花がいっぱい。

どんな花も無心に
咲いているから素敵なんだって。
無心になんかなれないよ。
どれもこれも気になっちゃって

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミュージカル アクターズ LIVE

2014年03月20日 | コンサート
ミュージカル アクターズ LIVE~日韓の俳優による共演~

出演:岡田浩暉/坂元健児/原田優一/福井晶一
イ・ギドン/イ・フンジン/オ・スンジュン/キム・ボミン



3月7日~9日 4回 青山劇場で開催されたライブで、8日18:00の回にいってきました。
「日本のミュージカル界を代表する俳優たちが、韓国で活躍する実力派俳優たちを迎える、
“日韓のミュージカル俳優コラボレーション” が実現!」なんてことで坂元健児の名前があったのでいったのですけどね。
ふってわいたような公演。ミュージカル俳優さん達出演で1ヶ月前のチケット販売。
その日の青山劇場のサイトスケジュールには特に記載もされておらず
主催が韓流ぴあ。
なにか予定が急遽ポシャった結果の公演なのかな?って思ってしまうのですが、その辺は謎。
音楽監督に宮崎誠さん。
今までもいろいろな方のコンサートでお名前をみかけますが、エレクトーン1台でオーケストラ演奏されてしまう器用さゆえか
ドラム以外はお一人?
出演者のほかはコーラスが6名。
福田みづ紀、裏壁多江、大木智貴、谷口ゆうき、藤岡義紀、宮垣祐也

客席も1/3ぐらいはいいすぎかもですが、1階客席半分いたのかな?という雰囲気でした。
でもそれがいいよかったのか、
ライブはまさに予定されていた演出というものでなく、そのばそのばで決めてたようなアットホーム感がある出演者のやり取りの中、
予定されていた曲目セットリストの曲をみなさんが、たっぷり歌いきかせてくれるライブとなりとても楽しいものでした。

日本人出演者はすべてレミゼ出演者。ですからそれはなにかあるのだろう。と思っていたわけですが、
開幕、幕があいて舞台にはありがちなひな壇のコンサートセットの前に日本人出演者4名
坂元健児さん原田優一さん岡田浩暉さん福井晶一さんが、私服っぽい服装でダンスの稽古。
先生は坂元さん。何やら怪しげな振り付けのダンス。
そこは、とあるスタジオを借りての練習風景という設定らしい。練習してるみんなのところに韓国の出演者がやってきて、自分たちもここを借りてる!
どっちが使うか勝負しよう!!となってミュージカルソングでの対決となる・・・んです。
もらったレジメ(ちらし)によると第一幕 ミュージカル仕立てのステージを展開。
日本のTOP VS 韓国の実力派によるミュージカル楽曲真剣勝負って・・
MCきいてるだけでは、なんとも怪しげな両チームなわけですが・・・

まずは「アイーダ」対決
福井さん 勝利は微笑む 気持ち良さそう~に歌う姿は、聞いていてもすがすがしいものでした。
一方やはり四季にいたというイ・ギドンさんは ピラミッドをたてようを。
お二人の在籍期間は重なり、当時福井さんのラダメスの部下だったとか。


次に「ノートルダム・ド・パリ」
僕の願い 原田さん、カテドラルの時代 オ・スンジュンさん

そして「ライオンキング」
最初にイ・ギトンさんで  スカーの覚悟しろ 
サカケン シンバでくるかと思いきやナラの曲を原曲で歌ってやる~~とシャドウラウンド
このうたって濱田めぐみさんがナラで歌っていたとか・・・そしてシンバがサカケンかあ

いやはや当時観なかったのが本当に残案です(苦笑)

その後ですロックミュージカル対決でキム・ボミンさんはグルースからだったのですが
福井、サカケンコンビは、予想通り?レント I'll Cover You
楽しいコンビでした。
サカケンの高温は効きますねえ。

その他にも対決があるものの・・・
最後は仲良く、マンマ・ミーア THANK YOU FOR THE MUSIC
レミゼ 民衆の歌となり、1幕が終わりました。
福井さんはもちろんバルジャンパート、ジャベは岡田さん、マリウスは原田さん
懐かしいサカケンアンジョもあったものの後半はテナルディエパート歌っていたサカケンでした。
韓国の方々も独自のはもりで・・・日韓まさ共演でした。

2幕は衣装もシックに変えて思い入れのあるナンバーを。
韓国のイ・フンジンさんはネクターにはまったとかって。おデブってひとことでいえちゃうからですが、ミュージカルにはこういうキャラ絶対いるのよねえ・・・
歌がうまいし、重宝されてるんだろうなあ。。。。って
話の中に ラマンチャのサンチョ役っていってたけど、ほんとぴったり。
ミュージカルにはでてないけどにほんだったら雰囲気は石塚英彦さん、癒し系。

でほんとなんでこんな公演が??って未だにわかりませんが、楽しくいってよかったなってラ思えるイブでした。
レミゼでしかまだ福井晶一さんおききしたことありませでしたが、ほかの公演でもまた聞いてみたくなりました。

昨今歌舞伎役者の愛之助のオカマ口調が人気になっていましたが、福井さんやサカケンもいけるじゃん。って
みなさんのユニークさもプラスしてお得感・(チケ料金は安くないえけど)ありました。

Comment   この記事についてブログを書く
« アルトナの幽閉者 | TOP | 鳳凰祭三月大歌舞伎 昼の部 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | コンサート