ジギング・ブルース

ジギングメインの釣行記・・・プラス、米国駐在中のミシガン州とジョージア州での釣行記。

ティップラン開幕戦で大失態@大鱗

2018年12月02日 | ジギング
いやはや参りました・・・

思い出すと涙でディスプレイがにじみますが、釣れてない釣行こそ記録につけておきましょう。。


11月後半の週末。

一日千秋の思いでこのティップラン開幕日を待っておりました。

今回ご一緒したのはイカサマキング氏、隊長、MTBさん、KGYさんのいつもの気の置けない面々。

当日の天候は晴れ、風はそよ風、潮は大潮・・・と、絵にかいたような釣り日和。

今回お世話になるのはティップラン大好き船長が駆る大鱗。

胸が高鳴る我々を乗せた大鱗は一路伊島へ向かいます。



朝日に向かってGo!

この日は青物とティップランの豪華二本立て。

アオリを10杯くらい釣って、大型サワラが混じればいいな・・・という目標設定。

今思うと、この目標設定が大甘でした。

朝一のジギングはちょっと苦戦したものの、ナムジグのワンピッチにヒット!

船中初の大物のアタリ、これはばらせない魚。。。

何度かの突っ込みを耐えてゆっくり巻き上げていると、フックアウト!!

ん?!身切れ??

あちゃー、針が伸びてました。



やってもたー!!

これから全くリズムが合わず、皆さんに青物が釣れているときにヒットせず、次のラッシュが来た時はまさかのカップ麺休憩中。。。



潮風に吹かれて食べるカップ麺は美味しいけど、涙の塩味も混ざっていたような・・・

沖上がりの30分までクーラーが空っぽという大事故寸前、ティップが 『くくっ・・・』 と入るアオリのアタリ!!



起死回生のキロアップ!

その後も 『プルっ』 というアタリでもう一杯追加。

危なかった・・・

タックルメモ
ロッド:ダイワ Air Edge AE632LS
リール:ダイワ 2015 フリームス3012H
ライン:Duel X8 0.6号+シーガー シーガーではありません 2号
ルアー:ダイワ エメラルダス ボート RV 30g + ナスオモリ5号

この日はアオリ2ハイと、完全試合は逃れたものの、大敗北を喫してしまいました。

イカサマキング氏にツバスをもらって帰宅・・・と、去年も一昨年もあったような負けパターンで涙の帰還。


帰宅後、イカと頂き物のツバスを捌いて手巻き寿司の仕入れ担当としての役割を果たします。



アオリは安定の美味しさ。

出来れば半年分くらいのストックを貯めておきたかったところ。

ツバスも美味しかったですよ!



イカサマキング氏、ありがとうございました!

優しさが心にしみました。

また行きましょう!

タチウオ記録的爆釣!@デクスター

2018年11月23日 | ジギング
オフショアの鳴門タチウオが好調との噂を聞きつけ、11月中旬のデクスターを予約。

ウキウキして当日をまっていたところ、釣行前々日に釣りトモのKWNさんから鳴門からタチウオが消えたとの衝撃情報・・・orz

まぁ、お魚相手なので仕方なし。釣りに出れるだけで幸せというもんです。

今回ご一緒いただいたのは、最近ご無沙汰しているレジェンド。
ついでに最も身近な釣りトモ(長男)も連れて行くことに。

そんなこんなで釣行当日。

この日は乗り合いで片舷6人ずつの大入り満船。

しばらく走ったポイントは鳴門とは違う某所。



船団が出来上がってますよ。。。

よっぽど釣れるのかしら・・・と水深100mの海に165gのハオリジグを沈めてゆっくりワンピッチでしゃくりあげると・・・

ズンっ!!

気持ちいいー!!

ヒットした後は子供に竿を渡して釣り味を楽しませます。



無事にとりこんで、息巻く子供に竿を渡してしゃくらせるとヒット!



どんだけー!!



満足しております。

その後も次から次に・・・



朝からカラ針無しで釣れ続けます。



しかもサイズが良い!!アベレージがF4を超えてるのでは・・・

レジェンドのテンヤにも次から次に・・・



なんと二点掛け!

指5本クラスもコンスタントに混じり・・・



のんびり釣っても二組(レジェンド&長男)で80匹以上。



大入り!

なんと朝の一流し目が午後2時まで続いて、流しなおすことなく釣れ続けて終ー了ー。

数といい、サイズといい、まさに爆釣劇!はっきり言って良すぎる日にあたりました。

船長ありがとうございました!

