的な関連性に極めて強く惹かれている。

I am strongly attracted to the imbalance and how related with it.


昨日、夫と私はコネチカット州のバレエ団主催の年末イベントである

くるみ割り人形バレエを観に行った。

Yesterday, my husband I went to see Nutcracker

as a year-end event hosted by Connecticut ballet company.


くるみ割り人形バレエは国や文化によって解釈が違う。

Countries and cultures interpret The Nutcracker ballet so differently.

家族の絆に趣きを置く見方もあれば、

子供に夢や希望を与えることを期待して

演出されたのが大部分である。

Some put value on meaning of family bonds,

many directed to give dreams and hopes to children.


実は、私はそのような家族の絆、

夢や希望に重点をおいたバレエが嫌いだ。

Honestly say I don’t like to watch such kinds of ballet

which directed to dreams and hopes or family bonds.

だけれど、運が良ければバレリナーから

インスピレーションを得たり、

舞台監督の演出効果に感動されたりすることもあるので、

クラシックバレエなら可能な限り観に行っている。

However, if I am lucky, I could catch an inspiration from a ballerina,

be impressed by dramatic stage effect, or a director’s vision,

so I try my best to see a classic ballet as much as possible.


今回のバレエは典型的な『子供に夢』テーマに沿って、

観客に楽しみを与えるコンサートでもあった。

The ballet concert had the typical theme of

“Dreams to children”, so it was amusing for audience.

しかし、その中で、

人際眼立って一目でロシア出身だと分かるバレリナーがいた。

The ballerina quickly stood out,

revealing her Russian training at the first sight.


コンサートが終わって、

彼女についてグーグル検索したら、

彼女の名はオクサナ・マスロバで、

ウクライナ出身であり、

ロシアの聖ペタスバーグバレエ団でバレリナーだったと書いてあった。

After the concert I did Google search about her,

learning her name is Oksana Maslova that

she is from Ukraine,

and was with the St. Petersburg Ballet in Russia.


また彼女はロシアのキエフ・コレオグピック・カレッジに進学し、

そこで振付師とバレエで修士号を取っていた。

She studied at Kiev Choreographic College,

receiving a master’s degree as a choreographer and ballet dance.

彼女が2011年に

コネチカット州バレエ団のプリンシパルになっていた経緯で、

今回の舞台で雪の女王役をゲストとして躍っていたことが分かった。

She was a principal ballerina at the Connecticut ballet company in 2011

so, she took a part of Snow queen as a guest dancer.

現在彼女はペンシルベニア州バレエ団の

プリンシパルとして活躍しているらしい。

Additionally she is active as principal dancer

at Pennsylvania ballet.


彼女のバレエテクニックは他のバレリナーと格調が一段と違って、

全く別な領域に入っているようだった。

Her ballet technique is highly elevated

compared to the other dancers

and stepped up to a higher level.

ロシアバレエの特徴である完璧さを基盤に、

体操をしていた経歴もあってからか

身体を動かせる範囲が最高値に達していた。

Her performance neared perfection,

a characteristic of the Russian ballet,

an artist athlete letting her body move to peak vertical range.


彼女の舞を観ていると、

まるで体重が無いような、

羽のように舞い上がるような感じを受けた。

彼女には重力が働いていないようだった。

When I was watching her dance,

I felt that she doesn’t have weight,

soaring high as if she is a feather.

It seems gravity has stopped working on her.


人間にかかっている重力に逆らって、

体重を支配するようになるには

最低20年の猛練習を必要とされる。

To dominate weight against gravity

requires at least twenty years of fierce practicing and struggle.

そのように観る人に踊る人の体重を感じさせないためには

優れた身体条件と長年に亘る練習が絶対的な条件になる。

To make viewers experience absence of the dancer’s weight,

there must be excellent physical condition,

mental control and discipline formed over many years.


彼女の表情からは

その練習過程を微塵も感じさせない完璧な自信感があった。

From her emotional expression was a perfect confidence

that never even hinted how she must have endured such harsh practices.

人間の最大級の可動範囲に至り、

身体を極限まで動かせているのに

彼女の動作には静けさがある。

As she reached to the extreme range of physical movement,

operating her body to the limit,

her motion has a tranquility.


その静けさを観た時に、

坐禅でマスターレベルに達した老師が

持つオーラと似ているような感じがした。

When I saw her tranquility she expressed,

I felt that it was similar with an atmosphere

which gives off from a Zen master who has reached to an extreme.


