Zen禅‐in USA

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

Exalted or not 凛・非凛

2019年06月18日 12時00分25秒 | 生き方

凛とした感じを放つ人がいる。

There is someone who gives off the dignified atmosphere.

そのようなしゃきっとした人に会うと私まで気が引き締まる。

When I meet the one who is steady, I get to feel tense.


凛としていると言える人には、

姿勢が正しく、

清らかな気品が漂っている。

Such person we can describe as exalted,

his/her having a correct position and serene dignity.

また、その人は厳かな雰囲気がまとっていて、

つつましい気高さが香水のように香り立つ。

Also, the person’s aura has an awe

and a halo of modest fragrances like perfume.


仕草も毅然としていて、

押しも押されもしないが

堂々とした威力も備え持つ。

With an imposing gesture,

the manner is neither obtrusive

nor obtrusively taken

but possesses bold authority.  


行いにはどっしりした重みがありながら、

重すぎず軽すぎずの無重力のような感じがある。

The behavior has a solid significance,

but it is not too heavy or too light

like weightless beyond gravity.


私は長年、どうやって

そのような特性がある人がいて

無い人がいるのかに変わらない関心を寄せている。

For many years, have been interested in

why someone has such specific individuality or others do not.  


そのような品性はどうやって養えるだろうか。

How to nurture for such personality?

どのように鍛えられて、どうやって身に着くのだろうか。

How to train it, how to personalize it?

 

ある人が品位よく、

気高くなりたいと願うならそうなれるだろうか。

If someone wants to be noble or decent,

can one be able to have it?



塾を経営していた時、

小学4年から入塾して中学3年まで通っていた生徒がいた。

When I was a school administrator,

there was a student who entered

at fourth grade of elementary

and stayed through his third grade of junior high school.

彼はサッカーが好きで、活発だったが、

勉強も次第にできるようになった。

He liked soccer and briskly did his club activity;

he came up steadily to get a good score for his study.


誰も認める努力をして偏差値の高い高校に入り、

入りにくい理科系の大学に進んだ。

He made efforts that everybody admitted

and could go to a higher level of high school.

And then he continued to a science university

which was hard to pass the exam.

大学生になって、講師としてまた塾に入った時の彼は

何か重みのような存在感があった。

He became a college student

and he started work at my own after school

as a part-time teacher,

and at that time I found his presence got heavier.


彼がなりたかった薬剤師になった時は

その重みがしっかりしてきたような感じがあった。

When he became a pharmacist as he dreamed,

his presence was afirmed.



友人の一人に上品になることに拘る人がいた。

There was a friend of mine who wanted to refined.

彼女は色白で、身長が高く、

プロポーションもモデル並みであった。

She had pale skin, tall,

and her proportion was like a model.

清潔な感じもあって、またきれいな女性であった。

She presented clean and also pretty.


だが、彼女が放つ言葉は

自分だけが万事の中心になっていて、

他人は彼女の付属物のような言い方で一貫していた。

But the words she spoke were self-focused for all

and treated others like her appendage.  

他人を貶し、

他人に無条件的な理解を求め、

他人の時間を無駄に使う傾向があった。

She denigrated others

while seeking unconditional understanding for her

and tended to use other’s time wastefully.


自分に対して自信感に溢れ、

自分がしたことを美化して絶賛していた。

She was overly confidence for herself,

admired what she has done to beautify.

自分に利得になると人と関わるが、

損になりえるような状況になるときっぱり縁を切った。

She kept the connection with people

who are advantageous for her

but cut the relationship without hesitation

when the situation inclined to be a disadvantage.


彼女はことばで人との関係を切り、

他人を悪者に仕立てたが、

彼女の血縁だけは絶対的な結束力があるようだった。

She cut off a relationship with people with words,

tailored others rascal

but seemed to have absolute cohesion

with relatives and her family.


その二人の例から、

外見からは気品を感じさせることは共通してみられた。

From these two examples,

the commonality was an elegance from outsides.

中身が極端的に違っているが、

ぱっと見た時は気品があるように見られた。

Their inner contents were extremely different

but with a brief glance,

they looked to have a dignified atmosphere.


前者は人格が知り亘った時、

より強い信頼感を持てる切っ掛けになるが、

後者は本当の性格が表れた時、

好意を感じていた人が背信感を感じるようになる場合がある。

The former one can be trusted stronger than ever

when one’s personality eventually has been well known,

but the latter one may have a possibility that

others favored feelings turn to betrayed.  

 

私は両者の例について良し悪しを判断したくない。

I do not want to judge good or bad for both examples.

