二人の人間と一匹のフレンチブルドッグの徒然日記
goritoboo



緊張感ゼロの時に、ふと無音のオナラがでちゃったりして
ちょっとオイニーがあったりなんかすると
BOOのせいにして、シラーッとしたことがあります。

スンマセンデシタ!

mdkです。





本日午後、母が実家のパソコンがどーのこーの言う。
仕事も早く終われるので久々に行ってみる。

なんだかダウンロードなんかに妙に時間がかかって
その間ゴールデンのピース君と戯れる。

ドロドロになる…。

想像以上に時間がかかり、帰ったらもうBOOの晩飯の時間は1時間も過ぎてた。

それだけでも我らが王子のご機嫌は良くないのだが
ドロドロになった服やら手やらで米を研ぐわけにもいかず、
BOOの飯を済ませて、風呂に入ることに決定。

まだGORIも帰ってないし、服もポイポイ脱ぎ捨てて イエーイ風呂だー。

と思ったら。

一日ほっとらかしにされて
腹も減って
ほかの犬と遊んできた形跡もあって
帰宅後も全然構ってもらえないBOO王子。

やりやがった。

脱ぎ捨てた服にアテション…。



良かった、GORIの服で。









mdk







コメント ( 15 ) | Trackback ( 0 )




某スーパー食品売り場の男便所が通路から丸見えで
女便所に行くときいつも目のやり場に困ります。

mdkです。




普通車両運転歴およそ12年。
初心者講習、免停講習、どっちも受けた。
それだけ警察に金もくれてやった。
感謝状が欲しいくらいに。

別に危ない運転したわけじゃない。
自宅の前で駐禁きられたり、そんなやつ。

そんな青色免許証をゴールドへと輝かせるべく
結婚してからは注意運転を心がけてきた。
あれだけ警察にお世話になっていたけど3年間違反はしておらぬ。

なのに。

本日あやうくまた加害者になるとこだった…。
相手はおばちゃん。
悪夢よ、再び

しかーし!
あれ以来、おばちゃんを目にすると
心の中で「おばちゃんオッケー」と確認しているので
加害者にならずに済んだ。

ヨカッタ!



それは今日の出勤途中のこと。
バス停に止まったバスを追い抜いていた私。

右の歩道におばちゃんの姿を確認。
ちょっとスピードを落としておく。
(おばちゃんオッケー!)

おばちゃん、次々とバスを抜いていく車の中から
なぜか私に的を絞り、私の車の前で飛び出す。

飛び出す?!

ゲッ!

あわててブレーキを踏む私。
颯爽とバスに乗り込むおばちゃん。


ヤメタゲテ、マジデ…(T_T)


これは、もうおばちゃんの陰謀としか思えぬ。
おばちゃんへの階段を一歩一歩あがっていく私に
おばちゃんが与えたもうた試練なのだ…!

‘おばちゃん’の仲間入りをするには
この過酷な試練を乗り越えていかねば。

‘おばちゃん’への道はキビシイ。








mdk










コメント ( 17 ) | Trackback ( 0 )




♪デデデ(探偵ナイトスクープより)

BOOでんがな。



GORIちゃん、浮かれすぎ。










BOO








コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )




王子ともども、お詫びいたします。

mdkです。



今日は天気も良く、GORIも休みだったので
昼から東広島ドッグランに行ってみた。

我らが王子、無犬のドッグパークで遊んだことはあるが、
たくさんの犬に囲まれたのは初めて。

最初は、この恐犬がほかのワンコを咬んだりしてはいけない!
とドキドキしながら入場。
(実家のゴールデンに容赦ない)

しかし現実は全く逆だった…。

かなりのビビり。



アロハちゃんが来てくれても、ヤダヤダ。







ポルク君が来てくれても、ビクビク。






ガブ君が遊んでくれようとしても、まるで無かったことの様にふるまう始末…。





そして、ついに





なんて感じの悪い犬だ…!


みーんな、王子のこの姿に「おもしろくない犬だ」って思ったに違いない。
だって全然上手に遊べずに、王子一人ぼっちで突っ立ってたもん。

でもこれもみんな飼い主の責任だな…。
小さい頃からちゃんと連れて来てやらなかったからだ…。



テコテコGORIの後ばっかりひっついて歩いてるかと思えば、
スタスタどっかに歩いていく王子。



ヒトのとこばっかり…。

一度でも撫でてもらったことのある人のところに
何度もしつこく行って甘えるのはヤメナサイ。



そして、なんと終盤には



体格の全然違うチワワちゃんを追っかけまわし…。



こんなヤな感じの犬だとは思ってもいませんでしたヨ、王子!!

遊んでくださったみなさん、
本当にアリガトウゴザイマシタ&スミマセンデシター!