不調に陥った鳴門からのリカバリーが流石でした。


タックルメモ
ロッド:シマノ グラップラーBB B631
リール:シマノ 13 オシア カルカッタ 300HG
ライン:パワープロ1.5号+ダイワ船ハリス6号+先糸100lb



このオシアカルカッタ、小さいし、軽いし、トルクはあるし、7歳の長男でも100~70mの水深からタチウオを何度も釣り上げさせてくれました。

おかげで小生はほとんど釣りをせず。

ジグは200gぐらいの重さで、沈めばなんでも良かったはず。



使いやすいのはダイワのスピードジグ200g。



お久しぶりのハオリジグもなかなか。



名称不明、タックルボックスの肥やしになっていたジグもついに日の目を浴びました。


帰ってからはレジェンドと山分けしたタチウオの山を捌いていきます。

天ぷらとムニエル用にフィレにして、ジップロックに小分けにして冷凍保存。

最後に大きめの2本を当日晩酌用にお刺身と炙りに・・・



柳包丁に脂がねっとりまとわりつく・・・絶対美味いやん!

あと、写真の外に塩焼きとムニエルも完成。

魚の処理に要した時間は2.5時間。。。

ほとんど釣りしてないのに真っ白な灰になる寸前・・・び、ビールを下さい。。。

ビールを一口流し込んで、炙りに醤油とスダチとワサビを少しずつつけてお口にIN!

最高でした。

またこんな日が来ますように。。。

イワシ祭り@鳴門

2018年10月27日 | ショア
十月初旬。

パパ友からから鳴門界隈で20センチ弱の良型イワシが好調との一報。

網ですくえるほどいたみたいで、これは我々も参戦せねば!!

十月中旬の土曜日、都合のつきやすい釣りトモ(長男)を誘って鳴門の某漁港へ。

網ですくうほどはいないものの、5号のサビキで子供が一時間釣って約60匹。

良型揃いのマイワシで、味をしめて翌日曜日も一時間で約60匹。

子供は釣り、ワタクシはせっせと現地で下処理を済ませます。

下処理中に まとわりつく脂がすごい! 味も期待大ですよ。

帰宅後、処理の仕上げ。



ピカピカで美味しそうですやん!!



まずはお刺身から。。。

んー!!脂がのって美味い!!

イワシフライも美味しかったー。

イワシ祭りを堪能しました。


こうなると、これを食べている青物も釣らないといけないワケで・・・



人ごみを避けたいつもの二流ポイントでツバスキャッチ!

コロッとして美味しそうですよ。

下処理して1日寝かせていただきます。

タックルメモ
ロッド:パームス レラカムイ RSTS-90MH
リール:ダイワ ブラスト 3500H
ライン:Duel X4 1.5号+ダイワ船ハリス4号
ルアー:ダイワ ヒラメハンター115F


追記|実食編

冷蔵庫で一日寝かせたツバスを捌いてみると・・・



脂のってるー!!

お刺身にして・・・



こんなん絶対美味いに決まってるやん・・・。

どれどれ・・・



う、美味い!!

イワシの甘い脂が身に回ってるんでしょうか。

追加で釣ってきたイワシはカルパッチョに・・・



美味いっ!!

週末のお酒が進みます。

ご馳走様でした。

秋のショアラバ

2018年10月20日 | ショア
10月中旬の土曜日。

昨年味わった、ショアから タチウオ、アオリ、青物 の三種目達成の快感が忘れられず、性懲りもなく鳴門某所へ。

ウキウキしてキャスティングを繰り返すも、アオリもタチウオも青物も全くあたらず。

漁師さんはトローリング的な漁法で青物を釣り上げているだけに、魚はいるんですよね。

完全敗北。。。AM7時撤収。


明けて日曜日。

鳴門のショックが抜けきらず、この日は徳島某所へショアラバへ。

タイムリミット寸前の午前6:30。小さいけどキター!!



タックルメモ
ロッド:ダイコー デスペラード DS-832L
リール:ダイワ ブラスト 3500H
ライン:Duel X4 1.5号+ダイワ船ハリス4号
ルアー:自作タイラバ オモリ8号、グリーンネクタイ


リリースするか悩んだ37㎝。

コロンとして美味しそうだったので、ありがたく頂きました。



湯引き→裏ごしした肝をエンガワでくるんで、ワサビを少しのせて、すだちを絞って、九州甘口醤油にちょこっとつけて・・・IN

美味い!!

これは癖になります。。

再び親子釣行@達磨

2018年10月13日 | ジギング
10月上旬。

台風が上手いこと それてくれたおかげで、子供達と再び 達磨 に乗れることになりました。

子供達はよほど夏休みの釣りが楽しかったと見えて、今回もお気楽ムード。

今回の狙いは 朝のうちにタチウオ、その後タイラバ&タイジギング。

今秋は台風が行ったり来たりで状況が安定せず、そんなに甘いはずはなく・・・

『フフフ・・・そろそろオフショアの厳しさ教えたろか・・・』

と、釣りには酸いも甘いもあることを教えねばなりません。

当日。

いつもより目覚めが良い子供たちを車に乗せて、達磨の乗船場所に滑り込む。

常連の釣り師の方々5人と我々3人を乗せた達磨は、夜明けの子鳴門海峡を南下。

いつもながら皆さん優しい方ばかりで子連れでも大変助かりました。

台風の影響が危ぶまれた鳴門の海は 穏やかそのもの。



数日前まで中止を覚悟していたのでラッキーでした。

朝一のタチウオはやはり厳しく、テンヤにはアタリがあるもののジグには食ってこず・・・

そうこうしていると、長男の竿が曲がり、最大サイズのカマスが釣れました。

一安心。

その後、ガシラが釣れたり、



タチウオは釣れないもののポツポツ魚の反応があります。

濁り潮はグローが良いかも・・・という船長のアドバイスでジグのカラーを変えたら二匹連続ヒット!

タチウオはホント釣り方で差が出ますね。。。

追い上げようと意気込むも、タイミング合わずタイラバ会場へ移動。。。orz

長女も、



長男も、



タイラバは一人で釣りしてくれるので助かります。

今回はどっちかの休憩時間に小生も釣り糸を垂れることができて、小生も釣りをがっつり満喫。

小生に62センチのマダイが釣れたところで、子供達もヒートアップ!

長女はおやつとタイラバを繰り返して、



塩焼きサイズを3枚。

長男は・・・



50中盤のきれいなタイ!

な、なかなかやるやないの。。。

さらに塩焼きサイズを1枚追加。

小生はライトジギングをたしなんだりして、アコウとサゴシを追加。

出船前の下馬評を覆す、子供も満足の好釣果だったんではないでしょうか。


そんなこんなで本日の釣果。

タイ以外の部。



カマスがデカイ!

タイの部。7枚。



辛うじて父親のメンツを保った次第(汗)。



今回も親子で満喫しました。

達磨の船長、同船者の皆さん、大変お世話になり ありがとうございました!

子供達はまた味をしめました。


タックルメモ



タイラバ一号機
ロッド:ジャクソン Moss Back M-62SVS 改
リール:ABU Morrum M5600C
ライン:Duel X4 0.8号+ダイワ船ハリス6号
ルアー:自作タイラバ オモリ15号、グリーンストレートネクタイ

タイラバ二号機
ロッド:シマノ グラップラーBB B631
リール:ダイワ ミリオネア CV-Z205
ライン:シマノ Tanatoru 4 0.8号+ダイワ船ハリス6号
ルアー:自作タイラバ オモリ15号、赤ストレートネクタイ

ライトジギング
ロッド:ダイコー Burroughs BRSS-63L 改
リール:ダイワ ブラスト 3500H
ライン:Duel X4 1.5号+ダイワ船ハリス6号
ルアー:ドラッグジグ60g

うーむ、我ながら オフショア用に改造したバスロッド がなかなか良い調子です。


この日は友人家族を拙宅にお招きして、ホームパーティー。



刺身の盛り合わせでおもてなし。

右上から、タチウオ、サゴシの炙り、アコウ、マダイ の四種盛り。

絵になる魚がそこそこ釣れてなにより。。

賑やかな宴は遅くまで続きました。

やや上向き?鳴門ショア

2018年10月13日 | ショア
10月上旬、週末恒例の朝の短時間釣行。

薄暗いうちはタチウオ狙い。

個人的に今年絶不調のタチウオ。釣りトモの KJMさん に相談したところ、

『今年のタチウオはウォブリングが小さいルアーが良い・・・』

という都市伝説を聞いたので、リップレスのK-TENを投入。

すると、一投目でヒット!

持つべきものは凄腕の釣りトモですなぁ。。

夜が明け始めると海面がざわつき始め、思惑通りサゴシヒット!



朝のチョイ釣りでタチウオ×1、サゴシ×2と楽しめました。

タックルメモ
ロッド:パームス レラカムイ RSTS-90MH
リール:ダイワ ブラスト 3500H
ライン:Duel X4 1.5号+ダイワ船ハリス6号
ルアー:K-TEN ブルーオーシャン BKLM115、ダイワ ショアラインシャイナー R50 LD 120F-G


サゴシは頭、内臓、血合いを取って、冷蔵庫で二日寝かして炙りで食すことに。

期待してなかったものの、寝かせた方がサワラ特有のねっとりした食感になって美味しかった!

小さめのサゴシはこの食べ方かな?

今年は好調なの?!鳴門ショア

2018年09月30日 | ショア
鳴門ショアの好釣果をいろんなところで耳にするも、小生にはまったく縁遠い感じ・・・。

特にタチウオは釣り方を改めないと釣れる気がしません。

毎週末ひどい仕打ちにあいつつも、新たなドラマを求めてショア釣行は続きます。

9月末の週末。
鳴門某所でアオリを狙いつつ、明け方にタチウオと青物を狙う・・・

この強欲プランがいけないのかしら?

ようやく釣れた今年の初イカは・・・



甲のサイズがこぶしくらいのコウイカちゃん。リリース。

タックルメモ
ロッド:ダイワ Infeet-X EG81MH
リール:Quantum KVD 30C
ライン:弾丸ブレイドx4 0.6号+シーガーフロロ8lb
ルアー:デフレ餌木2.5号

明け方に青物が回ってくるも、3バラシとモッテない・・・

このままでは終われない!!


翌朝。

台風の影響で雨足が強くなってきたので ちゃっちゃと釣って撤収しましょう。

想定通り青物が回ってきて、2回あたるも乗らない・・・!

魚っけも無くなってきたので、ラスト一投!

『あーあ、今回もボウz・・・ん?!』

キター!!



サゴシキャッチ!

タックルメモ
ロッド:パームス レラカムイ RSTS-90MH
リール:ダイワ ブラスト 3500H
ライン:Duel X4 1.5号+ダイワ船ハリス6号
ルアー:K-TEN ブルーオーシャン BKS90

やっと釣れました。

さささ、台風に備えましょう。

明暗くっきり?!タチウオジギング@デクスター

2018年09月17日 | ジギング
癒しのジギングとえば、タチウオジギング。

パターンをつかめば頻繁にあたる快感・・・。

目を三角にしてしゃくり続ける 青物ジギング とは別の楽しみがあるのです。

ま、そうそう坊主はない、この釣り。

ジグは沈めばいいんでしょ、ということで、3軍、4軍からジグをチョイスしてタチウオジギングに備えます。

思えば、この時点でなめすぎてたような。。。


そしてやってきた9月中旬。

癒しのひと時を求めて、デクスターの乗船場所に急ぎます。

今回はKWNさんの仕立て船に混ぜてもらいました。

いつもありがとうございます!

メンバーはKWNさん、KSTさん、NGIさん、NSHさん、OTAさん っと いつもの気の置けない皆さん。

デクスターは一路鳴門の海へ滑り出す。



当日の天候は曇りのち快晴。



日中は真夏が復活したかのような日差しでした。

現場到着。

周りにもたくさん船が浮いているものの、、、あれ?竿が曲がっていませんな・・・

悪い予感。

しゃくり方を変えても、ジグをかえても、竿を変えても釣れません。


場所変更。

ここからKSTさんが怒涛の連続ヒット!

・・・あれ?アタクシまったく釣れないんですけど?

KSTさんが好調に釣れ続け、他のメンバーも一匹目、二匹目をキャッチしていきますよ・・・

一人、、また一人、、、釣れてないのが小生だけに?!

大ピンチ(汗)!!!

精神崩壊、ひざはガクブル、ヤバイヨヤバイヨ・・・

この日の鳴門界隈で最も輝いていた男 KSTさんが つ抜け した頃。

ナムジグのフォールで当たったような気がして、徹底的にフォールの間を入れたところでようやく一匹目(汗)。



釣れてくれてありがとうございます。

その後、2匹釣ってタチウオ終ー了。

タチウオさんって、こんなに難しいんでしたっけ?

圧巻はKSTさん。一人で15本のダントツ竿頭。

こういう難しいときに釣りきるジガーになりたいものです。

後半戦はマダイのタイラバ。

皆さん食べごろサイズのマダイを仲良く一匹ずつキャッチしてまたも取り残された小生。

沖上がり寸前の 午後3時。

ようやくヒット!



50センチあるなしの良型!

そんなこんなでアタクシの本日の釣果。



渋っ!!

癒しのタチウオジギングのはずが、危うく大怪我。

一匹の価値が高い 難易度の高い一日でした。

最後になんとかタイが釣れてよかった。。。

KWNさん、皆さん、ありがとうございました!

またタチウオ行きましょう!

ご心配かけないように次はサクッと釣りますネ。

タックルメモ|ジギング
ロッド:テンリュウ PLJ571BC-MT
リール:シマノ Ocea Jigger 2000P
ライン:パワープロ1.5号+ダイワ船ハリス6号+先糸100lb
ルアー:ナムジグ130g、Clue ベイス 200g ←釣ったジグは一軍でした

タックルメモ|タイラバ
ロッド:ダイコー ヘミングウェイ HWVB-64TJ
リール:ABU Morrum M5600C
ライン:Duel X4 0.8号+ダイワ船ハリス4号
ルアー:自作タイラバ オモリ8号、オレンジストレートネクタイ


帰宅後のお楽しみ。

『苦しみの分だけビールが美味い』 の法則を試してみます。

虎の子のタチウオを炙りに、マダイはお刺身とアラ炊きに。



お刺身にワサビをのせ、九州甘口醤油にちょこっとつけて・・・

美味い!!

ビール ビール ・・・

ゴクリ。

法則健在。

ご馳走様でした。

バスロッドのオフショアロッド化

2018年09月08日 | タックル
遊んでいるバスロッドのグリップを延長することで、オフショアロッド化します。

第一弾はスピニングのバスロッドでトライ。



うーむ、想像以上の仕上がり。

キャスティングタイラバやライトジギングなど、オフショアの釣りに色々使える竿ができました。

本命、秋のヘビーウェイトティップランが楽しみです。


そして第二弾。

ショートグリップの巻物用バスロッドを タイラバ 兼 ライトジギングロッド に改造します。

今回も プロックス 手作りキットグリップV3AC をネットで注文。



これ、ホント便利です。

早速進めていきましょう。



ショートグリップの右の竿にプロックスのグリップを移植します。

土台になるバスロッドは初めてのタイラバで首尾よくタイを釣ってくれた ジャクソン Moss Back M-62SVS 。
ゲンの良い竿。

まずは今まで活躍したバスロッドを断腸の思いで切断。



合掌。。。



若干バスロッドの外径が細かったので、マスキングテープを巻いて・・・



接着剤をグリップ側に流して・・・



取付。



バットエンドもくっつけて・・・



完成!

愛竿のヘミングウェイ(右)と、新入りのグラップラーBB(左)と比べてみると・・・



良い感じですやん!

早く試し釣りに行かねば!

待ち偲ぶ 秋ショア開幕

2018年09月08日 | ショア
盆を過ぎたというのに まだまだ酷暑が続きます。。

そんな中、長女が出演するミュージカル公演に合わせて、小生の両親と弟が徳島に来訪。
ここは新鮮な魚料理で出迎えてあげましょう。

とはいえ、週末の度にショアの釣りに繰り出すものの、タチウオも青物もまだ時期尚早。

うーむ、何を釣ったら良いのかしら・・・?

釣り物が決まらないまま、土曜日の午前3時 徳島某所の突堤へGo!

もうすぐ明け方・・・タチウオ狙うも、アタリなし。

夜明けの後、ベイトがソワソワしだして シーバスっぽい魚がボイルするも、一瞬で鎮静化。

うーむ、厳しい・・・

ヒラメかマゴチを狙ってショアラバを投げていると、フォールでヒット!

フォールであたってくるのは大抵マゴチ。

上がってきたのは40センチ中頃のアベレージサイズのマゴチ。

その後、50センチオーバーの良型も追加して、仕入れ 終ー了ー!



夏の照りゴチ、素材は申し分なし!

タックルメモ
ロッド:ダイワ Acculite / AL SS902MFS
リール:ダイワ ブラスト 3500H
ライン:Duel X4 1.5号+ダイワ船ハリス4号
ルアー:自作タイラバ オモリ8号、赤ネクタイ / 金カーリーネクタイ


さて、長女のミュージカル鑑賞後、朝釣れたマゴチを速攻でさばいて薄造りの出来上がり。



ネギを散らしたポン酢で頂きますよ。。。

んー、美味い!!

魚にうるさい両親も喜んでくれました。