富士山と白山風露

登山や旅行などのメモ
以前のブログは、 http://hino-terrace.asablo.jp/blog/

陣馬山コースで

2022-11-27 16:01:07 | 登山
山行記録    陣馬山から高尾山トレーニング
日程など    11月27日(日)   晴れ

 今日も高尾駅からのバスは大混雑。7時35分頃に高尾駅に着き、普段は、精々20人弱の列に並ぶのである。しかし今日は、既に100人近くが並んでいた。結局、2台の臨時急行バスは満員で出発し、私は次の定期バスに乗れた。これも満員であった。
 一昨日も、景信山コースに行ったが、小仏行のバスは20人弱の登山者で、余裕でした。やはり平日の方が静かな山で、稲荷山コースの鬼女蘭を探しながら歩きました。花芽が少ない。


トレースログ



約100Km先の 赤石岳悪沢岳



白く輝く富士山と南アルプス  
  中ほどには、三つ峠と奥に毛無山


相模湾に浮かぶ 江の島


紅葉に染まる山肌 景信への尾根斜面
  その先の八王子駅ビルと市街


一丁平への尾根に最後の紅葉


キジョランの花芽
  これからの種の姿が楽しみ


 秋晴れの青空の中に、陣馬山頂からの360度の展望は久しぶり。
 北方の日光方面には、雪を纏った男体山・女峰山・太郎山などと日光白根山。東方面に薄っすらと筑波山と加波山、都心のビル群。南方面はオレンジ色の相模湾が輝き、そして、丹沢山塊が大きく広がる。西方面には道志の山並みと秀峰富士山、長い尾根を連ねた大菩薩連嶺。
 これからは、初冬の寒さが増してくる。そして、山並みの展望は、益々、その濃淡が増して、それぞれの山容の素晴らしさを見せてくれるだろう。

おまけ
ありがとう・・・もう少し頑張れ! 後期高齢もみじ

 



晩秋の景信山

2022-11-24 07:29:37 | 登山
山行記録   景信山から高尾山トレーニング
日程など   11月22日(火)  晴れ

 また、身体が鈍ってきた感じ。歩かないと・・・。
 紅葉も盛りは終えた時期で、少し静かになるかと思っていた。高尾駅からのバスも登山者はいつもの15、6人位。
しかし、景信から城山にかけてのすれ違う人がいつもよりも多い。更に城山からもみじ台の間はすれ違いの挨拶が多くなってきた。昼食場所のもみじ台の椅子は埋まりつつあったが、端っこを確保できた。
食事中も、多くのハイカーが左右に行違う。さわやかな秋の風に舞う落ち葉も興を増す。


トレースログ



景信山頂から
霧に埋もれる相模湖新雪光る秀峰富士


景信山での最後の紅葉


もみじ台からの富士山



 登山道は、落ち葉で埋まっている。カサカサと心地よい音がする。一昨日の雨は、高所では雪となり、青空のもと、白い富士山や南アルプスの雪山で塩見岳・間ノ岳なども美しく、晩秋の山旅を味わえた。

 しかし、清滝登山口に降りた時にびっくり。 ケーブカーに乗る人々の行列が凄い、商店街を抜けて高橋蕎麦店を超えて橋の上まで並んでいる。最近のテレビで高尾山の紅葉を紹介していたから??


久しぶりの日向山

2022-11-19 08:12:07 | 登山
山行記録   日向山(1660m)
日程など   11月17日(木)  晴れのち曇り

 今日は、久しぶりに再会した川田君と、久しぶりの日向山へ出かけた。

 前日に、川田君の小淵沢別邸に泊めさせてもらい、さて、何処の山に行こうかと話したが、紅葉が少しでも残っているのを期待して、久しぶりの日向山に行こうとなった。
 矢立石の駐車場まで行けるかなとの心配はあったが、通行止めなども無く、無事に駐車できた。5,6台が既に停めてあった。
 二人して、肘や膝の既往症もあり、ゆっくりと登山道を辿っていく。そして、白砂の山頂からの甲斐駒ヶ岳、そして、反対側の八ヶ岳連峰の展望に再会。いいね~!


トレースログ




 尾根道からの富士山 天候も持ちそう


甲斐駒ヶ岳  日向山山頂にて


振り向けば、八ヶ岳の全貌を望む


下山時に木の間越しの 鳳凰三山


 山頂での昼食を摂っている間にも、続々と登山者が登ってくる。平日なので、中高年の夫婦や女性グループが多い。
そして、突然に目の前に広がる景色は、山頂の白砂見上げる甲斐駒ヶ岳の景色、その想定外の展開には、皆が、感嘆の声をあげている。
確かに何度来ても、この景色には驚き・感激する。

 無事に駐車場まで下山。車からは、山肌を綾なす紅葉の景色を見ながら下界へ。そして、道の駅の日帰り温泉にゆっくりと浸かってから帰る。
 翌日には、川田君の匠のそば打ちを見て、その美味しさを味わってから、帰宅。楽しい日々を過ごした。



陣馬山コース

2022-11-13 09:02:31 | 登山
山行記録    陣馬山ー高尾山トレーニング
日程など    11月12日(土)  曇りのち晴れ

 今日の高尾駅のバスは大変だった。紅葉を求めての登山者で溢れていた。
先週の日曜日も臨時急行バスは2台で出発 したが、登山者は50人ほどだったと思う。
 今日は倍近い人数で、私が列に並んだのは60人ほどの所。その後もどんどん増えて多分100人近くになったのではないか。 結局は、1台目の臨時バスには乗れず、その後の定期バスに乗った。この後にも定期バスを出すと言っていた。この人出は西東京バスも想定外だったのか??


トレースログ



城山の椿


一丁平の展望台下


一丁平の紅葉



 陣馬高原下バス停の温度計は9℃。いつもはトップグループでスタートするのだが、今日は、先行バスの人たちが何十人も先に歩きだしている。今日は、体調も良く、快調に歩けた。
 とにかく登山者が多くて、陣馬山頂までに20人ほどを追い越して登ったが、その後の縦走路でも、すれ違う登山者も多い。
 紅葉状況は全体的にはピークを少し過ぎようとする様な感じもする。


紅葉ハイクの旅

2022-11-11 08:48:24 | 登山
山行記録    岩櫃山(802m)
日程など    11月8日(火)   晴れ

 11/8から10日までの、久しぶりの妻との小旅行。宿は、日本秘湯を守る会の宿を利用。ちなみに、旅行クーポンを利用できました。
1日目:岩櫃山に登山。午後は吾妻峡の紅葉散歩
2日目:少林寺・達磨寺、洞窟観音・徳明園 、楽山園
3日目:嵐山渓谷はまだ青葉とのことで中止して、帰宅。
 今回も、天気予報を見ながら、4日前に日程を決めて、宿を手配しましたので、天候には恵まれましが、それが紅葉の見頃と重なったのは、奇跡に近い事だった。


1.岩櫃山
 岩櫃城址などを回っての尾根道で頂上へ。途中で道を間違えて戻ったり、素晴らしい紅葉の綾錦に目を奪われたり、急な岩場も、鎖場や梯子などに助けられて、ようよう、山頂に立てた。 70才を超えた老夫婦としては頑張りました。
 下りは、沢道を利用して難なく下山。


 トレースログ



山の紅葉



登ってきた 岩櫃山頂



2.吾妻峡 
 耶馬渓を凌ぐ紅葉と言われる







3.徳明園
  地下には、洞窟観音。地上には、徳明園。



 訪れた時期が、當に、それぞれ、紅葉が最高潮の時でした。楽しめました。
また、2泊ともに、日本秘湯を守る会の宿でしたが、それぞれの秘湯にどっぷりと浸かりました。これも満足出来ました。