でもまたぜひお目にかかれることを願って…





mdk











コメント ( 20 ) | Trackback ( 0 )




我が家はオナラが充満中。

mdkです。




最近、パンチのきいた父が超多忙なため両親と会っていない。

ウチの両親は、まるで漫才コンビかというような二人。
さらに息子のGORIを加えると、トリオが出来上がる。

みんなで話をしていると、
少しづつ話がそれて、3人が同時にバラバラのことを話し始める。
私がツッコミをいれないと、止まらないんじゃなかろうか。
みんな自分の話がしたくてたまらない。


母は、よく気のつく人でとにかく優しい人間である。(お世辞じゃなくて)
ちょっと強引なところはあるが…。それに加えて繊細。
‘母は強し’が当てはまる反面、かなりの乙女サン。
プリクラをとると、100%乙女な笑顔で写っている。

父も、これまた優しい。
でも動物があまり好きではないらしい。面倒くさいのかな?
GORIがBOO王子をかわいがってるのをしばらく見つめて
「お前、楽しいか?」と真剣に聞いていた。
そして、かなりのゴシップ好き。
車を運転しながら、おもしろゴシップをよく聞かせてくれる。
ちなみに運転中は、絶えず菓子をほおばる。
コーラ大好き。

食事に行くと、父以外はビールをいただく。(ゴメンナサイ、お父さん)
父は、食べ物が何であろうとコーラ。
母は大ジョッキがあるところでは、必ず大ジョッキを注文する。
「生ビールの大ジョッキ、3つください」
すると父が「コーラの大きいのひとつ」と注文する。
これまでに‘コーラの大きいの’が出てきた店は一箇所しかない。
何度か「冷えたコーラ」と注文したこともあったっけ。
ちなみに‘冷えてないコーラ’が出てきたことはない。

両親を、まさに足して2で割ったような男が、わが夫GORI。
この3人に共通なのが頑固さなのだが
頑固と頑固がぶつかり合うと、とても楽しいことが起こる。

私は、ほろ酔いのGORIと母が巻き起こす電話での喧嘩が大好物。
台所にいても、それらしい会話が聞こえてくると、即行で駆けつける。
ちょっと前も激しくやりあっていた。

激しいバトルの末、「死んだら化けて出てやるんだけーね!」と母。
「おう、懐かしいじゃーなぁか。何か置いといちゃろうか?何が欲しいんや、コーラか?」とGORI。
息子の言葉にムカついた母から出た言葉は「なーにをーっ!!」
そして「そんなに楽しいもんじゃないんだけ!すごい怖いんだけーねっ!」

この二人、こんな会話をかなりデカイ声でかわす。
大人とは思えん…。
しかしながら、こんな喧嘩をしてケロッとしてられるのは親子である証。
方言丸出しなのも、妙にかわいい。

喧嘩してるのに変な話だが
嫁にきたのがこの家で良かった
なーんて思っちゃったりするんだな(笑




mdk











コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




にゃは!

BOOです。



寒いと脂肪をためこむため
ここのところ着々と太っていくボク。

首から顔にかけての肉付きがとてもいいので
後ろから呼びかけられても
ちゃんと後ろが向けません。

せめて横から呼んでください。



BOO











コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )




4駆に乗りつつ、雪がひどいとバスで仕事に行きます!

mdkです!!  

雪にはいつまで経っても慣れないんだもーん。






今日はバスがチェーンをはいているというので、元気出してバスで出勤。

全然進まないじゃないか…。

普段マイカーなら40分~50分くらいで行くところ、
今日は雪で下界に下りるまでがテーヘン。
一応、3時間前に家を出たんだぞー。
一回遅刻したし。

ススメ~と念じて進むはずもなく…。
これはイカン!と、バスを降りて下界まで歩くことを決心。

滑ってこけないように、妙なとこに力を入れつつ歩いていたら
しばらくすると、私を呼ぶ声が…。

「mdk!」

「…ん? GORIかな」

声のするほうを見てみると、声の主は同団地に住み着く恩師。

そのあたりから少しづつ車も動き出していたので、
ありがたく下界まで乗せてもらった。

ラッキー♪ 日頃の行いがいいのだな。

センセによると今朝は-2℃。
どおりで王子の ウ○コ から湯気もたつわな~と一人で納得。

必要以上に距離をとって、必要以上にブレーキを踏む、かえって危なっかしい前方の車を
「テメー早く行けよぉ! 遅れちゃうだろぉ」などと
恩師とともに罵りながら下界へ到着。

車を降りてからも乗換えがスムーズに進み、
なんと開店1時間半前には店に到着。

センセのおかげです。ありがとうございました!

ついでに言うと、早く焼肉連れてってください!!






mdk








コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )