おばぁ珠&ホークからの風便り

病気なんて吹っ飛んでけ~今日も笑顔笑顔

『さくら』と呼ばれてたんだよ

2014-08-14 23:07:26 | わんこプロフィール

過去を振り返り想いだす。

懐かしい懐かしい14年前のあの日。

 

初めて愛犬を家族に迎えたその日の事。

どなたも鮮明に覚えているだろう。

自分もまたその一人。

まだヨチヨチ歩きのようなおぼつかない足取りの小さな小さな犬。

だけど生え始めた毛で体は覆われていてふわふわで、

本当に可愛くて、ぬいぐるみのよう。

ぴょんぴょんと走り回るかと思えば、すぐにバランスを崩して転がったり。

見ていて飽きない。

そのこには、『さくら』と名前をつけた。

3月16日生まれの桜の時期にちなんで。

 

ご存知のように翌日には体調が激変して、死にかける。

ただ毎日生き延びてくれますようにと。

願うだけの日々が続く。

そして奇蹟的な復活を見せて、再び家に一緒に戻れるようになり。

 

消えそうだった命とは思えないぶりの様子に。

良かった良かったと。

さくらも家に戻れて嬉しいのか?

家に来てすぐ入院だったので記憶なんて危ういし、

飼い主として認識してるかどうかも分からないが。

部屋の端から端まで走り回る様子に、そのハイテンションさが

凄すぎて・・・・。

君は、『さくら』ってイメージじゃないね。

一度死に掛けて戻った命だ。

走ってはつまずいて、コロコロ転がる・・・その様子で

ボールみたいだね。

本当にコロコロと回転してたんだよ。

タマオにしよう。

うん、ぴったりだ。

新たな命として珠緒。って名前に改名。

 

たーまたーま珠ころりん~。

おー珠、たま、珠ころりん~おっ珠ころりんこ~。

た~ま~や~!どっか~ん。

 

変なフレーズを聞きながら育ってきました。

 

あんな小さくて、片手に乗るサイズの子が14歳と5ヶ月のおばぁ珠に。

14歳と5ヶ月の月日が過ぎたんだね。

時間とは命。

君を見てつくづく感じる。

ねぇ、おばぁ珠。

君は知らないけど、君の仲間たるもの達は みんな凄いんだよ。

たくさんの病気を抱えても尚、生きようとする。

生命力が凄いんだよ。

人は何故そこまで頑張れるの?

そう思わずにいられない程なんだよ。

 

飼い主を置いていけないという気持ちなんだろうか。

それとも想像を絶する程の苦しみでも、苦しみなんかよりも

今は逝きたくないという犬の気持ちなんだろうか。

 

きっと先にお星さんになったたくさんのコ達が、

たくさんたくさん応援してくれてるんだね。

同じように人のみんなの意識、気持ちが風に乗って行くんだね。

 

そのこの生命力と見えない確かなものに包まれて。

そして自分から納得したとき、お空に帰るんだろうね。

 

 

おばぁ珠。

今はしたいこと、好きなことを楽しもうね。

自分もいつも笑顔でいられるように。

どんな時でも。

おばぁ珠に心配させないよう強くならんとね。

 

今日という1日を大切に。

過ぎし時間は戻らない。

 

いま、どこかで頑張ってるこ達。

見守ってます。

影から。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

 みんな仲良し

↓応援ポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

コメント

消えそうだった命

2014-06-30 23:01:04 | わんこプロフィール

おばぁ珠との出逢いのページです。

自分の記録のひとつでもありますので綴ります。

なので、興味のない方はすぐにページを閉じて下さい。

小さい頃から、動物がいる暮らしだった。
犬も猫も、小鳥も、ハムスターやうさぎなど
時期は違えども、常に動物がいた。
捨て猫などよく拾い、母を困らせたり。

先住犬とのお別れがあり、狆の『ちろ』くん。

仕事の都合で、ちろくんとは離れ離れ。
死に目にも逢えず。

家族が看取ってくれたが、ちろくんにとって大好きな人は飼い主。

飼い主がそばに居てあげれなくて申し訳ない気持ちで一杯。

街でわんこを見かけては、思い出したり。

知らぬ飼い主さんと、わんこの様子を微笑ましく見てたり。

自分のそばにも、またわんこがいる暮らしを、、、
不思議と、そうは思えなくて。
だけどわんこが大好きで、休日の買い物などには
目の保養~なんて称して、ペットショップに立寄る。
仔犬を前に、可愛いな~可愛いな。
満足してペットショップを後にする。

ちろくんと別れて、そんな感じが3年程続く。

ある時に、近所でペットショップがopenするよ。
知人に誘われて、また目の保養に行くかな~と。

おるおる。可愛いこたちが沢山。
入り口から遠目に確認。
商品グッズなど見ながら、わんこ達を背にする。
ふと、視線を感じ振り返る。

ショーケースに手を張り付けて、2本足で立つ仔犬がずっと自分を見てる。

視線は君だったのか?