坐禅で師の領域に達した人の坐り方を観ると、

その人からは言葉では言い表せない静寂感が放たれている感じがする。

When see a Zen master’s sitting form,

I feel that an indescribable tranquility is letting out from him.

その禅師は何もしていないのに、

彼の態度からは測り知れない何かの深みが伝わっている。

The Zen master does not do anything

but from his attitude sending a depth somewhat unable to measure.


私が去年、日本の恐山菩提寺坐禅修行で、

南直哉師の坐禅指導を受けていた時に見た彼の坐り方に、

その果てしない静寂性を観ることができた。

Last year, while I was taking Zazen practice led by master Minami Jikisai

at the Osorezan Boudaiji in Japan,

I could see the boundless tranquility from his form of sitting.

彼にはそこに確かにいるのに、いないような存在感があった。

Certainly he was there but seemed like his existence was not there.


バレエのマスターレベルに達したバレリナーと

坐禅でマスターレベルに達した人は

極めて静寂な静けさを身で言うことができる。

A ballerina who has reached to a master level for ballet

and a Zen master who has reached to a master level

both can convey the extreme tranquility with body.


バレエと坐禅は動作の範囲の面では極端に異なるが、

内面の静けさを結果的に得られることは

根本的な規律としてつながっているかもしれない。

Although Ballet and Zazen are opposite in the range of motion,

there is a connection to discipline

that produces inner tranquility visible to others.


Comments (21)

ロシアバレエの品格Russia ballet the prestige

2018年02月05日 13時15分07秒 | バレエ

バレエは身体で表せる究極の芸術だ。

Ballet is the ultimate art performed by human body.

確かな技術を持ってないと真似すらできない極限でもある。

It is also an utmost limit which even cannot be imitated without having certain skills.


絵や彫刻は基本を学べばある程度まではついていけるのだが、バレエは基本を学ぶだけでも何年もかかる。

Paintings or sculptures can follow up to some levels if learn the basics, but ballet takes years to learn just basics.

また基本を身につけたとしてもそれを表せるのは至難の業である。

To add, even though acquired basics it is extremely difficult to express it.


バレエを観ていると人間の身体は美しさを表現するために作られたような感じを受けられる。

When watching a ballet, it gives a feeling that human body is created to express a beauty.

モデルは衣装の美しさを伝えるための道具として使われているが、バレリーナは人間の意志の強靭さを伝える。

A fashion model is used as a tool which to convey the beauty of costumes, but ballerinas show human will strength.


バレリーナは苦痛を決して見せない。

Ballerinas never show pain.

彼女の体重も感じさせない。

She never let people feel her weight.

体が空気のように空間に舞い、音楽の美しさを体で見せる。

Her body is whirled up in the space like air, shows the beauty of music with her body.


ついに、私はロシアバレエを肉眼で観た。

Finally, I could watch Russia ballet with my naked eyes.

そして、なぜにロシアバレエが最高なのかが分かった。

And I could know why Russia ballet is the utmost.


ロシアはバレエを見せているのでない。

Russia ballet does not show a ballet.

彼らは人間の極限を見せているのだ。

They are showing the human extreme.


ロシアバレエを観ながら、もし私がスベトラーナの白鳥の湖を実際観られたら私の魂が入れ替えるような感覚になるだろうなと思った。

While I was watching Russia ballet, I thought that if I watch Svetlana’s Swan Lake in real, I would feel like my soul may take over the post.

スベトラーナは身体の極限を超えられるバレリーナだ。

Svetlana is the ballerina who can go beyond the ultimate limits of human body.

彼女が達したレベルに近づけるダンサーはいないだろう。

There will be no other dancers who can reach the level that Svetlana has reached.


究極の品格とは何だろうか。

What is the ultimate prestige?

それは限界を超えようとする人間の絶え間ない挑戦なのかもしれない。

It may be endless challenges for humans that trying to go beyond a limitation.

限界に直面した人が下す判断が品格を決めるかもしれない。

A judgement made by someone who faced on limitations, it may decide the prestige.

常に限界を超えることを選択した者だけが持てる権威が品格なのかもしれない。

Perhaps, Prestige would be an authority that allowed for only one who always chooses to be exceeded limitations.


限界に直面しそれを超えられないことを認めた者は品格の権威を持つことが許されていない。

The prestige authority is not allowed to have for one who accepted the faced limitation will not be able to overcome.