どっちが正しいか誤りかも計りたくない。

I do not want to decide which one is true or false.

人が選ぶ価値観に判決を下したくもない。

I do not want to do a judicial decision making

 onto people’s value choice.


ただ、一瞬一瞬の選択が重なって凛とした人にもなり、

偽物にもなるということだけは

確かであると信じている。

But, I certainly believe that

the momentary choices that people make each time,

 are a link to dignity or fake pride.

 

Comments (23)

ブログ開設から1000日

2019年06月13日 19時51分15秒 | 日記

ブログ開設から1000日が過ぎたとの知らせがあった。


この1000日の間に私は何をやり遂げたのだろうか。

私は何を選び、

何を捨て、

何を得て、

何を成してきたのだろうか。

 

上記の問いに誇りを持って答えられないのは

100日間の間

私は容易い課題を選び、

自分への自信感を捨て、

自分への不甲斐なさを得て、

自分の醜さを成したからだ。

 

1000日が経って

今、マイナスな状態になっていることに気づく。

ゼロに戻すまで時間がかかりそうだ。

 

一度、ゼロになることを目指す。

それから、誇れることを書けるように自らを修行し直す。


Comments (11)

Dimensions of memories記憶の次元

2019年06月02日 21時59分48秒 | 心理学習

過去の記憶は時間の経過によって変化していくようだ。

Memories do seem to change with the passage of time.

昔過ぎたことが新たな側面で表れる時がある。

At the moment an event occurs

it appears with a new side.


記憶は事実に基づいて、

当時の感情と結びつき、

記憶貯蔵庫にファイル化され保管される。

Depending on circumstances,

a memory tied up with emotions of the time

and it will be stored in the memory bank as files.

その記憶の貯蔵庫から記憶自体が

何かのきっかけで漏れだす時がある。

Sometimes the memory silently leaks from the memory storage

as something that triggers us.


意識を持って呼び戻された記憶とは違い、

意識を伴わないその記憶は

見る側の指定された視点を持たないため、

3次元的な性質を持つ。

Unlike consciously recalled memories,

it has three-dimensional properties

because it is not propagated with an only first-person perspective.  

 

一人の人の固有の視点を記憶を捉える視点として

1次元に置き換えて考えるなら、

相手、つまり他人の視点で記憶を見ることを

2次元に例えることができる。

If we consider one’s individual viewpoint of memory is as one-dimension,

seeing a memory with the opponent perspective

can be shifted as two-dimension.


そうすると、3次元というのは、

記憶の保有者(1次元)

関わった対象の他人(2次元)

それらの二つの構成要素が

一定の空間内に織り交ざっている状態を

3次元に取ることもできる。

The third dimension can be defined in a constant space

where those two components are interwoven,

with such the memory holder as one-dimension

and the involved opponent as two-dimension.  


その3次元の記憶は自分、

他分を基本要素にできたことが、

自動再生されていくような感じになる。

Such three-dimensional memory is can be played automatically

with the basic components of the self-role and others in it.

まるで、自分が映られている映像を

眺めるような感じになる。

It is like looking at a video in which

the memory holder is taking a role.


私だけの解釈や見方を持つ1次元的記憶は、

自分の眼が見える範囲のように視野が限られている。

The one-dimensional memory with a singular perspective

or interpretation is a limited visual field

just like the range of one’s own eyes.

人の視野は180度、

つまり全面、左右の90度角度までだ。

People’s all visible range is 180 degree

including both 90 degrees left and right.

なので、その180度以外の

背面の180度を見ることはできない。

Therefore, half of the ranges

are something people cannot see.


見えたことによる自分の感情だけが

記憶の全面像になる。

A memory becomes full face

only with emotion tied to the way we visualize it.  

相手の態度、相手に現れた感情解釈などと結びついて、

それら見えた映像が自分の感情に

再構成されていることは2次元記憶になる。

Two-dimensional memory is like

reconstructed interpretation

against one’s attitude to others

and others reflected emotions,

often appearing is knotted with our emotional response.

この2次元記憶も角度が180度を超えることができず、

見る側の1次元が相手に現れた1次元と

一方的な入力を持つだけなので、

記憶全面を見てはいない。

The two-dimensional memory of angle

cannot exceed more than 180 degrees 

and this one-dimension from the spectator

and the other opponent’s one-dimension

still only has one-way to input,

so they can’t perceive the entire memory.


それら1次元的な記憶、

2次元的な記憶は

その記憶を保有している所有者だけが再生したり、

しなかったりできる。

Those memories in one-dimension

or two-dimension can be recorded play or not,

but only by the owner who holds the memories.

しかし、自分、他分、ことの分の3つの側面をもつ3次元的な記憶は

ある記憶を上から眺めることになるので、

隠れていた背面も見ることができる。

However, three-dimensional memory

can see the hidden back side of memory

because it has three aspects that one-self,other-self, it-self

and with them can look on a certain memory from above.

自分だけの視角度の180度に、

残りの半分の180度が加わるので

見える角度が360度になる。

To the prospector’s angle of visibility of 180 degrees

will be added remaining angle of 180

so that the visual angle becomes 360 degrees.


ある記憶が全面、

全体を観察できるようになると、

1次元や2次元が持つ1人称観察者視点の限界を超えるようになる。

A memory observed on all sides

and entire shape can rise

beyond the limitation of the first-person observer’s viewpoint.

ある見方が3人称観察者視点になると、

感情の在りようも構成されている対象の一つになるので、

全体の部分になれる。

If a perspective begins to have third-person observer’s viewpoint,

the state of emotion will become one of the objects

that are constructed in parts to fit into a whole shape.


特定の感情が全体の部分になると、

特化された特異性の重さが無くなる。

When a particular emotion becomes part of the whole,

the weight of peculiarity that specialized can be lost.

その特定された記憶が重さを無くすと、

その記憶を飛ばすことができる。

If the specialized memory loses its heaviness,

then the memory can be lost.

重かった記憶が飛ばされると、

そこに余分の空間ができ、

新たな記憶が入れるようになる。

When the heavier memory is discharged,

there will be extra space to input a new memory.

その新たに空いた空地は3次元になるので、

入れられる記憶の容量も従って増える。

As the newly opened free space becomes three-dimensional,

the packable storage increases accordingly.


それら記憶を次元的に分類し観察する方法を

学習の記憶法向上に活かすことができる。

The method of categorizing dimensionally

and observing memories

can be used to improve our learning capacity.

つまり、人が過去から引きずった記憶が溜まった

記憶貯蔵庫を再整備することによって、

容量をリサイクルしていく方法である。

In other words, it is a way of recycling memory capacity

by restoring memory storage dragged from the past.


人の記憶力には天才や秀才を除き、

容量が決まっている。

Human memory capacity is limited

except for the genius or brilliant.

その決まった容量に

過去のエピソード記憶が大部分を占めているため、

想い出以外は使い道がない。

The storage is mostly occupied by episodic memories

which happened in the past,

and there is no usage other than for nostalgia.


しかし、エピソード記憶が占めている空間を空ければ、

記憶の容量を増やすことができる。

But if able to clear out space

where episode memories are stocked,

the capacity can be increased.


先ずは、使い道の無い過去の記憶を一度全て開けだし、

捨てるものは捨て、

飛ばすことは飛ばし、

放つべきものは感情から放てる作業を始めることによって、

自分の潜在能力の容量を増やせる。

For the first step,

open up all the useless past memories,

abandon which should be thrown out;

send away which you should let go,

let out which should be released from emotion;

starting with such operations

one’s potential capacity can increase.

過ぎた記憶は善でも悪でも変えることはできないが、

それらを自由に放つことは今、できる。

Past memories cannot be changed

whether they are good or bad,

but in the now you CAN let them go

and free yourself simultaneously.


過去の苦しい記憶に対し、

今に癒されることを待つより、

自分ができることである『放つ』ことで能動的になれる。

Instead of waiting to be healed

for the painful past memories,

one can learn to be active and let it go.

Everyone is capable to do so.

つまり、記憶を3次元化にして

映像のように再生し、

再生できたらそれらにまつわる感情を放てる。

To sum up, break down memories into three dimensions

and replay them like a video,

and when it is playing release emotions that attached to it.


もしかしたら、この3次元的な記憶の放ち方は、

坐禅を行う時に現れる雑念を『追わない』ことと

根本原理が類似いるかも知れない。

Perhaps, this three-dimensional memory release technique

may be similar to a Zen teaching:

“Do not chase distraction” of worldly thoughts

that appears when doing meditation.


新たなことを手に入れたければ、

必ず、既に持っているものを手放さないと

他を持つことができない。

If someone wants to get something new,

inevitably they must be emptied from what they already have;

otherwise, they can’t hold a new one.


新たな記憶を入れるためにも必ず、

既に占拠している古い記憶を手放さなければならない。

To input a memory also we must let go of old memories

that already have occupied the brain.


目の前に現れた雑念を拾わなければ、

それは浮かんできたように自然に消えていく。

If you don’t pick up the worldly thoughts that appeared in front of you,

it will disappear naturally as it floats away.  



Comments (23)