近づく間、尻尾がはち切れんばかりに振る。

すごいな、視線を反らさないよこの子。

これが、現在の珠緒との出逢いでした。

全く購入する気もなかったのに。
インスピレーションを感じた。
小さな仔犬が、自分を見つけた。みたいな。

ずっと後に別々の人から言わせると、同じ事を言われる。
前世でもこの子の魂と一緒だったという深い縁があったと知る。

一緒に自宅に帰るにしても、仔犬を迎えるなんて思ってもいなく、、、。

バタバタと準備したのをよく覚えてる。

ふわふわボールのように元気よく跳ね飛んでる。
可愛いパピヨンちゃん。
今日から相棒だ家族だ。よろしくね。

しかし翌日には、体調がガラリと変わる。

嘔吐、下痢が凄い。

直ぐにペットショップに。
提携してる病院が隣にあるから、預かり治療しますと。
入院、、、。
店員が、生命保証がありますから、他の犬と交換しますか?
など聞いてくる。
そういうシステムがあるのは、分かっているが
こんな時に物扱いの対応。
腹が立つがまずは仔犬の体調が優先。
グッと堪えて無論断る。
例え、家に来てまだ一日だとしても、もう家族である。

預けた翌日、1番に見舞いに。
症状はあまり変わらないとの事。
原因も言われず、ただ点滴してます。またムカっ。

様子が見たいと、店頭に連れてきてくれた。
たった一晩でコロコロしてた面影が全くなく、愕然とする。
痩せこけた身体で、何とか立ち上がろうとするがもうフラフラで立てない。
そしてまた交換の話。
治療してると言う言葉も、怪しく感じられ、
うちの掛かりつけに連れてゆく!

店長がうちの病院で見ると反対してたが、押し切り連れて帰る。

掛かりつけS病院に。
院長が深妙な様子で、パルボウイルス感染症だと言う。

ウィルスの潜伏期間も考え、ショップで既に感染していただろうと。
菌は強く、嘔吐や排便から経口感染する。
例え片付けをした人の手からでも。

ショップの他の仔犬達が心配だ。

特に珠緒と同じケースにいたこの子の兄弟と思われる子たち。
すぐに気をつけるように連絡。

小さな仔犬珠緒は、預かり隔離するとの事。
他に入院してる動物もいるのに、治療を引受けて下さり、
珠緒を助けて下さり、、、感謝してます。本当に。

仔犬がパルボウイルスに感染すると、
殆どのこが死亡する。
有効な治療がない。その位、死亡率が高いと言われてます。

僅かに残る母親からの免疫と、このこ自身の生命力だけが望み。
よく頑張って淵から戻ってこれたと思う。

あの時、うちに来てすぐに消えかけた命。
何度も襲いかかる嘔吐と下痢。
見てるのも辛い程。
奇跡的に生き延びました。

劇的な出逢いと、出来事。
死にかけた小さな仔犬。

とは、、、思えない程、逞しくじゃじゃ馬のような
明るいわんこに育ちました。

14年目になります。

色々な病気を抱えてますが、順調にやってこれたと思います。
思うことは、犬も家族なんだなと。
ペットを超えた、伴侶動物。

飼い主は手助けをしてやれるだけ。
見守るだけ。穏やかに毅然と。
犬生を全うできるように。

出来ることをする。

諦めたら、終わり。

そんな気がします。


パルボから回復しての2000年4月30日。

 

こんなにもチビだったんだね。

いろんな病気になるとは想像しなかった。失明するとも。

家族の一員になったこと後悔なんてないよ。出会ったことに感謝してる程だもん。

おばぁ珠、ありがとね。

 

↓応援ポチッとお願いします。

  にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ   にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

 

 

 



コメント

パピヨン14さい

2014-06-10 23:28:53 | わんこプロフィール

2000年3月16日生 2.9kg(h24.04時点)
パピヨン現在14さいなお婆ちゃん

僧帽弁閉鎖不全、胆泥症
平成23年6月直腸線癌手術

平成24年2月右眼緑内障発症

平成25年2月左眼緑内障発症 右眼は既に失明
平成25年11月完全失明

平成26年3月腎臓機能低下始まる

平成26年4月右眼 眼球瘻に

平成26年4月定期検査でクッシング症予備軍と判明

腎機能低下をうけ手作り食に切り替える

追加

平成26年6月胸椎ヘルニア疑い発覚

平成26年8月慢性腎不全と診断される

平成26年10月低ナトリウム血症と診断される 

平成26年11月三尖弁閉鎖不全症と診断される

平成26年12月3日胃腸炎嘔吐しだす

平成26年12月7日膵炎と診断される

 

こんなおばぁちゃん

頭がとても良く明るくて、頑固で、、

散歩大好き、食べるの大好き!

外見は目が真っ白になってますが、どこが病気なの?

な、わんこです。

失明しても緑内障には変わりなく、点眼は必要。 

追記平成26年12月7日。

左眼眼球婁になる。緑内障から卒業する。

 

老齢に伴ってなのか、抱える病気が増えてきました。

心臓病、腺癌、慢性腎不全、膵炎と心配は尽きないが

おばぁ珠と一緒に同伴出勤してます!

 

そんなおばぁ珠に。

応援と温かいお見守りを頂けると嬉しいです。

 



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

毎日を大切に

↓応援ポチッとお願いします

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ 

PVアクセスランキング にほんブログ村 


 

コメント

ぽちっいつもありがとう★

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