自分の自力で獲得した権威に人は尊敬を表し、人間の尊しさをも学べるのである。

People express respect to an authority which acquired by their own power, and people can learn human beings exalted.

Comments (117)

あるバレリーナ-A ballerina

2016年11月04日 09時22分51秒 | バレエ

スベトラーナというバレリーナがいる
There is a ballerina named Svetlana

バレエを知らない人は当然知らないだろうし
Surely people who don’t know ballet never know her

関心もなく、続けて読む気も失せるだろう
never be interested, would get lost to read continuously

だが、これは個人が自分勝手に書くブログなので
Although, this is a blog written by an individual with one’s own way

誰にも気兼ねせず、その人について語る
Without feeling constrained to anyone, I will talk about her



芸術界で世に名を知らせるのは本当の才能が無いと無理だ
It is impossible to inform one’s name in the artistic world without real talent

特にバレエの世界でトップになるには
Particularly, to become the top in the ballet world

生まれ持った才能に、毎日血まみれの訓練が要求される
 must be born with gifted, requested bloody training every day

血まみれというのは、トウシューズを履く際の足指の怪我からの血だ
Bloody training means, the injury blood when put on toe shoes

坐禅でトップなれたお坊さんがいるとしても
If there is a monk who has become the top through doing zazen

血まみれになることはまず無い
 above all, never be blooded

至ってきれいで、戦いとしてありえるのは睡魔だけだろう
Exceedingly stay clean, only could be as a fighting is drowsiness



ところが、バレエでは、人間本来の身体機能に逆らって
However, in the ballet, against the physical function of human intrinsic 

極限まで体を鍛える
 train body to the limit

スベトラーナは人間の身体可動範囲を遥かに超えて
Svetlana reached far beyond to the range of human body movable

また、プリマバレリーナとしての水準も遥かに超えて
 in addition, also reached far beyond to the level of as prima ballerinas

特々の彼女自身のバレエスタイルを創造した
She created her own ballet style

完璧極まる境地を見せているのだ
She shows the status of extreme flawless



彼女の白鳥の湖バレエを観ると
Watching her Swan Lake ballet

長年の血まみれの苦痛を見せない堂々しさがある
She has dignity that never show many years of the bloody training

激しい息さえも見せない自尊心がダイヤモンドのように輝くのだ
Her pride is shining like a diamond that would not let audience notice her fierce breathing

彼女のバレエを観ると、心が洗われる気がする
Watching her ballet, I feel like my mind is rinsed out

世欲の欲望も見ている瞬間は忘れらるのだ
I can forget those earthly desires while I watching her



私は宗教に関係なく坐禅を研究しているため
I have been studying zazen-meditation irrelevantly for a religion

多くのお坊さんや宗派について勉強をしてきた
 also studying about many monks and sectarians

けれど、どのお坊さんも見た目や説から
But from any of monk’s out-looks and theories

彼女のような崇高さを感じさせる人はいなかった
 they never let me feel nobility that alike she has



彼女のように一つの生き方を極めたら
Such as her life that ultimate with the one way

人に極めることの尊厳さを伝えるようになるだろう
 it would be transferred to people that the dignity of alternative

Comment

Ballet form and Zen form(バレエと坐禅の基本形)

2016年10月07日 09時42分10秒 | バレエ
バレエと坐禅の形作りでは類似性がある。
Forms between ballet and zazen have a similar formula.

正しい姿勢や形をとり良く見せるには、体の内筋肉を鍛える必要がある。
To have a correct form and posture to do a good performance it needs to train inner body muscles.

筋肉を鍛えるためには、筋肉学、身体の機能解剖、骨組み、神経学まで至る知識が必要となる。
To train muscles it needs to know some subjects such as muscle science,analysis of body mechanism, bone structure, even neurology.

分かるように伴い更なる知識へと誘う。
As known more drives me to study more.

たまに悪い姿勢をしている人を見かけると私は治してあげたくなるが、正気である以上それはできない。
Sometimes when I see a person who has a bad posture, I want to correct the bad posture but my sanity never let me do it.

バレエでは姿勢やフォームは正しくなくてはいけなく、クラシックの基本形に厳しく従わなければならない。
To dance ballet, the posture and forms must be correct and must follow classical positions strictly.

バレエのお決まりと坐禅の様式では類似性がある。
The posture order between ballet form and taking form to do zazen has similarity.

例えば、背中の脊椎を真っすぐに伸ばす、頭の天辺は天井を向く、股関節は開き運動を効かせるようにする。
For example, the back spine must be straightened, head top must toward ceiling, hip joint turned out to take motion dynamics.

もし私が両方バレエと坐禅で正しい姿勢を保たないと、基本の必修を失うだけでなく滑稽に見えかねないだろう。
If I don’t keep the correct forms both ballet and zazen it loses its essence moreover it would be seen ridiclous.

フォームは動きを作る根源である。
Form is the fundamental point to make a move.

動きはまた生きているさま、活動も見せてくれる。
A movement shows us alive, activated.

ある動きは行う人によって美しくなれてまた、醜くもなれる。
An act can be beautiful also can be ugly by the doer.

ある熟達したバレリーナは決して苦痛の練習を見せないし、熟練したお坊さんも決して自らの煩悩の葛藤を見せない。
An experienced ballerina never shows her suffered practices, an experienced monk never shows his worldly mind struggles.

美しくなる、あるいは醜くなる過程は常に基本姿勢から始まる。
The process to become beautiful or ugly always starts from basic posture.

美の意味はその根源もまた美しかったことに対し、醜の意味は何かが基本から間違っていることを示す。
Beauty means the origin was also beautiful, ugliness means something started with wrong.

私は異なること同士の中でお互い通じさせる公式を発見するときは不思議さを覚える。
Whenever I find a linking formula among different things, I feel life of mystery.

確かなことは美しい行動を得るための努力は私たちを中身美人への導くことだ。
And certain thing is the effort to have some beautiful behavior lead us to have beautiful inner beauty.

Comment

バレエと坐禅(Ballet and Zazen)

2016年10月06日 08時00分29秒 | バレエ
バレエを習っている、というと必ずなぜ?と問いかけてくる。
When I say I’m learning ballet then always receive with coming question why?

理由が無いので、適当に夢の一つだからだと答えるようにしている。
Since there is no reason, I decided to answer appropriately it is one of my dreams.

バレエを始めたのは49才の時で、近所の小さなバレエスクールとジムのバレエレッスンを受けてきた。
I started to learn ballet at age of 49, had taken lessons at a small ballet school and at a gym which were close to my home in Japan.

日本での教え方とアメリカでの教え方はかなり違う。
The teaching between America and Japan is quite different.

日本のバレエ先生は基本から丁寧に説明してくれることに対し、ここの先生はテクニックの伝授がメインで出来なくても励ましてくれる。
Japan’s ballet teacher explained from the basic with care but here in America they teach me technic as a main and if I can’t do they encourage me anyway.

日本でクラスを受けていた頃はどうしてもできないことに恥を感じていたが、励まされてくるとできなくてもいいか…と前向きに似た心構えになってくる。
In Japan when I couldn’t do correctly I felt shame in a ballet class but here my mind became to taking easy and say myself it is okay even though I can’t do with similar to positive thinking because I will be able do better at next class.

両方の教え方には良し悪しがあって、どっちが特にいいかを判断するのは経験が浅いためまだ言えない。
Both of teaching have good side and bad so that hard to judge which is particularly good to learn because of I have lesser experienced yet.

けれど、何より重要なのは50才でもバレエを習っていることだ。
However, the most importantly thing is learning ballet even at age of 50.

バレエと坐禅には妙にも通じるところがあるのは不思議なことである。
A wondering thing is there is a link between ballet and doing zen-meditation.

坐禅を組んでから受けたバレエレッスンでは不思議にも先生の教えに集中できついていけたが、忙しく坐禅など全く行ってなかったレッスンではどうしても順番が覚えられなく到底無理だという雑念に圧倒されていた。
When after did zazen a couple of sessions I could focus on the process in the ballet class and somehow come up with instruction from teacher but when I was too busy to do zazen my mind was overwhelmed by idle thought that hardly impossible to do order either remember what do next.

坐禅をすると雑念を祓うことができるようになる...不思議な事実だ。
By doing zazen, it helps to wipe away worldly thoughts...this is a mysterious fact.

雑念を切れるようになると一つのことに集中できるようになる。
It will be able to concentrate on one thing when after can cut worldly, idle thoughts.

考えないで純粋に行う、求めずただ座る...この基本の教えは万事につながるようになっているかもしれない...
Just do it without thinking, purly sit still without seeking...this basic teaching may lead to everything...
Comment